CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
渡辺
今月の俳句(令和1年5月) (05/26) 明平暢男
5月 浅間山公園(2) (05/26) 荒川 健三
5月 浅間山公園(1) (05/25) ミナガワ
5月 浅間山公園(1) (05/24) 藤戸紘子
今月の俳句(令和1年5月) (05/23) 皆川
今月の俳句(令和1年5月) (05/23) 荒川 健三
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (7) (05/22) 荒川 健三
今月の俳句(令和1年5月) (05/22) 皆川
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (7) (05/22) 明平暢男
今月の俳句(令和1年5月) (05/22)
最新トラックバック
月別アーカイブ
根川と高幡不動の桜(2) [2018年03月31日(Sat)]
根川と高幡不動の桜(2)


17_3260105.jpg



18_3260107.jpg



19_3260109.jpg



20_3260110.jpg



21_3260111.jpg



22_3260113.jpg



23_3260115.jpg



24_3260120.jpg



25_3260121.jpg



26_3260122.jpg



27_3260123.jpg



28_3260124.jpg



29_3260125.jpg



30_3260126.jpg



31_3260127.jpg



32_3260129.jpg


THE END



文責 荒川

Posted by wild river at 09:00
根川と高幡不動の桜(1) [2018年03月30日(Fri)]
根川と高幡不動の桜(1)

昭和記念公園と同じく桜は満開寸前です。日野橋の袂から根川に沿って歩き、残堀川に至るコースは平坦でちょっとしたウオーミングアップに最適です。
残堀川で会った地元と思しきお婆ちゃんに尋ねたら、満開は3〜4日あとでしょうと教えていただきました。

1_3260080.jpg



2_3260082.jpg



3_3260083.jpg



4_3260085.jpg



5_3260087.jpg



6_3260088.jpg



7_3260091.jpg



8_3260118.jpg



9_3260092.jpg



10_3260094.jpg



11_3260095.jpg



12_3260096.jpg



13_3260097.jpg



14_3260100.jpg



15_3260103.jpg



16_3260104.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
満開寸前(昭和記念公園)(2) [2018年03月29日(Thu)]
満開寸前(昭和記念公園)(2)


21_3260032.jpg



22_3260033.jpg



23_3260035.jpg



24_3260036.jpg



25_3260039.jpg



26_3260040.jpg



27_3260041.jpg



28_3260042.jpg



29_3260043.jpg



30_3260044.jpg



31_3260047.jpg



32_3260048.jpg



33_3260049.jpg



34_3260050.jpg



35_3260051.jpg



36_3260052.jpg



37_3260079.jpg



38_3260054.jpg



39_3260056.jpg



40_3260057.jpg


終わり



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
満開寸前(昭和記念公園)(1)  [2018年03月28日(Wed)]
満開寸前(昭和記念公園)(1)

東京都心の桜が満開と報じられました。昭和記念公園の櫻はどうでしょう。
3月26日月曜に行ってみました。現在桜は七分咲きといったところでしょうか。
あと3〜4日で満開になると思います。
公園は月曜日だというのに多勢の人が満開の桜を期待して訪れていました。
今、公園の見頃の花はと聞かれれば“コブシ”“ミズキ”“ユキヤナギ”だと思います。とりわけ“コブシ”は満開の状態で、風は南風、・・コブシ咲くあの丘・・「北国の春」を口ずさみたくなるような情景です。
コブシも桜に引けを取らない花だと思いました。

1_3260001.jpg



2_3260002.jpg



3_3260005.jpg



4_3260007.jpg



5_3260008.jpg



6_3260010.jpg



7_3260011.jpg



8_3260012.jpg



9_3260014.jpg



10_3260015.jpg



11_3260016.jpg



12_3260017.jpg



13_3260018.jpg



14_3260019.jpg



15_3260020.jpg



16_3260023.jpg



17_3260026.jpg



18_3260022.jpg



19_3260024.jpg



20_3260025.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
九州観光(大分県)(7) [2018年03月27日(Tue)]
九州観光(大分県)(7)

由布院-3

21_2260090.jpg



22_2260091.jpg



23_2260092.jpg



24_2260093.jpg



25_2260094.jpg



26_2260095.jpg



27_2260096.jpg



28_2260097.jpg



29_2260098.jpg



30_2260101.jpg


由布院を終り、次は臼杵石仏へと続きます


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
九州観光(大分県)(6) [2018年03月26日(Mon)]
九州観光(大分県)(6)

