CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

沼田町教育委員会

沼田町教育委員会の「希望に満ちた豊かな学びのブログ」です。沼田町での教育行政の取り組みはもとより、地域で活動している方々の情報発信を行っています。


世界へ羽ばたけ沼田っ子 姉妹都市「ポートハーディ」との国際交流 [2018年11月05日(Mon)]
10月22日から10月30日までの9日間、平成6年に沼田町と姉妹都市提携したカナダ・ポートハーディで、団長の米倉中学校長、中学生訪問団員9名と通訳・引率・事務局各1名の13名が国際交流をして参りました。
22日の出発式では、駆けつけてくださった関係団体の方々やご家族を代表して、金平町長や西尾ポートハーディ交流協会代表幹事から激励の挨拶があり、訪問団長の米倉中学校長より「このような機会をいただき感謝しております。責任感を持って生徒たちと一緒に楽しんできます。」と挨拶をされました。
出発式の後、訪問団は新千歳空港、羽田国際空港を経由し、カナダに到着。入国審査では入国審査管理官の生の英語と独特な威圧的態度に対しても、団員はあらかじめALTのデイビット先生より練習していた英語で、ひるむことなく堂々たる態度で入国審査をパスしました。
 翌23日には、小型飛行機でポートハーディに到着し、ホストファミリーと対面、ポートハーディでの交流が本格的に始まりました。
 今回の交流では、ホストファミリーとの交流のほか、ポートハーディにある4つの学校を訪問しました。その中でもワグラス学校(先住民小学校)では、「ゆめっくる」のトーテムポール作成者の「カルバン・ハント氏」と一緒に地元の伝統ある踊りと「夜高あんどん跳ね踊り」を一緒に踊るなどして交流を深めました。
 また、カルバンハント氏のギャラリー、スケート場、町役場、新しい警察署、シャケ養殖加工処理場、クワッツイーシャケ孵卵場、スモークサーモン製造工場、消防署の見学の他、温水プール、グラスルーツガーデン散歩、かぼちゃランタン作り、ゲーム場でのボーリング大会など120%充実した日々を過ごしました。
ポートハーディを去る前日、ポートハーディの姉妹都市委員会が送別会を開いて下さり、その場で団員一人一人が交流中の思い出や感謝の気持ちを英語でスピーチしました。が、うち数名は感極まり声が出ず、涙・涙の送別会でした。
 この交流を通して、団員達は言葉や食べ物だけではなく、さまざまな場面で日本との違いを肌で感じ、素晴らしい経験をすることが出来ました。このことに感謝し、将来に役立てて行くことと思います。
そして将来、沼田っ子が国際社会において活躍することを期待しています。
 今後、交流の様子や団員一人一人の感想などを発表する報告会を設ける予定です。ご案内の際には、多くの町民の皆さまにお越し頂ければと考えております。

1.出発式 期待を胸に記念撮影.jpg
▲出発式
2.カルバンハント氏と.jpg
▲カルバンハント氏と
3.跳ね踊り1.jpg
3.跳ね踊り2.jpg
▲跳ね踊り
4.素晴らしい秋晴れの下で.jpg
▲素晴らしい秋晴れの下で
5.衣装チェンジ.jpg
▲衣装チェンジ
6.涙の送別会1.jpg
6.涙の送別会2.jpg
▲涙の送別会
ヌマタネズミイルカ化石が道の天然記念物に指定! [2018年10月29日(Mon)]
 ヌマタネズミイルカ化石が道の天然記念物に指定されました。化石の道の天然記念物指定はこれを含めても3例しかありません。
 ヌマタネズミイルカ化石は、1985年に幌新太刀別川で課外授業をしていた、故山下茂教諭によって発見され、今日まで町民に愛されてきました。

C3BDE1DA-91C3-412A-99F6-C60DBDBD3AF9.jpg


道天然記念物指定を受けた3つの理由!

1.全身がほぼ完全な状態で発掘された!
2.日本初のネズミイルカ科の新属・新種の化石!
3.町おこしに活用され地元に愛されている!

 ヌマタネズミイルカ化石が発見されているのは、現在世界中で沼田のみです。また、沼田にはまだ見ぬたくさんの新発見が眠っている可能性があります。みなさんも、来年度化石採集会に参加し大発見に挑戦してみませんか?
 ヌマタネズミイルカ化石の復元骨格は化石体験館にて展示中です。また、11月4日(日)の化石体験館冬期閉館後は、ほろしん温泉ほたる館・ゆめっくる内などで特別展示します。お楽しみに!

沼田町化石館ホームページhttp://numata-kaseki.sakura.ne.jp/

【道指定文化財】本願寺駅逓見学ツアーを行いました [2018年10月26日(Fri)]
 10月20日(土)に本願寺駅逓見学ツアーを行いました。本願寺駅逓は、沼田の開拓が始まったのと同じ明治27年(1894年)に建てられました。

 駅逓とは、現代で言うところの「旅館・駅・郵便局」の役目を果たした施設で、全盛期には道内247ヶ所にありましたが、現存する駅逓は、8ヶ所のみとなっています。沼田の本願寺駅逓は旧態を残す貴重な建物で、昭和46年(1971年)には北海道の指定文化財となっています。

駅逓.jpg
▲本願寺駅逓全景

DBBCFD68-5CEC-4801-A62E-93A9D9E9D394.jpg
▲参加した子ども達も古い建物に興味津々

B0F8EA0A-3E07-46AA-BD6A-EC65E865CDD6.jpg
▲町指定文化財「本願寺越中獅子舞」も特別公開されました

●道指定文化財「本願寺駅逓」●
住 所:北海道雨竜郡沼田町字北竜第1
開 館:月〜金(土・日・祝日・冬季 休館) 9〜17時
見学をご希望の際は沼田町教育委員会 0164-35-2132 までご連絡ください。
ポートハーディ訪問団が出発しました [2018年10月22日(Mon)]
 この日11時に、ポートハーディ訪問団が沼田町を出発しました。今回の訪問は団員9名と通訳随行4名の計13名で、期間は10月22日から30日までの7泊9日です。

IMG_1842.jpg

IMG_1866.jpg

 出発式では関係団体の代表者や家族が集まる中、金平町長・西尾交流協会代表幹事から激励のあいさつがありました。訪問団長の米倉校長からは「このような機会をいただき感謝しております。責任感を持って、生徒たちと一緒に楽しんできます」とあいさつがありました。
 この後訪問団は町のバスに乗って新千歳空港へ向かいました。
安心センターで「英語で話そう」を実施しました [2018年10月15日(Mon)]
 10月5日と10月10日の2回、18:00〜20:00の時間で、暮らしの安心センターにおいて「英語で話そう」を実施しました。
 この事業は、町民に英語に親しんでもらうことを目的に実施しており、町内在住のALT(外国語指導助手)のDavid先生にご協力いただいております。
 今回は、この10月にカナダのポートハーディへ派遣される中学生を中心に、2日間で11名の方が参加しました。カフェの飲み物を飲みながら、リラックスした雰囲気で英会話の練習をすることができました。

IMG_6459.jpg

IMG_6464.jpg

 参加者は「少しずつ英単語が聞き取れるようになってきた。参加して良かった」と話していました。
町民芸術祭「作品展示会」が始まりました [2018年10月15日(Mon)]
 平成30年度の町民芸術祭「作品展示会」が、ゆめっくると安心センターで始まりました。
 ゆめっくるでは、短歌、七宝焼き、絵手紙、写真、習字、子育て支援センターの計6団体、安心センターではデイサービスセンターの作品が展示されております。

IMG_6502.jpg

IMG_6503.jpg

 11月3日(土)まで展示しておりますので、お友達やご家族を連れてゆめっくる・安心センターへお越しください。
 また、11月1日(木)からは町民会館会場も作品展示会が始まりますので、そちらもお楽しみに!
本日(10月10日)のジョギング教室はお休みします。 [2018年10月10日(Wed)]
毎月第2・第4水曜日に実施している「ジョギング教室」(ぬまたアスリートクラブ主催)ですが、本日(10月11日)は諸事情によりお休みとなります。  
次回は10月17日(水)18:30〜の予定です。  
また、日没時間が早くなってきたことや気温が低下してきたことからこの日を今年度の最後のジョギング教室となります。
「ジョギング教室」に関するお問合せは、教育委員会(0164-35-2132)までご連絡ください。

いきいき大学「絵本作家による読み聞かせ会」が終了しました [2018年10月09日(Tue)]
IMG_6474.jpg

 この日10時からゆめっくるにて、いきいき大学を開催しました。
 今回は図書館事業「絵本作家講演会」とコラボし、午前中は絵本作家・宮西達也さんによる絵本の読み聞かせ会を行いました。いきいき大学生のほか、こども園の園児や小学校の児童など、100名近い方が講演会に参加しました。老若男女みなさんが、宮西さんの軽妙な語り口やそのキャラクターで絵本の世界に誘われ、楽しい時間を過ごすことができました。
 午後からはフロアカーリングの練習試合を行い、白熱しているようでした。

P1040645.jpg

 次回、12月のいきいき大学は、今年度の最終回「閉講式」を予定しております。
明日10/7の「明日萌・ほたるの里ウォーキング」は中止とさせていただきます [2018年10月06日(Sat)]
 明日10月7日に開催を予定しておりました「明日萌・ほたるの里ウォーキング」は、この度の台風の接近に伴い、悪天候が予想されるため、中止とさせていただきます。
沼田学園教育振興事業講演会「思うは招く」 [2018年09月26日(Wed)]
9月21日(金)13時20分から植松電気社長・植松 努氏による講演会「思いは招く」が中学校で行われました!
植松さんは自らの経験をもとに夢を持つ大切さ、そして本当の夢とは何なのか、「楽・安定・お金」では決してないということをお話しされました。
小学5・6年生、中学生、教職員、一般の約140名が植松さんのお話に聞き入り、質疑応答では小・中学生が積極的に手をあげて質問していました。
お礼に小学校6年生の堀田さんと高橋さんが花束を贈呈し、最後に生徒会長の高橋さんが感謝の言葉を述べました。
講演会終了後にサプライズで中学校のグラウンドで実際に紙でできたロケットを打ち上げ、子ども達の歓声が上がりました。

町民の方のアンケートから
「お話がとても素適でした。今日は聞けた小・中学生は幸せですね。」という感想を寄せられ、素晴らしい講演会になりました。

P1060391.jpg
▲講演が始まりました。
P1060402.jpg
▲質疑応答の様子。
P1060408.jpg
▲お礼の花束を渡している様子。
P1060420.jpg
▲外で実際にロケットを打ち上げました!
| 次へ