CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

沼田町教育委員会

沼田町教育委員会の「希望に満ちた豊かな学びのブログ」です。沼田町での教育行政の取り組みはもとより、地域で活動している方々の情報発信を行っています。
なお、本ブログに掲載している情報はオープンデータではありませんので、ご注意願います。


まちなかニャンコ展 開催中です! [2019年03月06日(Wed)]
 現在、暮らしの安心センターにて、沼田町に住んでいるネコの写真を集めた”まちなかニャンコ展”を開催しています。
 癒されるネコの写真がたくさん集まっていますので、この機会にぜひご覧になってください。


thumbnail_IMG_7306.jpg



こども工作教室を開催しました [2019年02月16日(Sat)]
2月16日、こども工作教室を開催しました。
今月の工作は『ラッキーチャームつきストラップづくり』です。

選んだガラスビーズを針金に通すだけと簡単な作業でしたが、参加者はデザインなどを考えてじっくりと取り組んでいました。
ストラップが完成したら、自分のお気に入りのチャームを選んでストラップにつければ完成です。
すごく簡単な工作でしたが、きらきらしたストラップにかわいらしいチャームが揺れて、参加者は満足そうでした。

工作1.jpg

工作3.jpg


工作終了後に、ハントホールにひな人形を設置する作業を手伝ってもらいました。
お内裏様やお雛様を出して、杓や扇などの小物を持たせて、火鉢や菱餅などの道具を置いてと、みんなで協力しながら飾りました。
ひな人形はハントホールにて3月4日まで飾っています。
ゆめっくるに来館した際は、ぜひご覧になってください。

ひなまつり2.jpg
2/2から『ネコの写真展』を開催しています [2019年02月02日(Sat)]
 2月2日(土)から25日(月)まで、ゆめっくる・図書館にて”ネコの写真展”を開催しています。

 ゆめっくるのハントホールでは、河出書房新社から出版されている『煉と虎徹』・『カンパチ船長』・『モルとムギ』・『北に生きる猫』の4冊の写真集のパネルを展示しています。図書館の中では、町民の方から提供いただいたネコの写真の展示を行っております。
 パネル展・町内の方からの写真あわせて約200点もの数が集まっています。
 町内の方から提供いただいたネコの写真については3月に暮らしの安心センターでも展示予定ですが、写真集のパネル展についてはゆめっくるのみでの展示となっております。
 図書館では猫について載っている本も展示中です。図書館の本は貸し出し可能ですので、手に取っていただければと思います。

 2月にある猫の日(2/22)にちなんだ特別展ですので、ゆめっくるや図書館に来館された際はぜひご覧になってください。

ねこ5.jpg
▲パネル展だけでも100点くらいの写真があります

ねこ2.jpg
▲町内の方から提供いただいたネコの写真はすべて図書館の中にあります
 かわいらしいネコが大集合しています!

デザインコンクール・ポスターコンクールの作品を展示しています [2019年01月09日(Wed)]
 図書館では、その年のテーマに沿ってデザインするデザインコンクールと自分の好きな本を紹介するポスターコンクールを毎年募集し展示しています。今年度のデザインコンクールのテーマは、”スマホケースのデザイン”と”オリジナルの恐竜のデザイン”です。
 今年度も、こども園・小学校に協力いただき、たくさんの作品が集まりました。
 コンクールに参加してくださった園児・児童のみなさん、ありがとうございました。

 現在、コンクールの作品は「暮らしの安心センター」にて展示しています。1月29日(火)まで展示しておりますので「暮らしの安心センター」に来館された際は、ぜひ作品をご覧ください。

コンクール2.jpg


コンクール1.jpg
▲「暮らしの安心センター」にて展示中のコンクールの作品です。
1日司書体験を行いました [2018年09月04日(Tue)]
今年も、夏休み中に小中学生対象の図書館1日司書体験を行いました。
今年は夏休み期間中、延べ6名の参加がありました。

司書1.jpg

司書2.jpg

司書5.jpg

司書体験では、普段 図書館司書がやっている仕事の一部を体験できます。また、普段は入れない閉架書庫の中や返却ボックスがある場所など裏側を見ることができます。

今回参加した児童には、本の貸出・返却作業、本を棚に戻す作業、移動図書の本を選ぶ作業など様々なことを体験してもらいました。
毎年人気なのは、本の貸出作業(バーコードをピッとするのが楽しいそうです)でしたが、今年は移動図書の本を選ぶ作業が楽しかったという児童が多かったです。もしかしたら、自分の学年のところに運ばれる本を選んだのが印象に残ったのでしょうか…。
今回、司書体験で児童が選んだ本は、夏休みが明けてから小学校の移動図書として各学年へ運びました。自分が選んだ本が入っているので楽しんでいただけたらと思います。

1日司書体験は来年の夏にまた行いますので、夏休みの思い出作りにぜひ体験してみてください。
学童児童による介護施設の読み聞かせを行いました [2018年08月07日(Tue)]
まだまだ夏休みということで、今月は和風園で学童児童による読み聞かせを行いました。
今回の読み聞かせに参加してくれた学童児童は3名です。

IMG_4387.jpg
▲今回最年少の児童は「ぐるぐるジュース」を元気いっぱい読みました

IMG_4388.jpg
▲参加した高学年は少し長めのおはなし「あるひ、いつものがくどうで」を読みました

IMG_4391.jpg
▲最後は季節の絵本で「へいわってすてきだね」を読みました

どの絵本も大きさは小さめなので、今回の読み聞かせにあたり拡大したものを図書館ボランティアが見せて、学童児童は朗読するようなスタイルで行いました。

IMG_4392.jpg

読み聞かせのあとは、利用者と一緒に歌を歌いました。
今月は”虫の声”・”たなばたさま”・”どんぐりころころ”を、図書館ボランティアが演奏するハーモニカにあわせて歌いました。

子どもが本を読む姿に参加した利用者はとても笑顔で、歌の時も一緒に歌おうと児童が座る場所を作ってくださったりと、和やかな雰囲気で読み聞かせをすることができました。
たくさんの人の前で読むのは少し緊張したようですが、3名とも「読み聞かせができてとても楽しかった」「またやってみたい」と話していました。

今回の読み聞かせ企画を受け入れてくださった和風園の方々、読み聞かせに参加してくれた学童児童のみなさん、本当にありがとうございました。


子ども人形劇を開催しました [2018年08月03日(Fri)]
この日、ゆめっくるにて子ども人形劇を開催しました。
人形劇を公演してくださったのは、岩見沢市の人形劇団こぶしっこのみなさんです。

まず、最初にボードビル“おどるケムケム”です。子どもたちに馴染みのある曲で、毛虫のぬいぐるみが踊る楽しい演目です。毛虫がおどる様子が面白く、参加した児童は大きな声で笑っていました。

人形劇4.jpg

次にマジックパネルシアター“やさい、くだもの、だーいすき!”では、劇団の方が児童が選んだパネルを当てる演目です。
見ていないのに答えを当ててしまう劇団の方に、参加した児童は何度も驚いていました。

人形劇9.jpg

最後に人形劇“オモチャになりたかったねずみ”です。
この作品は「アレクサンダとぜんまいねずみ(原作:レオ=レオニ)」を人形劇団こぶしっこが作品化したもので、何度見ても感動する人形劇です。

人形劇17.jpg

人形劇の公演が終了してから、人形を触る時間も設けていただきました。
1時間という短い時間でしたが、参加した児童は楽しい時間を過ごすことができました。人形劇を公演してくださった人形劇団こぶしっこのみなさん、ありがとうございました!

今回公演された人形劇“オモチャになりたかったねずみ”の原作「アレクサンダとぜんまいねずみ」は図書館に置いています。「アレクサンダとぜんまいねずみ」以外のレオ=レオニの作品もありますので、図書館に来館した際はぜひ手にとって見てみてください。

「全国訪問おはなし隊」が来町しました [2018年08月02日(Thu)]
この日、「全国訪問おはなし隊」が来町しキャラバンカーの見学とおはなし会を行いました。
「全国訪問おはなし隊」とは、講談社が行っている読み聞かせの全国キャラバンです。

おはなし隊10.jpg

キャラバンカーに入る前に注意事項を聞いて、たくさんの本があるキャラバンカーの中から気になる本を選んで読書の時間です。読むだけでなく遊べるような絵本や、図書館にない本など、それぞれがお気に入りの1冊を見つけて楽しい時間を過ごせました。

キャラバンカーの見学の次は、ゆめっくるの中に入っておはなし会です。
「全国訪問おはなし隊」の隊長、図書館ボランティアが大型絵本や紙芝居などとっても面白い絵本の読み聞かせを行いました。

おはなし隊17.jpg

おはなし隊27.jpg

おはなし会の終了後、参加した子どもたちに講談社からシールや冊子等のプレゼントもあり、キャラバンカーの見学・おはなし会ともに盛り上がりました。

図書館では、今後もたくさんの本に触れる機会をつくっていきます。
図書館行事は図書館だよりなどでお知らせします。図書館で現在行っている『本を読もうよキャンペーン』のポイントがつく行事もありますので、ぜひ図書館の行事にご参加ください。
学童児童による介護施設読み聞かせを行いました [2018年07月26日(Thu)]
図書館では毎月、図書館ボランティアのみなさんと介護施設に訪問し読み聞かせを行っています。
今月はちょうど夏休みが始まるということで、読み聞かせに興味のある学童児童に手伝ってもらうことになりました。

今月、学童児童による読み聞かせを行ったのは、グループホームなごみです。
まず図書館ボランティアによる読み聞かせを行ってから、学童児童の読み聞かせを行いました。

な7262.jpg

な7263.jpg

学童児童は朗読のようなスタイルで本を読み、図書館ボランティアが児童が読んでいる本を利用者に見せるという手法で行いました。聞いていた利用者は、読み聞かせが終わると絵本を読んだ児童に向けて大きな拍手をおくっていました。
最後に、図書館ボランティアによるハーモニカの生演奏で利用者とともに童謡を歌いました。

な7265.jpg

歌が終わってから挨拶をすると、利用者から「また来てね!」という声もあがりました。
今回参加した児童からは「緊張したけれど楽しかった」という感想を聞きました。介護施設の読み聞かせに参加してもらうということは初めての試みでしたが、また冬休みにも行えたらというような話を学童の指導員としております。

読み聞かせに参加してくれた学童児童の方々、受け入れを許可してくださった施設の職員・利用者の方々、本当にありがとうございました。
7月のこども工作教室を開催しました [2018年07月21日(Sat)]
7月のこども工作教室は”電子レンジでおいしい実験”を行いました。
「小学生の電子レンジのおやつマジック(学研、監修:村上祥子)」の中から4つのおいしい実験を選び、まずは材料を電子レンジにかけることでどうなるのか予想し、実際に実験してみました。

1つ目は、ゼラチンと炭酸ジュースの組み合わせ。
炭酸ジュースをよくかきまぜるとどうなるのか、というところがポイントです。

2つ目は、マシュマロと牛乳の組み合わせ。
マシュマロの性質がポイントです。

3つ目は、ホットケーキミックスとオレンジジュースの組み合わせ。
ホットケーキミックスに入っているベーキングパウダーがポイントです。

4つ目は、スーパーなどで売っているコーヒーゼリー。
コーヒーゼリーが何で固まっているのかがポイントです。

IMG_4167.jpg

IMG_4166.jpg

実際に作ってみて予想したとおりになっているのか、作り終わってから試食もしました。
コーヒーゼリーは苦手と言っていた児童は、とろとろにとけたコーヒーゼリーにバニラアイスを混ぜると食べやすくておいしいと話していました。


これから夏休みがやってくるので、今月の工作のようにおいしい実験というのもいいのではないでしょうか。
図書館には、自由研究にぴったりの本がたくさん揃っていますので、図書館に来館した際はぜひ手に取ってみてほしいと思います。

| 次へ