CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
漢字で名前を書く [2011年07月01日(Fri)]
 6月22日(水)は、梅雨の晴れ間で、35℃を超す真夏日でした。炎天下のグラウンドは小さな児童には厳しいので、1・2年生は、この日は予定を変えて夕方、涼しくなってから行くことにしました。

 学習の時間では、早く終わったSちゃんが、自由帳に自分の名前を何度も書いています。これまでは、姓は漢字で書けますが、名はまだ、ひらがなだったのが、前日、お母さんに教わったので漢字で書けるようになったと、嬉しそうに書いたのを見せてくれました。名前が終わったら、次は“あいうえお”です。
 それを見ていたYちゃん「名は漢字で書けるけど、姓は難しくて書けないの。お父さんも間違えたことあるよ」と、しっかりした字で名を書いて見せてくれました。
 そこへK君が近寄ってきて、黙って紙を差し出しました。見ると、裏紙に升目を作って、やはり、名前と“あいうえお”が書いてありました。

 1年生たち、せっせと自由帳を使っているようです。
  
 おやつの後は床掃除の時間です。

 以前、騒がしい中から抜け出して、本を開いている上級生をブログでも紹介しましたが、この日は2年生の児童が2人、やはり、本を読んでいました。

 そういえば、おはなしの時間でも、2年生の男の子たちは、ずいぶん静かに聞くようになりました。

 1・2年生、一歩一歩成長しています。
Posted by at 08:41 | この記事のURL
| 次へ