CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年08月30日

イベント:コーラスHANA

@内容
大船渡市出身の堀さん指揮のグループ富山県黒部市のシニアコーラスグループの方々と一緒に、唱歌や懐メロを楽しく歌いましょう。

A開催日時
2019年9月15日(日)10:30開演

B会場
ハネウェル居場所ハウス

C問合せ先
ハネウェル居場所ハウス
TEL & FAX:0192-47-4049

詳しくは、チラシをご覧ください。

20190830160255103_0002.jpg



イベント:上方落語 輪楽い配達寄席in大船渡

@内容
上方落語 寄席
【演者】
桂 ひろば
桂 小鯛

A開催日時
2019年10月6日(日)開演11:00

B会場
居場所ハウス

C参加費
無料

D主催
大阪西ライオンズクラブ・大船渡五葉ライオンズクラブ

詳しくは、チラシをご覧ください。

フル ページ写真.jpg


2019年08月29日

イベント:第1回筋力向上サポーター養成講座

@内容
介護予防に役立つ筋トレの基本や指導方法を学ぶことができます。学んだことを地域の集まりやサロンで活用すれば、ご自身だけでなく周りの方の介護予防にも繋がります!ぜひご参加ください!

A開催日時
2019年10月7日(月) / 2019年10月15日(火) / 2019年11月18日(月)(全3回)
時間:13:30〜15:15(受付13:15〜)

B会場
おおふなポート 多目的ホール

C参加費
2,000円(テキスト代、会場費等)
*3回分です。初回時に頂きます。

D講師
健康運動指導士 熊谷 侑希

E申込締切り日
2019年9月30日(月)

E問合せ先・お申込み先
NPO法人 さんりくWELL NESS (熊谷)
電話:080-1823-2015
FAX:0192-29-2108
メール:yuki@sanriku-w.jp

詳しくは、チラシをご覧ください。

20190829140740956_0001.jpg

20190829140755186_0001.jpg




セミナー:みんなで一緒に学ぼう会〜その65〜”社協に学ぶ”サロン活動

@内容
・サロン運営について
・サロン助成(申請書の書き方、報告についての注意点など)

A開催日時
2019年9月27日(金)13:30〜15:30

B会場
大船渡市市民活動支援センター

C参加費
無料

D講師
社会福祉法人大船渡市社会福祉協議会

E問合せ先・お申込み先
大船渡市市民活動支援センター
TEL/FAX:0192-47-5702

詳しくは、チラシをご覧ください。

9月学ぼう会.jpg


2019年08月28日

イベント:マチコヤ企画第5弾!食べて作って和を学ぶ♪ 「十五夜まんじゅう彩る秋の夜」

@内容
フラワーショップもりかわのお花と菓匠高瀬によるお饅頭でお月見セット作り!
作ったお月見セットはお持ち帰りいただけます。

A開催日時
2019年9月9日(月) 18:30〜20:00

B会場
キャッセン大船渡 コミュニティスペース

C参加費
2,000円

D定員
先着20名様

E問合せ先・お申込み先
キャッセン大船渡
担当:キャッセン大船渡インターン生 木村 有希
TEL:0192-22-7910

詳しくは、チラシまたはキャッセンFBをご覧ください。

20190828102430106_0001.jpg



2019年08月27日

助成金:第9回 毎日地球未来賞

@提供
株式会社毎日新聞社

A趣旨
「毎日地球未来賞」は、未来の子どもたちに良好な環境を残すため、「食料」「水」「環境」の分野で、国内外の問題解決のために地道に取り組んでいる草の根的な市民団体や、中高生・大学生など若い人たちの活動を表彰し、賞金を贈って活動を応援します。