由布院-2

金鱗湖由来

明治初期の儒学者「毛利空桑」が湖で泳ぐ魚の鱗が夕日に金色に輝くのをみて名付けたという


11_2260076.jpg



12_2260077.jpg



13_2260078.jpg



14_2260079.jpg



15_2260080.jpg



16_2260081.jpg



17_2260082.jpg



18_2260085.jpg



19_2260086.jpg



20_2260087.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
九州観光(大分県)(5) [2018年03月25日(Sun)]
九州観光(大分県)(5)

由布院-1
由布院は由布岳南西の山麓にある温泉で、豆田町から東方約45q、別府湾から西方約13qの内陸に位置しています

1_2260056.jpg



2_2260057.jpg



3_2260061.jpg



4_2260063.jpg



5_2260065.jpg

朝、昨夜泊まったホテル(七色の風)の前広場に出てみたら宿泊客が盛んに由布岳を撮っていたのに誘われて私もつい一枚パチリ、昨日の写真と変わり映えしませんが、由布岳は何枚でも撮りたくなる山です。

6_2260066.jpg



7_2260070.jpg



8_2260072.jpg



9_2260073.jpg



10_2260074.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
九州観光(大分県)(4) [2018年03月24日(Sat)]
九州観光(大分県)(4)

日田市豆田町-4


31_2250043.jpg



32_2250044.jpg



33_2250046.jpg



34_2250047.jpg



35_2250049.jpg



36_2250050.jpg



37_2250051.jpg



38_2250052.jpg



39_2250053.jpg



40_2250054.jpg



41_2250055.jpg


豆田町を終り由布院へ続きます


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
九州観光(大分県)(3) [2018年03月23日(Fri)]
九州観光(大分県)(3)

日田市豆田町-3

国指定重要文化財 草野家住宅

草野家は、寛永18年(1641)豆田町に移住し、元禄9年(1696)現在地に居を構えた。
この間、製蝋業を主として酒造業等を行うと共に、掛屋、庄屋を努め、明治期には電力会社や銀行の設立に携わるなど、地域経済の発展に大きく貢献しました。
指定された建物は主屋1棟、土蔵3棟で、このうち主屋は玄関部、店舗部、客間部、仏間部、隠宅部、新座敷部からなる。最も古いものは享保10年(1725)頃建築の主屋仏間部で
次いで土蔵1棟が享保16年(1731)建築であり、いずれも保存状態は良好である。また、通りに面して建つ玄関部、店舗部などは明和9年(1772)豆田町の大火直後に建てられており、漆喰塗大壁で防火性の強い居蔵造(いぐらづくり)とし、重厚な外観を呈している

一方、主屋後方に位置する客間部、隠宅部などは幕末から明治・大正期にかけて増改築されたもので、庭園と一体となった明るく開放的な構成を持ち玄関部、店舗部とは対照的な造りとなっている。こうした開放的空間構成や、文人画の小襖、竹、唐木、奇木などの材種で華やかに整えられた室内意匠には、当時日田で親しまれた煎茶席の建築的特徴が認められる。北部九州における代表的な居蔵造町屋であり、近世から近代にかけての都市住宅の変遷や商家の生活文化を伝える大型の町屋建築として価値が高い。
                         日田市教育委員会

草野本家の歴史

日田・草野氏は古くは古代筑後国の領主で(白雉年間=7世紀)その子孫が12世紀筑後国在国司、押領司に任じられ竹井城主となり、その後発心城主となりました。天正16年豊臣秀吉の九州征伐の折落城し当主草野家清は熊本県南関で謀殺されたと久留米市史に記載されています。落城に伴い一族は九州各地に離散し、その一部が日田の草場に逃れて移り住み、徳川治世となった寛永18年(1641)豆田町に居を構えた。


21_2250033.jpg


 
草野家所蔵の雛様で他で見ることのできない貴重なお雛様です  
22_2250034.jpg



23_2250035.jpg


元久留米藩士赤司夢帰次が考案した羊羹
24_2250036.jpg



25_2250037.jpg



26_2250038.jpg



27_2250039.jpg



28_2250040.jpg



29_2250041.jpg



30_2250042.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
今月の俳句(平成30年3月) [2018年03月22日(Thu)]
今月の俳句(平成三十年三月)

 兼題は「春の風、春風」です。単に春の時季に吹く風ではなく、「暖かくのどかに吹く風」のことで、春が来た喜びの気持ちが含まれた季語です。句評は藤戸さん、今月の一句は木原義江さんです。

春の風駄菓子選る子の片えくぼ」
  渡辺 功

dagasi.jpg

句では駄菓子とのみ表現されていますが、咄嗟に駄菓子屋の景が浮かびました。最近はあまり見かけなくなりましたが、そこは子供にとって宝の山でした。限られた小遣いでどれにするかは子供にとっては大きな決断の時、真剣に考えるひと時です。句の子も唇を引き締め、頬には片えくぼを浮かべ、最後の決断をする瞬間でしょう。春風と片えくぼが響き合って幸せな日常が切り取られました。

「まどろみて乳吸う獏や風は春」
  小野 洋子

bakku.jpg

獏という動物を見たことはありますか。広辞苑によるとウマ目バク科の哺乳類の総称と出ています。中国では想像上の動物で、形は熊、鼻は象、目は犀、尾は牛、足は虎、毛は黒白の斑、頭は小さく、人の悪夢を食うと伝えられています。中国人の想像力には感心します。部分の形容はその通りですが、部分を総合した形態は実物とは似ても似つかない生き物になっていて大変愉快です。多摩動物園にはアメリカ獏がいて、今年も子が誕生しました。獏の子は黒い縞模様で瓜坊と呼ばれます。縞模様は成長とともに消え上半身は黒、下半身は白に変化します。ちなみに猪の子も瓜坊です。悪夢を食べるという獏の子がお乳を吸いながらうとうとし、春風が優しく吹いている至福の景。下五「春の風」でも意味は同じですが「風は春」とすることで春風を強調しています。作者の細やかな技巧が光ります。

「春風や日の丸纏ふメダリスト」
  皆川 瀧子

mao.jpg

オリンピックの景でしょうか。昔は日の丸の国旗は表彰台に直立して掲揚を見上げるものでしたが、外国人の影響でしょうか、競技場で国旗を身に纏ってスタンドに向かって手を振る光景をよく目にするようになりました。今回のピョンチャン冬季オリンピックは寒風の中での開催でしたが、暦の上では春、メダリストにとっては寒風も春風のように感じられたかもしれません。

「黒人の走者先頭春の風」
  木原 義江

th26OXYL2E.jpg

この句の眼目は上五の黒人。黒人は身体能力が抜群に高いように感じられます。特に陸上競技それも用具を用いない肉体だけの競技には滅法強い。この句も長距離走の競技を思い浮かべました。先頭を走るのは黒人、それも懸命の形相ではなく軽やかに余力を残しながらの快走、春風の季語によりそんな場面を想像しました。

「うららかや米寿仲間の午餐会」
  宮ア 和子

thXV2J5QAZ.jpg

午餐会とは客を招待して催す昼食会のことで、ランチタイムサービスのお手軽な食事会ではなく、立派な食事会のことです。作者によると米寿のお祝いに後輩達が招待してくれたとのこと。ここで注意して欲しいのは米寿仲間という措辞。米寿の方は一人ではないということがわかります。仕事関係か趣味の仲間かはわかりませんが米寿を迎えられた同期の方が複数おられるのです。これは驚くべきことです。うららか(春の季語)により午餐会のなごやかさ、楽しさ、一緒に米寿を迎えた喜びが伝わってきます。

「啓蟄や友より届く大著作」
  皆川 眞孝

IMG_4530.jpg

啓蟄(けいちつ)とは冬籠りの虫が這い出る意で春の季語です。大著作の著者は作者の友人で脚本家、この著作は自叙伝だそうで大層分厚い本だとのこと。自叙伝(自伝)とは自分で自分の一生を綴ったもので、自分の人生の総仕上げの大事業といえます。啓蟄という季語の斡旋により著者は長い時間をかけて書き続けられ、やっと完成し一冊の本として発刊されたのだと思われます。それだけ喜びは大きく深いものだったでしょう。なお、啓蟄の季語には単に虫が這い出るという意味だけではなく、長い冬籠りから解放された喜びをも意味しています。


