CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
2017 梅(1)  [2017年02月28日(Tue)]
2017 梅(1)

1年をかけて四季は巡り、花々もそれに合わせて開花と落花を繰り返しています。
新春の1月から2月に梅を撮るといってカメラを持ちだすと、家内は毎年同じ花をよく飽きもせず撮り続けられますねと半ば感心し半ば呆れているようです。
「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」と記す方丈記にみるように、子細に見れば今年の梅は去年の梅にはあらずです。

早春の一日府中郷土の森へ観梅にでかけてみました。
同種同名の花の写真が重複していますがご容赦のほどをお願いします。


1_DSC3065.jpg



2_DSC3066.jpg



3_DSC3067.jpg



4_DSC3074.jpg



5_DSC3083.jpg



6_DSC3089.jpg



7_DSC3094.jpg



8_DSC3096.jpg



9_DSC3075.jpg



10_DSC3077.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
秩父三大氷柱巡り 芦ヶ久保の氷柱(2) [2017年02月27日(Mon)]
秩父三大氷柱巡り 芦ヶ久保の氷柱(2)


11_DSF4280.jpg



12_DSF4281.jpg



13_DSF4282.jpg



14_DSF4283.jpg



15_DSF4284.jpg



17_DSF4285.jpg



18_DSF4286.jpg



19_DSF4287.jpg



20_DSF4289.jpg



21_DSF4292.jpg


終わり



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
今月の俳句(29年2月) [2017年02月25日(Sat)]
今月の俳句(平成二十九年二月)


 兼題は「春浅し」「早春」です。「春きざす」「余寒(よかん)」も同じような季語です。選評は藤戸紘子さん、今月の一句の選と評は、木原義江さんです。

「日溜りの猫の背伸びや春きざす」
    宮ア 和子

62550677_cb3bc6485c_o.jpg

冬の日溜りも暖かいには違いないのですが、身体を伸ばして眠るほどには温かくありません。猫でも身体を丸めていることが多いようです。春が近づくにつれ日ざしも強くなり、猫もだんだん身体を伸ばしてゆったりと寝るようになります。この句はそんな猫が目覚めた瞬間を捉えたのでしょう。猫は前足を伸ばし、次に後ろ足を伸ばし、最後に大きな欠伸をします。
長閑な春のきざしが感じられる句となりました。

「うす墨で描く山々春きざす」
    木原 義江

suiboku-e1354005830627.jpg

作者は水墨画を能くされます。水墨で景色を描いている景が浮かびます。霞がかった遠景の山々をうす墨で淡く描こうとされているのでしょう。冬の間は空気が乾燥しているので遠景でもくっきり見えるのですが、春の到来とともに大気は水分を含みますので、遠景は霞んで見えます。
つまり遠くの山々が霞んでいるということは、春がもうそこまで来ているということで、季語「春きざす」が効いています。

「土手道の肌刺す風や余寒なほ」
     皆川 瀧子

dote.jpg

寒が明けても寒さが残っている感じを余寒(よかん)(春の季語)といいます。土手道は遮るものが無い上に川面を渡ってくるせいか川風は一際冷たく感じます。作者は春とは名ばかりの肌を刺すような川風に余寒を強く感じられたのでしょう。それでも土手には草が萌え始めているし、土筆も頭を擡げ始めていることでしょう。辺りは沢山の命が蠢いています。

「あやす子の足の弾むや春うらら」 
     小野 洋子

th3YMZVCJR.jpg

幼い子を膝に立たせてあやすと、嬉しくなるのかしきりに足を弾ませて、可愛い笑い声をあげたりします。その足の力は意外に強いものです。
母と子の幸せな笑顔と季語「春うらら」がよく響きあって、読む者の心まで明るくなります。

「冬の鵜の眼きびしく動かざる」
     渡辺 功

thJE1Y2BPC.jpg

日本では川鵜と海鵜を良く見かけます。鵜は夏の季語ですが、この句のように夏以外でも見かけますので、その場合は季節の語とともに用います。鵜は頸は細長く全身黒色。長良川の鵜飼いは有名ですね。鵜は潜水が巧みで、険しい断崖から一直線に海へ飛び込んで、海中の魚を捕食します。この句の鵜はじっと動かず、眼だけは爛々と水中の獲物を狙っているのでしょう。
いつもの飄々とした作風とは一変して、男性の句らしいきりっとした緊張感と格調の高さが感じられます。