B授賞対象・選考
主に市民・草の根レベルの活動が対象です。大規模な活動を展開する団体も選考対象としています。
 食料、水、環境の3つの分野のうち1分野での活動、あるいは複数の分野にまたがる活動、いずれも選考対象となります。
 東日本大震災が発生した2011年にこの賞を創設しました。その経緯を考慮して、東日本大震災や、それ以降に発生した熊本地震、大阪北部地震、北海道胆振東部地震の被災者・被災地を対象に、3分野で復興に向けた活動を続ける団体・個人も表彰します。
 中学・高校生や大学生など若い人たちの活動は全ての賞の選考対象となります。特に、次世代応援賞と奨励賞は、若い人の活動だけを対象にして選考を行います。
 毎日新聞社のベテラン記者などによる選考会と、社外の専門家などを中心にした選考委員会で審査を行い、受賞者を決定します。

C賞
毎日地球未来賞(大賞) 1点=賞金150万円
クボタ賞(特別賞) 2点=賞金100万円
次世代応援賞 1点=賞金40万円
奨励賞 3点以内=賞金20万円

D応募期限
2019年10月8日(火)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



助成金:第六期 サントリー・チャレンジド・アスリート奨励金 団体部門

@提供
サントリーホールディングス株式会社/公益社団法人 日本フィランソロピー協会

A趣旨
サントリー・チャレンジド・アスリート奨励金 は、サントリーグループの東日本大震災復興支援「サントリー東北サンさんプロジェクト」の一環として、東北3県(岩手県・宮城県・福島県)において、チャレンジド・スポーツ(障がい者スポーツ)の世界大会に対象3県から一人でも多くの選手を輩出することを目指して、世界大会出場を目指すチャレンジド・アスリート(個人部門)や、チャレンジド・スポーツのチームおよびチャレンジド・スポーツの振興を目的とした団体への活動(団体部門)へ奨励金を給付するものです。

B対象となる団体
申請時点で次の1)から5)に掲げるすべてを満たす団体を対象とします。
 1)次のいずれかに該当すること。
 ・ 障がい者のための運動・スポーツの振興を主たる目的として活動している団体
 ・ チャレンジド・スポーツ競技団体として、選手の育成やサポートを主たる目的として活動している団体
 2)岩手県・宮城県・福島県のいずれかに主たる活動拠点を置く団体
 3)原則として5名以上の構成員からなる非営利の法人または任意団体
 4)団体の目的・組織・事業などを定款、規約等にて定めている団体
 5)常時連絡が可能な状態である団体

C助成金額
一団体年間200万円を上限

D応募期限
2019年9月27日(金)

詳しくは、ホームページをご覧ください。




助成金:2019年度 福祉車両配備募集

@提供
公益財団法人 日本財団

A対象となる事業
 ・介護保険法、障害者総合支援法、児童福祉法のいずれかに基づく高齢者や障害児者が地域で暮らすための通所サービス
 ・道路運送法第78条に基づく許可もしくは第79条に基づく登録をしている移送サービス事業
 ・自治体単独事業・団体独自事業のうち、利用者の通所および移動を目的にした事業
 ・2019年8月時点で開設済の施設(事業所)

B対象となる団体
社会福祉法人、NPO法人(特定非営利活動法人)、公益財団法人、公益社団法人、一般財団法人、
一般社団法人(一般財団法人・一般社団法人は、税法上、非営利性が徹底された法人。

C設定車両
 1、【車いす対応車(軽自動車)】
 2、【車いす対応車(車いす4名)】
 3、【送迎車(軽自動車)】
 4、【送迎車(普通車)】

D応募期間
2019年9月2日(月)11:00〜9月13日(金)17:00

詳しくは、ホームページをご覧ください。


2019年08月26日

イベント:星★宙教室

@内容・日時
・「望遠鏡を使ってみよう」
2019年9月7日(土)18:00〜20:00
・「宇宙はどんな世界?」
2019年11月30日(土)18:00〜20:00
・「星の話をしよう」
2020年1月28日(土)18:00〜20:00

A会場
陸前高田市コミュニティホール

B参加費
各回500円(どなたでも参加できます)