「無言館の自画像剥がれ凍返る」
  藤戸 紘子

th98FUNJ1L.jpg
無言館

上田にある無言館はご存知の方も多いと思いますが、太平洋戦争で戦没した画学生の作品を、水上勉さんの息子さんの窪島誠一郎氏が蒐集して、展示してある美術館です。これら才能ある学生たちの半分でも生き延びていたら日本の画壇は変わっていただろうと思わせるほどのすばらしい絵画が並んでいます。自画像が多くありますが、そのうちの一部が剥がれているのを作者は目ざとく見つけました。無言館の内部はコンクリートの打ちっぱなしなので、寒々としています。暖かくなりかけた頃、寒さが戻ってくることを「凍返る」「冴返る」と言います(春の季語)。凍返ったため冷え冷えとした館内で、すこし剥がれた自画像を見ていると、若い画学生の無念の気持ちが伝わってきます。そして、最近の国際情勢から再び戦争が始まるのではないかという懸念の気持ちが凍返るという措辞であらわされています。
今回、作者が上田を訪問したのは、無言館近くの敷地に建立された「俳句弾圧不忘の碑」の除幕式に出席したためです。この碑は、金子兜太氏が中心となり、戦時中に反戦俳句で弾圧された俳人を忘れないために作られたもので、作者も寄付をされたそうです。(金子兜太氏は除幕式の数日前に亡くなりました)
この背景を知ると、この俳句にこめた作者の反戦の心情が、そして心配の気持ちが一層よく伝わってきます。(句評:皆川眞孝)
s-IMG_20180320_0001_0001.jpg
俳句弾圧不忘の碑
,

今月の一句(選と評:木原義江)
「冴返る鍛冶屋の跡の破(や)れ三和土」 
渡辺 功

kajiya2.JPG


今は建物もない鍛冶屋の跡ですが、荒れた三和土(たたき)を見ていると、往時の景色が目に浮かびます。太い土台をまたいで薄暗い土間に入ると、赤々と燃えるコークス炉があり、そして所々固くへこみのある土間があり、男たちが真っ赤な鉄を打っています。
  現在の景を述べただけですが、冴返るという季語を使って過去の景色まで思い出すような詩に詠まれた俳句力に、さすが渡辺さんと感動させられました。(句評:木原義江)    

兼題「春風」の他の句
  「春風やリハビリ終へて土手の道」
  皆川 眞孝
  「春の風とぎれとぎれの笛の音」
   宮崎 和子


<添削教室>
原句「土筆つむやはらかな影母と子に」

  小野 洋子
もとの句では、母と子が土筆を摘んでいる春らしい景色ですが、「母と子に」とあるので、やはらかい影がだれの影か分からなくなりました。
順序だけを変えると、景がすっきりとわかりやすくなります。
添削句「母と子の影やはらかや土筆つむ」
 小野 洋子
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
九州観光(大分県)(2) [2018年03月21日(Wed)]
九州観光(大分県)(2)

日田市豆田町-2

咸宜園(かんぎえん)は儒学者広瀬淡窓の開いた私塾跡です。ここから明治日本陸軍の創立者大村益次郎が巣立ちました。(坂の上の雲 司馬遼太郎参照)
11_2250012.jpg



12_2250017.jpg



13_2250018.jpg



14_2250020.jpg



15_2250023.jpg



16_2250026.jpg



17_2250027.jpg



18_2250028.jpg



19_2250029.jpg



20_2250032.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
九州観光(大分県)(1) [2018年03月20日(Tue)]
九州観光(大分県)(1)


九州で一度も行ったことがない大分県の旅行に行ってまいりました。
往復は羽田〜大分空港の空路を利用し2月下旬のことですが、やはり九州は温かいとおもいました。
旅行の順序は以下のとおりです。

大分空港→日田市豆田町→由布院→臼杵石仏→別府湯の里明礬温泉の湯ノ花採取→海地獄→血の池地獄→両子寺(国東六郷満山の総持院)→富貴寺(九州最古の国宝木造建築)→宇佐神宮(全国の八幡さまの総本宮)→羽田

初めて大分を訪れて感じたのは山、それも火山が多いこと、文化財の多いことでした。

日田市豆田町-1

大分県日田市豆田町は天下分け目の関ヶ原合戦の1年後、慶長6年(1601)小川光氏が築城した丸山城の城下町で、以後、元和2年(1616)石川忠総により永山城と改名されましたが、城下は、江戸幕府直轄天領として、寛永16年(1639)には日田陣屋、代官所が設置され西国筋郡代が置かれて西国統治の要・拠点となりました。

