CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月31日

セミナー:床下浸水した家屋の泥出し等に関する基礎知識取得研修

@テーマ
・災害ボランティア活動時における被災家屋の泥出し等の効果的作業方法を学び、体験する
・研修を通じ行政・社協・NPOなど災害支援に関わる方々の関係構築を図り、災害時の円滑な支援につなげる

A内容
<午前>講義:「技術系ボランティアに係る知識と安全衛生」
・近年の災害における技術系支援の連携事例
 近年の大規模災害(熊本地震、九州北部豪雨、西日本豪雨など)から、災害ボランティア活動の特徴や技術系NPOと災害ボランティアセンターの連携についてお話しいただきます。
・ボランティア活動と安全衛生
 ボランティア活動やボランティアコーディネートを行う上での安全衛生・危険予知に関するワークショップを行います。
講師:風組関東 代表 小林 直樹 氏
一般社団法人OPEN JAPAN 副代表 肥田 浩 氏

<午後>講義&実技(ワーク):「床下対応基礎講習」
災害ボランティア活動で使用する資機材の取り扱い、災害ボランティア向けの装備と資機材に関する知識を踏まえ、床下泥出しに関する一連の流れを体験します。
講師:風組関東 代表 小林 直樹 氏
一般社団法人OPEN JAPAN 副代表 肥田 浩 氏

B開催日時
平成30年8月25日(土)10:30〜15:00 (開場10:00〜)

C会場
社会福祉法人 雫石町社会福祉協議会 (020‐0541 雫石町千刈田82番地2

D対象
 ⑴県・市町村行政防災(災害)担当課
 ⑵市町村社会福祉協議会職員
 ⑶NPO団体職員、個人ボランティア等テーマに関心のある方
 ※定員(30名い程度)

E参加費
無料

F問合せ先・お申込み先
特定非営利活動法人いわて連携復興センター 担当:大向
〒024‐0061 岩手県北上市大通り1‐3‐1 おでんせプラザぐろーぶ4F
Tel:0197‐72‐6200  Fax:0197‐72‐6201
E-mail:ohmukai@ifc.jp

詳しくは、ホームページをご覧ください。

助成金:お金をまわそう基金助成事業

@提供
公益財団法人お金をまわそう基金

A趣旨
寄付の文化を高め、広く社会を巻き込むことでより良い世の中を創る。理念ある団体の活動を想いある個人・法人へ伝え支援できる仕組みをつくろうという考えでお金をまわそう基金が生まれました。より良い社会にしようというすばらしい理念のもと活動に勤しむ団体とその活動を応援する人たちをつないで、日本全国に寄付の文化をどんどん広めていく。想いとお金を100%届けられる寄付のポータルサイトと言えるかもしれません。公益財団法人お金をまわそう基金は『社会を変える』仕事をする人たち・団体のみなさまからの助成申請をお待ちしております。

B対象となる活動分野・団体
・子ども分野
児童養護施設で生活している子どもたちへの就労及び進学支援を目的とする団体
虐待児童や親のいない子どもたちを家族として迎える里親活動を目的とする団体
生活困窮や家庭問題等を抱えている子どもたちへ食事などを通じて健全な育成を目的とする団体
・スポーツ分野
現役引退後のプロスポーツ選手に対する職業訓練や雇用先の確保の支援を目的とする団体
障がい者スポーツに対する、国民の関心を高める取組みやスポーツができる環境を整えることを目的とする団体
アスリートの再チャレンジの支援を目的とする団体
・文化・伝統技術分野
必要とされている伝統技術を継承する活動を目的とする団体
貴重な伝統を後世に伝える活動を目的とする団体
日本古来の文化財を残すための活動を目的とする団体
・地域経済・地域社会分野
地域社会の特性を活かした雇用や産業が生み出される活動を目的とする団体
地域経済が健全に自立して発展できる活動を目的とする団体
※上記の事業については参考であり、該当しない団体でも、受付しております。

C助成金額
助成事業に対する限度額は、当財団が募集する期間において、助成対象となる事業を行う上で直接必要となる経費を限度とします。

D応募期限
2018年9月28日
※締切日については予定となっておりますので随時ホームページにてお知らせいたします。


詳しくは、ホームページをご覧ください。