CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
オフィスパートナー湊町ブランチの業務日誌



愛媛県松山市にある
就労継続支援B型事業所「オフィスパートナー湊町ブランチ」の活動記録です。
摂食障害をはじめとする、
思春期に生きづらさを抱えた女性を対象としています。
事業所でのあれこれや、代表である鈴木こころの活動をつづっています。
« 愛媛県教育委員会で(6/11) | Main | 今日もがんばれ(6/27) »
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
伊予市職員研修(6/26)[2019年06月26日(Wed)]





今日は
伊予市役所の職員の皆様に
摂食障害についての話を
きいていただきましたひらめき



私はこれまで
カウンセラーのお仕事をされている方や
子どもに関わっていらっしゃる方に
「当事者として、周りの人達にどうかかわってもらったら嬉しいか」というテーマで
お話させてもらったことはありますが


行政のお仕事をされている方たちへ
職員研修として
お話させてもらうのははじめてでした。






私自身、
最近時々?(頻繁に)
摂食障害の分野においても
正しい知識を持ち、
“ゲートキーパー”の役目を果たしてくれる人達が
世の中に
“あたりまえに”あったら
どれだけたすかるだろうと思っていました。


そんな意味もある研修なんだなぁと
この研修の準備をするための資料を作りながら思っていました。




何を伝えたら的確なのだろうか…とか
研修の日まで迷いながら悩みながらでしたが、

伝えたいことが山ほどあり
もしかしたら
内容が盛りだくさん過ぎたのかも?と後で反省をしたりしましたが



伊予市役所のみなさんには
拙い話を聞いてくださり
本当にありがたかったですわーい(嬉しい顔)




私の一生懸命さだけでも印象残り

摂食障害という現象に
寄り添おうかなという気持ちに
一ミリでも近づける時間になれたなら
嬉しいです。









何年後先には・・・

たとえば・・・

摂食障害に関する
もっと的確なゲートキーパー制度?が
社会の中に、普通のこととしてできていて
私よりもっと的確に話ができる
摂食障害専門員?(←表現のしようがなかったので勝手に名前つけた)が
全国各地で講習なんかできていたらいいと思います。

私の勝手な妄想です(笑)







Posted by 佐野 at 23:57 | この記事のURL | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/officepartner/archive/114
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました
 
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

愛媛県摂食障害支援機構さんの画像
http://blog.canpan.info/officepartner/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/officepartner/index2_0.xml