CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年01月11日

イベント:地球のステージ6〜国境なき大地〜

@内容
世界の紛争、災害、貧困の現場を「音楽」「映像」「語り」でお届けするライブステージ

A開催日時
2018年1月28日(日) 開演:午後2時 (開場:午後1時30分)

B会場
陸前高田市コミュニティホール

C参加費、配布先
参加費:無料 (ただし、整理券が必要となります)
※入場整理券は、1月9日(火)から配布します。
配布先:大船渡市・・・大船渡市役所、大船渡市民文化会館
    陸前高田市・・陸前高田市役所、観光物産協会
    住田町・・・・住田町役場、上有住地区公民館
    
D実施団体
気仙広域連合

E問合せ先
気仙広域連合広域振興課
TEL:0192-27-3111(内線216)

詳しくはチラシをご覧ください。

地球.jpg


2018年01月10日

セミナー:『抱っことおんぶの勉強会』

@内容
赤ちゃんとうまく遊べない、なかなか泣きやまないなど不安な子育てを、昔ながらの知恵を上手に使いながら楽しめるようにしてみませんか?
ママも赤ちゃんもつらくない抱っことおんぶ、赤ちゃんの発達や関わり方を学びましょう。

A開催日時
2018年2月3日(土)

B会場
大船渡市Y・Sセンター

C参加費
300円(AKAGOテキスト代・当日お支払いください)

D講師
迫きよみさん
 京都府宇治市在住
 NPO法人子育てを楽しむ会代表
 子育ての文化研究所事務局
 ひよこクラブ12月号特集「ママも赤ちゃんもつらい抱っこから卒業しませんか?」監修

E問合せ先・お申込み先
大船渡市社会福祉協議会
TEL:0192-27-0001

詳しくは、ホームページ、チラシをご覧ください。


セミナー:平成29年度心のケア班市民講座「こころのじかん6」

@内容
岩手大学三陸復興・地域創生推進機構が発災直後より取り組んでいる東日本大震災復興支援事業として、心のケア班では「被災された方とその支援者の長期的な心のサポート」をテーマにカウンセリングや支援者支援などの地域支援を行っております。今年度も広く市民の皆様にストレスと対処等をはじめとする心理臨床的な知識、傾聴などの実際的な支援方法、そして心のことについて考える機会の提供を目的として講座を開催いたします。

A開催日時・会場
日時:平成30年1月20日(土)13:30〜15:00(開場13:10)
会場:宮古市シーアリーナ4階研修室(1)
内容:「悲しみを抱える・悲しみを支える」
講師:佐々木誠(岩手大学三陸復興・地域創生推進機構 特任准教授)

日時:平成30年1月27日(土)13:30〜15:00(開場13:10)
会場:岩手大学釜石サテライト(セミナー室)
内容:「自分の怒りとつきあうヒント」
講師:佐々木誠(岩手大学三陸復興・地域創生推進機構 特任准教授)

日時:平成30年2月3日(土)13:30〜15:00(開場13:10)
会場:陸前高田市コミュニティホール(中会議室)
内容:「相手を支える話の聴き方」
講師:佐々木誠(岩手大学三陸復興・地域創生推進機構 特任准教授)

日時:平成30年2月14日(水)13:30〜15:00(開場13:10)
会場:シーパル大船渡(大会議室)
内容:「子どもの可能性を大きくする心理学的方法」
講師:織田信男(岩手大学人文社会科学部 教授)

日時:平成30年2月16日(金)13:30〜15:00(開場13:10)
会場:宮古市シーアリーナ4階研修室(1)
内容:「リラクセーションでストレスを乗り越えよう!」
講師:山口 浩(岩手大学人文社会科学部 教授)

日時:平成30年2月28日(水)13:30〜15:00(開場13:10)
会場:岩手大学釜石サテライト(セミナー室)
内容:「心理学の立場から宗教を考える!」
講師:奥野雅子(岩手大学人文社会科学部 准教授)

B定員・対象
定員:各30名   
対象:中学生以上の一般の方

C参加費
無料

D実施団体
岩手大学三陸復興・地域創生推進機構 三陸復興部門 心のケア班

E問合せ先・お申込み先
岩手大学釜石サテライト
TEL:0193-55-5691
FAX:0193-36-1610

詳しくは、ホームページ、チラシをご覧ください。

チラシ1.jpg




2018年01月05日

助成金:2018年度「世界の人びとのためのJICA基金」活動提案募集

@提供
独立行政法人 国際協力機構(JICA)

A対象となる活動
開発途上国・地域における貧困削減や人々の生活改善・向上に直接的に貢献しうる途上国現地での活動を主とし、以下の分野での取り組みを対象とします。
・初中等教育を受けるための貧困層の児童・生徒への奨学金事業
・貧困削減のためのマイクロクレジット事業
・開発途上国の環境保全に貢献する事業
・その他広く貧困層の生活向上等に貢献する事業
・災害復興支援事業
・ネットワーク型NGO(注)による事業
ただし、応募時点で実績のない新規の事業ではなく、既に実施中の活動を充実・発展させる取り組み、または当該事業を他地域へ普及する取り組みであること。

B応募資格
・日本国内で契約主体となりうる団体あるいは個人で、開発途上国・地域の開発に資する非営利活動を2年以上にわたり継続的に行っており、現在も活動中である方。また、過去に本基金の支援を受けたことのある団体あるいは個人も応募できますが、本基金により支援のできる回数は3回を上限とします。
・過去に草の根技術協力事業を採択した団体は応募対象外とします。また過去2年間の平均収入が年間3,000万円以上の団体も応募対象外とします。

C助成金額
1案件あたり100万円を上限。

D応募期限
2018年1月19日(金)※必着

詳しくは、ホームページをご覧ください。