CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
生きてる!本物だ! [2015年08月13日(Thu)]

 8月に入り、連日の猛暑の中、子どもたちは午前中に木の多い椿公園の砂場でお団子を作ったり、花ももの種を集めておままごとをしたり、けやきの大きな日陰でサッカーをやったりと元気に遊んでいます。
  
 そんな中、虫好きな男の子たちはセミの抜け殻集めに奔走し、木を見上げては
 
 「そこにいた。」「どこだよ。」「わかった。見つけた。」

と木のまわりをグルグルまわって自分の帽子をなげたり、時には職員を呼んで取ってもらったりしたのでアッいう間にポリ袋はいっぱいになりました。

 それを秘密基地?に運んで、落ちていたペットボトルに水とセミの抜け殻を入れて”セミジュース?”をニコニコ笑いながら作っていました。

 材料不足になると、またセミの抜け殻を集めます。その時、偶然にも木の根元を見ていた子どもが穴の中にいたセミの幼虫を見つけました。

 「生きてる!本物だ!」の声に、まるでダイヤモンドでも見つけたかのように、一斉に皆がむらがりました。

 その時、私も子どもとセミつりをして家に持ち帰り、セミの羽化を子どもと一緒に見た時の感動を思い出しました。

 必ずしも羽化が成功するとは限らず、途中で力尽きて死んでしまうものもいます。
 
 きっと持ち帰った子どもも、家族と一緒に夏休みの良い体験となることでしょう(A)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL