CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
大船渡市市民活動支援センターでは各種情報を発信しています。
ホームページ では
大船渡市で活動されている団体さんの情報や各種情報を随時更新しています。
ブログ では
助成金、セミナー情報、センター活動、お知らせ等を発信します。
Facebook では
当センターの活動写真や各種情報を随時更新しています。
Twitter では
ブログ・Facebookの更新状況等をお知らせしています。
メールニュースでは
助成金、セミナー情報、お知らせ等を毎週木曜日に配信しています。
※配信を希望される方は下記のアドレスまでご連絡ください。
Mail: shimin@ofunatocity.jp

2017年6月より開所日変更となります。
Microsoft PowerPoint - 開所日変更.jpg

2017年06月09日

イベント:こども食堂ってなあに?


@内容
1)子ども食堂ってどんなところ?
2)岩手で始まった子ども食堂の事例紹介
3)沿岸地域に子ども食堂があったら
4)ざっくばらんに質問や意見交換

A開催日時
2017年6月27日(火) 13時〜15時

B会場
釜石市青葉ビル 活動室

C問合せ先・お申込み先
釜石ママハウスひまわり
担当(保坂)0193-27-8712

詳しくは、チラシをご覧ください。
20170609161424968.jpg

助成金:イオン環境財団 2017年度 第27回環境活動助成

@提供
公益財団法人イオン環境財団

A対象となる活動
「生物多様性の保全と持続可能な利用のために」
A.植樹
C.砂漠化防止
E.湖沼・河川の浄化
G.絶滅危惧生物の保護
B.森林整備
D.里地、里山、里海の保全
F.野生生物の保護

B対象となる団体
国内外でフィールドワークを伴う環境活動に取り組んでいる団体

C助成金額
総額1億円

D応募期間
2017年6月1日(木)〜2017年8月20日(日)

詳しくは、ホームページをご覧ください。


助成金:日本財団  2017年度 福祉車両配備


@提供
日本財団

A対象となる活動
介護保険法に基づく事業
介護予防・日常生活支援総合事業
障害者総合支援法に基づく事業(※就労継続支援A型・B型、就労移行支援を除く)
児童福祉法に基づく事業のうち、障害児を対象にした事業
移送サービス(※福祉タクシーを除く)
自治体単独事業・団体独自事業のうち、利用者の通所及び移動を目的にした事業

B対象となる団体
財団法人、社団法人、社会福祉法人、NPO 法人(特定非営利活動法人)、社会医療法人など非営利活動・公益事業を行う団体

C助成金額
福祉車両助成
・「設定車両一覧表」より、ご希望の車種をお選びください。車両の大きさと利用ルートの道幅とをご確認ください。
・車両デザインは、当財団指定のものになります。カタログの写真でご確認ください。

D応募期間
2017年6月15日(木)11:00〜6月30日(金)17:00

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:公益財団法人テルモ生命科学芸術財団 現代美術助成

@提供
一般社団法人アーツアライブ

A対象となる活動
現代美術に関する活動に対して下記の助成を行います。
1)制作・展示
2)調査・研究、普及・振興などの諸活動

B対象となる団体
個人又は法人とします。個人の場合は、日本国籍を有する者又は日本に活動の基盤を置く外国籍の者。法人の場合は日本の非営利法人であって、直近年度の損益計算書の経常費用が5,000万円以下である法人。

C助成金額
1)制作・展示:a.2年間助成(100万円〜300万円/年×2年)
        b.1年間助成(100万円〜300万円/年)
2)調査・研究、普及・振興などの諸活動:a.2年間助成(50万円〜200万円/年×2年)
                    b.1年間助成(50万円〜200万円/年)

D応募期限
2017年6月30日(金)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:プロジェクト未来遺産 2017

@提供
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟

A対象となる活動
1) 市民が主体となって地域の文化(建造物や遺跡等の有形、演劇・技術・祭り等の無形文化)を守り継
承するプロジェクト。
2) 市民が主体となって自然(自然景観や生態系等)を守り継承するプロジェクト。
3) 自然災害からの自然・文化の復興をテーマとするプロジェクト。

B対象となる団体
1) 地域の人が主体となって運営していること。
2) 特定の宗教や政治に偏らない非営利団体(公益法人・任意団体)であること(ユネスコ協会、国・地
方公共団体、自然・文化関連団体などの各種団体からの推薦を得られること)。
3) 2年以上の団体活動実績があること。
4) 特定の政治、宗教活動を目的とする団体ではないこと。

C顕彰
・ 「プロジェクト未来遺産」として登録された活動の顕彰、登録証の授与。
・ 「プロジェクト未来遺産」登録時に応援金 20 万円を贈呈。

D応募期限
2017年7月21日(金)必着

詳しくは、ホームページをご覧ください。


2017年06月07日

お知らせ:介護のおしごと 職場体験してみませんか?


@内容
社会福祉法人岩手県社会福祉協議会 岩手県福祉人材センター

A実施期間
平成29年4月〜平成30年3月
(申込受付は平成30年2月末まで)

B体験期間
1人年1回 2~5日間
1日概ね 6~8時間以内

C体験先
岩手県内の高齢者介護施設・事業所で 申込者が希望するところ

D問合せ先・お申込み先
社会福祉法人岩手県社会福祉協議会 岩手県福祉人材センター
担当(佐々木)019-601-7062 / 019-637-9612

詳しくは、パンフレットをご覧ください。
介護職場体験-001.jpg介護職場体験-002.jpg

イベント:介護のしごと ミニ就職面接会


@内容
社会福祉法人岩手県社会福祉協議会 岩手県福祉人材センター

A開催日時
平成29年8月26日 (土)
13:00〜16:00(受付 12:30〜)

B会場
大船渡市魚市場 
3階多目的ホール

C問合せ先・お申込み先
社会福祉法人岩手県社会福祉協議会 岩手県福祉人材センター
キャリア支援員 (坂本)080-8201-0200介護の仕事.jpg

助成金:農林水産業みらいプロジェクト 2017年度助成事業募集

@提供
一般社団法人農林水産業みらい基金

A目的
本プロジェクトは、以下の支援に取り組むことを通じて、農林水産業と食と地域の
くらしの発展に貢献することを目的とします。
(1) 農林水産業の持続的発展を支える担い手への支援
(2) 農林水産業の収益力強化に向けた取組みへの支援
(3) 農林水産業を軸とした地域活性化に向けた取組みへの支援

B対象となる団体
以下の(1)または(2)に該当し、かつ(3)から(7)の全ての要件に該当する者とします
(「農林水産業者を核に、地域住民・行政等と広く調和して地域に定着しながら取り組む事業」を助成対象事業の条件の一つにしていますので、個人では応募できません)。
 (1) 農業法人、NPO法人、農業協同組合、漁業協同組合、森林組合等、日本国内
に所在する第一次産業に関連する事業を営む法人(法律に従い一定の手続きを経た“法人格”を有する団体)
 (2) 継続して経理・管理態勢が構築され運営されてきた任意組織
 (3) 事業を主体的に行う意思および具体的計画を有すること
 (4) 適切な管理(出納管理、証票管理、会計管理等)を行う態勢・能力を有すること
 (5) 当基金の広報活動の一環として、当基金および当基金の関係先が助成対象事業の活動内容(レポート、写真等)を発信する場合があることに同意できること
 (6) 当基金の求めに応じた事業報告・現地実査への協力(助成金の受給後も含む)に同意できること
 (7) 役員および役員に準じる者のうち、次のいずれかに該当する者がいないこと
  @ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条6号に規定する暴力団員または暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
  A 成年被後見人または被保佐人に該当する者
  B 破産手続開始決定を受けて復権していない者
  C 会社法、金融商品取引法、破産法等会社に関連する法律違反の罪を犯し、刑の執行が終わり、または刑の執行を受けることがなくなった日から2年を経過していない者
  D 前号以外の罪を犯して禁固以上の刑に処せられ、または刑を受けることがなくなるまでの者(執行猶予中の者は除く)
  E その他事業の遂行にあたり不公正な行為を行うおそれのある者

