CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年05月17日

セミナー:第5回 NPO勉強会 災害時に備えたネットワークづくり!

@内容
1 普段からのネットワークづくりを災害時に活かすため
には,どのようなネットワークづくりが必要なのか。
2 組織の特徴を知る。(NPO法人、社協、企業、行政)

講師:篠原辰二 氏(一般社団法人Wellbe Design 理事長)

A開催日時
2016年5月27日(金)14:00〜16:00

B会場
カリタス釜石 多目的ホール (釜石市大只越町2-4-4)

C問合せ先・お申込み先
特定非営利活動法人 @リアスNPOサポートセンター
メール:info@rias-iwate.net
FAX:0193-27-8121

詳しくは、チラシをご覧ください。
20160517153416758-001.jpg20160517153416758-002.jpg

2016年05月15日

セミナー:「デザイン思考を活用したビジネスプラン作成支援事業」 第1回特別講演「その手があったか!を考えるイノベーティブ思考法

@内容
特別講演
テーマ「“その手があったか!”を考えるイノベーティブ思考法」
講 師:富田 欣和 氏(とみた よしかず)
(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科講師)
・ワークショップ体験
イノベーションワークショップに使用される考具についての学習

A開催日時
5月22日(日)午後1時30分から

B会場
カメリアホール 多目的ホール

C参加費
無料

D問合せ先・お申込み先
大船渡市商工課
電話番号:0192-27-3111
FAX番号:0192-26-4477

詳しくは、チラシをご覧ください。
チラシ.pdf

セミナー:アビリティコース 体験講座・連続講座

@内容
コーチとの対話を通して自分と対話し、自分への理解を深めると同時に自分に備わる力を場面に応じて適切に発揮するための思考と行動のトレーニングが出来ます。

A開催日時
体験講座:2016年6月25日(土)13:30〜16:30
連続講座:2016年7月23日(土)10:30 〜 16:30
2016年8月27日(土)10:30 〜 16:30
2016年9月24日(土)10:30 〜 16:30

B会場
遠野市まちおこしセンター 「あすもあ遠野」3階  
岩手県遠野市新穀町6−1 (JR遠野駅 徒歩1分

C参加費
体験講座:5,000円(消費税込)
連続講座:60,000円/昼食付き
※早期割引あり 6月23日までに お申込みの場合は 54,000円

D問合せ先・お申込み先
アビリティ@遠野 主催 山口美恵TEL090-7935-1315/MAIL y.yamaguchi@clst-sf.com
つながらない場合は留守番電話にメッセージをお願いします。折り返しご連絡させていただきます。

詳しくは、チラシをご覧ください。
アビリティ遠野.jpg
アビリティ遠野2.jpg

2016年05月14日

補助金:岩手県企業局「平成28年度 植樹活動支援事業に係る二次募集」

@提供
岩手県企業局経営総務室経営企画

A対象となる活動
・ 一般支援事業 :水源涵養の促進及び環境保全活動に資する植樹・育樹活動。ただし、景観保全を目的とする事 業、公園施設等整備事業、街路樹、花壇等の整備事業等を除く。
・特別支援事業: 一般支援事業に該当するものであって、重点的な支援を行うことが必要と認められるもの、ま たは、一般支援事業に準ずるものであって、企業局の業務に密接に関連し、地域貢献に資すると認められたもの

B対象となる団体
地方自治体、特定非営利活動促進法に基づく特定非営利活動法人、民間団体等
(実行委員会等その他任意の団体を含む。)

C助成金額
@苗木のみ:20万円以内
A苗木と資材:合わせて20万円以内ただし、苗木分の割合は2分の1以上であること
B苗木と育樹用具:合わせて20万円以内ただし、育樹用具は10万円以内
C苗木、資材及び育樹用具:合わせて20万円以内ただし、育樹用具は10万円以内とし、苗木と資材の割合はAに同じ
D資材と育樹用具:育樹用具のみ対象とし、10万円以内
E育樹用具のみ:10万円以内
F資材のみ:支援対象外
※特別支援事業の場合の支援額と苗木等の割合は、上記に準ずる

D応募期限
2016年6月3日(金)

