CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
十三夜 [2017年11月02日(Thu)]

 11月1日は、旧暦の9月13日です。
十五夜の時に、次の十三夜にお団子をつくろうと子どもたちと約束して、早4週間。
お昼から晴れてきたので、今晩は月を見ることができると安心しました。
十三夜は、新月から数えて13日目に当たる日を指します。
月の状態は8割ほど月が見え、左の2割ほどが影になって見えない状態です。

 新棟の子どもたちは宿題を終えた後、お団子を頬張り、本館に移る時に空を見上げました。

 「どこに月があるの?」 建物で見えません。
 「ほら、あそこ」 道路近くまで出て、東の空に月を見つけました。
 「満月は、2・3日後よ」 ・・・(11月4日(土)です。)

 ちょうど2年生のSちゃんを迎えにきたおばあちゃんが、「これから家でもお月見をするのよ」とにこやかに話すと、Sちゃんは嬉しそうにお団子をたくさん食べたことを話しました。
 
 そう、今日は本館の下級生が、上級生の分も作ったのです。
新棟(上級生)に分けたお団子は、3年生が作った丸い大きなお団子です。
男子全員が声をそろえて、「うまい!」と言うほど、おいしいお団子!!!
いや〜、おすそ分けをいただいた私も、味、固さと納得するものでした。
 そして、嬉しいことに、「みたらしのたれもうまい!と、スプーンでお皿に残ったたれもなめてくれ、完売!!たれを作った私も、お褒めの言葉をいただき、何ともよい晩になりました。

 十日夜は、11月27日(月)です。全ての月を見ると、縁起が良いともいわれています。
次の晩もお月さまが見られますように・・・・・でも、だいぶ欠けていますよね。  K

P1010804.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
| 次へ