CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
大船渡市市民活動支援センターでは各種情報を発信しています。
ホームページ では
大船渡市で活動されている団体さんの情報や各種情報を随時更新しています。
ブログ では
助成金、セミナー情報、センター活動、お知らせ等を発信します。
Facebook では
当センターの活動写真や各種情報を随時更新しています。
Twitter では
ブログ・Facebookの更新状況等をお知らせしています。
メールニュースでは
助成金、セミナー情報、お知らせ等を毎週木曜日に配信しています。
※配信を希望される方は下記のアドレスまでご連絡ください。
Mail: shimin@ofunatocity.jp

2017年6月より開所日変更となります。
Microsoft PowerPoint - 開所日変更.jpg

2018年11月13日

平成30年度 復興庁クラウドファンディング支援事業(被災地企業の資金調達等支援事業)

@提供
一般社団法人RCF

A対象となる活動
・被災地域内の事業者が実施する取組(過去に被災地域内で事業を行っていた方を含む)
・被災地の知名度を向上させる取組(プロモーション、風評被害払拭等)
・被災地の経済活動を後押しする取組(被災地の原材料の活用や、復興イベント等)
・被災地の地域活性化に寄与する取組(空き店舗活用等、にぎわい回復、なりわい再生等)

括弧内の例示はあくまで例です。特定の業種や事業を対象とするものではありません。

B対象となる団体
・東日本大震災からの復興に取り組む事業者、民間団体、市町村等のみなさま
・高校・専門学校・大学等の教育機関のほか、町内会、イベントの実行委員会及び同窓会等の法人格のない団体も、定款と構成員名簿があれば、支援対象となる可能性があります。

C支援内容
クラウドファンディングに関するサポート(無料)
・ご相談サポート
・専門家派遣
※専門家の依頼費用等(交通費、経費を含む)については、復興庁が負担します(ただし、金額には上限があります)
・ プロモーション協力
本事業のサポートは 無料 でご利用いただけます。

※クラウドファンディングにて目標金額を達成した際には、調達金額に応じたクラウドファンディング手数料がかかります

D応募期限
2019年2月28日

詳しくは、ホームページをご覧ください。



2018年11月12日

イベント:「認知症の人とのかかわり方」大船渡会場

@内容
講演:家族介護者からみた認知症と老い支度

A開催日時
2018年11月29日(木) 14:00〜16:30

B会場
大船渡市総合福祉センター 大会議室

C講師
老い支度普及センター 老い支度クリエーター 石黒 秀樹 氏

D申込締切
2018年11月21日(水)

E問合せ先・お申込み先
大船渡市地域包括ケア推進室(総合福祉センター内)
電話番号:0192-26-2943
FAX番号:0192-27-1589

詳しくは、ホームページ、チラシをご覧ください。

20181112103754103_0001.jpg

20181112103801370_0001.jpg





2018年11月09日

助成金:お金をまわそう基金助成事業

@提供
公益財団法人 お金をまわそう基金

A対象となる分野
子ども分野
 ・ 児童養護施設で生活している子どもたちへの就労及び進学支援を目的とする団体
 ・ 虐待児童や親のいない子どもたちを家族として迎える里親活動を目的とする団体
 ・ 生活困窮や家庭問題等を抱えている子どもたちへ食事などを通じて健全な育成を目的とする団体
スポーツ分野
 ・ 現役引退後のプロスポーツ選手に対する職業訓練や雇用先の確保の支援を目的とする団体
 ・ 障がい者スポーツに対する、国民の関心を高める取組みやスポーツができる環境を整えることを目的とする団体
 ・ アスリートの再チャレンジの支援を目的とする団体
文化・伝統技術分野
 ・ 必要とされている伝統技術を継承する活動を目的とする団体
 ・ 貴重な伝統を後世に伝える活動を目的とする団体
 ・ 日本古来の文化財を残すための活動を目的とする団体
地域経済・地域社会分野
 ・ 地域社会の特性を活かした雇用や産業が生み出される活動を目的とする団体
 ・ 地域経済が健全に自立して発展できる活動を目的とする団体

