CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
けん玉大会その後 [2013年01月31日(Thu)]
 お誕生会のあと、低学年の子どもたちはけん玉遊びに夢中です。
下校後すぐにはじめ、おやつの後もけん玉です。

 今までも一部の児童はやっていたのですが、けん玉大会後は、これまで触れたこともなかった児童が手にするようになりました。

 大会ではもじもじして参加しなかったT君とGちゃんが、先にたって練習しています。でも、他の子に見られるのが恥ずかしいのか、ちょっと離れて遊ぶ姿が可愛いです。

 けん玉先輩の2年男児の間では、回る玉を剣先に入れる技が流行りです。写真を撮ろうとカメラを向けると、H君が「ちょっと待って、今、入れるから」と何度か試みますが、うまくいきません。しまいには、手で玉を剣先に入れ「入ったから撮って!」

 数回に1回くらいしかお皿に玉を乗せられないHちゃんまでが、真似して玉を回しています。脇では「早く代わってよ」と順番待ちの列が出来ています。

 いずれ、第2回けん玉大会の必要性がありそうです。
しかし、高学年の子どもたちの遊びの対象がけん玉から離れているので、第1回同様、練習を積んだ低学年の優勢は明らかです。
Posted by at 07:00 | この記事のURL