CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
珍しいこと(1) [2011年09月20日(Tue)]
 このごろ宿題が多いのか、クラブに帰るなり、まずH君が「俺、勉強しよう」とノートを広げたのに続いて、ほとんどの1年男児が宿題に取り掛かりました。

 その1時間後に下校した2年生のT君も、早速、漢字ドリルを開きました。でも、直ぐにドリルを閉じたので「もう、勉強止めるの?」と訊くと、「あとから勉強の時間が沢山あるから、今はいいの」と、1年生の女の子と遊びだしました。

 T君が言うように、学習の時間は、2年生全員、おしゃべりもせずに勉強していました。
 特にビックリしたのは、いつもは勉強を始めるのに時間がかかる男児が、その日は、言われなくても直ぐに教科書を開き、よそ見もせず、歩き回らずに漢字ドリルをしていました。
 終わったあとも静かに本を読んでいたし、おはなしの時間も他の子とふざけたりせず、じっと前を見つめていました。

 珍しい、いや、嬉しいことです。
Posted by at 08:37 | この記事のURL
| 次へ