CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
1・2月のお誕生会 [2013年01月28日(Mon)]
 今回は都合で、1・2月合同のお誕生会でした。

 今月がお誕生月なのは、1年生のR君とS君、3年生のT君そして職員のOさんとTさんの5人です。

 司会の4年生Y君に「少し緊張しているようだね」と声をかけたら、「1/2成人式などで司会の経験はあるけど、見慣れない人がいると緊張する」そうです。「クラブの人たちだけなので大丈夫だよ」と緊張をほぐします。

 いつものように、始まる前に職員から説明があります。
「何回もやってきてだいぶ良くなってきたので、説明は1回で済むようにしましょう」と“おめでとう”の練習から入ります。でも「どこかで“お弁当”と聞こえたのでやり直し!」
 1回では済みませんでした。 
 
 Y君の司会でお誕生会が始まりました。

CIMG5767b.JPG お誕生月の児童が自己紹介した後、それぞれが引いたカードに書かれた質問・好きな季節、好きな色、好きな遊び、そして好きな教科などに答えた後、Y君から記念の色紙が渡され、お手製のペンダントを首に掛けてもらいました。ペンダントの紐は児童の身長と同じ長さで、1年後あるいは卒業後等に比べられるようになっています。

 最後に、Happy birthday to youを唄って、「おめでとう!!」で第一部は終わりました。

 第二部は、今回初出演の内田さんによる素話「3枚の鳥の羽」です。高学年の一部にひそひそ話が聞こえ職員から注意されましたが、全体的には静かに聴いていました。

 そして第三部、今日のハイライト・班別けん玉大会です。

 トップバッターは低学年の児童で、この日に向けて練習を重ねたSちゃんもいます。制限時間内に何回お皿に乗ったかを班の子どもたちが数えます。

 「始め!」で一斉に競技開始。
大勢の前でやるので、低学年の児童は緊張してなかなかお皿に玉が乗りません。「冷静に!冷静に!」「あせるなあせるな」「あ〜惜しい」「めちゃ惜しい」と観客から声援が飛ぶかと思うと、「まだゼロだ!!」「1回は乗せろ!」とプレッシャーがかかるのでますます焦ります。

 次は高学年の児童たちの番です。
「この組は上手いぞ!」とおだてるかと思うと、「お前10回は乗せろ!」とノルマもきつくなります。でも「これ、手に絡まる」「今日は駄目だ!全然うまくいかない」と首をひねる子や、観客から「お前、乗せた玉をすぐ外すので乗ったことにならないぞ!」とクレームがつく子もいます。

 最後に、司会のY君やお誕生月の職員がやった後は、いよいよ成績発表です。一瞬静かになる中で職員が発表します。

 大差で優勝したのは、myけん玉で練習した2年生の I 君で34回でした。大きな拍手が会場に響きました。2位は5年生のR君25回、同率3位は2年生のW君と3年生のS君、23回でした。
 
 公式競技のあとは、職員の希望で「もしもし亀よ亀さんよ」が行われました。出場するのは、腕に自信のある?W君、I 君、4年生のN君そしてOさんの4人です。

 日ごろはにこにこしているOさんも、この時は真剣そのもの。でも、ここでも I 君の上手さが目に付き、低学年の健闘が目立った大会でした。

 終った後は、いつものように職員手作りのおやつです。この日は2種類の蒸しパン(サツマイモ、かぼちゃとチーズ)が出され、「いただきます」を言う前に食べだす子もいた程、美味しかったです。
Posted by at 07:00 | この記事のURL