CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
ベーゴマ初の真剣勝負 [2013年01月01日(Tue)]
 明けましておめでとうございます。
新年ですので、元気にベーゴマ遊びに興じる子どもたちの様子からご紹介します。
    x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 「ベーゴマの紐が上手く巻けない」と、初心者のN君が持ってきたのはタコ糸の紐です。
 「これでは細すぎて無理だよ」と言っても、「でも巻いてみて」と聞き入れません。3本の糸を撚り合わせてみましたが駄目なのを見て納得したのか、ベーゴマを沢山持って遊びに加わっていた他所の子から紐を借りました。

 クラブの児童以外の遊び相手が増えたので、とても盛り上がります。子どもたちの歓声を聞きつけた先生も出て来て、写真撮影のチャンスを狙います。

 かなりの子が紐を巻けるようになりました。R君は、私に教わらないで巻けたと皆に自慢しています。

 でも、キチンと回るのはまだまだで、床に乗せられるのは、数回に1回の、ベーゴマ経験者の I 君だけです。と思ったら、なんと、N君のベーゴマが乗りました!続いて、なんとなんと、 I 君とN君のが同時に床に乗り、びゅ〜んと音を立てて回って、ぶつかり合います。初の真剣勝負の始まりです。

 数回ぶつかり合った後、ひとつがはじき出されました。どっちが勝ったのかと観衆がかたずをのんで見守る中、私が床に残ったのをみると、なんとなんと、N君のでした!

 「やったあ〜」「すごい!」

 観衆から大歓声と拍手が起こり、N君は私とハイタッチ。
この日は2つのベーゴマが床に乗りましたが、近いうちにその数が増え、いっそう激しい勝負が繰り返されることでしょう。
CIMG5516a.jpg
流石経験者、フォームも決まってちゃんと床に乗ります
Posted by at 07:00 | この記事のURL
| 次へ