「手術日や寒天を突く大ポプラ」
    皆川 眞孝

popular.JPG

作者は最近体調を崩され、手術を受けられました。手術の当日、病院の窓からポプラの大樹を眺められたのでしょう。ポプラはヤナギ科の落葉樹で高く伸び、樹形が大変美しい。この季節ですから葉をすっかり落し、枝が八方に広がっている姿が浮かびます。大樹の枝は高く高く天を突くかのように、人の太い腕のように見えたかもしれません。手術前の不安な心と回復への強い期待の入り混じった心が、鈍色の寒空と堂々と天に向かって枝を伸ばしている大ポプラの生命力によってよく表現されています。
また、手術後なのに句会に投句されました。その熱意には頭が下がります。一日も早いご快癒を心より祈っています。

「豆撒きや雀の並ぶ大庇」
    藤戸 紘子

mamewmaki2.JPG


毎年高幡不動尊では追儺(ついな)・豆撒(冬の季語)が盛大に行われ人気を博しています。
多分、この句の舞台は高幡不動と思われます。豆撒きと言えば、普通は豆をまく人、またはそれを受ける人を中心に俳句を考えますが、作者はなんと雀に注目しています。通常なら電線に並んでとまっている雀達が、大きな庇に並んでいます。目的は勿論、地面に落ちて残される沢山の豆。豆をまいている人間たちを見ながら、じっと待っている雀たち、なんともユーモアのある風景ではありませんか。作者の観察の鋭さと、目の付け所の良さに感服した一句です。(評:皆川眞孝)
(注)雀は季語ではありません。ただし「雀の子」(子雀)(黄雀)「雀の巣」は、春の季語となります。

今月の一句(選と評:木原義江)

「 達磨売る達磨のやうな翁かな」
     渡辺 功
 
darumai.JPG


高幡不動尊のだるま市は一月二十八日の初不動に、関東各地から集まっただるま屋が並び、境内は大賑わいです。豊田から訪れた友人と行って来ましたが、自分では見たはずの達磨店の様子を俳句にすることは頭に浮かびませんでした。達人の渡辺さんの句は、茣蓙の上に並べられた大小のだるまの真ん中に座る大将を詠んだだけですが、不動尊の景色をありありと思い出しました。また、だるま売りを翁と表現した作者に感動しました。
(評:木原義江)

兼題の他の句
「春浅し少し厚目の卵焼」
     渡辺 功
「早春や川の鯉跳ねひかり散る」
     宮ア 和子
「篠生ふる山の木洩れ日春浅し」
     宮ア 和子
「採血の白き指先春浅し」
     皆川 眞孝


<添削教室>
元句「(みぞれ)降る術後痛みに堪へし朝
     皆川眞孝
「術後痛みに」は「術後の痛みに」した方が分かりやすい。ただこのままだと中七が八音となるので、順序を変えて、朝を削って、次のように添削していただきました。
添削後 「手術後の痛みに堪ふや霙降る
     皆川眞孝
手術後も続く痛みに焦点をあわせたので、みぞれのしょぼしょぼ降る様子とよく響き合うようになりました。
(皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
秩父三大氷柱巡り 芦ヶ久保の氷柱(1) [2017年02月24日(Fri)]
秩父三大氷柱巡り 芦ヶ久保の氷柱(1)

芦ヶ久保氷柱は秩父市と飯能市を結ぶ国道299号、西武秩父線の芦ヶ久保駅のすぐ近くにあり、鉄道線路の脇にあるといってもいいと思います。
氷柱を望む展望台では無料の甘酒が振る舞われていました。展望台から望む山並みの中腹とおぼしき場所には太陽電池のパネルが多数設置されてるのがわかり、目の前の手すりには猿に餌をやらないでとの表示板、鉄道沿線だというのに猿とは・・ 流石、かつての秘境秩父(作家三角寛の山窩小説の舞台)だと思いました。


1_DSF4274.jpg



2_DSF4271.jpg



3_DSF4270.jpg



4_DSF4272.jpg



5_DSF4273.jpg



6_DSF4275.jpg



7_DSF4276.jpg



8_DSF4277.jpg



9_DSF4278.jpg



10_DSF4279.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
秩父三大氷柱巡り 三十槌の氷柱(2) [2017年02月23日(Thu)]
秩父三大氷柱巡り 三十槌の氷柱(2)


11_DSF4249.jpg



12_DSF4250.jpg



13_DSF4251.jpg



14_DSF4252.jpg



15_DSF4253.jpg



16_DSF4254.jpg



17_DSF4255.jpg



18_DSF4256.jpg



19_DSF4257.jpg



20_DSF4258.jpg



21_DSF4260.jpg



22_DSF4261.jpg



23_DSF4265.jpg


終わり(次は芦ヶ久保氷柱へ続きます)



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
サラリーマン川柳2017 [2017年02月21日(Tue)]

サラリーマン川柳2017


今年も第一生命からサラリーマン川柳入選作100が発表されました。この中から人気投票を得て、5月にベスト10が決まります。
シルバー川柳と違って、若い人をターゲットとしているので時事的なテーマが多くて分かり難い川柳がありますが、
私が自分が分かりやすい14句を適当にピックアップしてイラストを付けて紹介します。解説は不要と思います。(皆川)

*こづかいも マイナス金利と 妻が言う

image.jpg


*自主返納 主夫免許には ありません

73043_01.jpg


*久しぶり 聞くに聞けない 「君の名は」
  (注)アニメ映画「君の名は」は人気がありました。

kiminonas.JPG


*ありのまま スッピン見せたら 君の名は?

kimino.JPG


*けんかした 家にも欲しい 地下空間

chikakuukan.JPG


*残業はするな これだけ やっておけ

AS20140106004620_comm.jpg


*効率化 提案するため 日々残業

bn1-443.jpg


*丸投げと バトン渡しは 五輪級
(注)こういう上司がいます。

tamanage.JPG


*ポケモンで 希望者増えた 外回り
   (注)一時、ポケモンGOがブームでした。

go.JPG

  
*妻は言う 手抜きじゃないの ヘルシーよ

tenuki.jpg


*ちゃんとやれ  それじゃ分からん ちゃんと言え

channto.JPG


*病院で サミットしている  爺7
20130515.jpg

(イラストでは婆も入れています。)

*「パパお風呂」 入れじゃなくて 「掃除して!」

303.jpg


*書きたいな 扶養控除に 猫と犬

fuyoukou.JPG
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
藤田嗣治のyoutube [2017年02月20日(Mon)]
藤田嗣治画伯の映像です。
ぜひ、ご覧ください。


Posted by 明平暢男 at 09:00
秩父三大氷柱巡り 三十槌の氷柱(1) [2017年02月19日(Sun)]
秩父三大氷柱巡り 三十槌の氷柱(1)


三十槌(みそつち)の氷柱は三大氷柱のなかで一番大きな氷柱です。雁坂トンネルを通して山梨県へ抜ける国道140号は秩父市役所大滝支所の所で二つに分かれ、右へ進めば中津川渓谷経由山梨へ、左に進めば秩父湖・三峰神社口経由山梨へ至るルートですが、左へ進み秩父湖の手前の河原に氷柱はあります。左に進み思ったより近い道路傍に表示板が出ています。

1_DSF4238.jpg



2_DSF4240.jpg



3_DSF4241.jpg



4_DSF4242.jpg



5_DSF4243.jpg



6_DSF4244.jpg



7_DSF4245.jpg



8_DSF4246.jpg



9_DSF4247.jpg



10_DSF4248.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
秩父三大氷柱巡り 尾の内氷柱(2) [2017年02月18日(Sat)]
秩父三大氷柱巡り 尾の内氷柱(2)


11_DSF4226.jpg



12_DSF4227.jpg



13_DSF4228.jpg



14_DSF4229.jpg



15_DSF4230.jpg



16_DSF4231.jpg



17_DSF4232.jpg



18_DSF4233.jpg



19_DSF4235.jpg



21_DSF4237.jpg



20_DSF4236.jpg



終わり(次は三十槌の氷柱へと続きます)


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
秩父三大氷柱巡り 尾の内氷柱(1)  [2017年02月16日(Thu)]
秩父三大氷柱巡り 尾の内氷柱(1)

毎年、年明け1月から2月にかけて秩父の氷柱がテレビ報道されます。
関東北3県にも有名な氷柱がありますが、なかには、氷壁の登攀技術を必要とする場所もあり、特に中高年者には遠い上に体力と安全の両面から氷柱をを見るのは難しい場所です。その点で、秩父の氷柱は近いし、三か所とも危険な場所もなく行き易いところです。

良く晴れた日、関越自動車道花園インターを降りて秩父に向かい、一番遠い小鹿野町の「尾の内氷柱」をかわぎりに、次は秩父市大滝の「三十槌の氷柱」、そこから秩父市街に戻り
近郊の西武秩父線芦ヶ久保駅近くの「芦ヶ久保氷柱」と三大氷柱のハシゴ見物をしました。
尾の内氷柱は両神山の麓、日航機墜落事故で知られる群馬県上野村に接する県境です。


1_DSF4215.jpg



2_DSF4216.jpg



3_DSF4217.jpg



4_DSF4218.jpg



5_DSF4219.jpg



6_DSF4220.jpg



7_DSF4221.jpg



8_DSF4222.jpg



9_DSF4223.jpg



10_DSF4225.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
吾妻山公園(3) [2017年02月14日(Tue)]
吾妻山公園(3)


21_DSF4165.jpg



22_DSF4166.jpg



23_DSF4173.jpg



24_DSF4174.jpg



25_DSF4176.jpg



26_DSF4183.jpg



27_DSF4186.jpg



28_DSF4188.jpg



29_DSF4191.jpg



30_DSF4190.jpg


終わり


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
吾妻山公園(2) [2017年02月13日(Mon)]
吾妻山公園(2)



11_DSF4150.jpg



12_DSF4151.jpg



13_DSF4152.jpg



14_DSF4153.jpg



15_DSF4156.jpg



16_DSF4158.jpg

展望台から富士山を撮る場合には菜の花を画面に入れることはできません


17_DSF4162.jpg



18_DSF4161.jpg



19_DSF4163.jpg



20_DSF4164.jpg



続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
吾妻山公園(1)  [2017年02月11日(Sat)]
吾妻山公園(1)

神奈川県中郡二宮町、JR東海道本線大磯駅の一つ先二宮駅に下車して駅前方左の方を見ると吾妻山公園の案内板が目にはいります。吾妻山は標高136.2m二宮駅からいきなり山に登るイメージです。山は低く、駅に近く、登山道は整備されていて安全、となにかも中高年向きの条件を満たす公園で、頂上に着けば、一月だったら菜の花を介して目の前に富士山が見え、さらに周囲を見れば三浦半島と伊豆半島に抱かれた早春の相模湾、湾岸の市街地が眼下に、富士山の両袖には伊豆の山々、丹沢山塊、天下の嶮箱根の外輪山、南足柄の金時山・・・
殆ど360度展望の山頂公園が展開します。

晴れた暖かい冬の一日を選んで、吾妻山公園に出かけ軽い山登りの後、山頂の展望に浸りながら弁当をひろげたら、どなたでも至福の時間を持っことに満足するに違いありません。
二宮町のホームページに予めアクセスしてみたら、吾妻山公園について駅から登山道入り口まで5分、そこから頂上まで20分と出ていました。私の経験では、駅からゆっくり歩いてトータル20分でした。


1_DSF4210.jpg



2_DSF4211.jpg



3_DSF4212.jpg



4_DSF4143.jpg



5_DSF4145.jpg



6_DSF4194.jpg



7_DSF4147.jpg



8_DSF4146.jpg



9_DSF4148.jpg



10_DSF4149.jpg



続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
テーマ川柳(正岡子規) [2017年02月10日(Fri)]
テーマ 川柳(正岡子規)


産経の川柳のテーマとして、正岡子規が取り上げられました。正岡子規は、ご存知のように俳句の世界では芭蕉にならんで大切な人です。愛媛県松山に生まれ、幼名・昇(のぼる)本名・常規(つねのり)、子規は俳号で、ホトトギスを意味し、彼が喀血した後「鳴いて血を吐くほととぎす」と俳号にしたもの。若いころは野球をし、捕手のポジションでした。野球用語を日本語に訳しました。最後の8年間は、脊椎カリエスで寝たきりで苦しみました。35歳で1902年9月19に東京根岸で亡くなり、彼の忌日は子規忌、糸瓜忌、獺祭忌と呼ばれ、秋の季語です。
川柳に投稿された方々は、子規の事をよくご存知で、今回の川柳は読む側の知的レベルを試されているようです。選者・評は神奈川大学名誉教授・復本一郎氏です。イラストは私が勝手に付けました。(皆川)


カワウソの漢字覚えた獺祭忌

   泉佐野市   河合陽子様
dassai.JPG

(評)現今「獺祭」(だっさい)というお酒に人気が集まっているようです。普段、あまり見かけない漢字ですね。
(注)子規が獺祭書屋主人と号したところから、彼の忌日を獺祭忌と言います。獺祭とは、カワウソが捕獲した魚を食べる前に並べておくことを、魚を祭るのにたとえたもの。(皆川)


病床にスマホ有ればと口惜しがり

  伊勢崎市     渋川則明様
s-nedoko_smartphone.jpg

(評)もし子規が今日、病牀六尺の生活を送っていたとしたら、どんなに無聊を慰めれれていたことか。


干柿をくえば聞こえる除夜の鐘

  高崎市  奥仲榮雄様
s-dfaa51169604988148b579d65e02427b.jpg

(評)近頃何かと話題となる除夜の鐘。一句詠むとしたら季節的に当然、「干柿」ということですね。

川柳か俳句か子規に聞いてくれ
    明石市    黒田實様
haiku sen.JPG


柿食えば苦情出るなり除夜の鐘
      横須賀市   松方尚義様
joyayakama.JPG


坊ちゃんが柿を片手に子規見舞い
      大村市  宮坂睦郎様
kakibocchan.JPG


松山市子規が俳句の町にした
      門真市   和泉雄幸様
matuyama.JPG


柿食えば皆が知ってる子規浮かぶ
   堺市   P川ますみ様
s-a0157278_1057885.jpg


友情の愚陀仏庵や柿と鐘
    高槻市  東谷直司様
s-kakikane.jpg

(注)夏目漱石が松山で下宿した建物を愚陀仏庵と称し、一時正岡子規も同居したいた。

「打者走者」英語嫌いが名訳し
    勝浦市  岡元邦武様
8ceb9b206aa9472db510aed8b8dfe5b2.jpg


門下生育てた子規の指導力
     井原市    山崎範雄様
s-image_17.jpg


六尺の病床にある全宇宙
    木津川市   佐々木芳徳様
d0051179_1363632.jpg

Posted by 皆川眞孝 at 09:00
悪徳商法事例集(120)有料のサイト [2017年02月09日(Thu)]
悪徳商法事例集(120)有料のサイト


独立行政法人国民生活センターから最新の見守り新鮮情報が届きました。
今回も、以前からよくあるインターネット詐欺で、無料だというのでアクセスしたら有料だから金を払えと脅かす詐欺です。君子危うきに近づかず。このブログの読者なら大丈夫でしょう。(皆川)

無料のはずが有料だった アダルトサイトのトラブル
________________

パソコンでアダルトサイトが「無料」と表示されていたのでクリックした。「18歳以上」をクリックした後に年齢を入力したら、有料登録になり13万5千円の料金請求画面が表示された。「退会の手続き」の画面があったので、自宅の固定電話から連絡をし、有料だとは思っていなかったことを伝えたところ、「申し込んでしまったのでキャンセルはできない。明日の14時までに支払わないと料金が25万円になる」と言われた。(70歳代 男性)
adult.JPG

========
<ひとこと助言>
☆無料だと思ってアダルトサイトを閲覧し、動画再生ボタンなどをクリックしたら、突然、「登録完了」などの画面が現れ料金を請求されたという相談が後を絶ちません。「無料」のキーワードでサイト検索をしても無料サイトとは限りません。安易にクリックしないようにしましょう。

☆「退会はこちら」「誤操作の方はこちら」等の案内があっても、決して連絡してはいけません。支払いをさらに求められたり、個人情報を聞き出されたりする危険があります。

☆事業者にお金を支払ってしまうと、取り戻すことは困難です。慌てて支払わないようにしましょう。

☆不安に思ったりトラブルに遭ったりした場合には、お住まいの自治体の消費
 生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
1月末のお八日(おはちんち) 高幡不動尊(2)  [2017年02月08日(Wed)]
1月末のお八日(おはちんち) 高幡不動尊(2)


21_DSC2881.jpg



22_DSC2878.jpg



23_DSC2877.jpg



24_DSC2876.jpg



25_DSC2875.jpg



26_DSC2883.jpg



27_DSC2884.jpg



28_DSC2882.jpg



29_DSC2885.jpg



30_DSC2886.jpg



31_DSC2887.jpg



32_DSC2888.jpg



33_DSC2912.jpg



34_DSC2914.jpg



35_DSC2915.jpg



36_DSC2917.jpg



37_DSC2918.jpg



38_DSC2919.jpg



39_DSC2923.jpg



40_DSC2924.jpg


終わり


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
映画「沈黙ーサイレンスー」 [2017年02月06日(Mon)]

映画「沈黙―サイレンスー」


遠藤周作の代表作「沈黙」は1966年に発表され、話題となりました。私も当時この小説を読んで感銘を受けました。江戸時代初期の切支丹弾圧の渦中、日本に渡ったポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を考えるストーリーです。カトリックの遠藤周作が「沈黙を続ける神」に真剣に悩んだ末のひとつの結論がこの小説だと思いました。1971年に篠田正浩監督により映画化されましたが、この映画は見ていません。

そしてこの小説が書かれてから50年後の2016年、アメリカのマーティン・スコセッシ監督により映画化されました。スコセッシ監督は、イタリア移民の家に生まれ、映画「タクシードライバー」、「ディパーテッド」などの問題作で有名です。28年前に原作を読んだスコセッシ監督がずっと映画化を考え日本についても研究し、出来上がった作品だけに、真面目な重厚な映画に仕上がっています。
1476944594_2.jpg
スコセッシ監督


あらすじ
  江戸時代初期、イエスズ会が日本に布教のために送り込んだフェレイラ教父が棄教したというニュースがローマ教会に届く。フェレイラを師と仰ぐ宣教師のロドリゴはその真偽を確かめるために、仲間の宣教師と共に密に日本・長崎の近くに上陸する。そこで会った村人は隠れキリシタンであった。しかし、役人の厳しい拷問で切支丹と分かった信徒は次々と処刑されていく。ロドリゴも捕らえられ、ロドリゴではなく信徒を拷問にかけ彼らを救うために棄教をせよと迫られる。神はなぜこんな状況でも沈黙を続けるのか、神は本当にいるのか?・・・
 
si_01.jpg
宣教師ロドリゴ

外国人が作った映画なので、日本人のセリフも英語で日本語字幕付きです。初めは違和感がありましたが、ロドリゴの視点からみた日本ということですからすぐ慣れました。また、当時の日本の描き方も偏見がありません。

厳しくまた巧妙にロドリゴを取り調べる長崎奉行・井上筑後守をイッセー尾形が、軟と硬を取り混ぜ棄教を迫る通辞(通訳)の役人を浅野忠信が演じていますが、それぞれ英語の発音もよく、印象に残る上手な演技でした。
enn1701251700008-p2.jpg
右、イッセー尾形

何度も棄教し、ロドリゴを密告するなど裏切りを繰り返すキチジローはこの映画の準主役ですが、窪塚洋介が人間の弱さと卑屈さを体当たりで演じています。
260849.jpg
キチジロー


ロケーション撮影は主に台湾で行ったそうですが、きっと当時の長崎の寒村はこんなだったろうと寂れた雰囲気がよくでています。処刑場面など結構生々しく残酷なシーンもありますので、ご覧になる方は覚悟して見てください。また、映画は2時間45分と長く途中休憩がありませんのでご注意ください。
chinmoku-660x350.jpg


現在でも宗教の違いによる戦争やテロが続いています。神は沈黙を続けていますが、現在の状況をどうみているのでしょうか?他の宗教の人を殺したり、迫害されて殉教することが神を信ずることでしょうか?信仰とはなんだろうか、と考えさせられます。
監督がこの映画で伝えたかったのは、「強くなれる者もいれば、うまくいかない者もいる。弱き者にも生き場所があってもよいのではないか」ということでしょう。
原作をもう一度読み直したくなりました。

私はクリスチャンでないので、映画を客観的に鑑賞できました。江戸時代に幕府がキリスト教を禁止したのは歴史的に見て日本を植民地になることから救った正しい判断だったと私は信じていますが、キリスト教の人たちはどんな印象をうけるでしょうか?
予告編は次をご覧ください。

http://chinmoku.jp/

(皆川眞孝)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
1月末のお八日(おはちんち) 高幡不動尊(1)  [2017年02月05日(Sun)]
1月末のお八日(おはちんち) 高幡不動尊(1)

毎年1月終わりの28日は、「初不動大祭」が行われ、成田山新勝寺と並んで関東三大不動の一つ高幡不動尊の年中行事となっていて境内では“だるま市”“稚児行列”が催されます。
私は迂闊にもそのことを知りませんでした。
家内を駅前の診療所に連れて行った帰りに高幡不動尊の前を通ったところ大勢の警察官が出て参拝客を誘導していて、人出は元日の初詣で並に見えました。
早速カメラを持って、三沢五丁目の裏山経由で大祭を見に行きました。
高幡城址から鐘楼に至る八十八か所巡拝道周辺の山林は伐採されて富士山が良く見えます。
参拝に来られたご婦人が持参したチラシを見せてもらったら、28日大祭の参詣は特にご利益が大きいと書かれていました。

1_DSC2925.jpg



2_DSC2926.jpg



3_DSC2927.jpg



4_DSC2868.jpg



5_DSC2869.jpg



6_DSC2874.jpg



7_DSC2893.jpg



8_DSC2894.jpg



9_DSC2895.jpg



10_DSC2896.jpg



11_DSC2897.jpg



12_DSC2898.jpg



13_DSC2899.jpg



14_DSC2901.jpg



15_DSC2902.jpg



16_DSC2904.jpg



17_DSC2905.jpg



18_DSC2907.jpg



19_DSC2908.jpg



20_DSC2911.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
テーマ川柳(風呂) [2017年02月03日(Fri)]
テーマ川柳(風呂)

 今週の産経新聞のテーマ川柳は、冬の季節にはぴったりの「風呂」でした。
イラストを勝手につけて掲載します。
評と選は復本一郎・神奈川大名誉教授です。

<天>
長風呂をすると覗きに妻が来る

   三鷹市 小坂恭一様
a955e5f4ff529ba209dcd2b641ca2eba.jpg

(評)あまりに静かなお風呂。ひょっとして、と心配になったのでしょう。お風呂の事故、多いので。

<地>
脱いじゃって気が付くお湯の張り忘れ

  川崎市 大平小鈴様
haariwasure.JPG

(評)「おーい、お湯が入ってないぞ」「あら!?」という経験、誰でも一度や二度は。冬なら大変です。

<人>
我が家では風呂とトイレが憩いの場

   大阪・忠岡町  上西洋治様
ofuro.jpg

(評)人間たまにはたった一人だけになりたいものです。そんな時に一番落ち着ける場所は、そうかも。

わが家(いえ)の一番風呂は山の神
   千葉市  中野雅治様
ichibann.JPG


妻よりも優しく「オフロワキマシタ」
   堺市   萩野富幸様
wakimasita.JPG


「もう出るぞ!」男の湯から女湯へ
   横浜市  篠田勲様
dedruzo2.JPG


逆さまになって浴槽洗う妻
   竹原市 岡元稔元様
thQSLW3VJ4.jpg


手足伸ばしつい口ずさむ「神田川」
    東京・荒川   佐々木重雄様

kandagawa.JPG


脱ぐだけで大仕事なり冬の風呂
     木津川市  佐々木直美様
datui.JPG


夜目遠目風呂の内
     伊勢崎市   高尾真由美様
9399148.jpg

  
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
川越というところ(6) [2017年02月02日(Thu)]
川越というところ(6)



51_DSF3869.jpg



52_DSF3871.jpg



53_DSF3873.jpg



54_DSF3874.jpg



55_DSF3876.jpg

時の鐘は川越二代藩主酒井忠勝が寛永年間、城下多賀町(今の幸町)に建てたのが最初です。
残念ですが最初の時の鐘は川越大火で焼失し現在の時の鐘は明治に再建された建物です


56_DSF3882.jpg



57_DSF3877.jpg



58_DSF3878.jpg



59_DSF3879.jpg



60_DSF3880.jpg



61_DSF3881.jpg


終わり


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml