CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

沼田町教育委員会

沼田町教育委員会の「希望に満ちた豊かな学びのブログ」です。沼田町での教育行政の取り組みはもとより、地域で活動している方々の情報発信を行っています。


沼田町いきいき大学D「いきいき大学祭」を開催しました [2016年10月31日(Mon)]
IMG_4457.jpg

 この日沼田町いきいき大学の「いきいき大学祭」を開催し、74名に参加いただきました。
 大学生による芸能発表会では、楽器演奏やカラオケ、詩吟など、日頃から活動されている成果を発表していただきました。
 後半の「お楽しみステージショー」では、寄席芸の宝玉斎こん太さん、ジャグリングのジャグラー・コーヘイさんにパフォーマンスショーを見せていただき、大変楽しい時間となりました。お二方とも、趣味や生きがいの活動が現在の仕事へとつながっており、大変いきいきと、真剣にパフォーマンスされていました。ありがとうございました。
 次回のいきいき大学は11月21日(月)に「講演会・クラブ活動」の予定です。
家庭教育講座を開催しました [2016年10月29日(Sat)]
IMG_4419.jpg

 この日13:00からゆめっくるにて、家庭教育講座を開催しました。
 この事業は町PTA連合会研究大会と兼ねて毎年実施しているものです。前半は、同日午前中に図書館事業の「読み聞かせ教室」で講師を務めていただいたつくし幼稚園理事長の天野和幸さんに「読書から始める家庭教育」と題してご講演をいただきました。天野さんは童話や絵本、読み聞かせの楽しみ方や心得を、実演しながらわかりやすく教えてくださいました。

IMG_4427.jpg

 後半は空知教育局の池田主査より「スマホルールとメディアとの関わりについて」情報提供をいただきました。ドイツの子育てと比較しながら、現代の日本の子育てのようす(深夜に子どもを連れて居酒屋、授業参観中に他のお母さんとLINEでトーク、など)をご紹介いただきました。子どもたちにスマホルールを徹底させる前に、親が率先して手本とならなければいけない、と熱くお話しされました。見方を変えて、スマホの使用制限に関するルールではなく、勉強時間に関するルールを作成しているところもあると紹介していただきました。
 参加された保護者の方は「自分のスマホの使い方や子育てについて改めて見直すきっかけとなりました」とお話しされていました。
「読み聞かせ教室」を行いました [2016年10月29日(Sat)]
DSCF7673.jpg
▲天野先生の手法はとても参考になり、参加者は天野先生が用意してくださったプリントを片手にじっくりとおはなしを聞いていました


 この日、10:30から帯広市つくし幼稚園理事長の天野和幸先生を招いて読み聞かせ教室を行いました。

 読み聞かせ教室は、読み聞かせを通して子どもと本との出会いを提供し、読書の楽しさやおもしろさを伝えるために毎年行っています。
 今年度の講師として来てくださった天野先生は、昭和36年から幼稚園教育に携わっており、今年度の「子どもの読書活動優秀実践団体」として文部科学大臣表彰を受けた「十勝童話会」では会長として、おはなし会などを通して子どもが絵本などに触れ合う機会を積極的につくっています。

 教室が始まると、おはなし『うさぎさんの家』(ロシア民話)が始まりました。情景などを思い浮かべやすいよう、身振り手振りを交えながらのおはなしです。絵が一切ないおはなしは初めて経験したという子どもが多かったのですが、天野先生が語るおはなしの世界に引き込まれて真剣になって聞いていました。
 この他にも、絵本の読み聞かせや紙芝居を読んでくださり、おはなしが始まると子どもたちはじっくりと絵を見ていました。また、読み聞かせなどの合間に参加した大人に向けた話も交え、ボリュームのある1時間でした。

 講師を引き受けてくださった天野先生、本当にありがとうございました。

 
農業体験(脱穀・籾摺り)を行いました。 [2016年10月27日(Thu)]
 この日、13:20から小学5年生の農業体験学習(脱穀・籾摺り)が行われました。
 9月27日に刈取り、はさがけをしていた「ななつぼし」ですが、JA北いぶき沼田の青年部の方や、JA北いぶきの職員、役場農業商工課の職員による指導のもと「脱穀機」と「籾摺り器」を使って、児童自らの手で脱穀と籾摺りを行ないました。
 児童たちは、雨こそ降っていませんでしたが非常に低い気温の中、一生懸命に取り組んでいました。
 今年の農業体験学習は今回で終了となりますが、児童たちは、単に米を作りの学習だけではなく、たくさんの手間暇が掛かって自分たちが食べるお米になっていることを感じ、お米の大切さを学びました。
 今年の学習で出来た「玄米」は、このあと精米機で精米し、11月17日に行われる「いただきファーム」で試食することとなっています。今から楽しみです。

s-IMG_7899.jpg
▲穂先からゆっくりと丁寧に脱穀しました。

s-IMG_7885.jpg
▲みんなの知っているお米にどんどん近づいていきます。

s-IMG_4350.jpg
▲玄米です。みんな頑張りました!
三遊亭小遊三さんの講演会を開催しました [2016年10月24日(Mon)]
IMG_0086.jpg

 この日18:30から町民会館にて、平成28年度芸術文化鑑賞事業として、テレビ番組「笑点」でおなじみの三遊亭小遊三さんをお招きし「小遊三のイキイキ人生」と題して講演会を開催しました。
 会場には町内外から約250名の方が来場し、講演の中で小遊三さんは「テレビがない少年時代、居間で流れるラジオから聞こえてきた落語がきっかけとなり噺家となりました。普段は一切笑わない父が、落語を聞いているときには少し笑っていたのもきっかけかもしれません」と、幼少時代の思い出や笑点のメンバーとなった経緯などのお話をしてくださり、笑いが絶えない講演会となりました。
第3回「まちなか英語空間事業」を開催しました [2016年10月23日(Sun)]
IMG_0043.jpg

IMG_0071.jpg

 この日13:30からゆめっくるにて、第3回「まちなか英語空間事業」を開催しました。
 この事業は、町民が楽しみながら英語にふれ、英語への抵抗感を少なくすることを目的に年5回開催予定の新規事業で、第3回目の今回は「英語でハロウィンパーティー」をテーマに、24名の参加者が集まり活動しました。
 はじめに講師のDavid先生によるミニゲームで緊張をほぐした後、普段何気なく楽しんでいるハロウィンの「由来」や「歴史」について説明を受けました(ハロウィンはDavid先生の出身国・アイルランドが起源だそうです)。次にお面作りを行い、お面をかぶって「まちなか」に飛び出しました。沼田商店さんと図書館におじゃまして「トリックオアトリート(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」の練習を行い、ごほうびとしてお菓子をいただきました。ご協力いただきありがとうございました。
 ゆめっくるへ戻ってからはいただいたお菓子を食べながらハロウィンパーティーを行いました。参加者は「お菓子ももらえて、英語も覚えられて、良かった」と話していました。
 次回は12月に「英語でクリスマス」を企画しています。近くなりましたらご案内しますので、ぜひご参加ください。
10月のこども工作教室を実施しました。 [2016年10月22日(Sat)]
 毎月1回のペースで実施しているこども工作教室。
 今月の工作は、押し花を使った“オリジナル コースター”作りです。

 今回の工作は、図書館ボランティアの長田さんを講師に迎え行いました。
 まず長田さんが作ったコースターの見本を見てから、「押し花は繊細なのでピンセットでつまんで」「つまようじを使ってほんの少し糊をつけて」など説明を受けました。説明している間も、参加した子どもたちは早く作りたくてうずうずしていました。

DSCF7666.jpg

 今回のコースターの作り方は、台紙に押し花を貼り付け、水滴が落ちても大丈夫なように図書館で使用しているブックコート(図書館の本にかかっている透明なフィルム)を貼り、裏側を保護するためにシールかマスキングテープを貼って完成です。
 参加した子どもたちは、押し花の形や色に目を輝かせながら楽しそうに作っていました。
 
DSCF7669.jpg

 時間ぎりぎりまでたくさんのコースターを作りましたが、まだ作りたいという声も聞こえ、参加した子どもたちに楽しいひと時を過ごしてもらうことができたと思います。
 講師を引き受けてくださった長田さん、大変ありがとうございました。 

 完成した作品の一部は、11月20日(日)に開催する図書館フェスティバルの喫茶コーナーで使用します。図書館フェスティバルの詳細につきましては、後日町内向けにチラシを配布しますので、そちらをご覧ください。
ポッカサッポロ北海道蒲lが沼田のこども達へプレゼント [2016年10月18日(Tue)]
 この日午後、ポッカサッポロ北海道鰍フ山本社長様、手塚係長様が沼田町の認定こども園、小学校、中学校を訪問され、同社の清涼飲料水をご寄贈下さいました。
 サッポロビール様が夜高あんどん祭りの協賛団体になっていただいているご縁で、昨年に引き続き同サッポログループのポッカサッポロ北海道株式会社様が激励下さったものです。
 山本社長様は笑顔で「夜高あんどん祭りで頑張った皆さんの姿に感動しました!今年であんどん祭り40回ですが、プレゼントする「リボンナポリン」も製造開始からなんと今年で105年、イメージキャラクターの「リボンちゃん」は来年60歳(設定では小学校1年生)なんです。これからもがんばって50回・60回とお祭りを続けて言ってください!」とご挨拶され、児童会や生徒会の役員、園児へ「リボンナポリン」などを手渡しました。
 中学3年生で生徒会長の塩田くんは「小さいころから出ていたあんどん祭りも、中学3年生となり今年で最後でした。来年からはどんな形となるかわかりませんが、あんどん祭りを支えていけるようがんばりたいです。ありがとうございました。」とお礼が述べられていました。
 ポッカサッポロ北海道蒲l、お忙しい中大変ありがとうございました。

IMG_4125.jpg
山本社長様より児童会長の山田さんへ
IMG_4139.jpg
山本社長様より生徒会長の塩田くんへ
IMG_4154.jpg
こども園の園児たちとパチリ(中央が山本社長様)
第3回「子ども交流ひろば」を開催しました [2016年10月17日(Mon)]
IMG_4124.jpg

 小学校の学習発表会の振替休業日であるこの日、第3回目の「子ども交流ひろば」を開催しました。今回は「海を守る植樹教育事業」との連携事業として、「ぬまたの森づくり」をテーマに1〜6年生の19名が活動しました。
 はじめに植樹とはなにか、なんのために植樹をするのかを説明し、参加者は植物やどんぐりに興味を持ち、次の活動への意欲がわいているようでした。

20161017_140404.jpg

 その後高台寺へ移動して「ネイチャービンゴ」を行い、秋の音やにおいを感じながら、自然散策を行いました。高台寺で集めたどんぐりや木の枝を持ち帰り、最後に工作を行いました。定番のどんぐりゴマややじろべえ、ネックレス、どんぐりフィギュアを作成しました。
 参加者は楽しみながら植物に触れ、「身近にある他の植物についても知りたい」と話していました。
町民芸術祭、第1弾! [2016年10月14日(Fri)]
IMG_4106.jpg

 毎年恒例、町民芸術祭の第1弾として、明日10月15日から11月3日までの期間、ゆめっくる会場にて「作品展示会」を開催します。
 短歌、七宝焼き、絵手紙、写真、習字、ぴよぴよクラブの計6団体、120点以上の作品をぜひご覧ください。

IMG_4114.jpg

 今年もすてきな作品がたくさんありますので、ご家族・ご友人とお誘い合わせの上、ゆめっくるまで足をお運びください。11月1日(火)から3日(木)までの期間は町民会館会場の「作品展示会」も開催しますので、そちらもお楽しみに!
| 次へ