CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

沼田町教育委員会

沼田町教育委員会の「希望に満ちた豊かな学びのブログ」です。沼田町での教育行政の取り組みはもとより、地域で活動している方々の情報発信を行っています。


「読み聞かせ教室」を行いました [2016年03月29日(Tue)]
DSCF7404.jpg
▲「はろるどとむらさきのくれよん」は絵本よりも少し長いお話しでしたが、参加した子どもたちは飽きることなく静かに聞いていました


 この日10:00から國學院大學北海道短期大学部 幼児・児童教育学科 特別任用専任准教授の松村澄絵先生を招いて読み聞かせ教室を行いました。
 読み聞かせ教室は、読み聞かせを通して子どもと本との出会いを提供し、読書の楽しさやおもしろさを伝えるために毎年行っています。
 前半30分は乳幼児向けということで、「きんぎょがにげた」や「やさいのおなか」など探しながら楽しめる絵本を中心に読み聞かせしていただき、最後に参加していたお母さんに向けておすすめの絵本の紹介などしていただきました。
 後半30分では科学絵本の「バナナのはなし」、絵本から児童書へ移行する中間地点にあたる本として「はろるどとむらさきのくれよん」の読み聞かせをしていただきました。
 普段の読み聞かせ会とは違う雰囲気のなか、参加された皆さんは身をのり出しながら、松村先生の話に聞き入っていました。
沼田町仲間づくり「子ども会議」を開催しました [2016年03月28日(Mon)]
IMG_1061.jpg
▲話し合いのようす

 この日10:00からゆめっくるにて、沼田小学校児童会と沼田中学校生徒会を対象に沼田町仲間づくり「子ども会議」を開催しました。
 この会議は北海道教育委員会主催の「どさんこ☆子ども全道サミット」を受けて各市町村にて取り組んでいるもので、今回は「明るく楽しい学校づくり」をテーマに、いじめを防ぐためにできることについて話し合いが行われました。話し合いでは悪口・暴力・無視・仲間はずれなどがいじめになり、それらを防ぐために「周りの人が助ける」「気付いたときに先生に相談する」などの意見が出ました。
 その後、話し合いで出た意見やフレーズを元に、ポスターづくりも行われました。ポスターは小学校と中学校にそれぞれ掲示します。活発な話し合いをありがとうございました。

IMG_1082.jpg
▲クリックすると大きくなります
IMG_1081.jpg
▲クリックすると大きくなります
歩くスキーの集いが行われました [2016年03月27日(Sun)]
IMG_1797.jpg
▲春めいた気候の中、沼田の大自然を満喫
IMG_1830.jpg
▲酒販組合、建設業協会からホットミルクなどを提供いただきました

 この日、10:00からほろしん温泉や幌新ダム周辺の特設コースにおいて「沼田町明日萌の里・ほたるの里歩くスキーの集い」が開催され道内各地から約200名が参加されました。
 開会式では同実行委員会の吉住委員長が「好天の中での開催となりました。皆さんケガすることなく沼田の自然を楽しみ、ゴール後は温泉や料理を楽しんで欲しい。」と挨拶。今年は雪が多く降ったためコースコンディションは良好でした。参加者の皆さんは体力に合せ2km、7km、13kmの3コースに分かれ、晴天で春めいた気温の中、沼田の大自然を満喫されました。ゴール付近では酒販組合や建設業協会によりミネラルウォーターやホットミルクが振舞われ、大会後はほたる館で、美味しい料理と温泉も楽しんでいらっしゃいました。
沼田小学校 臨時職員を募集します [2016年03月24日(Thu)]
■募集人員  1名
■募集内容  学習支援員業務
■業務内容  児童に対する学習支援業務(授業補助)
■応募方法  市販の履歴書(写真添付)を教育委員会
      (ゆめっくる)へ提出してください。
■勤務場所  沼田小学校
■雇用待遇  
 ・雇用期間 平成28年4月7日〜平成28年9月末日
      (期間更新あり)
 ・勤務時間 8:00〜16:00
 ・勤務日数 月に20日程度
       (長期休業期間は勤務なし)
 ・賃  金 時給1,000円
 ・その他  社会保険、雇用保険加入あり
■選考方法  面接(日程は別に連絡します)
■締め切り  平成28年3月30日(水)まで必着
■お問合せ先 教育委員会  電話35−2132
引っ越し作業をしました [2016年03月23日(Wed)]
IMG_3546.jpg
 幼稚園の引っ越し作業をしました。
 4月1日からこれまで幼稚園で行ってきた幼児教育は、社会福祉法人沼田保育園が運営する「認定こども園」で4歳と5歳の複数年の教育として行われます。この日は、こども園の開設に向け、これまで幼稚園で使ってきたマットや滑り台などの遊具の引っ越し作業をしました。
 遊具を使ってお友達と仲良く遊んで下さいね。
卒業おめでとうございます [2016年03月19日(Sat)]
IMG_1724.jpg
▲元木校長から卒業証書を受け、先生方や保護者への感謝や中学での頑張りたいことなどが話されていました
IMG_1745.jpg
▲別れの集いでは在校生と共に「旅立ちの日に」などを合唱

 この日、10:00から小学校の第106回卒業証書授与式が体育館で行われました。今年の卒業生は男子8名女子11名の計19名、卒業生の累計は8,307名になります。卒業生は中学生々活で着る真新しい学生服やセーラー服に身を包み、多くの来賓や保護者が見守る中、厳かに入場しました。
 授与式では元木校長が一人ひとりに「卒業おめでとう」と声掛けしながら卒業証書を手渡しました。卒業証書を手にした子ども達はステージ上から先生方や保護者への感謝の気持ちや、中学生として「勉強や部活に頑張りたい。」と決意を話していました。
 元木校長からは「失敗を恐れずチャレンジし夢や目標に向かって頑張り、人への気遣いはやがて自分へ戻って来るものなので、人の気持ちが分かる人になって欲しい。友達を大切にし充実した中学生活を送るよう期待しています。」と式辞がありました。
 また、別れの集いの「呼びかけ」では在校生から学校生活や行事、児童会活動などでリーダーとして指導をしてくれたことへの感謝の気持ちが伝えられ、卒業生からも在校生への活躍を期待するメッセージが述べられ、在校生からは「この星に生まれて」、卒業生からは「大切なもの」、全員で「旅立ちの日に」を合唱しました。
卒園おめでとうございます [2016年03月18日(Fri)]
IMG_1700.jpg
▲本庄園長から卒園証書を受ける園児
IMG_1717.jpg
▲笑顔で「さよならぼくたちのようちえん」を歌いました

 この日、10:00から今年度が最後となる沼田幼稚園の第38回卒園式が、ホールにて行われました。今年の卒園児は男子5名女子8名の計13名。多くの来賓や園の各種行事に指導者として関わりを持っていただいた方々と保護者に見守られる中、園児は担任の先生から名前を呼ばれ元気に「ハイ」と返事をし、本庄園長から一人ひとりに卒園証書が手渡されました。
 式辞では本庄園長が「4月に入園した頃は挨拶も小さな声でしたが今は元気で大きな声になり、遊びも一人遊びから皆との遊びへと変わった。保護者や地域の方々の協力を得て子ども達も大きく成長できました。明るく元気で小学生活を送って欲しい。」とあいさつ。お別れの挨拶と歌の場面では、園児は笑顔で「さよならぼくたちのようちえん」を歌い、保護者の皆さんも我が子の成長を感じ目を細めていらっしゃいました。
 4月から認定こども園が開園しこれまでの幼稚園と保育園の機能が統合されるため2/27には閉園式を既に行っており、この卒園式が最後となります。開園した昭和53年から今年までの38年間に1,684人が卒園しました。「閉園記念誌」は図書館にございますので、ご覧下さい。
おとなの工作教室を開催しました [2016年03月15日(Tue)]
IMG_1005.jpg
▲真剣に作業されています

 この日18:00からゆめっくるにおいて、図書館主催の「おとなの工作教室」を開催しました。
 今回は「レプリカ作成教室」として、シリコンを使った母型(レプリカの型)づくりや樹脂を使ったレプリカづくりを体験していただきました。参加者の皆さんは沼田町化石館の篠原館長の指導のもと、途中質問もしながら、ていねいに作業をされていました。シリコンが固まるまでの待ち時間には既製のアンモナイトレプリカへの色塗り体験もしていただきましたが、童心に返って楽しんでいただけたようでした。

IMG_1007.jpg
▲オリジナルのものができました!

 図書館には工作や化石の本もたくさんありますので、是非図書館をご利用ください。また、図書検索システムもご利用ください。
タバコの害ってなんだろう? [2016年03月14日(Mon)]
IMG_1668.jpg
▲体のいろんな場所へのタバコの影響を勉強しました

 この日、小学5年生の5時間目に、旭川医大生によって組織されているMed-Edu(メデュ-エデュ)の10名による学校教育支援事業(特別授業)が行われました。
 この学校教育支援は、より児童生徒に年齢が近い大学生がその立場で「小中高生に健康教育を行うことで地域社会に貢献する」ことを目的として平成22年にはじめられ、沼田町では平成26年から対応いただいており、今年度は7/15に中学校でも行っていただきました。
 今回の授業テーマは「タバコの害ってなんだろう?」で、電子黒板や肺の模型など使いながらとてもわかりやすい授業をして下さいました。授業の中で、タバコを一日1箱吸うことで20年間ではタバコ代が288万円にもなってしまうことのほか、脳は「依存」、気管は狭くなってしまう「COPD」になったり、手足の血管が細くなり血液循環悪くなる「バージャー病」になり、ひどい場合は壊死により切断しなければならない場合があるなど様々な恐ろしい病気について学びました。

 また、これからの宿題として「将来自分たちがタバコを吸うことになったときは、今日の授業のことを思い出して欲しい」と子ども達に伝えて下さいました。
 Med-Eduの皆さん、お忙しい中ありがとうございました。
卒業おめでとうございます [2016年03月12日(Sat)]
IMG_1606.jpg
▲小川校長から一人ひとりに卒業証書が授与されました
IMG_1632.jpg
▲「門出の集い」では合唱が行われました

 この日、9:30から中学校の第48回卒業証書授与式が同校体育館で行われました。今年の卒業生は男子11名女子17名の計28名。松山空知教育局長をはじめ多くの来賓や保護者に見守られる中、卒業生は小川校長から一人ひとり卒業証書を受けました。校長からは「君達一人ひとりが人生の主人公。大きな夢を持って日々努力し、大空に羽ばたいて行くことを心から祈っています。」と式辞が述べられました。

 式の中では生徒会による「門出の集い」もあり、在校生を代表し2年の塩田君から「先輩たちは夜高あんどん祭で全校が一つになるアトラクションを考え、私達を引っ張って行ってくれました。皆さんを見習い伝統を守り努力して行きます。」と感謝の言葉を伝え、卒業生の久保さんからも「振り返ると3年は一瞬でした。たとえ辛い事があったとしても、それも大切な思い出できっと人生にいきるもの。目標を持って力強く邁進して行きたい。」と門出にあたっての言葉を述べました。また、集いでは在校生が「With You Smile」、卒業生が「ハナミズキ」、そして合同で「旅立ちの日に」を合唱し爽やかな歌声が会場に響きました。

 卒業生の皆さんが、夢に向かって大きく羽ばたいて行くことを願っています。
| 次へ