CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

沼田町教育委員会

沼田町教育委員会の「希望に満ちた豊かな学びのブログ」です。沼田町での教育行政の取り組みはもとより、地域で活動している方々の情報発信を行っています。
なお、本ブログに掲載している情報はオープンデータではありませんので、ご注意願います。


世界へ羽ばたけ沼田っ子 姉妹都市「ポートハーディ」との国際交流 [2018年11月05日(Mon)]
10月22日から10月30日までの9日間、平成6年に沼田町と姉妹都市提携したカナダ・ポートハーディで、団長の米倉中学校長、中学生訪問団員9名と通訳・引率・事務局各1名の13名が国際交流をして参りました。
22日の出発式では、駆けつけてくださった関係団体の方々やご家族を代表して、金平町長や西尾ポートハーディ交流協会代表幹事から激励の挨拶があり、訪問団長の米倉中学校長より「このような機会をいただき感謝しております。責任感を持って生徒たちと一緒に楽しんできます。」と挨拶をされました。
出発式の後、訪問団は新千歳空港、羽田国際空港を経由し、カナダに到着。入国審査では入国審査管理官の生の英語と独特な威圧的態度に対しても、団員はあらかじめALTのデイビット先生より練習していた英語で、ひるむことなく堂々たる態度で入国審査をパスしました。
 翌23日には、小型飛行機でポートハーディに到着し、ホストファミリーと対面、ポートハーディでの交流が本格的に始まりました。
 今回の交流では、ホストファミリーとの交流のほか、ポートハーディにある4つの学校を訪問しました。その中でもワグラス学校(先住民小学校)では、「ゆめっくる」のトーテムポール作成者の「カルバン・ハント氏」と一緒に地元の伝統ある踊りと「夜高あんどん跳ね踊り」を一緒に踊るなどして交流を深めました。
 また、カルバンハント氏のギャラリー、スケート場、町役場、新しい警察署、シャケ養殖加工処理場、クワッツイーシャケ孵卵場、スモークサーモン製造工場、消防署の見学の他、温水プール、グラスルーツガーデン散歩、かぼちゃランタン作り、ゲーム場でのボーリング大会など120%充実した日々を過ごしました。
ポートハーディを去る前日、ポートハーディの姉妹都市委員会が送別会を開いて下さり、その場で団員一人一人が交流中の思い出や感謝の気持ちを英語でスピーチしました。が、うち数名は感極まり声が出ず、涙・涙の送別会でした。
 この交流を通して、団員達は言葉や食べ物だけではなく、さまざまな場面で日本との違いを肌で感じ、素晴らしい経験をすることが出来ました。このことに感謝し、将来に役立てて行くことと思います。
そして将来、沼田っ子が国際社会において活躍することを期待しています。
 今後、交流の様子や団員一人一人の感想などを発表する報告会を設ける予定です。ご案内の際には、多くの町民の皆さまにお越し頂ければと考えております。

1.出発式 期待を胸に記念撮影.jpg
▲出発式
2.カルバンハント氏と.jpg
▲カルバンハント氏と
3.跳ね踊り1.jpg
3.跳ね踊り2.jpg
▲跳ね踊り
4.素晴らしい秋晴れの下で.jpg
▲素晴らしい秋晴れの下で
5.衣装チェンジ.jpg
▲衣装チェンジ
6.涙の送別会1.jpg
6.涙の送別会2.jpg
▲涙の送別会