CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
悪徳商法事例集(161)遺品整理 [2019年02月28日(Thu)]
悪徳商法事例集(161)遺品整理

独立行政法人国民生活センターから見守り新鮮情報が届きました.
遺族にとって頭の痛い問題が遺品の整理です。私も、生きているうちに断捨離をしたいのですが、ずるずると実施を延ばしているのが実情です。死ねば捨てられると分かっていても、なかなか自分からは捨てられません。最近は、遺族が遺品整理サービスを利用することが多いようです。しかし、業者を選ぶのに十分気を付けようという注意喚起の事例です。
______
遺品整理サービス 契約内容をよく確認
_____
兄が亡くなったため、スマートフォンで検索して見つけた遺品整理事業者に来てもらい、見積もりを出してもらうことにした。事業者から、「今日決めてもらったら安くなる」、「早く決めれば早く始められる」などと言われたので、その場で約32万円の契約をして、手持ちの2万5千円を支払った。「週明けから準備を始める」と言っていたのに、その後、なかなか作業を始めてくれない。(60歳代 女性)
ihin.JPG

============
<ひとこと助言>
☆遺品整理サービスに関する料金や作業内容は事業者により様々です。必ず複数の事業者から見積もりを取り、料金や契約内容を比較しましょう。

☆「今なら安くなる」などとせかされても、その場ですぐに契約してはいけません。家族や周囲の人に相談することも大切です。

☆契約する際には、改めて作業日、作業内容、追加料金やキャンセル料等を含む料金について確認しましょう。

☆残しておきたいものまで処分されてしまうケースもあります。残しておくものと処分するものを明確に分けておきましょう。

☆困ったときは、お早めにお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談く
 ださい(消費者ホットライン188)。
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
岩槻市の雛めぐり(1) [2019年02月27日(Wed)]
岩槻市の雛めぐり(1)

2月に入り各地雛祭りの様子がテレビで報じられていますが、人形の町岩槻については、NHKから同市愛宕神社の模様が放映されました。
岩槻市は人形の生産量・生産額ともに日本一の文字通り人形の町ですが、一体どうして人形の町になったのでしょうか?
岩槻は室町時代に城が創られ、以後、戦国時代江戸時代を通じ明治維新に至るまで400年もの間城下町でした。

新版風土記によると元禄10年(1697)京都堀川の仏師恵信が岩槻で病に冒され、藩医小笠原長重の治療で回復して岩槻に留まりましたが、恵信はこの地で産出される桐粉にしょうふ糊を混ぜて練り固め人形の頭を創りました。所謂桐塑頭の技法と称される技で、これが契機となって人形作りが普及していったということですが、これより50年ほど遡る寛永年間(1634〜1647)三代将軍徳川家光が日光東照宮造営のため全国から工匠を集めました。これらの工匠は日光御成街道の城下町岩槻に滞在し、そのまま永住した者が居て、それらの工匠たちも人形作りに寄与してその後発展を齎したと思われます。

今年の岩槻雛祭りは2月23日〜3月10日の毎土曜日曜“人形のまち岩槻 まちかど雛めぐり”と称して主催雛めぐり実行委員会、共催岩槻人形協同組合により開催されました。
アクセスは簡単でJR大宮駅から東武野田線(通称アーバンパークライン)で約10分、5番目の岩槻駅下車です。
私は午前10時に家を出て11時45分に到着しました。
何事も無計画な私は事前準備もなしに“行けばなんとかなる”といった調子で岩槻に行ったのですが、江戸期5万5千石の城下町は江戸防備の要として譜代大名が藩主として治めていた歴史から町全体が文化財に満たされてると感じました。
粗い取材で申し訳ありませんが岩槻の雰囲気を少しでも感じていただけたら幸いです。


1_2240001.jpg



2_2240002.jpg



3_2240003.jpg


お昼の腹ごしらえの前に、岩槻駅近くの人形の老舗廣栄に立ち寄ってみました。

4_2240007.jpg



5_2240011.jpg



6_2240010.jpg



7_2240009.jpg



8_2240018.jpg



9_2240014.jpg



10_2240015.jpg



続く




文責 荒川





Posted by wild river at 09:00
南九州の旅(13) [2019年02月26日(Tue)]
南九州の旅(13)

釜蓋神社


釜蓋神社の正式名称は “射盾兵主神社イタテツワモノヌシジンジャ” だそうです。
三寿めぐりの一つです。

26_2020255.jpg



27_2020256.jpg



28_2020257.jpg



29_2020258.jpg



30_2020259.jpg



31_2020262.jpg



32_2020263.jpg



33_2020267.jpg



34_2020269.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
南九州の旅(12) [2019年02月25日(Mon)]
南九州の旅(12)

番所鼻自然公園-2


18_2020239.jpg



19_2020240.jpg



20_2020242.jpg



21_2020232.jpg



22_2020243.jpg



23_2020247.jpg



24_2020249.jpg



25_2020252.jpg



続く
 

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
南九州の旅(11) [2019年02月24日(Sun)]
南九州の旅(11)

番所鼻自然公園-1

番所鼻はバンショバナともいうしバンドコロバナともいい、地元では後者が多いようです。
江戸時代ここに番所があったからだといい、伊能忠敬も訪れて海岸の風景を絶賛したと言われます。海岸では夫婦仲が良いという“竜のおとしご”の珍しい養殖も行われています。
南九州三寿巡りの一つです。



10_2020225.jpg



11_2020226.jpg



12_2020227.jpg



13_2020229.jpg



14_2020233.jpg




15_2020251.jpg



16_2020234.jpg



17_2020235.jpg


続く



文責 荒川

Posted by wild river at 09:00
南九州の旅(10) [2019年02月23日(Sat)]
南九州の旅(10)

JR西大山駅

朝8時ジャストフェニックスホテルを出ました。今日はJR日本最南端の駅西大山に行きます。
枕崎〜指宿線は気動車の運行が少なく8時31分の西大山駅到着に間に合わせるためです。

1_2020204.jpg



2_2020210.jpg



3_2020211.jpg



4_2020212.jpg



5_2020214.jpg



6_2020215.jpg



7_2020218.jpg



8_2020220.jpg



9_2020222.jpg


続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
南九州の旅(9) [2019年02月22日(Fri)]
南九州の旅(9)

維新ふるさと館と屋久杉民芸品

薩摩金山蔵から指宿フェニックスホテルに向かう途中。鹿児島市の“維新ふるさと館と226号国道傍の“屋久杉民芸品”の工場に寄って見学しました。


52_2010180.jpg



53_2010181.jpg



54_2010183.jpg



55_2010184.jpg



56_2010185.jpg



57_2010187.jpg



58_2010195.jpg



59_2010196.jpg



60_2010199.jpg


続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
南九州の旅(8) [2019年02月21日(Thu)]
南九州の旅(8)

薩摩金山蔵-2


41_2010140.jpg



42_2010142.jpg



43_2010143.jpg



44_2010144.jpg



45_2010146.jpg



46_2010152.jpg



47_2010157.jpg



48_2010158.jpg



49_2010162.jpg



50_2010172.jpg



51_2010175.jpg



続く




文責 荒川





Posted by wild river at 09:00
今月の俳句(平成31年2月) [2019年02月20日(Wed)]
今月の俳句(平成三十一年二月)

  兼題は、「節分」「豆撒き」です。節分は冬の季語ですが、翌日の「立春」「寒開け」は春の季語となります。
今月の一句の選と評は、小野洋子さんです。

「大空へ高く広がる年の豆」
  木原 義江

26_2030058.jpg
荒川健三さんのブログから

年の豆とは節分に撒く豆のことで福豆・鬼の豆・鬼打豆・年取豆ともいい冬の季語です。高幡不動尊の節分会の景。毎年有名人の年男・年女を招き、華やかに豆撒きが行われます。高欄より大声で「福は内」と叫びながら空へ向け豆が投げられます。豆は塊となって空中へ舞い上がりやがて扇形に広がり放物線を描きながら善男善女に降り注ぎます。豆を受け止めようと人々は両手をあげ、ある者はエプロンを広げ、帽子をひっくり返して豆を得ようと懸命です。涙ぐましい努力にもかかわらず福豆を掴むのは至難の業であることは経験した人はご承知のことと存じます。善男善女の必死さが何だかちょっと滑稽でもありますね。

豆撒き日門前町の長き列」
  宮ア 和子

28_2030061.jpg
荒川健三さんのブログから

この句も高幡不動尊の節分会の景。行かれた方は人出の多さに驚かれたことでしょう。山門から駅まで何列もの人の列がびっしりと続きます。勿論有名人を一目みようという目的の方もいらっしゃるかとも思いますが、厳しい寒さももう少しの辛抱で春はもうすぐという喜びと、厄を祓い福を掴みたいという純朴な気持ちが人混みも厭わず人を誘うのでしょう。美しく着飾ったゲストの撒く福豆を得るのは大変難しく一粒でも掴み得た人の喜びは大きいものでしょう。ちなみに高幡不動尊ではお不動様に遠慮して「鬼は外」は言わないそうです。

「山鳩は逃げるを知らず冬山路」
  湯澤 誠章

gallery-kijibato-main@2x.jpg

山鳩とは山に棲む野生の鳩のことで、青鳩(夏の季語)や雉鳩のこと。この句の山鳩は人に危険を感じないほど人馴れしているのか、はたまた人に出会ったことがないのか、人影が近づいても逃げようともしない山鳩に出合った冬の山路。山路には落葉が降り積もっていたかもしれないし、冬日差しが差していたかもしれません。寒さに弱っているのか、空腹で動けないのか、冬落葉に蹲まり暖かくて動きたくないのか、などと想像を掻き立てられます。冬山路の季語が効いています。

「立ち話の長き農婦や頬被り」
  渡辺 功

noufu.JPG

頬被り(ほおかむり・冬の季語)とは寒い冬の日、外で働く人や夜道を行く人が北風を防ぐ為に頭から両頬へかけて手拭いなどで包むことですが、最近はあまり見かけなくなりました。農村ではまだ日常見かけられるのかもしれません。この句は農村の景。農作業の合間か、作業終了後のほっとしたひとときでしょうか。ご近所さんと話し込んでいる中年女性達の姿が浮かびます。頬被りの季語から寒い日だとわかります。その寒風の中でも延々とおしゃべりに夢中になっている女性達、なんと逞しく頼もしいのでしょう。自然を相手に生きている人々のおおらかさ、強さを感じます。


「青空や囀り響く医者帰り」
  皆川 瀧子

saezuri.jpg

春になると小鳥たちは繁殖期を迎えます。その頃の鳴き声を囀り(さえずり・春の季語)といいます。求愛や縄張りを知らせる鳴き声といわれています。囀りを聞くと春がきた実感が湧きますね。作者が病院からの帰り道、囀りを聞いた。空は真っ青に晴れ渡っています。この句から受ける明るい印象から医者から良い結果が告げられたことが想像されます。体調も良し、天気も良し、囀りは軽やかで、作者の浮き浮きとした気分が良く伝わってきます。

「寒明けの畑(はた)黒々と雨あがる」
  皆川 眞孝

DSCN0129_201612081413090f5.jpg

小寒から大寒を経て節分までの約30日間を総合して寒といい、それが終わる日を寒明けといい、春の季語です。意味も時期も立春と同じですが、立春の方は春到来の喜びが、寒明けは長く厳しい季節に一区切りつけるという感じがつよく、意味合いは微妙に違います。雨を含み黒々となった畑、黒い土は養分が豊かであることを意味します。豊かな土壌は新しい命を力強く育むことでしょう。しかし寒明けといっても本格的な暖かさからは程遠い時期。春待つ心がしみじみと感じられます。

「幼子としりとり遊び日脚伸ぶ」
  小野 洋子

siritori2.JPG

この句は作者とお孫さんとの遊びの景。お孫さんは娘さんとアメリカ人のお婿さんとのお子さんでアメリカでお暮しの由。従ってお孫さんは英語圏で育っている訳で帰国された折は日本語を覚えるためにしりとり遊びをするのだそうです。事情をお聞きすると単にしりとり遊びをしているだけとは違った感慨がありますね。
日脚伸ぶが冬の季語。日脚とは昼間の時間また太陽の日差しのことで、冬至を過ぎると一日に畳の目一つづつ日脚が伸びるというたとえがあります。一月はまだまだ寒いのですが半ばを過ぎれば日差しの暖かさが確実に増してきます。幼児がひとつひとつ言葉を覚えてゆく喜びと季語がよく響き合っています。

「福は内ジャズシンガーの渋き声」
   藤戸 紘子

24_2030054.jpg
荒川健三さんのブログから


これも高幡不動尊の豆撒きの景を詠った句です。伝統的な豆撒きに、ジャズシンガーを組み合わせたのが新鮮な感じを受けました。現場に行ったことがない人にも、男性的な良く通る声で「福は内」と叫んでいるのが聞こえるような気にさせます。臨場感が溢れる楽しい句です。作者に聞いたところ、このジャズシンガーは、日野市在住の「つのだ☆ひろ」だそうです。(評:皆川眞孝)


兼題「豆撒き」の他の句

「御払いを受けし福豆独り食(は)む」
   皆川 眞孝
「豆撒や人の群れ去り鳩雀」
     小野 洋子

 
今月の一句(選と評:小野洋子)
「春立つや硝子細工の耳飾」
  藤戸 紘子

earring.JPG

この句は作者が電車で見かけられた光景との事、背筋を伸ばし澄まし顔の少女の耳に輝く硝子細工の耳飾り、私は少女と硝子細工の耳飾りの取り合わせに危うさときらめきが感ぜられ春立つの清々しい季語が効いているように思います。 日常の何気無い景を見事に映像にされた俳句のお手本です。 (評:小野洋子)

《添削教室》
原句 「梅咲きて蜜舐め回る小鳥たち」
   湯澤 誠章
小鳥たちの飛び回る様を描写した素直な俳句ですが、句全体の優雅な雰囲気の中に「舐め回る」の措辞が、少し生々しい感じで、浮き上がっています。ここは「群がる」にしておいた方が上品です。小鳥が何を目的に群がっているかは十分推測できます。また、鳥の複数をあらわすのに、「だち」の代わりに、俳句ではよく使う「どち」にしてみたらどうでしょうか?(藤戸紘子)
添削句
「梅咲きて蜜に群がる小鳥どち」
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
南九州の旅(7) [2019年02月19日(Tue)]
南九州の旅(7)

薩摩金山蔵-1


薩摩金山蔵とは、江戸時代薩摩藩の財政を支えた串木野金鉱山に残された延長120kmにもおよぶ坑道を現代に生かし、そこで薩摩焼酎を醸造し、紫外線を遮断して長期保存熟成を行う施設をいいます。

串木野金鉱山は万治元年(1658)川内(せんだい)の行商人が発見、採掘を始め。明治39年に至って旧幕府から事業を三井合名会社が引き継ぎ、大正年間に金生産量日本一を達成しました。
昭和18年太平洋戦争のため休山。昭和24年再開、その後曲折を経て平成10年(1998)閉山、340年の歴史に幕を下ろしました。
それから5年後、平成15年(2003) 地元、明治元年創業の濱田酒造が薩摩金山蔵を創業しました。



