CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ミセスミヤ
道央西部の旅(9) (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) 荒川 健三
道央西部の旅(7) (10/14) 皆川
道央西部の旅(7) (10/12) 荒川 健三
巾着田彼岸花(2) (10/05) 荒川」健三
富良野&美瑛の7月(17) (10/05) ミセスミヤ
富良野&美瑛の7月(17) (10/05) ミセスミヤ
巾着田彼岸花(2) (10/05) 荒川 健三
富良野&美瑛の7月(15) (10/02)
最新トラックバック
月別アーカイブ
映画「関ヶ原」 [2017年08月31日(Thu)]
映画「関ヶ原」


先週土曜日に公開された映画「関ヶ原」を見てきました。
原作は司馬遼太郎ですが、私は読んだことがありません。家康を役所広司、三成を岡田准一、小早川秀秋を東出昌大、が演ずるということで、面白そうだと思ったからです。監督は原田眞人です。三成に仕える忍びの女を、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の人気女優・有村架純が演ずるのも話題になっています。
s-2017080300001_1.jpg


天下分け目の関ヶ原合戦は、映画の宣伝文句がいうように、「戦国時代を終焉させ、その後のわが国を運命づけたその合戦はわずか6時間で決した」のですが、この映画では大きなスケールで迫力満点でスクリーンに再現しています。
s-thetv_103307_0.jpg

ただ私の問題点は、年齢のせいか、せりふが早口でよく聞き取れないことです。家でTVを見るときも字幕があれば字幕ONで見るくらいですので、微妙な点が聞こえないと、楽しめません。
もうひとつは、関ヶ原の前のストーリーが、登場人物が多くて分かり難いことです。歴史に詳しい方ならともかく、字幕で人物の名前や年号をだしてもらいたいと思いました。
s-mitunari.jpg

どうしても石田三成というと、いままでは、茶坊主からの成り上がり官僚で、戦下手で秀吉に可愛がられただけと評価が低い人物ですが、天下をとろうという野望を持つ家康に対抗して義を貫くために立ち上がったということで好意的に描いています。ただ、原作に縛られているから仕方がないのかもしれませんが、もう少し三成を悲劇の主人公にした方が面白かったでしょう。役所広司は徳川家康のいやらしい面をよく演じています。
s-ieyasu.jpg


合戦の場面の描き方は、絵巻物風ではなくて、非常にリアルで凄惨です。戦さにはロマンはなく、残酷な殺し合いだということを如実に見せてくれます。日本の歴史映画がお好きな方にお勧めできます。

予告編は次をクリックしてご覧ください。
http://wwwsp.sekigahara-movie.com/

(皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
蔵王・鳥海山・月山をめぐる旅(5) [2017年08月30日(Wed)]
蔵王・鳥海山・月山をめぐる旅(5)

鳥海山-2

11_DSF6320.jpg



12_DSF6321.jpg



13_DSF6323.jpg



14_DSF6324.jpg



15_DSF6325.jpg



16_DSF6328.jpg



17_DSF6329.jpg



18_DSF6333.jpg



19_DSF6334.jpg



20_DSF6335.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
蔵王・鳥海山・月山をめぐる旅(4) [2017年08月28日(Mon)]
蔵王・鳥海山・月山をめぐる旅(4)

鳥海山-1

鳥海山   「日本百名山」深田久弥 より抜粋

名山と呼ばれるにはいろいろの見地があるが、山容秀麗という資格では、鳥海山は他に落ちない。眼路限りなく拡がった庄内平野の北の果てに、毅然とそびえ立ったこの山を眺めると、昔から東北第一の名峰とあがめられてきたことも納得出来る。
東北地方の山の多くは、東北人の気質のようにガッシリと重厚、時には鈍重という感じさえ受けるが、鳥海にはその重さがない。颯爽としている。

酒田あたりから望むと、むしろスマートと言いたいほどである。それは鳥海が連嶺の形をなさず、孤立した一峰であるところにも基因する。
標高は東北の最高とは言え、わが国の中部へ持ってくると、決してその高さを誇るわけには行かぬ。しかしその高さは海ぎわから盛り上がっている。山の裾は海に没している。
つまりわれわれはその足元から直ちに2240mを仰ぐのであるから、これは信州で日本アルプスを仰ぐのに劣らない。

ここにして浪の上なるみちのくの鳥海山はさやけき山ぞ   斎藤茂吉

1_DSF6291.jpg



2_DSF6292.jpg



3_DSF6296.jpg



4_DSF6301.jpg



5_DSF6302.jpg



6_DSF6303.jpg



7_DSF6304.jpg



8_DSF6308.jpg



9_DSF6314.jpg



10_DSF6316.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
蔵王・鳥海山・月山をめぐる旅(3)  [2017年08月26日(Sat)]
蔵王・鳥海山・月山をめぐる旅(3)

蔵王-3


21_DSF6255.jpg



22_DSF6256.jpg



23_DSF6257.jpg



24_DSF6262.jpg



25_DSF6263.jpg



26_DSF6266.jpg



27_DSF6269.jpg



28_DSF6271.jpg



29_DSF6274.jpg



30_DSF6277.jpg



31_DSF6278.jpg



32_DSF6280.jpg



33_DSF6281.jpg



34_DSF6283.jpg



35_DSF6284.jpg


蔵王を終り、鳥海山へ続きます


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
蔵王・鳥海山・月山をめぐる旅(2)  [2017年08月25日(Fri)]
蔵王・鳥海山・月山をめぐる旅(2)

蔵王-2


11_DSF6229.jpg



12_DSF6230.jpg



13_DSF6232.jpg



14_DSF6233.jpg



15_DSF6235.jpg



16_DSF6236.jpg



17_DSF6240.jpg



18_DSF6250.jpg



19_DSF6251.jpg



20_DSF6253.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
蔵王・鳥海山・月山をめぐる旅(1)  [2017年08月24日(Thu)]
蔵王・鳥海山・月山をめぐる旅(1)

蔵王-1

阪急トラピックスの計画した[天空の楽園秘境「月山」・神秘の秘境「鳥海山」・標高1600m雲上の秘境浄土平・蔵王お釜 3日間]と題した旅に参加しました。

旅のスタートは東北新幹線新白河駅に降りて後、専ら観光バスと高速自動車道を利用して三つの山をめぐり、再度新白河駅の戻り帰京という手順で行われました。
山を巡る旅は特に天候に左右されますが、雨模様にもかかわらず、蔵王のお釜の緑色の水が見えたことや、月山の頂上が一瞬見えるという幸運にめぐまれました。

今回初の経験は観光バスの内部が、ちょっと気づかない程度の赤色の光に包まれていて、窓から外の景色を撮ると画像が赤色フィルターを通した画面になってしまったことです。
最初はカメラが故障したのかと思いました。スマホの液晶画面が赤く染まってるので理由が判ったのでした。
走行中の車窓から写真を撮る人はごく少数なので苦情もでないし、苦情を申し出る気にもなれませんでしたが、帰宅後バスからの写真はほとんど使い物になりませんでした。

1_DSF6217.jpg



2_DSF6218.jpg



3_DSF6221.jpg



4_DSF6222.jpg



5_DSF6223.jpg



6_DSF6224.jpg



7_DSF6225.jpg



8_DSF6226.jpg



9_DSF6227.jpg



10_DSF6228.jpg


続く



文責 荒川

Posted by wild river at 09:00
下北半島・津軽半島の旅(15) [2017年08月22日(Tue)]
下北半島・津軽半島の旅(15)

鶴の舞橋-3

21_DSC6602.jpg



22_DSC6605.jpg



23_DSC6610.jpg



24_DSC6611.jpg



25_DSC6612-1.jpg



26_DSC6627.jpg



27_DSC6632.jpg



28_DSC6633.jpg


南部と津軽の旅がおわりました。ブログをご覧頂き有難うございました。

THE END


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
下北半島・津軽半島の旅(14) [2017年08月21日(Mon)]
下北半島・津軽半島の旅(14)

鶴の舞橋-2


11_DSC6587.jpg



12_DSC6588.jpg



13_DSC6592-1.jpg



14_DSC6593.jpg



15_DSC6594.jpg



16_DSC6595.jpg



17_DSC6596.jpg



18_DSC6597.jpg



19_DSC6598.jpg



20_DSC6601-1.jpg


続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
下北半島・津軽半島の旅(13) [2017年08月20日(Sun)]
下北半島・津軽半島の旅(13)

鶴の舞橋-1


「鶴の舞橋」は青森県北津輕郡鶴田町早瀬にある津輕富士見湖に架かる日本一長い木造三連太鼓橋で全長300m、つるた観光案内には「岩木山を背景にした姿は、まるで鶴が空を舞ってるような優美さがある」と記されています。
橋はすべて木材、それも青森県産ひば一等材のみを用い、特に橋脚には直径30cm以上樹齢150年以上のものを700本用意、全体として丸太3000本、板材3000枚を使用して総工費2億6千4百万円、工期3年、日本古来の建築技術を踏襲して完成しました。

鶴の舞橋の架かる「津輕富士見湖」は古来の溜池で正式名称は「廻堰大溜池(まわりぜきおおためいけ)」。古記によれば、この溜池は岩木山を水源とする白狐沢からの自然流水の貯水池でした。万治3年(1660)津軽4代藩主津軽信政が柏地方の用水地にしたと記録され、その後、元禄・寛政・文政・明治・大正と豪雨や融雪など自然災害の度に修理が行われ、昭和16年県営築堤工事に着手、その後国営に切り替えられ昭和35年総工費4億円を投じて現在の堤防が完成しました。
最大貯水量1100万トン。満水面積281.28ヘクタール、水深7mで西津輕一円の農業の命となっている。周囲11kmのうち堤の長さ4.2km,高さ7.08mは日本一、他に例がありません。

1_DSC6571-1.jpg



2_DSC6572-1.jpg



3_DSC6575-1.jpg



4_DSC6577-1.jpg



5_DSC6578.jpg



6_DSC6581.jpg



7_DSC6583.jpg



8_DSC6584.jpg



9_DSC6585.jpg



10_DSC6586.jpg


続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
テーマ川柳(老老介護) [2017年08月19日(Sat)]
テーマ川柳(老老介護)


今月は俳句サークルの句会はお休みです。その代りとして、産経新聞のテーマ川柳を掲載します。老老介護という私達には深刻なテーマですが、これらの川柳でその現実をずばーと言われると、もう笑い飛ばすしか仕方ありません。これは諦めに基づいた日本人の知恵とユーモアだと言えます。評と選は神奈川大学名誉教授復本一郎氏です。(皆川)


「この歳でやっとかなった一人じめ」
  倉敷市  西井幸子
senior09.jpg

<評>もてたご主人でいらっしゃったのでしょう。今や、やっと独り占めして介護できる幸せですね。


「子の方が介護疲れで先に逝く」

  奈良市 伊藤敏彦
kaigotukare2.JPG

<評>今や珍しくありませんね。親を一生懸命介護していた、その子が先に。長寿社会の悲劇です。


「本人も医師も介護もみな老人」

   土浦市 今泉準一
12834-1.jpg

<評>現実はいたってシビア。「みな老人」であることはやはり深刻です。でも現実はそうなのです。

「あんた誰五分に一度名を聞かれ」
   京都・精華町  奥田登
PIC-20150816003143.jpg


「口だけはお互い達者老夫婦」
     三重・紀宝町  稲谷浩
2118840.jpg


「寝た切りに米寿の母が娘みる」
     逗子市 田口充邦
beiju.JPG


「年取れば介護に備えダイエット」
  高槻市 古川治
diet.JPG


「介護する私は誰にしてもらう」
   尼崎市 福西勇
kaigo.JPG


「妻肥満老々介護先不安」
  福山市 掛江一弘
himan.JPG


「神様が呉れた天寿に困り果て」
    三鷹市  小坂恭一
god.JPG


「二人ともいたわり合って涸れていく」
   大阪市  守口侃
rofufu.JPG


Posted by 皆川眞孝 at 09:00
下北半島・津軽半島の旅(12) [2017年08月18日(Fri)]
下北半島・津軽半島の旅(12)

千畳敷-3

21_DSC6544.jpg



22_DSC6545.jpg



23_DSC6547.jpg



24_DSC6548.jpg



25_DSC6550.jpg



26_DSC6551.jpg



27_DSC6552.jpg



28_DSC6554.jpg



29_DSC6555-1.jpg



30_DSC6556-1.jpg


岩の狭い裂け目から海水が噴水のように上がるのをお見せできなくて残念です
31_DSC6557.jpg



32_DSC6558.jpg



33_DSC6559.jpg



34_DSC6560.jpg



35_DSC6561.jpg



36_DSC6563.jpg



37_DSC6565.jpg



38_DSC6568-1.jpg


千畳敷を終り次は「鶴の舞橋」(旅行最終回)へと続きます



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
下北半島・津軽半島の旅(11) [2017年08月17日(Thu)]
下北半島・津軽半島の旅(11)

