CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
5月 昭和記念公園(2) (05/18) 荒川健三
5月 昭和記念公園(3) (05/18) 明平暢男
5月 昭和記念公園(3) (05/18) ミセスミヤ
5月 昭和記念公園(2) (05/17) 荒川 健三
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (4) (05/14) 明平暢男
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (4) (05/14) 明平暢男
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (4) (05/14) 皆川
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (4) (05/14) 荒川 健三
カッコソウ(2) (05/12) 石塚 美代
カッコソウ(2) (05/12)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ハーモニカサークルの活動(いずみの森) [2016年02月29日(Mon)]
ーモニカサークルの活動
デイサービス・いずみの森

日野市ボランティア・センターからの依頼で、ハーモニカ・サークルの有志が、日野市東豊田にあるデイサービス施設・「いずみの森」で2月24日にハーモニカ演奏をしました。
s-P1030633.jpg

場所は、豊田整形外科に隣接したマンションの1階で、約20名のお年寄りが介護サービスを受けに来ています。

午後2時から1時間のリクリエーション時間での演奏という依頼だったので、ハーモニカと一緒に歌える12曲を準備して、歌詞をお渡しました。
s-P1030623.jpg

当日は風邪をひいた人もいて、サークルからやや少なめの5名が集まりました。ひな祭りも近いので、まず「ひなまつり」の歌を挨拶代わりとして演奏しました。
s-P1030626.jpg

それから、昔なつかしい「青い山脈」、これは皆さんよく記憶されていて大きな声で歌っていました。それから、今の季節にあった「早春賦」「朧月夜」と日本の曲、それから「ローレライ」「旅愁」「埴生の宿」と外国のおなじみの曲を伴奏しました.

休憩の後、原さんが「津軽海峡冬景色」を独奏しました。ベースを入れた華麗な演奏で、聞き惚れました。
s-P1030625.jpg

それから「野ばら(ウェルナー)」、滝廉太郎の「荒城の月」、戦後流行った「りんごの歌」、再び原さんが「大阪ラプソディー」を独奏、と続きました。
「高校三年生」は他の施設で人気があったので、今回レパートリーに含めて見ましたが、皆さん、昔に戻った気分で歌っていたようで、楽しそうでした。
軽快なスコットランド民謡「故郷の空」の後、最後の曲「ふるさと」は大合唱で終わりました。
s-P1030627.jpg

このように、施設でのボランティアでは、ハーモニカの演奏は歌の伴奏ですが、ピアノとは違って郷愁をよぶ音色だと好評でした。私達も、皆さんが楽しそうに歌ってくれて、すこしでもお役に立ててうれしい気持ちになりました。
(皆川眞孝)
Posted by 皆川眞孝 at 10:00
2016 府中郷土の森 梅園(5) [2016年02月28日(Sun)]
2016 府中郷土の森 梅園(5)



41_DSC4010.jpg



42_DSC4039.jpg



43_DSC4045.jpg



44_DSC4041.jpg



45_DSC4043.jpg



46_DSC4049.jpg



47_DSC4047.jpg



48_DSC4052.jpg



49_DSC4054.jpg



50_DSC4055.jpg



続く


<荒川>
Posted by wild river at 09:00
2016 府中郷土の森 梅園(4) [2016年02月27日(Sat)]
2016 府中郷土の森 梅園(4)



31_DSC3926.jpg



32_DSC3971.jpg



33_DSC3970.jpg



34_DSC3989.jpg



35_DSC3992.jpg



36_DSC3995.jpg



37_DSC3996.jpg



38_DSC3997.jpg



39_DSC4003.jpg



40_DSC4007.jpg



続く



<荒川>
Posted by wild river at 09:00
映画「X−ミッション」 [2016年02月26日(Fri)]
映画「X−ミッション」

xmission.jpg


題名だけではどんな映画かさっぱりわかりませんが、新聞にこの映画の紹介がでていて面白そうだったので、多摩センターに見にでかけました。
Xは、エクストリームのことで、「極端にすごい」という意味です。ミッションは、「使命」という意味で、ここではアメリカのFBI捜査官に対して、犯罪集団に潜入してその実態を探れという使命です。
  FBI(米国連邦捜査局)捜査官ユタ(ルーク・ブレイシー)は、モトクロスの有名な選手でした。モトクロスというのは、モーターバイクによるクロス・カントリーのことで、あるとき、大変危険な山道を走り一緒に走った友人が崖から落ちて死んでしまいます。その罪悪感からモトクロスをやめて、FBIに応募して捜査官になります。
 そんな時、現金を輸送する貨物飛行機に何者かが潜入して空中で現金を盗み出し、空からばらまくという事件が起きます。犯人たちは、飛行機から飛び降りて見事なスカイダイビングで、逃走してしまいます。
190908.jpg

また、高層ビルの最上階でダイヤモンドを販売している店から大量のダイヤを盗み出し、パラシュートのついたモーターバイクで外に飛び出して逃げるという事件がおきます。盗んだダイヤモンドは、全部貧乏な人たちにあげてしまいます。このグループは大変危険な方法で犯罪を実行しますが、金目当てでないようです。目的はなんでしょうか?
捜査官ユタは、犯人グループは超人的なスポーツ選手(アスリート)の集団で、X−スポーツの究極の目的(8つの困難な試練)を達成するために、犯罪を行っていると考えて、自分から志願して、仲間になろうとこの犯罪グループのリーダー(エドガー・ラミレス)に近づきます。
果たして、ユタのミッションは成功するでしょうか? 

この映画の最大の売り物は、危険なスポーツの場面です。俳優が全て演じることができないので、スタント(代役)を当然使います。これらの場面を、エリクソン・コア監督のこだわりで、今は普通になっているCG(コンピュータ・グラフィック)を使わずに、実際のスポーツ・アスリートの本物のスタントの演技だけ撮影しています。
映画では
*高さ数十メートルの特大の大波の中をサーフィンで乗り切る(撮影:フランス沖)
s-surfin.jpg

*ウイングスーツを着て、岩壁すれすれに超高速で空中を飛行する(撮影:スイス)
s-198476.jpg

*絶壁の雪の壁をスノーボートで滑り降りる(スイスアルプス)
s-xm_03.jpg

*目がくらむような絶壁を素手で登るロッククライミング(ヴェネズエラ)
s-angelfall.jpg

*細い険しい山道を乗りまわしたり、狭い場所に飛び移るモノクロス(アメリカ・ユタ州)
motocross.JPG

などのシーンがでてきます。これらが、全て本物のアスリートが演じているというのは驚きです。
映画のストーリー自体は大袈裟で、実際は不可能な話で大したことはありません。自然保護のために、環境破壊をしている企業設備を爆破して人が死んでもいい、というのが犯罪集団の勝手な理屈です。
この映画は、オリンピックのスキーの大滑走、モトクロスの試合のように、スポーツ観戦の気持ちで見たらよいと思います。美しい自然の中を走り、跳び、飛行するアスリートの超人的な演技は迫力満点で、大型な画面で見るだけでも価値があります。欧米では、このような冒険好きのアスリートが沢山いるようです。
スーパーマンのように、ウイングスーツで空中を飛行する場面は、CGでなく本当に撮影したのだろうかと、疑いたくなります。映画を見ながら、私も一度でよいからあんな風に空中を飛べたらなーと思いました。
素手でよじ登る場所は、ベネズエラの高さ980メートルのエンゼルの滝の横の絶壁です。この場所に行った以上の臨場感があり、いつか行きたい滝でしたが、もう行かなくて済みました。
  世界の絶景と一流アスリートの豪快な技をご覧になりたい方にこの映画をお勧めできます。

予告編は、次をご覧ください。
http://wwws.warnerbros.co.jp/xmission/

私達は普通の2Dで見ましたが、3D(立体)の映写もあります。
(皆川眞孝)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
悪徳商法事例集(98)葬儀トラブル [2016年02月25日(Thu)]
悪徳商法事例集(98)
葬儀料金トラブル


独立行政法人国民生活センターから、見守り新鮮情報を受け取りました。
今回の事例は、悪徳商法とは言えませんが、突然の死で遺族の心の準備ができない状態に付け込んだ商法ですので、やはり一種の悪徳商法なのでしょう。普段から、どうするか考えておく必要がありますが、口で言うのは簡単ですが、自分のことになるときっと慌てることでしょう。(皆川眞孝)
_________________
葬儀の料金トラブルに気をつけて
_______________
義父が突然亡くなり、病院からすぐに遺体を引き取るように言われ、電話帳に広告を出している葬儀社へ連絡した。遺体を運んでもらうとそのまま葬儀プランについて話し合った。「家族葬でお願いしたい」と伝えたが、一般葬を強く勧められ、最後は精神的な疲れもあり、根負けして約150万円の契約をした。
葬儀は終わったが、お金がなく費用を支払うことが出来ない。(60歳代 女性)
s-sougi2.jpg