天領としての歴史的背景のもと。豆田町には江戸時代初期からの建築物その他が往時のままに残され、貴重な文化遺産となっています。
南北方向に「上町通り」「御幸通り」と2本の幹線路が作られ、それを結ぶ通路が東西に走り碁盤の目の様になっているところから、“九州の小京都”と呼ばれ、その町並みは平成13年国土交通省2001年度「美しいまちなみ大賞」に選定されました。さらに平成16年(2004)に「重要建造物群保存地区」として国の指定を受けました。
上記2本の幹線は北の城に直結しています。

実際に歩いてみた感じでは町ぐるみ文化遺産だという印象です。

豆田町魚町(イオマチ)通りに江戸期高名な儒学者広瀬淡窓の生家が現存していますが、その名をこの町にきて初めて知りました。
広瀬淡窓の私塾から大村益次郎、高野長英などを輩出したのです。


1_2250001.jpg



2_2250002.jpg



3_2250003.jpg



4_2250004.jpg



5_2250005.jpg



6_2250006.jpg



7_2250007.jpg



8_2250008.jpg



9_2250009.jpg



10_2250010.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
セツブンソウ群生地(3) [2018年03月19日(Mon)]
セツブンソウ群生地(3)


27_DSC7663.jpg



28_DSC7664.jpg



29_DSC7666.jpg



30_DSC7667.jpg



31_DSC7668.jpg



32_DSC7681.jpg



33_DSC7671.jpg



34_DSC7672.jpg



35_DSC7673.jpg


花ビラ六枚

36_DSC7674.jpg



37_DSC7675.jpg



38_DSC7680.jpg


花ビラ五枚

39_DSC7670.jpg


終わり


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
セツブンソウ群生地(2) [2018年03月18日(Sun)]
セツブンソウ群生地(2)

小さなセツブンソウも個別子細に観ると、それぞれが違う表情を見せています

14_DSC7636.jpg



15_DSC7647.jpg



16_DSC7645.jpg



17_DSC7644.jpg



18_DSC7638.jpg



19_DSC7637.jpg



20_DSC7641.jpg



21_DSC7649.jpg



22_DSC7651.jpg


花ビラが七枚

23_DSC7653.jpg



24_DSC7654.jpg



25_DSC7657.jpg



26_DSC7658.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
セツブンソウ群生地(1) [2018年03月17日(Sat)]
セツブンソウ群生地(1)


3月12日NHK総合テレビで埼玉県小鹿野町のセツブンソウ群生地の模様が放映されました。早速行ってみました。
セツブンソウの群落を見られる場所は埼玉県のほか、栃木県栃木市の星野の里、広島県庄原市で、以前はどこの山野でもみられた花ですが乱獲のため激減し、今では希少植物になっています。
小鹿野町のセツブンソウは四阿屋山(アズマヤサン)の南麓、県道367号に面する山の斜面に咲き、広さ5000u、地元では日本一の規模と言っています。

小鹿野町観光協会ではセツブンソウの所在地を秩父郡小鹿野町両神小森の堂上と案内していますが、両神温泉薬師の湯を目標に訪ねるのが簡単だと思います。
前記県道367号は岩山で知られる両神山1723mに一直線に向かい麓で終わっています。
セツブンソウの花は2cm弱の小さな花で密集状態をうまく表現できないので、マクロ撮影で見て頂くことにしました。(群落を肉眼で確かめて頂くのがベスト)
一気に春の暖かさが到来し大勢の老若男女が押し寄せていました。

1_DSC7662.jpg



2_DSC7659.jpg



3_DSC7614.jpg



4_DSC7615.jpg



5_DSC7619.jpg



6_DSC7621.jpg



7_DSC7626.jpg



8_DSC7627.jpg



9_DSC7629.jpg



10_DSC7630.jpg



11_DSC7631.jpg



12_DSC7633.jpg



13_DSC7635.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
春ですね! [2018年03月16日(Fri)]
春ですね!

