CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
2人の入室者 [2011年07月30日(Sat)]
 7月下旬に、2人の児童が入室しました。
1人は1年女児、もう1人は2年男児で、クラブの児童の何人かは同クラスで顔みしりです。

 女の子は絵を書くのが好きなようで、A4の紙を丁寧に2枚に切って、シンデレラや人魚姫を上手に書いて見せてくれました。「家に帰ってお父さんやお母さんに見せてあげると喜ぶよ」と職員が言うと、頷いていました。

 男の子とは、ドッジボールをしました。
職員がきついボールを投げたのに、彼は、職員が取れるように緩いボールを投げ返してくれました。温和な様子がうかがえました。
 帰りに、校庭でカナブンを見つけて持ち帰りました。

 2人とも、クラブでは、学校と違ったいろいろな体験をし、お友達と元気に過ごしましょう。
Posted by at 09:25 | この記事のURL
プール一日目 [2011年07月29日(Fri)]
 8月の初め頃までは、お昼ごはんを食べ終わってしばらく休んだ後、クラブの子どもたちは学校のプールに出かけます。

 自宅からだと他所の子も混じった登校班ごとですが、夏休みでクラブから学校に行くので、クラブ内だけの班で行動します。
 上級生を正副班長にして、班はほぼ均等な人数です。
1年生と上級生は、お互いの顔をまだよくわかっていない子もいるので、プールへの行き帰りが問題なくできるか心配です。

 そこで、プールに行く前に、班ごとに名前を呼んで整列させ、トップに班長を置きます。そして班長には、その班の子の名前を書いたメモを渡し、帰る時、決められた集合場所に班全員が揃っているかをメモで確認するよう指示しました。
 子どもたちに集合場所をもう一度説明している班長がいます。
 その後、班ごとにプールに出発しました。

後日、職員に一日目の様子を聞いてみたところ、
   ・プールカードを戻す時上手くいかなかった
   ・靴を間違えて履いて帰った子がいた
   ・プールに行ったらお腹が痛くなった
など、小さなアクシデントがあったそうです。

 今後は、プールに出かける前に、職員がこれまでのアクシデントを具体的に説明し、児童に注意するようにしました。
Posted by at 08:30 | この記事のURL
それは蝿叩き! [2011年07月28日(Thu)]
 サッカー3人組は、最近、サッカーを1・2年生に譲って、自分達はバトミントンに凝っています。

 その日も3人で遊んでいます。でも、始めたばかりなので、ラリーは続かず、自分が打っても上手く飛ばず、相手からの羽も帰ってきません。

 K君が相手に向って、「それは野球の打ち方!」、「それは蝿叩き!」
的確な表現で、見ていた私もつられて頷いてしまいました。

 こんな調子では、当分、ラリーは続きそうにありません。
Posted by at 14:18 | この記事のURL
作戦タイム [2011年07月27日(Wed)]
 台風が去った22日(金)の午前中は、まだ気温も上らず涼しい風が吹いているので、サッカーをやるには良いコンデションでした。

 1・2年の男の子たちは、学校のグラウンドに着くなり、早速、試合を始めました。N君・T君チーム対M君・K君チームの対戦です。レフェリー兼実況アナウンサーはS君です。

 ゴールエリア内でT君がハンドしたので、M君PKでしたが、惜しくもバーに当たってゴールなりませんでした。続いてCKを得たので、M君、ゴール前にボールを上げるのかと思ったら、チョコンと蹴ってそのまま自分でドリブルで持ち込んで、見事ゴール。
 M君・K君チームが優勢ですが、相手GKのN君も頑張り、相手のシュートを見事に止めました。

 ここでチーム編成が代ったところで、M君がレフェリーに“作戦タイム”を要求し、ピッチの中央で、M君とT君が地面になにやら書いて、作戦を練っています。

 1・2年生のサッカーといって、侮ってはいけません。TVなどで試合を観ているせいか、なかなか見事な技を見せてくれます。
Posted by at 06:43 | この記事のURL
カブトムシ [2011年07月26日(Tue)]
 男の子だけでなく、女の子もカブトムシが大好きです。

 夏休みに入った2日目の朝、児童たちがクラブの玄関で虫かごを囲んでがやがやしています。1人の児童が長瀞のクヌギ林で見つけた大きなカブトムシが、一匹、のそのそ動き回っていました。
 朝の4時に起きて、クヌギの木の下を掘って捕まえたそうです。

 Nちゃんが学校に虫かごを持っていったら、他所の女の子たちが「カブトをみせてみせて」と、ここでも輪ができました。

 そのうちに、R君とM君が、カブトムシを一匹手に持って、グラウンドを走り出しました。
可哀想に、カブトムシは羽をばたばたしていますが、2人ともかえって面白がって、ますますスピードを上げます。


 「カブトムシは昼間は休んでいるのだから、そんなにいじめると弱ってしまうよ」と言っても、ききません。

 成虫カブトムシの寿命は1、2ケ月だそうですが、はたしてカブトムシたちは、この夏休みを無事、越すことができるでしょうか。
Posted by at 17:55 | この記事のURL
預言者さまへ [2011年07月25日(Mon)]
 昨日書いた、下級生の絵を見て、上級生の女の子が「すごい上手、私よりうまい。これなら立派な建築士になれるよ」と言っている。

 そういうふうに評価できるあなたがすごいよ。

 絵を見て予想できるんだあ〜。
(7月16日、絵をみても何も思わなかった職員より)
Posted by at 06:25 | この記事のURL
外出禁止 [2011年07月24日(Sun)]
<外出禁止> 
 今日は、学校の校内放送で「帰った後、熱中症予防のため外で遊ばないように」という注意が流れたそうです。
 