B対象となる団体
任意団体を除く非営利団体が行う非営利活動・公益事業のうち、当財団が対象とする分野で活動している団体です。

C助成金額
助成対象となる事業を行う上で直接必要となる経費を限度とします。

D応募期限
2019年1月8日

詳しくは、ホームページをご覧ください。



助成金:2018年度 公益財団法人ノエビアグリーン財団 助成事業

@提供
公益財団法人ノエビアグリーン財団

A対象となる活動
児童、青少年の健全育成の向上を目的とした体験活動、およびスポーツの振興に関する事業を積極的に行い、または奨励している下記1)〜9)の分野に当てはまる団体
 1)スポーツ体験活動
 2) ジュニアアスリート選手育成活動
 3) 自然体験活動
 4) 科学体験活動
 5) 障がいのある子供たちへの支援活動
 6) 自然災害等による被災地の子供たちへの支援活動
 7) 地域に根ざした子供たちへの支援活動
 8) 児童養護施設の子供たちへの支援活動
 9) その他の体験活動

B対象となる団体
 1)公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、一般財団法人のいずれかの団体
 2)上記以外の団体であって以下の要件を備える団体(特定非営利活動法人等)
・定款、寄附行為に類する規約等を有すること
・団体の意志を決定し執行する組織が確立していること
・自ら経理し監督する等会計組織を有していること
・団体活動の本拠としての事務所を有すること
・申請時点で、設立後、3年以上の活動実績を有すること
ただし、設立前より対象の事業を継続している場合は、設立前の活動年数も含め3年以上とする。

C助成金額
上限300万円

D応募期間
2018年12月3日(月)〜2019年2月28日(木)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



助成金:コスモ石油エコカード基金

@提供
コスモエネルギーホールディングス株式会社

A対象となるプロジェクト
<主たるテーマ>
・地球温暖化防止や抑制に資する活動
・地球温暖化による被害への対応に資する活動
<従たるテーマ>
・活動地域の植生や生態系保全に資する活動
・地域社会への環境啓発に資する活動
<重視する活動内容>
植林、間伐、整備等の森林保全活動

B対象となる団体
特定非営利活動法人として認可されている等、体質が健全であること。
または、原則として1年以上の活動実績があること。

C助成金額
上限200万円/年

D応募期間
2018年12月15日(土)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



助成金:キユーピーみらいたまご財団 2019年度 助成プログラム B 「食を通した居場所づくり支援」

@提供
一般財団法人 キユーピーみらいたまご財団

A対象となる活動
食の提供や料理・共食などの食の体験に積極的に取り組む「子ども食堂」などの居場
所作りを支援するため、立ち上げ支援や設備購入への助成を行います。
(食育/親子・共食体験/多世代交流/学習支援/子どもの貧困)

B対象となる団体
:以下のすべてに該当する団体を対象とします。
a. 2018 年 4 月以降に「こども食堂」等を開始された団体
※すでに地方自治体などから運営費の助成を受けられている団体は除く
b. 活動を実際に行う団体の構成員が3人以上であること。
c. 助成終了後も対象となる活動を継続する意思があること。
d. 団体活動を通じて、政治的または宗教的活動を行わないこと。
e. 反社会勢力でないこと、反社会勢力とのいかなる関わりもないこと

C助成金額
20万

D応募期限
2018年11月30日(金)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



助成金: キユーピーみらいたまご財団 2019年度 助成プログラムA「食育活動」

@提供
一般財団法人 キユーピーみらいたまご財団

A対象となる活動
食育活動を行う公益的な団体の活動を対象とし、講座、イベント、研究等に必要な資金の一部を助成します。

B対象となる団体
以下のすべてに該当する団体を対象とします。
a. 助成終了後も対象となる活動を継続する意思があること。
b. 団体活動を通じて、政治的または宗教的活動を行わないこと。
c. 反社会勢力でないこと、反社会勢力とのいかなる関わりもないこと