洗濯物を干し終わって足もとの剣状の葉が生い茂る中に、薄紫の大きい花に気づきました。昨年の春、庭を削って駐車場を増設しました。おかげで猫ならぬネズミの額になった花壇を工夫して造ってくれた親方が、自分の家からカタクリや山シャクヤクなどを「ダメかもしれないけど」と植えていった一つなのですが、名前を聞いたら「忘れた」でした。
あれこれ調べてカンザキアヤメ(カンアヤメ)だとわかりました。

a.jpg

カンザキアヤメ(寒咲菖蒲)

カンザキアヤメは1~3月に開花するそうです。花茎が25,6センチ位で短く、細い葉の中に隠れるように大きな花を咲かせていました。以前百草園で観たことがあります。

b.jpg

ボケの花(植木鉢)


d.jpg


カタクリの花は思いがけない開花でした。


e.jpg


f.jpg


g.jpg



h.jpg

山シャクヤクの芽


室内では胡蝶蘭が咲きはじめました。昨年お祝いに頂いた胡蝶蘭を花が終わった後、新しいミズゴケに植え替え、茎の3節目で切り落とし水やりと温度管理に気を付けましたら、花芽が出来て一輪咲きはじめました。胡蝶蘭は丈夫な花だと知りました。

i.jpg


c.jpg


桜の季節が待ち遠しいですね。

文責:宮ア和子













       











         
Posted by ミセスミヤ at 09:00
悪徳商法事例集(142)銀行での保険契約 [2018年03月15日(Thu)]
悪徳商法事例集(142)銀行での保険契約

(独立行政法人)国民生活センターから最新の見守り新鮮情報が届きました。
銀行の名誉のために言っておきますが、今回は悪徳商法ではありません。ただ、銀行では元本保証の商品だけをすすめるというのは勘違いです。気を付けましょうという注意喚起です。
現在は銀行の金利が低くて預金をしておくのがばかばかしくなります。だからでしょうか、銀行が証券会社や保険会社とタイアップして、有利な商品をすすめることがあります。金利が高ければリスクも大きくなります。長い期間のものもあります。銀行だからと安心せずに、話を良く聞き、十分納得したうえで、判断することが必要です。(皆川)
*********
相続税対策のつもりが元本割れ 銀行窓口での保険契約
_____________

定期預金が満期になり、銀行に行ったところ、窓口で「相続税対策になる。○○生命という会社を知っているか」と言われた。社名は知らなかったが、相続税対策になるならと思い、よく理解は出来ないまま、1千万円と5百万円の契約をし、支払った。銀行が保険を勧誘するとは思っておらず、元本保証の定期積立のつもりだった。先日、運用状況通知が届き、外貨建ての15年満期の保険だと知った。80歳代の私には長期保険契約は必要ないし、元本も減っていた。契約の際には元本割れのリスクの説明は受けていない。(80歳代 女性)
bank1.JPG

==========
<ひとこと助言>
☆銀行の窓口で勧められたので預金のようなものだと思ったり、預金にするつもりの商品として、元本保証だと思ったりして、長期間の保険商品を契約してしまったという相談が寄せられています。また投資経験がないのにリスクが高い外貨建ての保険商品を勧誘され契約したケースもあります。

☆銀行でも保険商品を販売していますが、預金とは異なり、満期時や中途解約時に元本割れとなる場合があります。また、外貨建て保険では為替変動リスクが生じたり、日本円と交換する際に手数料が必要となったりすることがあります。契約内容がよく分からなければ契約をしないようにしましょう。

☆契約直後であれば、クーリング・オフが出来ることがあります。不明な点があれば、お早めにお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください
 (消費者ホットライン188)。
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
神代植物園のラン(3) [2018年03月14日(Wed)]
神代植物園のラン(3)


21_2090154.jpg



22_2090156.jpg



23_2090157.jpg



24_2090158.jpg



25_2090159.jpg



26_2090160.jpg



27_2090162.jpg



28_2090163.jpg



29_2090164.jpg



30_2090165.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
神代植物園のラン(2)  [2018年03月13日(Tue)]
神代植物園のラン(2)

11_2090143.jpg



12_2090144.jpg



13_2090145.jpg



14_2090147.jpg



15_2090148.jpg



16_2090149.jpg



17_2090150.jpg



18_2090151.jpg



19_2090152.jpg



20_2090153.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
神代植物園のラン(1)  [2018年03月12日(Mon)]
神代植物園のラン(1)

2月、神代植物園の温室「ランの特設コーナー」を取材しました。


1_2090176.jpg



2_2090133.jpg



3_2090134.jpg



4_2090135.jpg



5_2090137.jpg



6_2090138.jpg



7_2090139.jpg



8_2090140.jpg



9_2090141.jpg



10_2090142.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml