CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年04月15日

助成金:第9回「気象文化大賞」(2019年)

@提供
一般財団法人 WNI気象文化創造センター

A概要
地球温暖化の進行とともに、気象を実用的に利用することの重要性はますます増しています。とくにアジア・太平洋地域では、今後の発展が期待される国・地域が多く存在すると同時に、気象による大きな被害が多いのも事実です。こうした中、減災、経済的利用、環境問題への対応における気象の実用や実践に関して、従来の発想にとらわれない知恵を、個人、企業、団体を問わず幅広く結集し、広げていくことが重要だと考えています。
気象文化創造センターでは、こうした気象に関わる実用、実践研究に成果をあげている人々を公平な立場から表彰し、また助成する事業を展開していきます。

B表彰
「気象文化大賞」
気象の減災・自助・共助、経済的利用、環境問題などへの対応における実用的な気象研究・活動について、新たなる研究・活動を行おうと計画している、または、これまで革新的な成果をあげた、「個人」および「団体」のこれからの発展を願い「気象文化大賞」として表彰し、研究・活動について助成いたします。

「気象文化功労賞」
長い間にわたって気象の実用・実践的な研究・活動を、地道に、堅実に進めてきた「個人」および「団体」に、さらなる努力を願って「気象文化功労賞」として表彰し、次年度の研究・活動について助成いたします。

「石橋夢大賞」
気象の実用・実践的な研究に関する「夢」「将来への希望」「斬新なビジネスアイデア」「こんな実践ができればワンダフル」などの意見、提言を「石橋夢大賞」として公募し、「個人」を表彰いたします。

「佐々木嘉和賞」
気象文化大賞に応募されて候補になった研究・活動の中から、起業家精神にあふれ、グローバルな視点からアジア・太平洋、そして地球全体の気象の実用・実践的な研究・活動に寄与できると認められたものについて「佐々木嘉和賞」として「個人」ないし「団体」を表彰いたします。(気象文化大賞、気象文化功労賞と重複することもあります)

C助成金額
・気象文化大賞(50万円〜100万円まで)
・気象文化功労賞(助成金額は応募内容を元に選考委員会にて協議の上、決定します)
・石橋夢大賞(記念品を贈呈しますが助成金はありません。記念品価格の上限は 10 万円とします)
・佐々木嘉和賞(記念品を贈呈しますが助成金はありません。記念品価格の上限は 10 万円とします)

D応募期限
2019年4月29日(月)必着


詳しくは、ホームページをご覧ください。