CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
ちょっとしたお手伝い [2013年12月30日(Mon)]
 どういうわけか、25日(水)からブログの閲覧者が急に増えました。
 みなさん、年末でお忙しいはずなのに、何故でしょうか? 小生もそこそこ忙しいのですが、ブログを書く時間はありますので、予定を変更して休み明けまで、古い記事ですが毎日アップしますので、時間のある方はご覧下さい。

   xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 新しいクラブの建物の建築が着々と進んでいます。

 子どもたちから作業されてる方への「頑張ってください!」のあいさつは恒例です。5年生から3年生までみんな共通のようです。

 さて、クラブのポストや入口に針金が積まれているのをお気づきでしょうか。
 話が変わった?いいえ、これは「クラブの建築」と、「恒例行事」と密接です。

 実はあれは3年生が、校庭に遊びに出る際に毎日欠かさずちょっとずつ拾っているものなのです。
 全員並んだら校庭に出発ですが、戸締りをしている間や、誰かが靴を履いてる間などに砂利の中から探すのです。

 作業員の人が集めているのをみて、ちょっとしたお手伝いのつもりなのでしょうか?
時には、
  I 君「これ、どこに置けばいいですか?」
  業者さん「ポストのところに・・!」
なんて会話をしつつ、こつこつと集めているのです。
 勿論、日課ですから業者の方がいなくても、彼らは毎日ちょこちょこ探しては隔離しているのです。

 近頃では、最初入れていた緑の容器もいっぱいになり、ポストの上も超満員。
 そろそろ箱でも準備しようかなと思うのでした。
(Mu)
Posted by at 07:00 | この記事のURL