CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
今月読んだおはなし(13) [2015年06月02日(Tue)]
 
 題 名 ピーターのくちぶえ
 作 者 エズラ・ジャック・キーツ 
  訳  きじまはじめ

 絵は美しい色使いで明るく、温かみがあります。”くちぶえを吹くと犬がとんできて遊んでいる男の子”を主人公のピーターはみて、自分も吹けたらと・・・

 大人から見れば日常のささいなことでも、興味を持ったことに繰り返し挑戦するピーターに励まされます。
 くちぶえが吹けて、犬が来た時の達成感と見守る両親の温かさが伝わる本です。

 好きな場面がふたつあります。
 ひとつめは、くちぶえを吹きたくてどうにもならないピーターは思わずお父さんの帽子をかぶり、大人になった気持ちになりますが、それでも吹けません。その様子を温かく見守る母親との会話の場面です。
 
 ふたつめは2度目に犬のウィリーと出会った時、空き箱にかくれて再びくちぶえをふきまくるピーターの場面です。

 子どもたちはピーターそのものになり、お話についてきます。”くちぶえ”の言葉に自分もやってみたいとピーターさながら、チラチラつたない”くちぶえ”が聞こえてきました。
(A)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL