CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
農林公園に行きました! [2017年11月22日(Wed)]

 「とれたぁ〜!!おおきなにんじん!!」
 と子どもたちの大きな歓声が畑に広がります。

 11月14日(火)県民の日に、路線バスと電車を乗り継いで、川本・農林公園に、野菜の収穫体験を兼ねて行ってきました。

 子どもたちは、農林公園に行く間も、瞳にとび込んでくる色々なものに声をあげていました。

 まずは路線バス。
 「知ってる。降りたい時にこのボタンを押すんだよ。」
 窓の外を見て
 「このお店、ママと来たことがある」

 電車に乗れば、
 「ドアは、このボタンを押すと開いて、閉める時も押すと閉まるんだ」

 熊谷駅前の直実公の銅像を見つけて、
 「あの人だれ〜?」
 「ヒントです。かるたの㋑ですよ。」
 「わかった!”いざ出陣、たいへいめざし、直実公”だぁ!!」
 「はい、当たり。」

 バス停と農林公園までの道では
 「カラスウリがあるよ。」 「それなぁに?」
 「よく山に生えている草で、花がきれいなの。図鑑で観てね。」 「うん、みてみる。」
 「この草は知ってるよ。ひっつき草だぁ」
 「どんぐりがいっぱい落ちてるよ。ここは『どんぐり通り』」
 「わぁ、ミミズがあちこち死んでる。じゃぁ、ここは『ミミズ通り』」
 「ぎんなんがある。クサーイ!!」
 「牛だぁ。鳴いてる。追いかけてくるよ。」 などなど。

 そして、農林公園の広場でも、落ち葉を全身を使ってかき集めたり、色おにやダンボールで芝スキーをやったりと思う存分遊びまわっていました。

 子どもたちにとって、見るもの、聞くもの全てが体験となった一日でした。(S)

 IMG_0220.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
| 次へ