32_2010131.jpg



33_2010132.jpg



34_2010133.jpg



35_2010179.jpg



36_2010134.jpg



37_2010135.jpg



38_2010136.jpg



39_2010165.jpg



40_2010137.jpg



続く




文責 荒川









Posted by wild river at 09:00
南九州の旅(6) [2019年02月18日(Mon)]
南九州の旅(6)

曾木の滝-3


21_2010104.jpg



22_2010105.jpg



23_2010107.jpg



24_2010108.jpg



25_2010110.jpg



26_2010113.jpg



27_2010116.jpg



28_2010119.jpg



29_2010124.jpg



30_2010125.jpg



31_2010126.jpg


続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
南九州の旅(5) [2019年02月17日(Sun)]
南九州の旅(5)

曾木の滝-2



曾木の滝は“東洋のナイアガラ”と謳っていますが、国内では見たことがない容姿風貌をみせていて、誰にも見せたいと思いました。


11_2010089.jpg



12_2010090.jpg



13_2010091.jpg



14_2010092.jpg



15_2010094.jpg



16_2010095.jpg



17_2010098.jpg



18_2010099.jpg



19_2010100.jpg



20_2010103.jpg



続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
南九州の旅(4) [2019年02月16日(Sat)]
南九州の旅(4)

曾木の滝-1

1_2010079.jpg



2_2010074.jpg



3_2010076.jpg



4_2010077.jpg



5_2010080.jpg



6_2010081.jpg



7_2010083.jpg



8_2010084.jpg



9_2010085.jpg



10_2010087.jpg


続く




文責 荒川

Posted by wild river at 09:00
南九州の旅(3) [2019年02月15日(Fri)]
南九州の旅(3)

霧島神宮-2


22_1310052.jpg



23_1310053.jpg


研修中のバスガイド一行とは、曾木の滝で再度顔をあわせ、偶然の出来事に思わず握手をして別れました


24_1310054.jpg



25_1310055.jpg



26_1310056.jpg



27_1310057.jpg



28_1310058.jpg



29_1310060.jpg



30_1310061.jpg



31_1310068.jpg



続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
南九州の旅(2) [2019年02月14日(Thu)]
南九州の旅(2)

霧島神宮-1

霧島神宮には、幕末、薩摩に迎えられた坂本龍馬と妻楢崎おりょうが参拝したとつたえられています

12_1310028.jpg



13_1310031.jpg



14_1310033.jpg



15_1310035.jpg


ご神木の枝に自然にできた形は、貼紙によると参詣人とありましたが、私は神官に見えました。

16_1310038.jpg



17_1310041.jpg



18_1310043.jpg



19_1310044.jpg




20_1310045.jpg



21_1310051.jpg



続く




文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
南九州の旅(1) [2019年02月13日(Wed)]
南九州の旅(1)

2019 年1月末から2月初めにかけて南九州の旅をしてきました。
テーマは“南九州の絶景”ですが、宮崎県都城市にある関之尾滝のほかは、すべて鹿児島県内です。
絶景は次の11か所です。


@ 関之尾の滝   宮崎県都城市関之尾町
A 霧島神宮    鹿児島県霧島市霧島田口
B 曾木の滝    々 伊佐市大口宮人(オオクチミヤヒト)
C 薩摩金山蔵   々 いちき串木野市野下
D 西大山駅    々 指宿市山川大山
E 番所鼻(バンドコロバナ)自然公園 
鹿児島県南九州市頴娃町(エイチョウ)別府
F 釜蓋神社 鹿児島県南九州市頴娃町別府
G 大野岳公園     々  々   郡(コオリ)
H 池田湖       々 指宿市池田
I 仙巌園       々 鹿児島市吉野町
J 蒲生(カモウ)の大楠 
鹿児島県姶良市蒲生町上久徳(アイラシ・カモウチョウ・カミギュウトク)

以上、11か所のなかで特に印象にのこったのは @ B J です。
箇所にはありませんが指宿市のJR西大山駅、南九州市の“三寿の巡り”(番所鼻自然公園・釜蓋神社・大野岳公園)、池田湖には開聞岳(薩摩富士)の美しい姿が常に背景にあり、桜島もいくら眺めても見飽きない眺めでした。


関之尾の滝

宮崎県都城市関之尾町にある滝で日本の滝百選の一つです。
私達が行った日は時々雨の降る天気でしたが、中国人の旅行客もみえていました。
滝の上流部は世界最大級の甌穴群に覆われているそうですが、時間が無くてみられず残念!!


1_1310001.jpg



2_1310002.jpg



3_1310004.jpg



4_1310006.jpg



5_1310007.jpg



6_1310008.jpg



7_1310009.jpg



8_1310012.jpg



9_1310013.jpg



10_20170322005225[1].jpg



続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
宮古島紀行(19) [2019年02月12日(Tue)]
宮古島紀行(19)

イムギヤーガーデン

イムギヤーガーデンは宮古島南部の海岸、シギラ海岸や私たちのホテルに近い場所にある景勝地です

75_DSC9048.jpg



76_DSC9034.jpg



77_DSC9035.jpg



78_DSC9036.jpg



79_DSC9037.jpg



80_DSC9038.jpg



81_DSC9039.jpg



82_DSC9040.jpg



83_DSC9042.jpg



84_DSC9045.jpg


宮古島さようなら

THE END




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
宮古島紀行(18) [2019年02月11日(Mon)]
宮古島紀行(18)

東平安名崎-3

61_DSC9001.jpg



62_DSC9002.jpg



63_DSC9003.jpg



64_DSC9005.jpg



65_DSC9006.jpg



66_DSC9008.jpg



67_DSC9009.jpg



68_DSC9011.jpg



69_DSC9018.jpg



70_DSC9022.jpg



71_DSC9029.jpg



72_DSC9031.jpg



73_DSC9032.jpg



74_DSC9033.jpg



続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
宮古島紀行(17) [2019年02月10日(Sun)]
宮古島紀行(17)

東平安名崎-2


51_DSC8990.jpg



52_DSC8983.jpg



53_DSC8985.jpg



54_DSC8986.jpg



55_DSC8989.jpg



56_DSC8994.jpg



57_DSC9030.jpg



58_DSC8997.jpg



59_DSC8998.jpg



60_DSC9000.jpg


続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
悪徳商法事例集(160)スポーツジム [2019年02月09日(Sat)]
悪徳商法事例集(160)スポーツジム

独立行政法人国民生活センターから見守り新鮮情報が届きました。
スポ―ジムの入会金を割引するからと言われて入会したが、自分に合わないので退会したいと申し出たところ、違約金を請求された例です。気楽に入会しないで、体験入会をして納得してから入会した方が安心です。(皆川)
______________
退会するのに違約金! キャンペーン価格で入会したジム
______________
近所にスポーツジムがオープンし、新規入会キャンペーンが行われていたので、割引料金で申し込みをした。ジムでマシンを使って運動したところ、膝が痛くなってしまった。自分には負荷が大きすぎると思い、退会を申し出ると「キャンペーン価格で入会した場合、半年間はやめられない。やめる場合は半年分の会費に相当する違約金を支払わなければならない」と言われた。(60歳代 女性)
============
sportjim.JPG

<ひとこと助言>
☆スポーツジム等、店舗で交わした契約は原則クーリング・オフ出来ません。

☆契約する際は、契約書面や規約を必ず読み、施設の利用方法や退会の手続き、 解約時の料金精算方法等を確認しましょう。確認の際、分からないことはスタッフに十分に説明してもらいましょう。

☆特にキャンペーン等で入会金無料や月会費の割引を行っている契約では、その条件として、一定の期間解約が出来なかったり、中途解約すると違約金等を請求されたりすることがあるので注意しましょう。

☆入会後、健康状態等により通うことが困難になる場合もあります。事前に家族や周囲の人に相談することも大切です。

☆不安に思ったときは、早めにお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml