CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年07月04日

助成金:マツダ・移動支援団体応援プログラム

@提供
特定非営利活動法人 日本NPOセンター

A趣旨
「マツダ・移動支援団体応援プログラム」は、国内で移動支援を行っている民間非営利団体の取り組みを応援するものです。実施にあたっては、マツダ株式会社が国内販売店にてお車を購入されたお客様、整備・点検などを受けられたお客様に、販売店の対応・サービスに対するご意見・ご要望をお聞きする「お客様の声をお聞かせください」をウェブ実施し、対象期間中のご回答1件につき50円の寄付活動を実施しております。その寄付の一部を特定非営利活動法人日本NPOセンターが受け、民間非営利団体へ助成を行います。

B対象となる事業
以下の(1)(2)(3)のいずれかに該当するものとします。
(1)人材育成(団体運営に必要な研修への参加費・交通費など)
(2)普及啓発(講習会や学習会開催に伴う講師謝金・会場費等の運営費用、テキスト作成費用など)
(3)車両整備(車両の乗降補助装備など)※車両購入費用・法定点検費用・保険料は除く

C対象となる団体
日本国内で移動支援を主な活動とする民間の非営利団体

D助成金額
1団体につき、20万円以内 ※助成総額は700万円を予定しています。

E応募期限
2019年7月22日〜31日

詳しくは、ホームページをご覧ください。


助成金:令和元年度 ワンモアベイビー応援助成

@提供
公益財団法人1more Baby応援団

A対象となる事業
結婚・妊娠・出産・子育て支援に関する事業を対象とし、理想の数だけ子どもを産み育てられる社会を実現することに寄与する、次のような活動に対して助成いたします。
<子育て世代に対する支援>
 ・地域のママ・パパの家事・育児力向上やストレス緩和につながる活動
 ・仕事と子育ての両立支援
 ・男性の家事・育児への参加を促進する活動
 ・子育て世代を取り巻く人たち(祖父母、企業の管理職や同僚、地域の人たち)への理解・サポートを促進するための活動
 ・子育てに関する調査・研究
<未来の子育て世代に対する支援>
 ・妊娠・出産に関する調査・研究
 ・妊娠・出産に関する正しい知識の醸成に寄与する活動
 ・キャリアと妊娠・出産・子育ての両立の実現を支援する活動
上記の事例に限定せず、広く理想の数だけ子どもを産み育てられる社会の実現に寄与する活動を対象とします。

B対象となる団体
(1)4名以上のメンバーが活動する非営利団体・グループであること。(法人格の有無は問いません。株式会社等の営利を目的とした法人は対象外となります。)
(2)連絡責任者は満20歳以上であること。 (年齢は令和元年4月1日現在の満年齢となります。)

C応募部門
総額200万円、一団体あたりの上限額40万円です。原則として単年度助成です。

D応募期限
2019年8月13日(必着)

詳しくは、ホームページをご覧ください。