CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年07月30日

イベント:音楽コンサートで被災地を笑顔と元気にしたい


@内容
イベント支援(吹奏楽形態での楽器演奏と、手話をいれた合唱
最大50名程で演奏 ※演奏会場の広さ等により人数は調整可能です。)

A開催日時
平成28年3月

B会場
学校・各施設・公共ステージ等場所、また屋内外や広さも問いません

C参加費

D実施団体
提案元(団体等名) 千葉県 石塚 様
支援の概要・背景・想いなど :千葉県在住の石塚さんは、高校生時代の吹奏楽部OBメンバーで音楽コンサート(吹奏楽形態での楽器演奏と、手話をいれた合唱)を企画しています。東日本大震災津波から5年目を迎える平成28年3月に復興への祈りを込め、吹奏楽を通して被災地の方を元気に笑顔にしたい、音楽が人に与える感動の素晴らしさを伝えたいとの強い想いから、公演を希望されています。

E問合せ先・お申込み先
いわて三陸復興のかけ橋推進協議会
(事務局:岩手県政策地域部政策推進室)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
TEL:019-629-5215
http://iwate-fukkou.net/

復興支援員 越野
E-mail:i.kakehashi.1@gmail.com
詳しくはHPをご確認ください

助成金:公益法人協会「東日本大震災 草の根支援組織応援基金」


《生活再建の支援活動に取り組む団体さん 向け》

@提供
公益財団法人 公益法人協会

A対象となる活動
被災者の「心の復旧・復興」を通じて生活再建の支援活動を主目的として活動している団体へ配分を行います。
例えば、@被災者を対象にした各種イベント開催、A被災者慰問活動、Bコミュニティ活性化のための広報・誘致活動、C教訓の承継啓発活動、D住民の支え合い支援活動、E伝統文化保存維持、など。

B対象となる団体
公益社団・財団法人、一般社団・財団法人、特定非営利活動法人(いわゆる NPO 法人)、社会福祉法人、更生保護法人等の非営利団体並びに任意団体で積極的に情報公開に努めている団体。
*任意団体の場合は、中間支援団体の推薦を必須条件とします。

C助成金額
1団体40万円前後

D応募期間
2015年8月20日(木)必着

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

2015年07月28日

お知らせ:文部科学省『住環境・就職支援等受入れ環境の充実事業(外国人留学生)』

<概要>
留学生30万人計画の実現に向け、外国人留学生が在籍する大学等高等教育機関と地方公共団体、地域の経済団体、NPO、留学生支援団体等が一体となり、外国人留学生に対する住環境支援等の生活支援、日本国内での就職支援及び国内外の学生が交流する宿舎・交流スペース等において国内外の学生が交流する機会を創出する等の受入れ環境の整備を強化する優れた取組を支援することをもって、日本留学の魅力を高め、優秀な外国人留学生の日本留学の促進を図る。

<募集期間>
 2015年7月13日〜2015年8月5日

<お申込み・お問い合わせ先>
住 所: 〒100-8959 東京都千代田区霞ヶ関3−2−2
担 当: 文部科学省高等教育局学生・留学生課留学交流支援係 担当 留学交流支援担当
電 話: 03-5253-4111(代)(内線3028)
FAX: 03-6734-3391
E-mail: ryukouryu@mext.go.jp

詳しくはHPでご確認お願いいたします。

助成金:とうほくIPPOプロジェクト 第5期募集


《被災地の産業復興支援に取り組む女性 向け》

@提供
株式会社フェリシモ

A対象となる活動
東日本大震災による被災地(人々、街、産業)を元気にする事業活動

B対象となる団体
被災地の産業復興支援に貢献するアイデアと実行力を持つ女性(東北在住の個人・団体に限ります)
◎個人、グループ、団体など形式を問いませんが、責任者、主体者が女性であること。(活動メンバーに男性が含まれる場合も認めます)

C助成金額
30万円〜300万円までを上限

D応募期間
【インターネット・FAXの場合】
2015年10月19日(月)16:00
【郵送の場合】
2015年10月19日(月)(消印有効)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:第18回(2016年)「日本水大賞」


《水循環系の健全化に取り組む団体さん 向け》

@提供
公益社団法人 日本河川協会

A対象となる活動
水循環系の健全化や水災害に対する安全性の向上に寄与すると考えられる活動で、以下のような分野における諸活動(研究、技術開発を含む)を対象
・水防災:例えば、以下の視点などから実施される諸活動
・水資源:例えば、以下の視点などから実施される諸活動
・水環境:例えば、以下の視点などから実施される諸活動
・水文化:例えば、以下の視点などから実施される諸活動

B対象となる団体
水循環系の健全化に寄与すると考えられる活動で、以下のような方々が実施する諸活動を対象とします。なお、個人、法人、グループの種別、年齢、職業、性別、国籍等を問いません。

C助成金額
・大賞【グランプリ】(賞状・副賞200万円)
・大臣賞(賞状・副賞50万円)
・市民活動賞【読売新聞社賞】(賞状・副賞30万円)
・国際貢献賞(賞状・副賞30万円)
・未来開拓賞(賞状・副賞10万円)
・審査部会特別賞(賞状・副賞10万円)
・タイムリー賞

D応募期間
2015年7月7日 〜2015年10月31日(郵送の場合は当日消印有効)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:水辺の大型鳥類保護部門


《水辺の大型鳥類の生息環境整備等を行う団体さん 向け》

@提供
公益信託グループ
サントリー世界愛鳥基金

A対象となる活動
水と人と鳥が共存する生態系の再生を目
指し、そのシンボルとして、誰もが知っている大型の鳥類でありながら、現在では殆ど見
ることのできないコウノトリ・トキ・ツル等の保護、生息環境の整備等の活動
※平成28年度は、平成27年度助成団体の継続助成を対象とし、新規募集はいたしません。
新規募集につきましては、平成29年度以降に検討いたします。

B対象となる団体
・コウノトリ・トキ・ツル等の保護、生息環境となる水田、湿原などの整備等を行う団体。但し、地元自治体、他の鳥類保護団体等と連携し、活動エリアに確たる拠点を確立している、または確立できる団体を対象とします。
・活動の中心が地方公共団体である場合は、他の民間活動団体との協議会等を設立した上での申請を原則とします。

C助成金額
1000万程度

D応募期間
2015年9月1日(火)〜 2015年9月30日(水) 当日消印有効

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:鳥類保護団体への活動助成部門


《鳥類保護活動を行う団体さん 向け》

@提供
公益信託グループ
サントリー世界愛鳥基金

A対象となる活動
鳥類保護団体の鳥類保護活動に対して助成を行うことを通じて、地球環境保全に貢献することを目的

B対象となる団体
自然環境の保全のため野生動植物の保護・繁殖に関する業務を行なうことを主たる目的とする法人または任意団体

C助成金額
10件程度の活動に対して、総額2,000万円(予定)

D応募期間
2015年9月1日(火)〜 2015年9月30日(水) 当日消印有効

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:平成28年度福祉助成金


《障碍者支援の団体さん 向け》

@提供
公益財団法人ヤマト福祉財団

A対象となる活動
T.障がい者給料増額支援助成金 
ジャンプアップ助成金
すでに障がい者の給料増額に一定の実績がある施設・事業所に対し、さらに多くの給料を支払うための事業資金として定額500万円を助成します。
・障がい者の給料増額のモデルとなる本格的なしくみを取り入れた事業
 ステップアップ助成金
ステップアップ助成金は、障がい者の給料増額に努力し、全国平均以上の給料支給実績がある施設・事業所に対し、さらに多くの給料を支払うための事業資金として上限200万円を助成します。
・厚生労働省が発表した平成25年度全国平均工賃額14,437円以上※3を支給していること
U.障がい者福祉助成金
 会議・講演会・研修・出版・啓発・調査・研究・スポーツ・文化の事業

B対象となる団体
応募要項をご確認ください

C助成金額
T.障がい者給料増額支援助成金 
ジャンプアップ助成金
定額500万円 
ステップアップ助成金
上限200万円
U.障がい者福祉助成金
1件あたり 最大100万円

D応募期間
2015年10月1日(木)〜2015年11月30日(月)(当日消印有効)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:平成28年度国際交流助成


《美術に関する活動を行う方々 向け》

@提供
公益財団法人ポーラ美術振興財団

A対象となる活動
・海外美術展
1) 日本の美術家が、海外において開催する個展、共同展
2) 日本の美術家の作品を海外に紹介するため、海外の美術館等と共同して開催する展覧会
・国内開催の国際会議・交流活動
多くの外国人美術家ないし美術研究者の参加を得て行われる美術に関する国際会議ならびに交流活動

B対象となる団体
応募要項をご確認ください。

C助成金額
1件あたり200万円以内

D応募期間
2015年10月1日(木)〜2015年11月12日(木) 必着

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:第13回読売福祉文化賞


《自立支援に取り組む団体さん 向け》

@提供
読売光と愛の事業団

A対象となる活動
・障害者の就労や自立を支援
・高齢者の日常生活や社会参加を促進
・障害者と健常者が共に芸術を創作
・障害者のスポーツ活動支援
・障害を克服し、命の大切さをアピール
・高齢者による地域・社会貢献、福祉活動
・東日本大震災で被災した障害者・高齢者の支援活動

B対象となる団体
障害者や高齢者の暮らしやすし、環境づくり、 自立支援、社会参加の推進などに貢献している団体

C助成金額
表彰部門
−般部門 3件 (ト□フイーと活動支援金各100万円)
高齢者福祉部門 3件 (ト□フイーと活動支援金各100万円)

D応募期間
2015年9月30日(水)当日消印有効

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

2015年07月17日

お知らせ:実践型インターンシップの参加者募集

wizが提供するインターンシップは岩手県内企業の経営者と学生が企業の新規事業・課題解決に
本気でチャレンジする実践型のプログラムです。
この夏は岩手県内3企業で実施します。

《プロジェクト@》
創業200年、老舗醤油醸造業の売り上げ拡大を担え!!
株式会社八木澤商店(陸前高田市)
詳細:http://www.project-index.jp/intern/9028

《プロジェクトA》
女性が楽しめる大船渡を地域webサイトで発信
アローリンクス株式会社(大船渡市)
詳細:http://www.project-index.jp/intern/9000

《プロジェクトB》
釜石で活躍する人の魅力を発信し、釜石ファンを増やせ!!
一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校(釜石市)
詳細:http://www.project-index.jp/intern/9016


実施期間:3社とも8/16(日)〜9/19(土)の1ヶ月間(期間の前後は要相談)
参加費:無料(一部、交通費、滞在費の補助あり)

《説明会を実施》
下記のイベントでインターンシップの説明を実施します
・7/18(土)13:00 – 15:00@盛岡
https://www.facebook.com/events/462465233911880/

イベントに参加が難しい場合は、スカイプや電話、メールで個別説明、相談も対応していますので、お気軽にご連絡ください。

問い合わせ
NPO法人 wiz
黒沢 intern@npowiz.org

※詳しくは、HPをご確認ください。

2015年07月14日

助成金:平成27年度(第22回)ボランティア活動等に関する調査研究助成


《地域福祉に取り組む団体さん 向け》

@提供
公益財団法人 大和証券福祉財団

A対象となる活動
ボランテイア活動や地域福祉・医療等の普及・拡充に関する実践的な調査研究

B対象となる団体
特に問いませんが、研究委員会を組織してください。
※平成24年度(第19回)以降に当財団の助成を受けた団体は本年度の応募資格はありません。

C助成金額
上限額100万円

D応募期間
2015年9月15日(火)(当日消印有効)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:平成27年度(第22回)ボランティア活動助成


《障がい児等支援している方々 向け》

@提供
公益財団法人 大和証券福祉財団

A対象となる活動
高齢者、障がい児者、児童問題等に対するボランティア活動

B対象となる団体
ボランティア活動を目的とした団体・グループ
学生・若者のボランティア活動を積極的に支援します。
※申込みに際しては、社会福祉協議会若しくは共同募金会の推薦を必ず受けてください。
※平成24年度(第19回)以降に当財団の助成を受けた団体・グループは、本年度の応募資格はありません。

C助成金額
上限額30万円

D応募期間
2015年9月15日(火)(当日消印有効)

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:2015 年度国内助成プログラム


《向け》

@提供
公益財団法人トヨタ財団

A対象となる活動
・地域の担い手となることを目指す若者が地域住民とともに地域課題の解決につながる新たな仕事づくりに向けて実施するプロジェクト
・地域で活動するNPOなどの組織が、地域課題の解決につながる仕事の未来の担い手を育成するプロジェクト(なりわい塾・研修プログラム)

B対象となる団体
応募の要件
・申請内容が、本助成プログラムの趣旨に合致すること
・プロジェクトチームによる 2 年間の事業であること ※2
・住民、NPO、行政、企業、教育機関など多セクターの参加があること
・地域の多世代の参加があること(40 代迄の若者の参加は必須)
・事業に対する他地域の人や組織による協力があること

C助成金額
合計1億円

D応募期間
2015年9月1日(火)〜2015年9月30日(水)15:00

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

2015年07月13日

助成金:第8回夢屋基金


《公益活動に取り組む団体さん 向け》

@提供
(公財)公益推進協会

A対象となる活動
活力あふれ豊かな未来のため、子ども健全育成、環境保全、医療保健、国際交流・親善の分野で、さまざまな公益活動を支援し、公益の増進に寄与する。

B対象となる団体
法人格を有する団体が実施する事業で、以下の要件をすべて満たしたもの
  1.上記目的を達成しようとする事業であること
  2.法人格取得後1年以上の活動実績を有する団体が行う事業であること
  3.他の助成金や補助金を得ていない事業であること
  4.営利を目的としない事業であること

C助成金額
上限50万円

D応募期間
2015年8月26日

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

助成金:「きれいな川と暮らそう」基金


《環境保全活動に取り組む方々 向け》

@提供
公益社団法人 日本河川協会

A対象となる活動
水資源確保・河川美化清掃・水質保全などの水環境保全活動

B対象となる団体
学校および市民団体(NPO、NGO、サークルなど)

C助成金額
最大50万円

D応募期間
2015年11月30日

詳しくは、応募要項をご確認下さい。

2015年07月10日

助成金:2015年度国際交流基金地球市民賞


@提供
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)

A対象となる活動
・文化・芸術による地域づくりの推進
日本と海外をつなぐ文化・芸術の交流を通じて、豊かで活気のある地域やコミュニティをつくる活動など。
・多様な文化の共生の推進
外国人の多様な文化(言語教育を含む)を理解、尊重し、ともに豊かで活気のある地域やコミュニティを築いていこうとする活動など。
・市民連携・国際相互理解の推進
共通の関心や問題意識を通じ、日本と海外の市民同士の連携や相互理解を進める活動など。

B対象となる団体
公益性の高い国際文化交流活動を行っている日本国内の団体。
※団体の法人格は問いませんが、地方自治体は対象としません。

C助成金額
正賞(賞状)と副賞(1件200万円)

D応募期限
2015年7月24日(金)

詳しくは、募集要項をご確認ください。



2015年07月09日

助成金:第9回「未来を強くする子育てプロジェクト」


《向け》

@提供
住友生命保険相互会社

A対象となる活動
1)子育て支援活動の表彰
2)女性研究者への支援

B対象となる団体
1) 子育て支援活動の表彰
・子育て支援に資する諸活動を継続的に行っていること。
・活動内容が社会に認められ、ロールモデルとなりうるものであること。
・活動の公表を了承していただける個人・団体であること。
・日本国内で活動している個人・団体であること。
・震災復興応援特別賞の対象については、東日本大震災の被災者の支援、復興のために子育て支援活動を行う個人・団体であること。
2)女性研究者への支援
・人文・社会科学分野の領域で、有意義な研究テーマを持っていること。
・原則として、応募時点で未就学児(小学校就学前の幼児)の育児を行っていること。
・原則として、修士課程資格取得者または、博士課程在籍・資格取得者であること。
・2名以上の推薦者がいること。(うち1名は、従事した、または従事する大学・研究所等の指導教官または所属長であることが必須)。
・現在、大学・研究所等に在籍しているか、その意向があること。
・支援を受ける年度に、他の顕彰制度、助成制度で個人を対象とした研究助成を受けていないこと(科研費・育児休業給付などは受給していても応募いただけます)。

C助成金額
1)子育て支援活動の表彰
・スミセイ未来大賞/表彰状、副賞 100 万円
・スミセイ未来賞 /表彰状、副賞 50 万円
・スミセイ震災復興応援特別賞/表彰状、副賞 50 万円
2)女性研究者への支援
100万円(上限)

D応募期間
2015年7月7日(火)〜2015年9月9日(水)

詳しくは、募集要項をご確認ください。

助成金:ジャパン・プラットフォーム「共に生きる」ファンド  第22次助成


《向け》

@提供
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム

A対象となる活動
・ 生活の糧や心の糧を生み、地域が主体となった「自立」した社会を支える。
・子ども、若者から高齢者まで、さまざまな世代が「共生」できる社会を支える。
・ 地域に根ざした伝統と文化を大切にした、「こころ」の復興を支える。

B対象となる団体
・応募時点で法人格を取得済の非営利法人であること(任意のボランティアグループや団体等は含みません)。
・独立した理事会及び事務局が存在していること。
・活動報告に必要な経理を実施できる団体であること。
・「共に生きる」ファンドに応募するにあたり組織としての合意・決定を行っていること。

C助成金額
【JPF「共に生きる」ファンドの助成を受けたことがない場合】
・非営利団体で法人登記から1年未満の団体は原則1事業あたり 100 万円まで。
・法人登記から1年以上経過しているが前年度の支出実績が 50 万円未満の団体は、1 事業あたり100 万円まで。
・前年度の支出実績が 50 万円以上、200 万円未満の団体は 1 事業あたり 500 万円まで。
・前年度の支出実績が 200 万円以上の団体は原則1 事業あたり 1,000 万円まで。
【JPF「共に生きる」ファンドの助成を受けたことがある場合】
原則1 事業あたり 1,000 万円まで。

D応募期間
2015年8月3日(月)〜2015年8月10日(月)

詳しくは、募集要項をご確認ください。

助成金:2015 年度「日本女性学習財団賞」レポート募集


@提供
公益財団法人日本女性学習財団

A対象となる活動
男女共同参画社会実現のために、社会・地域・家庭の中でさまざまな困難や課題を乗り越えてきた過程をふり返った実践・研究レポートを募集し、日本女性学習財団賞として優秀作を表彰
※レポートの内容は、社会教育・生涯学習活動、女性運動、NPOおよびNGO活動、地域活動、家庭生活、職業生活、震災経験や復興に向けた営みなど、はば広い領域を対象

B対象となる団体
趣旨に関心をもつ個人及びグループ(性別・国籍を問わず)

C助成金額
大 賞 1 篇 副賞10 万円
奨励賞 2 篇 副賞各5 万円
※特に選考委員から推薦があった場合、選考委員特別賞(副賞1万円)を設けることもある。
※該当作のない場合もある。

D応募期限
2015年8月31日(月)(当日消印有効)

詳しくは、募集要項をご確認ください。