CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年06月09日

お知らせ:緊急フードドライブ

@内容
フードバンク岩手では夏休みへ向けて「緊急フードドライブ」を実施しています。
(フードドライブとはいただき物や買いすぎてしまったもの、保管されたままの食料品をフードバンク岩手を通して地域の生活困窮者や児童施設などに寄付する活動です。)

A募集期間
2017年6月1日(木)〜7月31日(月)

B問合せ先
フードバンク岩手事務所 開所時間:火曜日から金曜日 10:00〜16:00
(盛岡市上ノ橋町1-50 岩繊ビル3-7)
TEL&FAX:019-654-3545

詳しくは、チラシをご覧ください。
20170609170805767_0001.jpg
20170609170805767_0002.jpg


2017年05月30日

お知らせ:大船渡市さんま焼き師認定試験

@提供
(一社)大船渡市観光物産協会

A目的
本州一の水揚げ量を誇る秋刀魚を通じて、全国に向けて「水産のまち大船渡」「さんまのまち大船渡」を情報発信するとともに、大船渡市民及び市街のかtがさんまに関わる体験とふれあいを通じて大船渡市のファンになってもらう事により、地域力の維持・強化に資することを目的とします。

B試験期日
実施講習:2017年7月15日(土)午後2時
筆記試験:2017年7月16日(日)午前11時

C受付期間
2017年4月21日(金)から2017年6月20日(火)まで

詳しくは、ホームページをご覧ください。

2017年04月21日

お知らせ:「住民の自主的な健康づくり活動支援事業」受託者の公募について

@提供
岩手県

A目的
岩手県では、東日本大震災津波により甚大な被害を受けた応急仮設住宅入居者を対象に、岩手県東日本大震災津波復興計画に基づき新しいコミュニティにおける、食生活を中心とした地域の自主的な健康づくり活動を支援することを目的として、「住民の自主的な健康づくり活動支援事業」を実施します。

B提出期限
平成29年5月8日(月)17時必着 ※決裁後10日後

詳しくは、ホームページをご覧ください。

2017年04月11日

募集:平成29年度「地域づくりハンズオン支援事業」

@提供
復興庁総合政策班 

A対象となる活動
■ 事業概要
地域課題の解決に取り組む各種団体等が地域の担い手として新たな取組を実施する
上で必要な「地域内での協力体制」や「地域外とのネットワーク」の構築に向け、各種
取組やニーズに応じたきめ細かな支援を実施。
○ 想定される取組テーマ(例示)
・地域コミュニティの形成 ・交流人口拡大 ・生涯学習支援 など


B対象となる団体
被災地内の自治体、NPO(特定非営利活動促進
法に基づき法人格を取得した団体)、その他地域の課題解決に取り組む団体等


C応募期間
2017年4月10日(月)2017年4月28日(金)18:00時まで必着

詳しくは、ホームページをご覧ください。


2017年04月10日

お知らせ:改正NPO法説明会開催

@内容
1)平成29年4月1日施行改正NPO法に関する説明
2)NPO法人が行う手続きについて(定款変更等)
3)その他
4)質疑応答

A開催日時・会場
【大船渡会場】
2017年4月14日(金)13:30〜14:30 沿岸広域振興局(大船渡)大会議室
岩手県大船渡市猪川町前田6-1
【釜石会場】
2017年4月28日(金)11:00〜12:00 沿岸広域振興局大会議室
岩手県釜石市新町6-50

Bその他
1)各会場の説明は、全て同じ内容ですので御都合のよい日に御参加ください。
2)事前の参加申込みは必要ありません。
3)会場に駐車場の用意はありませんので、公共交通機関をご利用の上来場ください。
4)盛岡会場以外は会議室の収容人数に限りがあるため、各法人1〜2名の参加にご協力ください。
5)当日は同封されている別添資料に基づき説明を行います。資料をお持ちください。
6)ご不明な点がございましたら、岩手県若者女性協働推進室NPO担当までご連絡ください。

