CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
鈴木こころノート
(一社)愛媛県摂食障害支援機構で代表をしている、鈴木こころのブログです。
自助グループ『リボンの会』、啓発活動『マゼンタリボン運動』、就労支援事業『オフィスパートナー湊町ブランチ』や講演活動のことなどをつづっています。
摂食障害をキーワードに、社会の中の『生きづらさ』をテーマとして取り組んでいます。
« 2019年06月 | Main | 2019年08月 »
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
指と膝が痛い〜からの学び(7/31)[2019年07月31日(Wed)]





3週間くらい前から
手の指の関節が痛いなぁ…
なんだろなぁ?
と思いながら過ごしていました。

そして、今週には
膝の関節も痛くなり・・・


歩くのも痛くなり
オフィスパートナー湊町ブランチでしている
ラジオ体操(毎日朝礼時と昼礼時にすることになっている)もできなくなっていましたふらふらあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


思うようにペンが持てない、書けない
パソコン打つのが痛い
ペットボトルの蓋が開けられない
お箸を持つのが痛い
シャンプーをするのもつらい

いよいよ生活をするのに
困ってきました。。。

そこで今日は
病院に行ってきました。


結果は
納得のいく説明をもらって
治療をしていくことになったのですが、





今日は
そこで見たもの
体験したことが
感動したので
ご報告します目exclamation×2



受け付のスタッフさんの愛嬌
看護師さんの知識の多さ
機転の利き方
説明の仕方

まぁ、
総合して
“コミュニケーション能力の高さ”というものですひらめきひらめきひらめき


高齢の方に話すときは、大きな声で
若い人に話すときは、それ相応の速さで
そして、初めての人に説明する時には、病院のルールから。


これって、簡単そうに見えるけれど、
実際は難しいことだと思いました。



そして、
看護師さんは、
先生の説明のフォローができる。
私が、わからないことを聞いたとしても
すぐに私の意図した答えとして回答してくれる。
専門性の高いことひらめきひらめきひらめき


病院だから当たり前じゃんと思うかもしれないけれど
これってすごいことです。

この組織に関わる一人一人が
努力してないとできないことだと思いました。





私もこれまでにいろんなバイトをした経験から感じることだけど、
ただ、ボスの言うことだけきいていても
これはできないことだと思いました。




この組織、
この人達、一人一人が
プロとして人間として
すごいと感じましたぴかぴか(新しい)




働く人として
社会人として
どうあったらすがすがしいのか
人間ウォッチングで学んだ一日でしたexclamation×2







Posted by 佐野 at 23:11 | この記事のURL | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

愛媛県摂食障害支援機構さんの画像
http://blog.canpan.info/officepartner/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/officepartner/index2_0.xml