 いつもは外へ行きたいと言う子どもたちも、「今日は行かない」とちゃんと決めている。
 絵を書いたり、おはじきをしたり。2年生は、双六をず〜と仲良くしている。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<硬筆賞状>
 いつも硬筆を丁寧に書いている児童が、「賞状もらったよ」と言って、クラブに帰って来ました。
 
 よかったね。

 お迎えのお母さんは「連絡帳で、子どもの字の隣りに書くのが恥ずかしいんですよ」とおっしゃっていました。
(7月15日、S)
Posted by at 08:37 | この記事のURL
宿題 [2011年07月23日(Sat)]
 クラブでは、毎日30分、宿題や自主学習の時間にしています。子どもたちが、静かに自発的に勉強するよう職員は見守りますが、学校生活にまだなじんでいない1年生の担当職員は、試行錯誤の連続です。
 最近の様子を、少し長いですがご紹介します。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<7月の様子>
 7月になって気温が高い。

 熱中症予防のため、外遊びは、宿題やおやつを済ませてから出かけています。
学校では「1年生は10分、2年生は20分、3年生は30分」という約束があるそうです。
 習慣づけるために、1年生も10分は静かに宿題に取り組むことにしました。今まで賑やかに過ごしてきた1年生も、「10分間静かにやりましょう」と声かけしています。

 時どき、盛り上がることがあります。「○○ちゃんのプリントがない!」「忘れてきた」「先生が配ってない」ということで、大抵誰かが困っていて、助け舟を出そうとしている時です。
 宿題に関係したおしゃべりなら、「まあ、よし」としています。

 “習慣づけと周りにつられて宿題を終える”をめざしています。
1年生は、職員から出る課題を次々とクリアーしています。

<みんな見せてね>
 「宿題のプリントで、答えが間違っていても気づかず、終わりになっている」という、保護者の要望がありましたので、「プリント終わったら、みんな見せてね」と声かけしています。

 はじめの日と2日目は、見せずにランドセルにしまってしまう子もいました。3日目には、次々に宿題のプリントが出来上がって集まってくるので、チェックする職員が追いつきませんでした。
 飲み込みの早い1年生ですね。

<宿題完了>
 1年生は、今まで「10分間は静かに」と「みんな見せてね」を課題にしてきました。
今度は、“宿題完了”に向けて、学習時間の30分を有効に使っています。

 完了するためにはプリントの他に、計算カードと音読があります。

 さて、初日は2人が完了しました。2日目は4人、3日目は6人でした。そして、4日目には目標の、全員完了。
 なんとすばらしい子どもたちでしょう。これで保護者の、宿題の悩みが少しは減ったかな。
(S)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 上級生になると、学習の時間が来ると、職員にせかされるでなく、さっさとノートなどを取り出して、口も動かしますが鉛筆も動かします。
 1学期の終業式の日の一こまをご紹介します。

 児童たちは、早速夏休みの宿題に取り掛かります。
 3年男児の宿題のひとつは、夏休み中に読んだ本の中から、心に残った2冊の紹介文と絵を書くことです。

 Y君は1冊目が終わり、本棚で2冊目を探しています。
 K君は「時計つくりのジョニー」について書き始めました。記入用紙の表だけでは書ききれないため、裏にも書きました。続いて絵です。本の表紙を丸写しです。暫らくしてK君が悲鳴を上げました。「ありゃあ〜、ジョニーの顔がジャガイモになってしまった!」

 そこへ「おおきくなりすぎたくま」を書き終えたY君が、宿題を見せに来ました。「もっと文章を書けよ、僕は裏にも書いたよ」とK君、はっぱをかけます。

 終業式の日に、もう、宿題のひとつを終わった2人、なかなか要領が良いです。

 でも、2人の名誉のために説明しておきます。
 この日、たまたま本棚から取り出した本について書いたのではなく、これまで“おはなしの時間”で読んでもらった本や、自分が自由時間などで読んだ沢山の本の中から、2冊を思い出して書いたのです。

 これからも沢山、本を読んで、みんなに紹介してあげてください。
Posted by at 08:55 | この記事のURL
お絵かき [2011年07月22日(Fri)]
 保護者のお迎えが来るまでは自由時間です。

 この日はお迎えの早い児童が沢山いましたが、残った数人の子どもたちはお絵かきと双六です。
 一人離れたH君は、ヘリコプターを書き上げ続いてトラックの行列に取り掛かった途中で、お迎えが来ました。
 1年生に混じって、2年男児も2人、珍しく、絵を書いています。

 他の2年男児たちは双六です。喧嘩もせず、仲良く遊んでいるところへ、お絵かきに飽きた1年男児が2人、見物にきました。
 「僕も入れて」と頼むのかと見ていると、2年生があまりに熱心なので声を掛け難いようです。

 外はまだ暑さが残りますが、室内は静かなので、暑さは感じませんでした。
これで一日が終わりました。
Posted by at 07:30 | この記事のURL
ハーフタイム [2011年07月21日(Thu)]
 少しは涼しくなった夕方とはいえ、学校のグラウンドはまだ暑いです。

 その中で、男の子たちはサッカーに夢中です。クラブに戻るまでまだ時間があり、このまま続けさせるのはまずいので、適当なところで職員が「ハーフタイム」を宣告しました。

 サッカー以外の子どもも含め、全員に、水道で顔を洗い、水を飲むよう言いました。

 10分の休憩後、サッカー再開。熱戦が続きます。グラウンドでは、1年生たちが鬼ごっこをしています。


 あちこちで子どもたちが走り回っていた、14日(木)の夕方でした。
Posted by at 09:13 | この記事のURL
| 次へ