C問合せ先・お申込み先
岩手県環境生活部若者女性協働推進室 NPO担当
TEL0197-629-5199


2017年03月17日

募集:社会貢献者表彰 推薦募集

@提供
公益財団法人 社会貢献支援財団

A目的
国の内外を問わず、社会と人間の安寧と幸福のために貢献し、顕著な功績を挙げられながら、社会的に報われることの少なかった方々を表彰させて頂き、そのご功績に報い感謝することを通じてよりよい社会づくりに資することを目的としています。
【社会貢献の功績】
・精神的・肉体的な著しい労苦、危険、劣悪な状況に耐え、他に尽くされた功績
・困難な状況の中で黙々と努力し、社会と人間の安寧・幸福のために尽くされた功績
・先駆性、独自性、模範性などを備えた活動により、社会に尽くされた功績
・海の安全や環境保全、山や川などの自然環境や絶滅危惧種などの希少動物の保護に尽くされた功績

B候補者について
・候補者には、年齢・職業・性別・信条・国籍などの制限はありません。
・日本で活動する方、もしくは海外で活動する日本人を対象とします。
・同種の功績により当財団の「社会貢献者表彰」を受賞されていない方とします。
・候補となった功績と同一または同種の功績により、既に国の栄典(叙勲、褒賞)または大臣表彰等を受彰されている方は、選考の際、後順位とします。

C応募期間
2017年4月30日(日)(消印有効)

詳しくは、ホームページをご覧ください。


2017年03月16日

募集:県民協働型評価推進事業(追加募集)

@提供
岩手県 政策地域部

A募集内容
県民やNPO等の視点から多面的に県の施策を評価し、施策の質の向上を図るため進めている県民協働型評価推進事業について、平成29年度実施分を公募します
1) いわて県民計画第3期アクションプラン[政策編]の具体的推進方策
2) 岩手県東日本大震災津波復興計画の取組項目

B対象となる団体
1) 県内に事務所を有するNPO等の法人その他の団体(法人格の有無は問わない)
2) 県内に居住する2以上の個人により構成するグループ
3) 1)及び2)の者により構成するグループ

C評価費用
 75万円を上限とする(消費税及び地方消費税を含む)。
※ 評価テーマの選定や提出書類の書き方について、相談を受け付けていますので、お気軽に御相談ください。
 政策推進室 評価担当  電話019-629-5181/メールtakafumi-kimura@pref.iwate.jp

D応募期間
2017年3月13日(月)〜2017年3月31日(金)17 時(必着)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

2017年03月15日

公募:平成29年度 地域政策研究センター地域協働研究 研究課題募集


@提供
岩手県立大学

A目的・募集課題
地域団体等を対象に地域が抱える課題を公募します。
提案された課題について本学教員とのマッチングを経て調査研究を行い、課題解決に向けたプランを策定。さらには、その解決プランを協働して実施するものを支援して、地域課題の早期解決につなげることを目的とします。
岩手県内の地域団体等が抱える「地域課題」とし、対象とする領域は 
・ 東日本大震災津波からの復興を含め、持続可能で活力ある地域を構築していくための諸課題
・ 安心・安全に暮らせる地域の構築に向けた諸課題
・ 多文化共生社会の実現に向けた諸課題 など

B応募資格
本学の研究成果等を活用して、地域が抱える課題を解決しようとする意欲のある岩手県内の自治体やNPO、各種団体、民間企業等とする。

C支援メニュー
大学が本プログラム実施のために必要な直接経費は大学の研究予算で措置します。ただし提案団体等自らに係る活動経費は、当該団体において直接執行頂きます。
T ステージT:課題解決プラン策定ステージ
・地域課題を解決する方策を策定するための調査研究を支援。
・研究費:1課題あたり上限30万円(研究期間:単年度)
U ステージU:研究成果実装ステージ
・地域課題を解決するために実施した本学の調査研究の成果を実際に地域に活用する活動を援。
・研究費:1課題あたり上限100万円/年(研究期間:2か年度)

D応募期限
2017年4月10日(月)

詳しくは、ホームページをご覧ください。


2017年03月08日

2017年度(第47回)毎日社会福祉顕彰


@提供
(公財)毎日新聞社会事業団

A概要
2017年度(第47回)「毎日社会福祉顕彰」の推薦を募集します。全国の社会福祉関係の個人や団体の中から優れた業績をあげている3件を選び表彰します。

B顕彰対象
.顕彰の対象
(1)学 術
社会福祉全般あるいは児童、高齢者、心身障害者などの分野について優れた
研究論文・資料を作成した個人または団体。
(2)技 術
社会福祉全般あるいは児童、高齢者、心身障害者などの分野で、独創的な科
学技術、プロセスを導入し、効果をあげた個人または団体。
(3)創 意
社会福祉施設の改善、整備、あるいは福祉活動についての指導、育成養護な
どの実務面において、独創的な発想、創意、工夫を取り入れ、業績をあげた個
人または団体。
(4)奉 仕
長年にわたって国際福祉、地域福祉または福祉施設、団体、援護を要する個
人などに対し、奉仕活動を続け、将来もこれを継続して行う意志の強い個人ま
たは団体。
(5)勤 勉
社会福祉施設等に長年(30 年以上)にわたって勤続し、その使命に献身、勉
励し、顕著な成績をあげた個人。
(6)その他
新しい福祉の分野、時代のニーズに応える福祉活動をしている個人または団
体。その他、上記のどの項目にも該当しないが、社会福祉の分野で顕彰に値す
る功績をあげ、または貢献をした個人または団体。

C賞
賞牌と賞金 賞金は総額300万円(ただし、1件について100万円)

D応募期間
2017 年(平成 29 年)5月 31 日

E応募方法
書類選考を実施した後、プレゼンテーション選考会を行います。支援先団体及び賞金額は、役職員の投票(支援票、共感票)によって決定します。

詳しくはHPをご覧ください。



第13回投資・協働先募集


@提供
(特)ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)

A内容
【投資・協働の概要】
○協働の期間 : 最大 2 年間。投資・協働契約は 1 年毎とし、1 年目終了時に、再投資委員会において SVP東京との協働活動の成果をレビューします。レビューの結果によっては、1 年で投資・協働が終了することがある点については、ご留意ください。

○資金の提供 : SVP東京のパートナーが拠出した資金をもとに、パートナーの共感に応じた額の運営資金を提供します(1 団体あたり年間最大 100 万円)。

SVP東京では、これまで投資・協働先に対して、経営戦略の相談、ビジネスモデル強化、事業の再設計・発展戦略策定、財務計画のお手伝い、ファンドレイジング、プレスリリース作成講座等広報活動に対する協力、既存事業に関する調査・評価、マーケティング(商品開発・PR・販売)、団体設立、ビジネススキーム等についてのアドバイス、マニュアル作成、組織・人材強化、理事会運営、助成金やNPO法人認証の申請支援、組織開発、IT支援など、さまざまな分野でパートナーが協働してまいりました。また、SVP東京やパートナーの持つネットワークを活用して、共感する個人・団体とのつながりや新しい事業の展開を生み出しています。

B応募制限
その他
その事業が社会的なミッションの実現を目指すものである限り、テーマ/分野、組織形態、実績の有無は、基本的に問いません。ただし、協働の観点から、原則として在首都圏の団体や活動を想定しています。

C資金提供
1 団体あたり年間最大 100 万円

D応募期間
2017年4月7日

E応募方法
(1) 一次選考応募締め切り : 2017 年 4 月 7 日(金)正午まで (時間厳守!)
一次選考は、提出書類に基づく書類選考です。電子メールにて以下の書類を提出してください(電子メール以外では受付けしておりません)。上記締切りに間に合わない場合には、原則として選考の対象からは除外致しますので、余裕をもってご応募ください。

詳しくはHPをご覧ください。

2017年03月03日

ボランティア募集:第7回 コサージュ作成会

@内容
気仙管内 小学校新入生に生花のコサージュを贈ろう。(コサージュ作成会)

A開催日時
2017年4月5日(水)9:30〜15:00

B会場
勤労者福祉施設シーパル大船渡

C参加費
無料

E問合せ先・お申込み先
健康生活ネットおおふなと
TEL:0192-27-0410
FAX:0192-27-0409

詳しくは、チラシをご覧ください。
コサージュ.jpg


2017年02月28日

募集:ユースアクション東北 2017年度伴走者 応募

@主催
公益財団法人東日本大震災復興支援財団

A募集
東日本大震災の被害が大きかった岩手県、宮城県、福島県において、社会や地域をより良くするためのアクションを起こす若者(特に、高校生)に寄り添い、活動を支援する社会人又は大学生(ここでは「伴走者」と呼びます)を募集します。

B応募資格
1) 岩手県・宮城県・福島県のいずれかに居住又は勤務していること(応募時現在)
2) 20 歳以上であること(応募時現在)
3) 地元の若者の活動を積極的にサポートし、良き伴走者になる意思があること

C伴走者役割
1.活動検討会議への参加、若者のプロジェクトへの伴走
地域課題の解決や地域の活性化のための地域貢献活動を行う若者(特に、高校生)に寄り添い、課題の解決方法をともに考え、若者たちが活動を完遂できるようサポートを行っていただきます。若者の自主性を引き出し、活動の前進を促すと共に、これまでのご経験からさまざまなご助言や、協力者のご紹介などをお願いいたします。そのため可能な限り、若者が活動を検討する催事に参加していただき、伴走をご担当ください。
2.進捗報告やフィードバックによる経験・知見の共有
担当となった若者の活動の進捗を定期的にご報告いただき、成功事例・課題等を本伴走者ネットワークに共有いただきます。またアンケート等を通じて、ご意見等のフィードバックをお願いします。伴走者の経験・知見を互いに共有していただくことで、本ネットワーク全体の底上げおよび将来的な拡充に貢献いただきたいと考えています。

D応募締切
2017年3月17日(金)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



おしらせ:平成29年度第1期 水泳教室参加者募集

@内容
水泳と水中運動を通して、健康づくりや仲間づくりを楽しみませんか?
水泳指導員がペースに合わせて段階的に指導を行い、皆さんの運動をサポートします!
 
A開催日時
※開催期間と定員についてはチラシをご覧ください。

・ラクラク教室 毎週火曜日 10:00〜11:00

・スイスイ水泳教室 毎週木曜日 10:00〜11:00

・チャレンジ水泳教室 毎週金曜日 10:00〜11:00

・イキイキ教室 毎週水曜日 10:00〜11:00

・リラックス水泳教室 毎週木曜日 18:30〜19:30

・児童水泳教室 毎週土曜日 @9:30〜10:30 A10:30〜11:30

B会場
Y.Sセンター

C受講料
1教室 1,000円 ※プール利用料別途、回数券がお得です

D申込み期間・方法
平成29年3月28日(火)〜30日(金)9:30〜16:30
直接来館し、申込書と受講料を添えてお申込みください。

E申込み・問い合わせ先
大船渡市社会福祉協議会
電話:0192-27-0001

20170228102649339_0001.jpg

2017年02月16日

平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について


環境省では、地域における課題解決や地域活性化の上で重要な役割を果たしているNPO等の活動、中間支援組織の体制強化や地域における協力・連携体制の整備等を促進し、協働取組を実証するための「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」を実施しています。
今般、平成29年度の新たな事業を募集しますので、お知らせします。

@目的
地域における課題解決や地域活性化のためには、異なる主体が適切な役割分担をしつつ対等な立場において相互に協力して行う協働取組が重要になります。「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」に基づく協働取組を推進するために、具体的取組や法に基づく協定の締結などの事業を実施し、さらに参考となる先導的な事例を形成し、ノウハウを全国的に普及・共有することが重要です。
本事業は、地域における民間団体、企業、教育機関、地方公共団体等の異なる主体による協働取組を実証するとともに、地方環境パートナーシップオフィス(地方EPO)に設置する「地方支援事務局」の助言等を受けつつ、協働での取組を加速化していく上での過程や様々な手法及び留意事項等を明らかにして、今後、協働取組を行おうとする者の参考資料として共有することを目的としています。また、地球環境パートナーシッププラザ/環境パートナーシップオフィス(GEOC/EPO)に設置する「全国支援事務局」は全国の事業を網羅的に把握し、地方EPOに設置する「地方支援事務局」へ事業遂行のための助言を行います。

A対象事業
地域を対象とした地方事業(8事業程度)について協働取組の進行状況に合わせ、AタイプとBタイプに分けて応募します。また、該当するテーマについて低炭素社会・循環型社会・自然共生社会・その他に該当するものを選んでください。
<事業地域>
【地方事業】 8事業(請負額250万円未満)
<進捗状況>
【Aタイプ】 すでに一定程度の協働取組の実績はあるが、協働取組の成功事例にまで発展するまでの支援を要望する事業
【Bタイプ】 法に基づく協定等の締結や連携を超えた協働取組を展開するには至っておらず、支援を要望する事業
<テーマ>
【低炭素社会】 気候に悪影響を及ぼさない水準で大気中温室効果ガス濃度の安定化などをテーマにした取組
【循環型社会】 廃棄物などの発生抑制や循環資源の利用などをテーマにした取組
【自然共生社会】 生物多様性の保全や社会経済活動を自然との調和したものなどをテーマにした取組
【その他】 環境保全活動並びにその促進のための意欲を増進させることをテーマにした取組
<対象者>
ア 環境関係の活動を行う団体(NPO法人、一般社団法人、一般財団法人等)
イ 地域で環境保全に係る事業を行う協議会
ウ その他法人で、国との請負契約者となりうる者
<実施期間>
Aタイプ、Bタイプともに実施期間は平成30年3月まで。
(過年度からの継続申請も可)
3.応募の方法
応募の方法については、添付「平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業公募要領」等をご覧ください。
※添付資料については環境省報道発表HP(http://www.env.go.jp/press/index.html)をご参照ください。

B応募締切
平成29年3月31日(金)17時必着

詳しくはホームページをご覧ください。

2017年02月15日

平成29年度戦略的芸術文化創造推進事業(新規課題分(第1次))


オリンピック・パラリンピックは,「スポーツの祭典」であると同時に,「文化の祭典」である。「文化芸術の振興に関する基本的な方針(第4次基本方針)」においても,2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を我が国の文化財や伝統等の価値観を世界に発信するとともに,文化芸術が生み出す社会への波及効果を生かして諸課題を乗り越え,成熟社会に適合した新たな社会モデルの構築につなげていくまたとない機会ととらえている。
本事業は,この機会を活かし,2020年以降へのレガシー創出に向けて文化プログラムを推進するため,国が文化芸術の振興における課題を示し,それを解決するための取組を公募,実施することにより,我が国の文化芸術の水準向上と鑑賞機会の充実を図るとともに,地方創生や観光振興,経済社会の活性化に貢献することを目的とする。

@募集する事業企画
本事業では,既存の文化芸術振興の枠組みにとらわれず,全国規模で我が国の文化
芸術の振興を図るため,以下の(@)から(B)に示す課題について,それを解決す
るための取組を募集します。
なお,事業の実施に当たっては,文化庁と緊密に連絡し,判断を仰いでください。

<課題と募集する取組>
(@)全国各地の有形・無形の文化資源を掘り起こし,観光振興や地方創生,経済社会の
活性化にも資するよう,その活用や新たな文化振興モデルの構築に向けた機運を醸成
する取組。

(A)地方創生や観光振興,経済社会の活性化にも貢献するアーツプロジェクトを企画・
実施できる人材のネットワーク形成や総合的・実践的な育成が求められており,それ
を解決するための取組。

(B)全国各地の文化資源を多言語で国際発信することが求められており,それを解決す
る取組

※ 応募できる企画提案書は,1団体1件とします。
※ 原則として,全国規模で展開する事業を対象とし,特定の地域でのみ実施する事業
は対象外とします。
※ 公演,展覧会等を実施する場合,有料事業として計画いただいても構いません。
また,民間の協賛金や助成金などの外部資金の獲得に努めてください。

A実施期間
平成29年4月3日(月)から平成30年3月30日(金)まで
※ ただし,平成29年度予算が平成29年4月3日までに成立しない場合,事業の
開始時期は平成29年度予算成立以降となります。
※実施期間については,経費の発生等を考慮した上で,真に必要となる期間を記載く
ださい。

詳しくはホームページをご覧ください。

2017年02月09日

お知らせ:しあわせ結婚エピソード・写真募集

@内容
しあわせ結婚エピソード・写真募集
結婚や結婚生活、家族を持つことの魅力を伝えるエピソード・写真を募集します。

A募集部門
1.出会い・結婚
2.子ども・子育て

B対象
大船渡市在住及び出身の既婚者の方

C賞
最優秀賞:大船渡地域商品券1万円分
優秀賞 :大船渡地域商品券5千円分

D問合せ先・お申込み先
しあわせ結婚エピソード・写真募集事務局:大船渡市結婚相談・支援センター
電話 0192-22-7582  FAX 0192-22-7581

詳しくは、チラシをご覧ください。
結婚エピソード.jpg
結婚支援センター.jpg



2017年01月25日

おしらせ:幼い命をまもる防災月間

@内容
・防犯グッズの展示
・パンフレットの配布
・防災書籍の紹介
・おんぶと抱っこの紹介
※防災月間中も、すくすくルームはいつもと同じに利用できます。

A開催日時
2017年2月13日(月)〜2017年2月28日(火)10:00〜16:00

B会場
すくすくルーム

C問合せ先・お申込み先
NPO法人こそだてシップ

詳しくは、チラシをご覧ください。
すくすくお知らせ.jpg


2017年01月19日

給付金:あすのば入学・新生活応援給付金

@提供
公益財団法人 あすのば

A申込できる人
ア)生活保護を受けている世帯の子ども
イ)住民税非課税世帯の子ども
ウ)児童養護施設・母子生活支援施設・里親など社会的養護のもとで生活していて、
2017年4月までに施設退所など自立生活を予定している子ども
以上のア〜ウの人で、以下の➀〜Cにあてはまる人。
@2017年4月に小学校に入学する人(小学校入学生)
A2017年4月に中学生に入学する人(中学校入学生)
B2016年度末に中学校を卒業する人(中学校卒業生)
C2016年度末に高校またはそれに準ずる学校の卒業予定の人、あるいは2017年4月に大
学・短大・専門学校またはそれに準ずる学校への進学予定の人(高校卒業生等)


B給付金の金額と募集人
@小学校入学生=30,000円・300人募集
A中学校入学生=30,000円・400人募集
B中学校卒業生=40,000円・600人募集
C高校卒業生等=50,000円・500人募集

C応募期限
2017年1月23日(月)【消印有効】

詳しくは、ホームページをご覧ください。




2017年01月17日

表彰 第6回 まちづくり法人国土交通大臣表彰

@提供
国土交通省

A表彰の趣旨
これからの民間及び都市施設を含む地域のまちづくりにおいては、まちづくり法人が中心となって、事業収入を確保しながら、その経営能力やコミュニティのつながりを活かして、持続的にまちづくりを推進することが期待されています。
国土交通省においては、都市の課題解決に取り組み、地域における良好な環境や地域の価値を
維持・向上させる先進的な取組を行っているまちづくり法人を表彰し、好事例として広く紹介することにより、各地のまちづくりに向けた取組が一層推進されることを目指しています。
「賞の構成」
優れた取組を行っているまちづくり法人に対して、審査委員会にて以下の3部門の国土交通大
臣表彰等を決定します。
・まちの活性化・魅力創出部門
・まちの安全・快適化部門
・まちづくりの担い手サポート部門

B対象となる団体
自治体や他の法人等が推薦する、都市の課題を解決する先進的なまちづくり法人(まちづくりの推進を図る活動を行うことを目的とする 会社、特定非営利活動法人、一般社団法人(公益社団法人含む)及び一般財団法人(公益財団法人含む))等を募集します。
※今回より、法人格を有しない協議会等であっても、構成員に法人格を有する団体が含まれている場合は、応募可能となりました。

C応募期限
2017年2月22日(水)

詳しくは、ホームページをご覧ください。


2017年01月12日

お知らせ:「岩手県東日本大震災津波復興計画復興実施計画(第3期)」(1次案)地域説明会

@内容
岩手県では、平成29年度から平成30年度までの2年間を“更なる展開への連結期間”と位置付けており、この期間に県が実施する復興に向けた施策・事業等を具体的に示す「復興実施計画(第3期)」を策定中です。
この度、計画(1次案)について県民の皆様から広くご意見を伺い、計画に反映させるため、地域説明会を開催します

A開催日時
2017年1月30日(月)13:30〜14:30

B会場
大船渡地区合同庁舎 大会議室

C問合せ先・お申込み先
岩手県復興局復興推進課 電話:019-629-6945 FAX:019-629-6944

詳しくは、チラシをご覧ください。
Microsoft Word - 岩手県地域説明会 広報チラシ.jpg