C助成金額
当基金が認定した直接的事業経費の総額に基づいて、当基金が助成上限額を決定します。審査の結果、助成上限額が申請額を下回る場合があります。


D応募期限
2017 年7月 31 日付消印有効

詳しくは、ホームページをご覧ください。


2017年06月05日

補助金:「心の復興」事業の平成29年度募集(第2回)

@提供
復興庁

A対象となる活動
東日本大震災の被災地では、応急仮設住宅等での避難生活が長期化するとともに、災害公営住宅等でのコミュニティ形成が十分にはなされていない状況において、被災者の心身のケアや孤立防止が重要となっており、被災者自身が参画し、活動する機会の創出を通じて、被災者が、他者とのつながりや、生きがいをもって前向きに生活することを支援するほか、コミュニティ形成と一体となった被災者の心身のケア等の取組の促進を図ります。
また、震災から6年が経過し、被災地では、引き続き復興に向けた取組が進められる中で、被災者の積極的な参画の下、震災の風化防止や地域の活性化の取組を促進し、地域コミュニティの再構築を図ります。

B対象となる団体
実施主体は、内閣総理大臣が本事業の適切な運営が確保できるものとして認める法人若しくは団体となります(法人格の有無、営利・非営利を問いません。複数の法人・団体・個人が任意団体を結成し、申請することも可能です。企業単独、また、自治会の連合体なども申請が可能です)

C助成金額
上限 350万円

D応募期限
2017年6月16日(金)(必着)

詳しくは、ホームページをご覧ください。


助成金:平成29年度電動車椅子贈呈事業

@提供
公益財団法人みずほ福祉助成財団

A目的
障害児者の福祉向上を願って活動しております。電動車椅子贈呈事業は、障害児者の方々のより積極的な社会参加を推進する観点から行っているものです。

B対象となる団体
社会福祉法人が運営する障害児者支援施設

C助成金額
⑴贈呈車種 標準タイプの電動車椅子(ジョイスティック操作型、時速 4.5 q)

D応募期限
2017年7月31日(当日消印有効)

詳しくは、ホームページをご覧ください。


2017年06月02日

セミナー:みんなで一緒に学ぼう会〜その39〜 福祉シリーズ第2回 『手話』を学ぼう


@内容
手話を学ぼう
・聴覚障がいの理解
・日常使える手話 実践

A開催日時
2017年6月22日(木)14:00〜16:00

B会場
大船渡市市民活動支援センター

C参加費
無料

D講師
大船渡手話サークル「こだま」

E問合せ先・お申込み先
大船渡市市民活動支援センター
TEL/FAX:0192-47-5702

詳しくは、チラシをご覧ください。
Microsoft PowerPoint - 3ヶ月分-003.jpg




2017年06月01日

助成金:草の根パートナー型

@提供
(独法)国際協力機構(JICA)

A対象となる活動
草の根パートナー型は、開発途上国への支援について、一定の実績を有しているNGO等の団体が、これまでの活動を通じて蓄積した経験や技術に基づいて提案する開発途上国への国際協力活動をJICAが支援する事業です。

B対象となる団体
国際協力の経験が豊富なNGO等非営利団体、大学、公益法人等
草の根パートナー型については、日本の法人格を有していること、且つ開発途上国・地域への国際協力活動の実績が2年以上あることを資格要件とします。
また、団体の能力・運営基盤に応じて事業を実施できるよう、直近2年間の支出実績の年平均が、提案する事業費概算総額の各年平均(提案する事業費概算総額を事業実施予定年数で割った額)と同額以上であることも要件となります。

C助成金額
総額1億円以内

D応募期間
2017年7月6日(木)17時必着

詳しくは、ホームページをご覧ください。

2017年05月31日

イベント:復興・大船渡 全国ちんどんまつり

@内容
ちんどんのプロ、アマチュアが全国から会しパフォーマンスを披露します。

A開催日時
2017年7月16日(日) 10時開場 10時40分開演

B会場
大船渡市民文化会館 リアスホール

C入場料
1,000円(全席自由)

E問合せ先
大船渡・全国ちんどん祭り実行委員会
(事務局:大船渡商工会議所内電話1(プッシュホン)0192-26-2141・鈴木電話1(プッシュホン)0192-27-9705)

詳しくは、チラシをご覧ください。
20170531115046892_0001.jpg
20170531115056470_0001.jpg

イベント:吉浜の自慢 おなまえアート講座

@内容
筆文字アーティストの金野紀子さんから、筆アートの基本を教わりながら吉浜の自慢所をお名前アートにします。作品は持ち帰り自由。関連施設に飾ることもできます。

A開催日時
平成29年6月10日(土) 午前10:00〜11:30

B場所
吉浜拠点センター

C講師
金野 紀子さん

D参加費
無料

E問合せ先・お申込み先
集落支援員「つばきのたね」清水・佐々木
大船渡市市民活動支援センター内
TEL/FAX:0192-47-5702

詳しくは、チラシをご覧ください。



20170531101526289_0001.jpg

助成金:「タケダ・いのちとくらし再生プログラム」第2期 第2回助成募集 〜NPOと共に地域の再生と 未来を目指して〜

@提供
武田薬品工業株式会社
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター

A対象となる活動
岩手県、宮城県、福島県の東日本大震災の被災地において、「いのち」と「くらし」の再生に関わる支援活動のうち、特に以下の方法をもって取り組む事業を助成対象とします。
A. 連携・協働
自治会などの地縁組織、社会福祉協議会、企業、行政、他のNPOなど複数の支援の担い手と連携・協働し、被災地域の課題に取り組む活動。各団体が持つ強み、専門性を結集することで、ひとつの団体だけでは解決できない課題に取り組んだり、活動の成果が広域に波及することを目指す事業。
B. 住民のエンパワメント
社会的な孤立、生活困窮など、震災から6年を経て顕在化してきた被災地域の課題に、住民の主体的な参加を通じて取り組む活動。NPOなどによるこれまでの活動の経験を生かし、住民自らが被災地域の課題を解決していくことを目指す事業。

B対象となる団体
・東北被災3県(岩手県・宮城県・福島県)に団体本部があること。
・東北被災3県(岩手県・宮城県・福島県)のいずれかで、震災の影響を受けた人々や地域への支援を行う団体であること。
・民間の非営利組織であること。(法人格の有無や種類は問いません。)

C助成金額
1件につき300万円〜500万円

D応募期間
2017年6月20日(火)〜2017年6月30日(金)【必着】

詳しくは、ホームページをご覧ください。

2017年05月30日

補助金:平成29年度スマートウェルネス拠点整備事業

@提供
国土交通省

A趣旨
高齢者、障害者、子育て世帯等の居住の安定確保や地域住民の健康の維持・増進、多様な世代の交流促進等を図ることを目的として、住宅団地等に拠点施設を整備(新築・改修)する民間事業者等に対し、国がその実施に要する費用の一部を補助するものです。

B補助金額
拠点施設の整備(建設・改修・買取)に係る費用を補助
補助率 : 1/3
補助限度額 : 1,000万円(1施設につき)

C応募期間
2017年5月29日(月)〜 終了時期は別途お知らせします。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:平成29(2017)年度 JICSNGO支援事業