千畳敷-2


11_DSC6519-1.jpg



12_DSC6526.jpg



13_DSC6532.jpg



14_DSC6536-1.jpg


太宰治 小説津輕 抜粋


この辺の岩石は、すべて角稜質凝灰岩とかいうものだそうで、その海蝕受けて平坦になった斑緑色の岩盤が江戸時代の末期にお化けみたいに海上に露出して数百人の宴会を海浜において催す事が出来るほどのお座敷になったので、これを千畳敷と名付け、またその岩盤のところどころ丸く窪んで海水を湛え、あたかもお酒をなみなみと注いだ大盃みたいな形なので、これを盃沼と称するのだそうだけれど、直径一尺から二尺くらいのたくさんの大穴をことごとく盃と見たてるなど、よっぽどの大酒飲みが名付けたものに違いない。この辺の海岸には奇岩創立し、怒濤にその脚を絶えず洗われている、と、まあ、名所案内記ふうに書けば、そうもなるのだろうが、外ヶ浜北端の海浜のような物凄さは無く、謂わば全国到るところにある普通の「風景」になってしまっていて、津輕独特の佶屈とでもいうような他国の者にとって特に難解の雰囲気は無い。つまり、ひらけているのである。


15_DSC6537.jpg



16_DSC6538-1.jpg



17_DSC6539-1.jpg



18_DSC6541.jpg



19_DSC6542.jpg



20_DSC6543.jpg


続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
下北半島・津軽半島の旅(10) [2017年08月16日(Wed)]
下北半島・津軽半島の旅(10)

千畳敷-1


龍飛崎を離れ、夕刻大鰐温泉青森ワイナリーホテルに向かいました。
明日はワイナリーホテルを出発し、鰺ヶ沢駅からJR五能線に乗って千畳敷駅に下車観光です。

津軽半島では太宰治の生れた金木町や五所川原の見学予定はなく残念に思ったのですが、今度の旅行は太宰治の小説「津輕」をなぞるような旅行でした。
小説「津輕」は太宰の異色傑作と言われています。

「津輕」本編より抜粋

巡礼

「ね、なぜ旅に出るの?」
「苦しいからさ」
「あなたの(苦しい)は、おきまりで、ちっとも信用できません」
「正岡子規三十六、尾崎紅葉三十七、斎藤緑雨三十八、国木田独歩三十八、長塚節三十七、芥川龍之介三十六、嘉村磯多三十七」
「それは、何の事なの?」
「あいつらの死んだとしさ。ばたばた死んでいる。おれもそろそろ、そのとしだ。作家にとって、これくらいの年齢の時が、一ばん大事で」
「そうして、苦しい時なの?」

「何を言ってやがる、ふざけちゃいけない。お前にだって、少しは、わかっている筈だがね。もう、これ以上は言わん。言うと、気障にになる。おい、おれは旅に出るよ」
私もいい加減にとしをとったせいか、自分の気持の説明などは、気障な事のように思われて、(しかも、それは、たいていありふれた文学的な虚飾なのだから)何も言いたくないのである。
津輕の事を書いてみないか、と或る出版社の親しい編集者に前から言われていたし、私も生きているうちに、いちど、自分の生れた地方の隅々まで見て置きたくて、或る年の春、乞食のような姿で東京を出発した。

1_DSC6504.jpg



2_DSC6506.jpg



3_DSC6508.jpg



4_DSC6509.jpg



5_DSC6504.jpg


ブサカワ犬のいる店の前を通るとガイドが言うと、同乗の人たちが一斉にざわめきました。私たちは何のことかわかりません。ブサカワ犬とは「不細工だけれどカワイイ犬」なのだそうです。
そのとき時代から取り残されていると感じました。
後で娘からあの犬は2008年頃秋田犬ワサオの名前で話題になった犬で、同時にブサイクでもカワイイということで知られた犬なのだと教えられました。


6_DSC6512-1.jpg



7_DSC6514.jpg



8_DSC6515.jpg



9_DSC6517.jpg



10_DSC6518.jpg


続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2017 福生七夕祭り(2) [2017年08月15日(Tue)]
2017 福生七夕祭り(2)


15_DSF6817.jpg



16_DSF6818.jpg



17_DSF6819.jpg



18_DSF6820.jpg



19_DSF6821.jpg



20_DSF6822.jpg



21_DSF6823.jpg



22_DSF6825.jpg



23.jpg



24_DSF6830.jpg



25_DSF6836.jpg



26_DSF6835.jpg



27_DSF6840.jpg



28_DSF6841.jpg


暑い夏の1日でした。帰りに福生の駅プラットホームで倒れている人がいて駅員が介抱に大わらわでした。


終わり


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2017 福生七夕祭り(1) [2017年08月14日(Mon)]
2017 福生七夕祭り(1)

8月6日日曜日、前日に続いて二日間行われる福生の七夕祭りを見に行ってきました。
今年、福生市では横田米軍基地に七夕祭りに参加するよう働きかけた結果、アメリカ特設コーナーが設けられていました。
アメリカ特設コーナーに入ってみたら、野外ステージのジャズ演奏が終わった直後で、聴衆から“アンコール”の声があがりましたが、そこは基地の軍人さん サッサと引き上げて行きました。

1_DSF6795.jpg



2_DSF6800.jpg



3_DSF6801.jpg



4_DSF6802.jpg



5_DSF6803.jpg



6_DSF6804.jpg



7_DSF6805.jpg



8_DSF6806.jpg



9_DSF6807.jpg



10_DSF6809.jpg



11_DSF6811.jpg



12_DSF6812.jpg



13_DSF6813.jpg



14_DSF6814.jpg


続く




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2017 ひまわり (3)  [2017年08月13日(Sun)]
2017 ひまわり (3)

明野ひまわり-2


11_DSC6953.jpg



12_DSC6955.jpg



13_DSC6954.jpg



14_DSC6957.jpg



15_DSC6959.jpg



16_DSC6962.jpg



17_DSC6966.jpg



18_DSC6967.jpg



19_DSC6968.jpg



20_DSC6938.jpg


THE END




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2017 ひまわり (2) [2017年08月12日(Sat)]
2017 ひまわり (2)

明野ひまわり-1


1_DSC6914.jpg



2_DSC6915.jpg



3_DSC6916.jpg



4_DSC6918.jpg



5_DSC6925.jpg



6_DSC6933.jpg



7_DSC6941.jpg



8_DSC6943.jpg



9_DSC6950.jpg



10_DSC6949.jpg


続く





文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2017 ひまわり (1) [2017年08月11日(Fri)]
2017 ひまわり (1)

昭和記念公園

昭和記念公園の向日葵は砂川口に近いこもれびの丘とこもれびの里に囲まれた場所に植えられました。今年の生育はよかったのではないでしょうか。
暑いなか大勢の人がカメラを向けていました。


1_DSC6876.jpg



2_DSC6877.jpg



3_DSC6879.jpg



4_DSC6880.jpg



5_DSC6884.jpg



6_DSC6886.jpg



7_DSC6883.jpg



8_DSC6882.jpg



9_DSC6888.jpg



10_DSC6889.jpg



11_DSC6891.jpg



12_DSC6905.jpg



13_DSC6895.jpg



14_DSC6898.jpg


続いて山梨県北杜市明野町のヒマワリを載せます



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
下北半島・津軽半島の旅(9) [2017年08月10日(Thu)]
下北半島・津軽半島の旅(9)

龍飛崎-2


21_DSC6449-1.jpg



22_DSC6450.jpg



23_DSC6451.jpg



24_DSC6452.jpg



25_DSC6453.jpg

龍飛崎の歩くしかない国道339号  大橋巨泉氏がこんな国道は要らないと言ったとか?

26_DSC6455.jpg



27_DSC6458.jpg



28_DSC6463.jpg



29_DSC6468.jpg



30_DSC6472.jpg



31_DSC6473.jpg



32_DSC6483.jpg



33_DSC6489.jpg



34_DSC6491.jpg



35IMG_1568.jpg



36IMG_1569.jpg



37_DSC6501.jpg



38-IMG_1575.jpg


続く


龍飛崎を終り、続いてJR五能線に乗車、鯵ヶ沢駅から千畳敷駅下車、千畳敷海岸へ向かいます



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
下北半島・津軽半島の旅(8) [2017年08月09日(Wed)]
下北半島・津軽半島の旅(8)

龍飛崎-1


佛ヶ浦の見聞を終り、仏ヶ浦の南の脇野沢港からフェリーで陸奥湾を横断して津軽半島の蟹田港へ渡ります。
これは言って見れば<南部>から<津輕>へと文化の異なる地へ移る旅を意味します。
しかも南部と津軽は、つい最近まで犬猿の間柄でしたし、現代に至っても両方の民衆の心の底流にはその残滓があると言えるのではないでしょうか。

南部と津軽

青森県に「南部と津軽」という言い方があります。
観光バス会社の津輕出身の女性ガイドが行く先々で南部と津軽の方言の違いを説明してくれました。
浅学菲才の私は「南部と津軽」について全く無知だったのです。

南部とは南部藩を意味し同時に江戸時代南部氏の所領だった地域、現青森県の東部と岩手県北部・中部までも含む地域、津軽は現青森県の西部、藩政時代津輕氏(弘前藩と黒石藩)が支配した地域を指します。

南部と津軽は関ヶ原の役以降犬猿の間柄になったといわれ、今でも二つの地域は異なる文化圏で言葉・方言・風習などが違っていて、南部氏の中心盛岡藩の傘下にあった八戸藩統治下の現八戸市は青森県に所属する町なのに新聞、テレビは岩手県寄りのまま、人間社会は古い歴史を背負って営まれているということが実感されます。

南部氏の起原は古く南北朝時代にまで遡り、東北を支配する一大勢力で、同一地域に居座って800年も地位を保った氏族は九州の島津氏と二つしかないのだそうです。
津軽氏も元を糾せば南部氏の支族の一つに過ぎないのですが、安土桃山時代豊臣秀吉の小田原攻めの際、武功が認められ豊臣大名の一員に加えられました。
関ヶ原の役に際して津輕氏を含め南部氏は徳川方につき東北の支配地は安堵されたようです。
私見に過ぎませんが関ヶ原以降津軽氏と南部氏の間に亀裂が走り、犬猿の間柄になったのは徳川一強への対処の仕方に原因があったと考えます。

檜山騒動も南部の檜を津軽藩が徳川に献上したことから発していますし、江戸末期には相馬大作事件(南部藩士が江戸から帰郷する津輕藩主を鉄砲で狙撃した事件)が起きました。

幕末から明治への移行期、最後の一戦 戊辰戦争のとき南部・津軽ともに奥羽列藩同盟に所属していましたが、津軽藩は南部を出し抜くようにいち早く新政府軍に恭順の意をしめしました。このことが過去の諍いを怨念にまでエスカレートさせたのでしょう。
明治2年戊辰戦争の戦後処理で新政府軍は南部は津輕の取締り下に入るよう指示したのですが、指示撤回の嘆願があいついで現地には不穏な空気まで流れはじめ、指示は取り下げられました。
明治4年廃藩置県で当初、弘前県が設置されたのですが、新政府から県知事に任命された熊本藩士野田豁通が現場の空気を察して青森県と改名しました。これは妥協の結果の措置ですが、裏で下北半島に配置換えされていた元会津藩・斗南藩の工作があったという話です。

このような過去の経緯が平成の現在に至るも尾をひき、それはネプタ祭りのような行事にも影響を与えているのです。


1_DSC6421.jpg



2_DSC6422.jpg



3_DSC6423-1.jpg



4_DSC6424-1.jpg



5_DSC6426-1.jpg



6_DSC6428-1.jpg



7_DSC6431.jpg



8_DSC6432.jpg



9_DSC6434.jpg



10_DSC6435.jpg



11_DSC6436.jpg



12_DSC6437.jpg



13_DSC6438.jpg



14_DSC6439.jpg



15_DSC6440.jpg



16_DSC6441.jpg



17_DSC6442.jpg



18_DSC6443.jpg



19_DSC6444.jpg



20_DSC6445.jpg


続く



文責 荒川



Posted by wild river at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml