CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年01月31日

セミナー:復興起業家・NPO応援セミナー

@内容
組織運営に対して押さえておかなければならないポイントなど
次につながる運営力強化のツボを伝授

講師 藤岡喜美子氏(公益社団法人日本サードセクター経営者協会)

A開催日時
2014年2月25日(火)15:00〜17:00

B会場
陸前高田まちづくり協働センター

C定員・参加費
20名
無 料

D実施団体
陸前高田まちづくり協働センター

E問合せ先
陸前高田まちづくり協働センター
TEL 0192-47-4776
FAX 0192-47-4778

詳しくは 陸前高田まちづくり協働センター ブログ

2014年01月30日

助成金:地域ささえあい助成

@提供
日本コープ共済生活協同組合連合会
 
A対象となる団体
日本国内を主たる活動の場とする、以下の全てを満たす団体を対象
生活協同組合または、その他のNPO法人、任意団体等(NGO、ボランティア団体等)
・今後設立予定の団体でも可。
・下記の@、Aいずれか必須。
@生活協同組合以外の団体が応募する場合には、活動内容が生活協同組合と協同して行うものであること
A生活協同組合が応募する場合には、生活協同組合以外の団体と協同して行うものであること
・選考の過程で、事務局より生活協同組合に電話等にてヒアリング調査を行う場合がある。

B対象となる活動
@「くらしを守り、くらしの困りごとの解決に資する」
A「命を守り、その人らしい生き方ができるようにする」
B「女性と子どもが生き生きする」

@〜Aのテーマのいずれかに該当し、かつ生活協同組合とNPO等とが協同して力を発揮することのできる取り組みであること。
東日本大震災による被災地での上記テーマの活動については、選考において優先して取扱う場合がある。

C助成金額
助成上限額は、1事業あたり100万円
助成総額は2,500万円を予定
当年度において、1団体あたり1件のみ応募
テーマや活動内容が異なっていても、複数件の応募は不可

D応募期間
2014年2月10日(月)〜3月15日(土)(当日消印有効)

E問い合わせ
日本コープ共済生活協同組合連合会
渉外・広報部 地域ささえあい助成事務局
(担当 西井・石川)
TEL:047-351-3356/FAX:047-351-5298
(平日10時〜17時 土日および12/28〜1/4を除く)

詳しくは 日本コープ共済生活協同組合連合会 HP

2014年01月29日

セミナー:平成25年度起業家等支援セミナー「大船渡なりわい未来塾」(再掲載)

@内容
起業・創業を目指す人や事業拡大、販路拡大などを目指す経営者を対象に、
起業に向けた事業プラン作成方法の習得、経営スキル(技能)の習得・向上を目的とする。
 第1回
・開講式、塾の概要について
・事業計画の概要作成と課題抽出、経営戦略と事業創造
 第2回
・マーケティングと顧客創造
・バリューチェーンマネジメント、事業の仕組みと組織づくり
 第3回
・事業性の検討
・事業計画の取りまとめ、卒塾式等

A開催日時
 第1回
・2014年2月22日(土)午後6時〜9時(3時間)
・2014年2月23日(日)午前9時〜午後4時(6時間・昼休憩1時間)
 第2回
・2014年3月8日(土)午後6時〜9時(3時間)
・2014年3月9日(日)午前9時〜午後4時(6時間・昼休11時間)
 第3回
・2014年3月22日(土)午後6時〜9時(3時間)
・2014年3月23日(日)午前9時〜午後4時(6時間・昼休憩1時間)

B会場
大船渡市役所

C参加締切・参加費
2014年2月7日(金)
無 料

D実施団体
主催:大船渡市 共催:大船渡商工会議所
後援:岩手県沿岸広域振興局、東北未来創造イニシアティブ、岩手大学三陸復興推進機構、大船渡青年会議所

E問合せ先
起業支援室
電話番号:0192-27-3111(内線115)
FAX番号:0192-26-4477

詳しくは 大船渡市 HP

2014年01月28日

お知らせ:復興実施計画(第2期 1次案) に係る地域説明会 開催

平成26年度から平成28年度までの3年間を本格復興期間と位置付けており、
この期間に県が実施する復興に向けた施策・事業等を具体的に示す
第2期復興実施計画を策定中です。

復興実施計画1次案について、県民の皆様から広くご意見を伺い、
計画に反映させるため、地域説明会を開催します。

・開催場所と日時(大船渡市・陸前高田市)
大船渡地区合同庁舎 大会議室   :1月31日(金)10:00〜11:30
陸前高田市役所 4号棟第6会議室  :1月31日(金)14:30〜16:00
大船渡地区合同庁舎 大会議室   :2月10日(月)18:30〜20:00

・開催内容
(1) 岩手県東日本大震災津波復興計画「復興実施計画(第2期)」案について(40分)
配布資料やスライドを使って、復興局職員が計画案の概要説明
(2) 質疑応答(50分)
計画案について、質問や意見を伺う。
意見については、計画案への反映等を検討したうえ、その結果を公表します。

・説明会への参加方法
どなたでも参加可能。
事前申し込みは不要。

※会場によっては十分な駐車スペースが無いことがありますのでご注意ください。
出前説明会の実施について
上記の日程以外でも、要望があれば、県内各団体等の会議などに県職員が伺い、計画案の
内容について説明します。
業務の都合により日程等を調整させていただく場合もございます。

・問い合わせ先
岩手県復興局総務企画課
 電 話 019-629-6925
  FAX  019-629-6944
 メール AJ0001@pref.iwate.jp

第2期復興実施計画(1次案)概要版.pdf
第2期復興実施計画(1次案)本文.pdf
ご意見提出用紙.doc

2014年01月27日

活動報告:『第2回NPO事務局力向上委員会』に参加しました!

こんにちわ!
大船渡市市民活動支援センターです。

2014年1月23日(木) 13:30〜 福祉の里センターで行なわれた
『第2回NPO事務局力向上委員会〜組織におけるICT活用術〜』に参加しました。

第1部
講師:黒沢 惟人 氏に学ぶ
『組織運営におけるクラウドツールの活用』
「SkyDrive」「Skype」の操作法から、組織としての活用法

第2部
講師:会田 和弘 氏(認定NPO法人イーパーツ常務理事・事務局長)に学ぶ
『ウイルス対策〜情報セキュリティの初歩』
双六で学ぶインターネット詐欺に遭わない、ウイルスに感染し情報漏洩をしない為の対策

第1部では、クラウドツールの基礎知識とその活用事例を学び
各事業でどう使うのか思い巡らせていた様でした。
第2部では初歩のセキュリティーを双六でゲームを通して学び
自己対策意識が高まった様でした。

目から鱗が沢山落ちた楽しいセミナーで、たいへん勉強になりました。
CIMG0137.JPG
CIMG0141.JPG
認定特定非営利活動法人イーパーツの HPはこちら

2014年01月24日

セミナー:きたかみ復興ステーション特別トーク「今、伝えたいこと」

@内容
震災から3年経過する今だからこそ、伝えたいことを、岩手で活躍している3名の方からお話し頂き。直後のこと、今までのこと、これからのことを考える。
講師
多田 一彦 氏(特定非営利活動法人遠野まごころネット代表理事)
秋冨 慎司 氏(岩手医科大学岩手県高度救命救急センター医師)
藤沢 烈 氏(一般社団法人RCF復興支援チーム代表)

A開催日時
2014年2月2日(日)10:00〜12:30

B会場
きたかみ震災復興ステーション

C参加費
無料

D実施団体
北上市
きたかみ復興支援協議体

E問合せ先
きたかみ震災復興ステーション
電話:0197-65-0025  
メール:fukkou@kitakamicity.jp

詳しくは きたかみ震災復興ステーション HP

2014年01月23日

助成金:「地域の伝統文化保存維持費用助成」制度

@提供
公益財団法人 明治安田クオリティオブライフ文化財団
 
A対象となる団体
1. 地域の民俗芸能への助成については、1件につき70万円を限度とする。
2. 地域の民俗技術への助成は、1件につき40万円を限度とする。
3. 助成金額は個々の申込内容を検討の上、限度額の範囲内で具体的に使途目的を定めた金額を決定する。
4. 助成は、単年度助成を原則とする。ただし、必要に応じて最長3年間の継続助成を認めることがある。※自動的に継続助成されるものではない、希望する年度毎に申込をし要審査

B対象となる活動
歴史的・文化的に価値ある地域の民俗芸能(民俗行事、民俗音楽を含む。以下、同じ)・民俗技術(伝統的製作技術、衣食住に関わる生活技術、伝統工芸を含む。以下、同じ)これらの継承のための諸活動、とくに後継者育成に必要な技能修得のための諸活動。

※対象外
・国指定の重要無形民俗文化財。
※「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」は対象
・家元、流派などが確立され保存維持の見通しが立っているもの。
・申込事項につき、国・地方公共団体などの公的助成ないしは他財団などからの助成を受けているもの(もしくは受ける予定のあるもの)。
※毎年、市町村等から受ける小額の補助(10万円以下)は助成とみなさない。
・伝統性、地域性の希薄なもの、あるいは助成対象が不特定なもの。
・助成を受ける団体や組織の形態および事業内容が明確でないもの。
・伝統に基づかないイベントや行事など、当財団の助成目的に沿わないもの。

C助成金額
1. 地域の民俗芸能への助成については、1件につき70万円を限度とする。
2. 地域の民俗技術への助成は、1件につき40万円を限度とする。
3. 助成金額は個々の申込内容を検討の上、限度額の範囲内で具体的に使途目的を定めた金額を決定する。
4. 助成は、単年度助成を原則とする。ただし、必要に応じて最長3年間の継続助成を認めることがある。この場合、自動的に継続助成されるものではない、希望する年度毎に申込をし、要審査 

D応募期間
2014年1月31日まで

詳しくは 公益財団法人 明治安田クオリティオブライフ文化財団 HP

2014年01月21日

セミナー:Nコン!〜NPOについて、地域の仲間と一緒に学ぼう〜

@内容
「NPOを磨く15の力」をベースに活用しNPOの人材育成を目指し
全5回・7日間のプログラムの第一回目
 基盤編:観る力〜日本のNPOのカタチ
 基盤編:興す力〜価値を生み出すNPOの姿
 後 日:「コミュニケーション編〜伝える力〜」
講 師:山岡義典 氏 (法政大学名誉教授・日本NPOセンター顧問)
講 師:手塚明美 氏 (一般社団法人ソーシャルコーディネートかながわ理事長)

A開催日時
基盤編:2014年1月30日 (木)14:00〜17:30

B会場
釜石 青葉ビル 第2研修室

C参加費
無料

D実施団体
@RIAS

E問合せ先
〒026-0013 岩手県釜石市浜町1-1-1 市営釜石ビル316
電 話:0193-22-2421
担 当:佐々木
受付用:080-2841-9303

Nコン!基礎編1.pdf
Nコン!基礎編2.pdf

2014年01月15日

活動報告:『島根県雲南市における人材育成の取り組みミニ勉強会』に参加しました!

こんにちわ!
大船渡市市民活動支援センターです。

1月10日(金)14:00〜大船渡市市民活動支援センターで行なわれた
『島根県雲南市における人材育成の取り組みミニ勉強会』に参加しました。

講師は、中間支援組織「おっちラボ」の事務局をされている、酒井 聖文さんです。
島根県雲南市に移住し人材育成、起業支援、移住支援など様々な取り組みお行っています。
「島根県雲南市における人材育成の取り組み」ということで、ご講演頂きました!

参加されていた10数名程の方々も興味津々!
雲南市は、大船渡市とほぼ同じ人口4万人規模の市という事もあり
多くの質問が飛び交い参加者の方々も
「大船渡での活動の参考にしていきたい!」と仰ってました。

60分という長い様であっという間の時間でしたが、たいへん勉強になりました。
DSCN0006.JPG
DSCN0007.JPG
HPはこちら ほっこり雲南

2014年01月06日

ご挨拶:大船渡市市民活動支援センターより


謹んで新年のお慶びを申し上げます。

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り申し上げ
本年も変わらぬご交誼のほど、お願いすると共に
ご指導の程宜しくお願い申し上げます。