@提供
一般財団法人 日本国際協力システム

A対象となる活動
開発途上国への援助活動を行う中小規模のNGO・NPO
(開発途上国)
・現地支援事業
(日本国内)
・組織基盤の安定・強化事業
・啓発事業
・ネットワーク型事業

B対象となる団体
1 主事業として次の事業を行っていること。
・開発途上国での援助事業
・開発途上国の開発問題に関して日本国内で行う啓発事業
・開発途上国への援助事業を実施する日本のNGO・NPOの活動促進・発展のための事業

2 団体発足後3年以上の活動実績を有し、主たる事務所を日本に置いていること。
(法人格の有無は不問。ただし、団体の適格性・信頼性の観点からは有することが望ましい。)

3 過去3年間の年間事業規模が6,000万円未満(繰越金含む総収入)であること。
(原則として年間事業規模が3,000万円未満の団体を優先。)

4 定款や規程に基づいた組織運営がなされていること。

5 事業計画及び予算を策定し適切な会計処理を行い、Webサイト等で外部報告が適切になされていること。※3
(法人格を持つ団体は所轄官庁への届出も適切に対応していること。)

6 営利活動・宗教活動・政治活動を主たる事業としていないこと。

7 反社会的勢力および団体ではないこと。

8 その他、活動内容等が審査委員会で適正であると判断された団体であること。

C助成金額
上限160万円

D応募期間
締 切 : 2017年 8 月 17 日(木) 当日消印有効

詳しくは、ホームページをご覧ください。


助成金:第15回生協総研賞「助成事業」

@提供
公益財団法人 生協総合研究所

A対象となる活動
生活協同組合をめぐる諸研究、およびくらしの実態に関する研究、消費者や社会運動をめぐる研究、地域社会や社会政策、福祉政策、地球環境に関する研究の発展を主眼としています。「大規模災害後に被災地域が直面している課題に関する研究」も対象としています。

B対象となる団体
1)個人研究
大学 ・ 各種研究所等の研究者・大学院生、及び生協・NPO・市民組織等の役職員・関係者等による個人の研究・調査を主な対象と します 。
2)共同研究
「 個人研究」の対象者と同様とする。但 し 、 申請者 (研究代表者 )を中心として、若干名の参加メンバーによって構成し、研究するものを対象とします 。

C助成金額
1)個 人 研 究 は 1件30万 円 以 内
2)共 同 研 究 は 1件50万 円 以 内

D応募期限
2017年7月31日(月)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



お知らせ:大船渡市さんま焼き師認定試験

@提供
(一社)大船渡市観光物産協会

A目的
本州一の水揚げ量を誇る秋刀魚を通じて、全国に向けて「水産のまち大船渡」「さんまのまち大船渡」を情報発信するとともに、大船渡市民及び市街のかtがさんまに関わる体験とふれあいを通じて大船渡市のファンになってもらう事により、地域力の維持・強化に資することを目的とします。

B試験期日
実施講習:2017年7月15日(土)午後2時
筆記試験:2017年7月16日(日)午前11時

C受付期間
2017年4月21日(金)から2017年6月20日(火)まで

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:第28期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成

@提供
公益財団法人 自然保護助成基金

A対象となる活動・団体
助成カテゴリーは、国内研究助成、国内活動助成、海外助成、出版助成、特定テーマ助成
今年度より、国内活動助成の中に「地域NPO活動枠」を設けました。こちらは、地域に根ざした自然保護活動を3年以上継続して行っているNPO法人が応募対象です。
また、海外助成は、推薦制度を廃止し、日本人メンバーを含むグループでの応募が条件となりました。今年度の特定テーマ助成のテーマは、「シカ問題の解決に向けた実践的な活動ならびに研究」です。

B助成金額
総額約4000万円

D応募期限
2017年7月14日(金)正午(郵送の際は,14日必着です)

詳しくは、ホームページをご覧ください。