C主催・問合せ先
宙詠みサークル朔 
代表 柳谷信吾
TEL:080-9013-6673

詳しくは、チラシをご覧ください。

20190826141314525_0001.jpg



イベント:けせん女志会フェス2019

@内容
けせん地方の女性起業家が集い、社会や経営に関する様々なテーマで勉強会を重ねてきた”けせん女志会”。日々磨いてきた私たちのこころざしを携え、イベントを開催します。

A開催日時
2019年9月22日(日)10:00〜16:00

B会場
おおふなぽーと 2F多目的室

C問合せ先
けせん女志会 事務局
TEL:080-6020-5610 担当/江刺

詳しくは、チラシをご覧ください。

20190826140952257_0001.jpg

20190826141000596_0001.jpg



イベント:第27回 釜石市ふれあい福祉まつり

@内容
ふれあい福祉まつり
まごころ物販ブース・ステージイベントコーナー・ふれあいキッズコーナー・その他

A開催日時
2019年9月7日(土)10:00〜14:00

B会場
釜石市民ホール(TETTO)ホールB・ホール前広場

C主催団体
第27回釜石市ふれあい福祉まつり実行委員会
TEL:0193-22-2310

詳しくは、チラシまたはホームページをご覧ください。

20190821094120a92.jpg


イベント:RUN TOMO 2019 いわて

@内容
RUN 伴(ランとも)は、認知症の人もそうでない人も一緒に、オレンジのTシャツを着て、タスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベントです。
認知症にたいして「何もわからなくなってしまう病気」「怖い」といった負のイメージがある中で、喜びや達成感を共有することを通じて、認知症の人が、地域で伴に暮らす普通の隣人であることを実感できます。
そして他人事ではなく自分事として「みんなでひとつの目標に向かって、社会の一員として役割、喜びを感じる。」
RUN伴は認知症とともに生きる人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域づくりを皆で目指します。

A開催日
2019年9月1日(日)岩手南三陸ルート(大船渡〜高田)

B主催
NPO法人認知症フレンドシップクラブ / RUN伴岩手県実行委員会

詳しくは、チラシまたはホームページをご覧ください。

20190826110516263_0001.jpg

20190826110524280_0001.jpg



2019年08月23日

助成金:アジア生協協力基金2020年度

@提供
公益財団法人 生協総合研究所

A対象となる事業
 1)アジア・太平洋地域で実施される事業。
 2)社会的に脆弱な立場や経済的に困難な状況に置かれた現地の人々を、主要な受益対象者とした事業。
 3)現地の人々の主体的な参加と協同・組織化を促進し、現地の人々の社会的自立・経済的自立を目的とした事業(※現地の人々の参加が見込めない事業、単発の研修・セミナーやイベントの開催など友好親善を目的とした交流事業、組織の維持・運営に係る運転資金の補てんが主目的である事業、調査や研究が主目的である事業などは助成の対象になりません)。

B対象となる組織
 1)原則として、日本国内に拠点(事務局など)を有するNPO、NGO、一般社団法人、一般財団法人、市民グループなどの非営利の組織。加えて、政治・宗教を目的としない組織であること、反社会的な活動を行わない組織であること。
 2)原則として、1年度の収入(経常収益など)が1億円未満の組織。
 3)活動開始から2年度を超えた活動実績を有する組織。
 4)申請事業を実施するうえで、現地に対等な協力組織(カウンターパート)をもつ組織。
 5)継続申請の場合を除き、過去2年度以内(2018年度、2019年度)に本助成を受けていない組織。

C助成金額
1件当たり上限100万円

D応募期間
2019年9月1日(日)〜2019年10月31日(木)

詳しくは、ホームページをご覧ください。


イベント:おでかけひろばゆるりinおおふなぽーと

@内容
慢性疾患・先天性疾患・低体重出生児・発達障がいなど配慮の必要なお子さんとおうちの方のための交流の場

A開催日時
2019年9月11日(水)10:00〜12:00

B会場
おおふなぽーと 2階和室

C参加費
無料

D問合せ先
社会福祉法人大船渡市社会福祉協議会
TEL:0192-27-0001

詳しくは、チラシをご覧ください。

20190823144101928_0001.jpg



2019年08月21日

イベント:サロン「こもれびの部屋」おはなし語りの場

@内容
傾聴ボランティアによるサロン

A開催日時
10月4日・10月11日・11月15日  12:30〜15:00
12月13日 13:00〜15:30

B会場
大船渡市防災観光交流センター(おおふなぽーと) 会議室

C参加費
無料

E主催・問合せ先
気仙地域傾聴ボランティア「こもれびの会」
TEL:080-1697-8422

詳しくは、チラシをご覧ください。

20190821111305138_0001.jpg



2019年08月20日

助成金:子ども病院図書助成

@提供
公益財団法人公益推進協会

A目的
小児医療施設では、病棟ごとの図書コーナーや病棟を回る子ども用のブックサービスや、オープンスペースを利用したおはなし会があり、入院中の子供たちは、数少ない楽しみの一つである図書の利用は大変人気があります。
人気のある本は多くのお子さんが借りること、幼児用は汚れやすいことなど、小児独特の使用により消耗も激しく修繕しながら利用しています。また大型絵本も人気ですが、値段が高いので購入できるものが限られています。
さらに、慢性の病気で長く入院するお子さんが多い施設や、乳幼児が多い施設、また患児の兄弟姉妹のための図書など、施設によって図書を利用する年齢や使い方が違うことから、できれば施設が希望する図書を購入させてあげたいと思います。
そこで、この助成事業では、図書の購入を側面から支援することで、入院している子どもやご家族の笑顔が増えることを目的とします。

B対象となる団体
国内において実施される活動で、以下の要件をすべて満たしたもの。
(1)日本国内の子ども病院に図書を配布する活動を行っていること
(2)NPO法人、公益社団法人、公益財団法人、医療法人、社会福祉法人その他この基金の趣旨に合致するとして理事会が特別に認めた非営利法人

C助成金額
100万円を上限とする

D応募期間
2019年8月29日(木)当日消印有効

詳しくは、ホームページをご覧ください。

2019年08月19日

助成金:2020年度 防災教育チャレンジプラン

@提供
防災教育チャレンジプラン

A対象となる活動
全国で取り組まれつつある防災教育の場の拡大や質の向上に役立つ共通の資産をつくることを目的に、新しいチャレンジをサポートいたします。
そのプランの準備・実践に当たって発生する経費を支援し、実現に向けて防災教育チャレンジプランアドバイザーが出向くなどして相談などの支援を行います。

B対象となる団体
●防災教育を一層充実させたいと考えている教育・社会福祉施設(保育施設・幼稚園・学校等)、教育委員会、NPO、民間企業、個人、地域団体(民間事業所、各種団体、行政機関)
●採用された場合は、開催予定の実践団体決定会、中間報告会、活動報告会の計3回の会合に出席できること。
<部門>
Ⓐ保育園・幼稚園等の部
Ⓑ小学校低学年の部
Ⓒ小学校高学年の部
Ⓓ中学校の部
Ⓔ高等学校の部
Ⓕ大学・一般の部

C助成金額
1件あたりの上限額: 300,000円

D応募期間
2019年11月29日(金)15:00までに応募企画書をホームページにアップロード

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:2019年 こくみん共済 coop 地域貢献助成事業

@提供
全国労働者共済生活協同組合連合会

A対象となる活動
 (1)自然災害に備え、いのちを守るための活動
 (2)地域の自然環境・生態系を守る活動
 (3)温暖化防止活動や循環型社会づくり活動
 (4)子どもや親子の孤立を防ぎ、地域とのつながりを生み出す活動
 (5)困難を抱える子ども・親がたすけあい、生きる力を育む活動

B対象となる団体
日本国内を主たる活動の場とする、下記(1)〜(3)のすべてに該当する団体を対象とします。
 (1)NPO法人、任意団体、市民団体
 (2)設立1年以上の活動実績を有する団体(基準日:2019年9月10日)
 (3)直近の年間収入が300万円以下の団体(前年度の繰越金を除く)

C助成金額
1団体に対する助成上限額:30万円

D応募期間
2019年9月20(金)〜10月10日(木)当日消印有効

詳しくは、ホームページをご覧ください。



助成金:AIN「食と栄養」国際支援プログラム 2020年度

@提供
公益財団法人味の素ファンデーション

A趣旨
AINは、開発途上国の「食と栄養」の国際協力の現地活動支援を通して、開発途上国の人々の生活の質の向上を目指す助成プログラムです。

B対象となる活動
〇「食と栄養」分野の課題解決に向けた主な活動
-栄養問題の改善活動
-地域の優先課題の解決促進につながる食と栄養関連の社会的な仕組み作り
〇保健分野については、人々の疾患予防や健康増進につながり、良好な「食と栄養」生活の土台をつくるものである限り対象に含みます。
〇すべての課題について、社会・文化・宗教的な理由により見解が分かれるような事業に対する支援は、慎重に検討します。

C対象となる団体
(1)原則として、非営利団体(法人格の有無は不問)であること
(2)組織を発足させてから2年以上の事業実績を有すること
(3)事業を展開するための現地事務所、またはカウンターパートがいること
(4)政治的、営利的、宗教的活動は類似の行為を含めて一切行っていないこと

D助成金額
1件あたり 年間上限 300 万円

E応募期間
2019年9月30日(火)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



助成金:令和2年度 多文化共生のまちづくり促進事業

@提供
一般財団法人自治体国際化協会(クレア)

A趣旨
グローバル化が進展し、日本に居住する外国人 住民が定住傾向にある中で、文化的背景を異にする人々が共生・協働する社会の構築を推進するために、地方公共団体及び総務大臣に認定を受けた地域国際化協会(以下「地域国際化協会」という。)等が行う多文化共生施策に要する経費について、予算の範囲内において地方公共団体及び地域国際化協会等に対し、多文化共生のまちづくり促進事業助成金を交付する。

B対象となる活動
助成対象事業は、助成対象団体が実施する多文化共生を推進する事業のうち、特に重要性、必要性が高く、他団体の範となる事業で、次に掲げるものとする。
 (1) 医療・保健・福祉支援事業
 (2) 防災支援事業
 (3) 教育支援事業
 (4) 労働環境整備事業
 (5) 居住支援事業
 (6) 外国人住民の自立と社会参画支援事業
 (7) 上記(1)〜(6)の事業実施にあたり必要となる情報の多言語化や日本語学習支援事業

C対象となる団体
 (1) 都道府県
 (2) 市区町村
 (3) 地域国際化協会
 (4) 特定非営利活動法人及びその他本事業を実施する能力を有すると当協会が認める団体(法人格を有するものに限る。)(以下「NPO 法人等」という。)
ただし、NPO 法人等にあっては、地方公共団体、地域国際化協会(以下「地方公共団体等」という。)と連携して事業を実施する NPO 法人等に限るものとし、その事業に対する助成は、当該地方公共団体等の申請に基づき、当該地方公共団体等を通じて行うものとする。

D助成金額
 (1) 都道府県及び指定都市にあっては、1団体あたり400万円とする。
 (2) 市区町村(指定都市を除く。)、地域国際化協会及び NPO 法人等にあっては、1団体あたり300万円とする。
 (3) 複数の助成対象団体が共同で行う事業については、その事業を実施する団体の数にかかわらず、1事業あたり400万円とする。
・全ての団体にあたり、50万円をその下限額とする。

E応募期限
2019年9月27日(金)必着

詳しくは、ホームページをご覧ください。