C助成金額
1件当たりの助成限度額100万円

D応募期限
2018年11月30日(金)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



助成金:明治安田クオリティオブライフ文化財団 地域の伝統文化助成

@提供
公益財団法人 明治安田クオリティオブライフ文化財団

A趣旨
わが国において、古来、地域に伝承されてきた民族の遺産ともいえる固有の伝統的な文化が時代とともに消滅しつつある現在、こうした歴史的・文化的に価値ある地域の民俗芸能(民俗行事、民俗音楽を含む。以下、同じ)・民俗技術(伝統的製作技術、衣食住に関わる生活技術、伝統工芸を含む。以下、同じ)を正しく後世に残すことが時代の責務であるとの考えに立って、当財団は、これらの継承のための諸活動、とくに後継者育成に必要な技能修得のための諸活動への支援を行ないます。

B助成対象
 (1) 地域の民俗芸能への助成 : 地域の民俗芸能の継承、とくに後継者育成のための諸活動に努力をしている個人または団体を対象とします。
 (2) 地域の民俗技術への助成 : 地域の民俗技術の継承、とくに後継者育成のための諸活動に努力をしている個人または団体を対象とします。

C助成金額
 (1) 地域の民俗芸能への助成:70万円限度
 (2) 地域の民俗技術への助成:40万円限度

D応募期限
2019年1月31日(木)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



イベント:とうほくNPOフォーラムin気仙沼2018

@内容
オープニング  テーマ:「地域課題を解決するのは誰なのか?」
分科会 A テーマ:「地域におけるNPOの価値を再点検!」
分科会 B テーマ:「活動の担い手を多様化する仕掛けとは?」
分科会 C テーマ:「市民知をカタチに!地域課題を解決することは可能か」
分科会 D テーマ:「つながりを活かした課題解決のあり方とは?」
クロージング テーマ:「復興を見据えた、地域のあり方のヒント」

A開催日時
2018年12月21日(金) 10:30〜16:30

B会場
気仙沼市民会館 中ホール他

C参加費
1,500円(お弁当つき)

D実施団体
NPOサポートリンク・フォーラム in 気仙沼2018実行委員会
(構成団体)みやこラボ / 陸前高田まちづくり協働センター / おおふなと市民活動センター
      気仙沼まちづくり支援センター / いしのまきNPOセンター
(事務局) @リアスNPOサポートセンター ・ 日本NPOセンター  

E問合せ先・お申込み先
特定非営利活動法人@リアスNPO サポートセンター(横澤)
〒026-0021岩手県釜石市只越町1-3-2 / E-mail: yokosawa@rias-iwate.net
TEL : 0193-27-8400 / FAX : 0193-27-8121

詳しくは、チラシまたは、ホームページをご覧ください。

20181109131840926_0001.jpg

20181109131840926_0002.jpg

20181109131840926_0003.jpg

20181109133455328_0001.jpg

FAX申込用紙20181109131840926_0004.tif


2018年11月08日

助成金:公益財団法人三菱 UFJ 国際財団 2019 年度公募助成金募集

@提供
公益財団法人 三菱UFJ国際財団

A対象となる活動
日本にある国際交流活動を実施するグループに対して、海外のカウンターパーティとなるグループとの間で行われる交流活動に関して助成を行います。交流事業は、日本の団体と海外の団体の直接的会合を含むことが必要です。
交流事業は以下の趣旨を持つことが必要です。
 ・ 日本・或いは相手諸国の社会・文化・国際的課題等について、相互理解を図る内容であること。
 ・ ある研究分野について、日本・海外の団体が協働し、学術等の発展と相互理解の進展が図られる内容であること。
 ・ その活動を通じて、異なる価値観の受容や国際的視野が広がるといった参加者の人材としての水準向上が実現する可能性を期待できる内容であること。

B対象となる団体
・一般団体 : NPO 法人等で交流事業を社会人が企画・実施する団体
・学生団体 : 交流事業の企画・運営すべてを学生だけで実施する団体

C助成金額
・一般団体 :原則50万円
・学生団体 :原則30万円

D応募期間
2018年12月10日(月)〜2019年1月28日(金)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



2018年11月07日

イベント:スマイル「三鉄に乗ってクリスマス」

@内容
三鉄に乗ってクリスマス

A開催日時
2018年12月3日(月)9:20集合

B会場
三鉄さかり駅前集合(盛駅〜釜石駅〜盛駅)

C参加費
\1,000円(大人2名以上になる場合は1名につきプラス\500)

D定員
先着40組

E問合せ先・お申込み先
子育て支援ボランティア のびのび子育てサポーター「スマイル」
代表 村上 090-7065-8171 / 0192-26-2908(FAX兼)

詳しくは、チラシをご覧ください。

20181107155049910_0001.jpg


お知らせ:岩手県男女共同参画センターの相談室のご案内

@内容
 岩手県男女共同参画センターの相談室では
 次のような相談をお受けしています。
● 家族のことで悩んでいます
● 職場の人間関係で悩んでいる
● 交際相手のことで悩んでいる
● 仕事について悩んでいる
● 性別や性指向(LGBT)について悩んでいる
● その他

Aお問合せ先
岩手県男女共同参画センター
〒020-0045 岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1 いわて県民情報交流センター(アイーナ)6階
電話(019)606-1761 FAX(019)606-1765 電子メール:danjo@aiina.jp
開館時間 【月・水・木】9:00〜19:30 【火・金】9:00〜20:00 【土・日】9:00〜17:30 (年末年始、アイーナ休館日をのぞく)

詳しくは チラシまたは ホームページをご覧ください。


20181107152450885_0001.jpg


お知らせ:女性に対する暴力をなくす運動

@内容
11月12日(月)〜25日(日)
「女性に対する暴力をなくす運動」
相手や周囲に配慮した言動を!

【女性に対する暴力 相談窓口】
一人で悩まないで。各機関では様々な女性に対する暴力に関する相談を受け付けています。
早めの相談が問題解決への第一歩です。

詳しくは、チラシまたはホームページをご覧ください。

20181107143148390_0001.jpg
20181107143140188_0001.jpg




セミナー:「地域で循環する資金」と「非営利組織の評価」を考える勉強会

@内容
1.話題提供「地域の課題解決の為の循環する資金(休眠預金・遺贈寄付等)について」
鈴木祐司 氏((公財)地域創造基金さなぶり 専務理事 / (一財)非営利組織評価センター 理事
2.第三者組織評価制度の概要と評価基準の説明
平尾剛之 氏((一財)非営利組織要化センター 執行理事 / (特活)きょうとNPOセンター 常務理事・統括責任者)

A開催日時
2018年11月14日(水)13:30〜16:30(開場13:00 〜 )

B会場
紫波町情報交流館 2階大スタジオ(オガールプラザ内)

C参加費
無料

D実施団体
【主催】特定非営利活動法人いわて連携復興センター
【共催】一般財団法人非営利組織評価センター 
【後援】岩手県

E問合せ先・お申込み先
特定非営利活動法人いわて連携復興センター 担当:大吹
Tel.0197-72-6200 Fax.0197-72-6201 E-mail : n.segawa@ifc.jp

詳しくは、チラシまたはホームページをご覧ください。

地域で循環する資金と非営利組織の評価を考える勉強会02-001.jpg

地域で循環する資金と非営利組織の評価を考える勉強会02-002.jpg


助成金:「未来につなぐふるさと基金」2019年度 協働団体募集

@提供
公益財団法人パブリックリソース財団

A対象となる活動
生物多様性の保全・啓発を目的とした、以下のいずれかに該当する市民参加型プログラム
 1)【たべる】地域で生産された農産物を、その地域で飲食することを通じて、農産物そのものやそれを取り巻く気候・風土への関心を広げる活動
 2)【ふれる】自然や動植物とのふれあいを通じて、生物のつながりを体験する活動
 3)【つたえる】自然や動植物を観察し、記録・表現する活動
 4)【まもる】自然や生きものを調査・保全・再生する活動

B対象となる団体
NPO法人、一般法人、公益法人、任意団体などの市民活動団体

C助成金額
1団体あたり年間上限50万円
上記助成金に加え、助成金以外の支援を提供致します。
  1)専門性や組織運営力、広報力などを向上させるための支援
  2)「生物多様性をテーマとした写真教室」実施援助
  3)報告会等でのノウハウ共有

D応募期限
2019年1月10日(木)

詳しくは、ホームページをご覧ください。


2018年11月06日

イベント:第3回 大船渡を子育てしやすいまちにするための会議

@内容
第3回では、それぞれの課題を解決するための最初のキッカケづくりをするため、3つのテーマに分かれて話し合います。

Aテーマ・開催日時・会場
●大船渡市の子育てに関するポータルさいと「つばきっず」をより充実させよう!
 日時:2018年11月13日(火)13:30〜15:30
 会場:大船渡市防災観光交流センター 和室
●子育てに関わる団体、施設間の連携・交流を深めよう!
 日時:2018年11月14日(水)13:00〜15:00
 会場:キャッセン大船渡 コミュニティスペース
●子育ての一つの重要課題・・・一時預かりについて考えよう!
 日時:2018年11月27日(火)13:30〜15:30
 会場:大船渡市防災観光交流センター 和室

B問合せ先・お申込み先
社会福祉法人 大船渡市社会福祉協議会
TEL:0192-27-0001

詳しくは、チラシをご覧ください。

20181106162611100_0001.jpg



助成金:2018(平成30)年度「連合・愛のカンパ」助成

@提供
公益財団法人さわやか福祉財団

A対象となる活動
新たに始める、地域における「ふれあい・助け合い活動」
高齢者・子ども・障がい児(者)を含めた地域ぐるみの助け合い・支え合い活動等

B対象となる団体
ふれあい・助け合い活動団体/グループに限定
助け合い活動を主たる目的とする任意団体、NPO 法人、グループ、サークルなど。

C助成金額
上限15万円まで

D応募期間
2018年12月25日(火)

詳しくは、ホームページをご覧ください。



2018年11月05日

セミナー:みんなで一緒に学ぼう会「パワーポイントなんでも相談」

@内容
パワーポイントの簡単なスライド作成、画面、背景の切り替え、デザイン、文字を動かす方法、スライドショー(映し方)など

A開催日時
2018年11月30日(金)13:50〜15:30

B会場
大船渡市市民活動支援センター(サン・リア2階)

C参加費・持ち物
参加費:無料
持ち物:パソコン

D講師
鈴木 祥悦 さん

E問合せ先・お申込み先
大船渡市市民活動支援センター
TEL0192-47-5702

詳しくは、チラシをご覧ください。

Microsoft PowerPoint - パワーポイントなんでも相談.jpg


イベント:けせん「第九を歌う会」演奏会「祈り」

@内容
けせん「第九を歌う会」演奏会「祈り」

A開催日時
2018年12月23日(日)午後2時開園

B会場
大船渡市民文化会館(リアスホール)

C入場料
300円

D出演
けせん「第九を歌う会」合唱団
with気仙キッズ

E問合せ先
けせん「第九を歌う会」inおおふなと実行委員会事務局
TEL:0802839-3944

詳しくは、チラシをご覧ください。
5bde4919177.jpg


助成金:公益信託今井記念海外協力基金 2019年度 国際協力NGO助成対象事業

@提供
特定非営利活動法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)

A目的
開発途上国における教育、医療等の分野における協力及び災害等による被災者の救済並びにこれらに資する活動を行い、もって開発途上国の経済社会の発展に寄与することを目的とする。

B対象となる団体
アジアを中心とした開発途上国において援助・協力活動を行う非営利の民間団体で、次の要件を満たすものとする。
 (1)開発途上国における援助事業を主たる事業目的としていること(政治的活動、宗教上の教義を広める活動、営利活動を主な目的とする団体でないこと)
 (2)日本国内に事務所を置き、責任の所在が明確であること
 (3)前年度の総収入額が原則 5,000万円以下の団体であること
 (4)活動実績が2年以上あること
 (5)助成対象事業を推進するうえで、十分な管理能力を有すると認められること
 (6)過去に今井基金から3年間の連続助成を受けていないこと
 (7)現在までに今井基金から助成を受けた回数が通算5回以内であること(

C助成金額
1件当たり50〜100万円程度

D応募期間
2019年1月16日

詳しくは、ホームページをご覧ください。