CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月09日

イベント:祈りのゴスペル ココロコさんと一緒に歌おう♪

@内容
祈りのゴスペル ココロコさんと一緒に歌おう

A開催日時
2019年10月26日(土)開場13:30 開演14:00

B会場
カメリアホール

C入場
無料
*小学生未満は保護者同伴

D問合せ先
健康生活ネットおおふなと・おうしゅう
担当:小関 090-3367-1725
  :平山 080-2824-6392

詳しくは、チラシをご覧ください。

20190909165130373_0001.jpg



補助金:令和元年度NPO等による復興支援事業(復興枠)の三次募集

@提供
岩手県環境生活部若者女性協働推進室

A対象となる事業
令和元年度11月中旬以降に開始する次の1から3までのいずれかに該当する事業
 1.岩手県における復興・被災者支援又は岩手県から他の都道府県への避難者に対する支援
 2.原子力災害に係る岩手県に対する風評被害対策の取組を行う事業
 3.復興・被災者支援を行うNPO等の取組を、ノウハウや情報の提供等により支援する取組(中間支援の取組)を行う事業

B対象となる団体
 1.特定非営利活動法人、ボランティア団体、公益法人、社会福祉法人、学校法人、地縁組織(自治会、町内会等)、協同組合等の民間非営利組織(以下「NPO等」という。)のうち、補助対象事業のいずれかに合致する取組又はこれに準じるものを行うもの。
 2.1の条件を満たすNPO等及び都道府県若しくは市区町村を構成員に含む協議体

C補助金額
事業費の 9/10 以内とし、上限額は 6,750 千円

D応募期限
2019年10月4日(金)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



補助金:令和元年度NPO等による復興支援事業(一般枠)の三次募集

@提供
岩手県環境生活部若者女性協働推進室

A対象となる事業
令和元年11月中旬以降に開始する次の1から3までのいずれかに該当する事業
 1)地方自治体との協働
従来は地方自治体が担ってきた公の分野における活動をNPO等が地方自治体と協働して行う事業
 2)中間支援団体による支援
中間支援NPO等が他の団体を支援するための事業
 3)企業との連携
企業のCSR活動と連携する事業

B対象となる団体
 1)特定非営利活動法人、ボランティア団体、公益法人、社会福祉法人、学校法人、地縁組織(自治会、町内会等)、協同組合等の民間非営利組織(以下「NPO等」という。)のうち、以下の2つの条件を満たすもの。
・応募可能な事業に合致する取組又はこれに準じるものを行うもの。
・県内に主たる事務所若しくはその他の事務所又はこれに準じるものを置くもの。
 2)1の条件を満たすNPO等及び都道府県若しくは市区町村を構成員に含む協議体

C補助金額
事業費の8/10以内、補助金の上限額は800千円(消費税額等を含む。)

D応募期限
2019年10月4日(金)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



助成金:令和2年度「キリン・福祉のちから開拓事業」

@提供
公益財団法人 キリン福祉財団

A対象となる事業
害者福祉分野、高齢者福祉分野、児童・青少年健全育成分野、地域社会福祉分野のボランティア活動を、長期的な視点に立って全国や広域にまたがり実施している、または活動しようと考えている次のような団体に対して助成します。
 1)障害者の福祉向上に関わるもの
 2)高齢者の福祉向上に関わるもの
 3)児童・青少年の福祉向上に関わるもの
 4)地域社会の福祉向上に関わるもの

B対象となる団体
 1)10名以上のメンバーが活動する団体・グループであること。
※NPO等の法人格の有無、および活動年数は問いません。
※障害者・高齢者・子ども・地域活性等を推進する団体、それらを支援する団体のどちらでも助成対象とします。
 2)連絡責任者は満20歳以上であること。

C助成金額
1件(一団体)あたりの上限額は100万円

D応募期限
2019年10月31日(木)当日消印有効

詳しくは、ホームページをご覧ください。



助成金:令和2年度「キリン・地域のちから応援事業」

@提供
公益財団法人 キリン福祉財団

A対象となる活動
障害があってもなくても、高齢者でも子どもでも、日本人でも外国人でも、同じ地域やコミュニティで生活する一員として、共に理解し合い・支え合う共生社会の実現を願い、地域における障害児・者、高齢者、子ども等の福祉向上に関わる、次のような幅広いボランティア活動を実施する団体に対して助成します。なお、災害の復興応援および防災に関しても広く募集します。
 1)子ども・子育て世代の福祉向上に関わるもの
 2)シルバー世代の福祉向上に関わるもの
 3)障害や困りごとのある人・支える人の福祉向上に関わるもの
 4)地域やコミュニティの活性化に関わるもの 

B対象となる団体
 1)4名以上のメンバーが活動する団体・グループであること。
※NPO等の法人格の有無、および活動年数は問いません。
※障害者・高齢者・子ども・地域活性等を推進する団体、それらを支援する団体のどちらでも助成対象とします。
 2)連絡責任者は満20歳以上であること。

C助成金額
1件(一団体)あたりの上限額30万円

D応募期限
2019年10月31日(木)当日消印有効

詳しくは、ホームページをご覧ください。



助成金:JANICグローバル共生ファンド 2020年助成

@提供
認定NPO法人 国際協力NGOセンター(JANIC)

A助成優先テーマ
・女性の権利
・LGBTの権利
・先住民・少数民族(人種・言語・文化等)
・移民・難民の権利
・「ビジネスと人権」
・表現の自由と市民社会スペース問題
・人権等に関するキャパシティ・ビルディング(能力開発)

B対象となる団体
日本社会の人権・民主主義の促進を目指し、「誰一人取り残さない」を基本原則とするSDGs、特にゴール16(Peace and Justice)の達成に資する活動を行う団体・個人

C助成金額
上限400万円

D応募期限
2019年9月30日(月)

詳しくは、ホームページをご覧ください。