詳しくは、岩手県HPをご覧ください。



イベント:第3回碁石海岸で囲碁まつり〜日台交流囲碁大会

@開催日・内容
6月10日(金):囲碁列車・囲碁神社・前夜祭
6月11日(土):日台交流囲碁大会
6月12日(日):囲碁列車

A会場
6月11日(土)大船渡リアスホール

E問合せ先・お申込み先
碁石海岸で囲碁まつり実行委員会 大石 明広
電話番号:090-9856-5146
FAX番号:0462-247-9345

詳しくは、チラシをご覧ください。
20160514161928138-001.jpg
20160514161928138-002.jpg

イベント:釜石シネクラブ 第12回映画上映会at釜石PIT スクールオブロック

@内容
映画上映会

A開催日時
2016年5月29日(日)
開場13:30 開演14:30
ミニイベントは13:30から開催

B会場
釜石情報交流センター内
チームスマイル・釜石PIT

C参加費
無料
※お一人300円を目安に「協力金」のご協力お願いいたします。

E問合せ先・お申込み先
釜石シネクラブ
TEL:080-5870-4443(今村)
080-1823-1571(平松)

詳しくは、チラシをご覧ください。
20160514160208307.jpg

セミナー:事業と働き方を考えるシンポジウム vol.1 地域資源の活かし方

@内容
「地域資源を活かし方」をキーワードに、関東で実践されている内原絵美さんをゲストにお迎えし、現在の取り組みについてお話いただきます。
シンポジウムは2部構成で、前半は内原さんの講演、後半は気仙地区での実践者3名を加え、地域資源を活かした商品開発や地域おこしの取り組みを紹介しながら「事業」と「働き方」について参加者全員で考えていきます。

A開催日時
2016年5月23日(月)18:00〜19:45

B会場
シーパル大船渡大会議室

C参加費
無料

D問合せ先・お申込み先
株式会社キャッセン大船渡(担当 スタッフ
山崎)
TEL:080-2807-4635
メール:motokoyama121@gmail.com

詳しくは、チラシをご覧ください。
20160514154816533-001.jpg


2016年05月12日

セミナー:みんなで一緒に学ぼう会〜その27〜


@内容
NPO法人は、毎事業年度の初めの3か月以内に、前事業年度の
事業報告書等を作成し所轄庁に提出しなければなりません。
『NPO法人事業報告直前チェック!!』では、事業報告にあたってのポイントを学びます。

講師:大船渡市役所企画政策部 企画調整課 係長 新沼 裕一氏

A開催日時
5月25日(水) 14:00〜15:30

B会場
大船渡市市民活動支援センター

C参加費
無料

D持ち物
前年度事業報告書・定款
(その場で報告書を作成することができます)

E問合せ先・お申込み先
大船渡市市民活動支援センター
電話1(プッシュホン)TEL・FAX:0192-47-5702 
 Mail:shimin@ofunatocity.jp

詳しくは、チラシをご確認ください。
プレゼンテーション1.jpg

助成金:平成28年度「まちづくり人応援助成金」

@提供
一般財団法人まちづくり地球市民財団

A対象となる活動
まちづくりを推進し活力ある地域の発展を目的とした、市民活動家や団体等に助成を行うと共に、地域の防災や減災に貢献する活動にも助成。

1. 「商店街等の環境活動・保全」
・環境活動を通じて、まちづくり活動を行う人
子供たちへの環境教育や運動
2. 「地域活性化及び産業育成」
・中心市街の活性化を目標に活動を応援する。
街の特産物や地産地消に対する提案や運動
3. 「文化活動と芸術関連の育成・継承」
・伝統文化に関する保全活動や復活活動を応援する。
祭事や歴史を地域へ啓蒙する活動
4. 「防災・減災活動の推進や啓蒙」
・防災・減災活動等を通じてまちの安全を継続的にする運動や提案

B対象となる団体
応募要項をご確認ください。

C助成金額
1件50万円

D応募期間
2016年5月31日(火)まで(メール必着)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:平成 28 年度「被災地住民支え合い活動助成」


@提供
社会福祉法人岩手県共同募金会

A対象となる活動
岩手県内の仮設住宅・復興公営住宅の住民を対象にした、孤立を防ぐ活動、日常生活を支える活動、コミュニティ再生を目的とした団体による支援活動

B対象となる団体
岩手県内の仮設住宅または復興公営住宅の被災住民を対象に、支援する側として、また住民同士の支え合いとして中期的に(概ね3か月間以上)、次の活動を行うボランティア団体、NPO法人、社会福祉協議会等を対象とします。

C助成金額
1 団体につき総事業費の 90%以内で 50 万円を上限

D応募期間
第1回 :2016年4月1日(金)〜2016年5月31日(火)
第2回 :2016年6月1日(水)〜2016年7月31日(日)
第3回 :2016年8月1日(月)〜2016年9月30日(金)
第4回 :2016年10月1日(金)〜2016年11月30日(火)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:特定活動助成「東日本大震災支援プログラム」 2016年度
〜こころのケアのための“傾聴ボランティア”を応援します〜


@提供
公益財団法人ユニベール財団

A対象となる活動
東日本大震災で被災された方々、および被災地から県外に避難を余儀なくされた方々を対象に、「こころのケアのための傾聴ボランティア」として活動している団体に焦点を当てて助成を行っています。

B対象となる団体
1)被災地でこころのケアのための“傾聴ボランティア”として活動をしている団体
2)被災地から県外に避難を余儀なくされた方々を対象に、こころのケアのための“傾聴ボランティア”として活動をしている団体
3)上記の団体のうち次の条件を満たした団体
@)応募に際して、地元社会福祉協議会の推薦を得ること。
A)団体として、既に一年以上の活動実績があること。

C助成金額
50万円を上限

D応募期間
2016年7月30日(午後5時必着)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:第 8 回募集(2016 年) 研究助成プログラム「理想の追求」


@提供
一般財団法人キヤノン財団

A対象となる活動
食に関する研究
1)飢餓と飽食
2)食の安全保障
3)第6次産業化
4)食の文化と健康、美味しさ
5)食の安全性と流通

B対象となる団体
研究代表者は、国内の大学および大学院(付属機関を含む)、大学共同利用機関、高等専門学校、その他公的研究機関等の何れかに勤務し、当該機関で実質的に研究できる方です。助成期間中に日本国内に居住している方が対象になりますが、国籍は問いません。助成申請に際し、代表研究者が勤務する大学・研究機関などの所属機関の上長(例えば、学長、大学院研究科長、学部長、研究所長など)から、「キヤノン財団研究助成申込書(申請者用)」に承認印(公印)を押印して頂いてください。共同研究者は国内外を問いませんが、代表研究者は責任をもって共同研究者の研究の進捗や、海外への送金・使途など研究費を管理してください。代表研究者が他の応募案件の共同研究者となることは問題ありません。また、大学院生・学生は共同研究者にはなれません。

C助成金額
1件あたりの助成申込額は3,000 万円を上限

D応募期間
電子申請期間:2016年6月1日(水)10時〜2016年7月15日(金)15時
申請書PDFの電子データ提出および応募書類の提出:2016年7月19日(火)必着

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

2016年05月10日

イベント:旅する風景画展’16

@内容
風景画の展示とその地域を紹介する展示、そして各地域の特産品の販売を行います。

A開催日時・会場
2016年5月19日(木)〜2016年5月21日(土)
場所:@りくカフェ      10:00〜16:00
   Aたがだ屋 一本松店   9:00〜18:00

2016年5月20日(金)〜2016年5月22日(日)
場所:@南三陸ショッピングセンター「サン・リア」1F 9:00〜21:00
   A三陸鉄道 南リアス線車内(盛駅〜釜石駅)
    盛駅、釜石駅連絡通路内

B問合せ先
絵かきミクロ   河原崎彩子
TEL:090-7364-8200

詳しくは、チラシをご覧ください。
20160510113914089.jpg



2016年05月09日

助成金:第 8 回募集(2016 年) 研究助成プログラム「産業基盤の創生」


@提供
一般財団法人キヤノン財団

A対象となる活動
助成対象の研究分野:日本の強い産業を更に強化する、あるいは新たな産業を興すことによって経済発展を促すような科学技術分野にあって、独創的、先駆的、萌芽的な研究を対象とします。
分野としては、将来社会において重要になることが想定されるICT・エレクトロニクス・ロボティクス、健康・医療・生命科学、バイオテクノロジー、環境・資源・エネルギー、材料・デバイス・プロセス、サービスサイエンスです。(注) また、社会的に複雑で難しい課題を解決するために、分野間の知的な触発や融合を図る挑戦的な新興・融合テーマなども対象として含めます。日本の経済発展には地域の活性化が不可欠です。キヤノン財団は特に地域の活性化に貢献する研究を重点的に支援します。地方に位置する大学等の研究を支援するとともに、中央に位置する大学等であっても地域の活性化を目指す研究に対して支援を行います。

B対象となる団体
研究代表者は、国内の大学および大学院(付属機関を含む)、大学共同利用機関、高等専門学校、その他公的研究機関等の何れかに勤務し、当該機関で実質的に研究できる方です。助成期間中に日本国内に居住している方が対象になりますが、国籍は問いません。助成申請に際し、研究代表者が勤務する大学・研究機関などの所属機関の上長(例えば、学長、大学院研究科長、学部長、研究所長など)から、「キヤノン財団研究助成申込書(申請者用)」に承認印(公印)を押印して頂いてください。共同研究者は国内外を問いませんが、研究者代表は責任をもって共同研究者の研究の進捗や、海外への送金・使途など研究費を管理してください。研究代表者が他の応募案件の共同研究者となることは問題ありません。また、大学院生・学生は共同研究者にはなれません。

C助成金額
1件あたりの助成申込額は 1,500 万円を上限

D応募期間
電子申請期間:2016年6月1日(水)10時〜2016年6月30日(木)15時
申請書PDFの電子データ提出および応募書類の提出:2016年7月1日(金)必着

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:平成28年度あしたのまち・くらしづくり活動賞



@提供
公益財団法人あしたの日本を創る協会

A対象となる活動
地域が直面するさまざまな課題を自らの手で解決して、住み良い地域社会の創造をめざし、独自の発想により全国各地で活動に取り組んでいる地域活動団体・企業等の活動の経験や知恵などのストーリーをレポートとしてぜひお寄せください。震災復興のまちづくりや震災復興支援の活動もご応募ください。

B対象となる団体
地域住民が自主的に結成し運営している地域活動団体、または、地域活動団体と積極的に連携して地域づくりに取り組む企業、商店街、学校等。活動に2年以上取り組み、大きな成果をあげて活動している団体。

C助成金額
表彰・賞状等の贈呈(予定)
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・内閣総理大臣賞……1件  賞状、副賞20万円
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・内閣官房長官賞……1件  賞状、副賞10万円
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・総務大臣賞…………1件  賞状、副賞10万円
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・主催者賞……………5件程度  賞状、副賞 5万円
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・振興奨励賞………20件程度  賞状

D応募期間
2016年7月11日(月)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。


2016年05月06日

補助金:大船渡市高齢者交流サロン運営事業補助金

@提供
大船渡市

A目的
高齢者の皆さんが安心して生活できるよう、住民同士が支え合う地域の体制づくりを目指しています。
地域の中で、高齢者の居場所をつくり、積極的に交流し社会参加することは、自らの介護予防になり、みんなで支え合う地域づくりにつながります。
 そこで、高齢者の皆さんが身近で気軽に集まることのできる場所を確保し、住民運営の通いの場の充実を図るため、「高齢者交流サロン」を設置し活動する団体又は個人に対し、その運営経費の一部を助成します。

B対象となる団体
高齢者交流サロンの取り組みを行う団体または個人

C助成金額
1)高齢者交流サロン活動拠点整備費:1団体又は1個人につき1回に限り、補助対象経費の10分の10に相当する額。(上限額20万円)
ただし、備品購入費のみの場合は、補助対象経費の10分の10に相当する額。(上限額5万円)
2)高齢者交流サロン運営事業費:(1)運営費(消耗品費、燃料費、印刷製本費、光熱水費、通信運搬費、保険料、その他運営に必要と認められる費用)
開催1回につき、補助対象経費の10分の10に相当する額。(1回の限度額1,000円)
(2)会場賃借料
補助対象経費の10分の10に相当する額。上限額月額1万円

D応募期間
2016年5月9日(月)〜2016年5月31日(火)午後5時必着
※問合せ先
 〒022-0003 大船渡市盛町字下舘下14-1 (総合福祉センター内)
      大船渡市生活福祉部 地域包括ケア推進室 
      TEL:26−2943  FAX:27−1589
      メールアドレス:houkatsu@city.ofunato.iwate.jp

詳しくは、HPをご覧ください。

2016年05月01日

大船渡市市民活動支援センター27年度活動報告書

 
 第3期となる本年度は、サン・リア改装に伴い、センターも同じフロア内で事務所を移転しました。新しくなったセンターへ来訪する方からは、間口が広くなり前よりも入りやすくなったと声をいただきました。
 今期は、大船渡市総合戦略策定に係るワークショップ運営協力や、市と企業による大船渡駅周辺地区の行政施設整備に係る意見交換会の運営協力など、官民協働の復興まちづくりに向けた取り組みに参画しました。
 市内の市民活動団体への訪問回数も前年の倍となり、助成金申請に関する相談をはじめ、NPO法人登記のサポートを行うなど、スタッフ一人一人が様々な案件に対応する力を伸ばすことが出来ました。
 また、新しい取り組みとして、より多くの方に市民活動を知っていただくために、センターが受け持つ広報大船渡「市民活動の輪」の2年分の記事を一つの冊子にまとめ発行しました。冊子を作製するにあたりすべての掲載団体へ再取材し、今後の活動についても伺うことが出来たので、センターにとっても非常に実りのあるものになりました。
 
 第4期では、センターの更なる認知度向上に努め、次年度のNPO法人化に向けて準備を進めていきます。この1年間の関係各位のご指導、ご協力に厚く御礼申し上げ、事業報告と致します。

詳細はこちらをご覧ください。
市民活動支援センター27年度報告書.pdf