================
<ひとこと助言>
☆葬儀は突然必要になる上、身近な人との死別の悲しみにより、冷静に対応することが難しい状況にあります。また、葬儀で提供されるサービスは種類も複雑であるため、業者との打ち合わせは親族などと複数で行うことが大切です。

☆見積書の請求に応じ、丁寧な説明をしてくれる葬儀会社を選びましょう。葬儀会社に予算や希望ははっきりと伝え、納得できるまで相談や打ち合わせを行います。特に、参列者の人数によって増減する項目には注意が必要です。

☆もしものときに慌てることのないように、可能であれば、生前に家族と相談し、葬儀について情報収集しておけば、冷静に対応できます。

☆困ったときには、お住まいの自治体の消費生活センターにご相談ください
 (消費者ホットライン188)。
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
2016 府中郷土の森 梅園(3) [2016年02月24日(Wed)]
>
2016 府中郷土の森 梅園(3)






21_DSC3960.jpg



22_DSC3958.jpg



23_DSC4097.jpg



24_DSC4149.jpg



25_DSC3973.jpg


実成枝垂れ・・今年初めて見た梅です
26_DSC3977.jpg



27_DSC3964.jpg



28_DSC3967.jpg



29_DSC4070.jpg



30_DSC4071.jpg


続く



<荒川>
Posted by wild river at 09:00
2016 府中郷土の森 梅園(2) [2016年02月23日(Tue)]
2016 府中郷土の森 梅園(2)



11_DSC3979.jpg



12_DSC3947.jpg



13_DSC4030.jpg



14_DSC4151.jpg



15_DSC3945.jpg



16_DSC3982.jpg



17_DSC3985.jpg



18_DSC3951.jpg



19_DSC3952.jpg



20_DSC3953.jpg



続く


<荒川>
Posted by wild river at 09:00
2016 府中郷土の森 梅園(1) [2016年02月22日(Mon)]
2016 府中郷土の森 梅園(1)


郷土の森の梅園は例年1月中旬には早咲きの梅が見られるのですが、今年は殆ど見れれませんでした。
2月に入り暖かな陽射しの晴れた日に急に梅の蕾みが綻びはじめ、大勢の人びとが梅園を訪れるようになりました。


1_DSC3928.jpg



2_DSC3931.jpg



3_DSC3932.jpg



4_DSC3936.jpg



5_DSC3940.jpg



6_DSC4017.jpg



7_DSC4020.jpg



8_DSC3942.jpg



9_DSC3944.jpg



10_DSC3975.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
今月の俳句(平成28年2月) [2016年02月21日(Sun)]
今月の俳句(平成28年2月)


  兼題は「焼芋」です。焼藷とも書きます。芋、甘藷(さつまいも)は秋の季語ですが、焼くと冬の季語となります。焼いもは、栗(九里)より(四里)うまいということで、九プラス四=十三里とも言われます。句評は藤戸さんにお願いしました。

「焼藷(やきいも)の匂ひ乗り来てバス発車」
  宮ア 和子

s-bus1.jpg

今月の兼題は「焼芋」でした。同世代で焼芋に対するイメージが似通っていたせいでしょうか、似たような句が何句も提出されました。その中で、この句と次の句が個性的でした。
この句の眼目は、匂ひ乗り来て、という中七で、巧みな表現が光ります。勿論焼芋を持った人が乗り込んできたのですが、擬人法を使って省略を効かせ、面白い仕上がりとなりました。
バス発車の座五で発車寸前に駆け込んだ臨場感まで強調されました。

「薄闇に焼芋匂ふ駅の裏」
  皆川 眞孝

yakiimo.jpg

薄暗い駅裏に焼芋屋は良く似合うと思います。今時はビルのオフィス街にも出没するようですが、やはり焼き芋屋はうらぶれた場所にある方が詩情があると感じるのは私だけでしょうか。
この句は私の焼芋のイメージにぴったりでした。暮れ初めた駅裏に微かに漂う焼芋の匂いが郷愁を掻き立てます。前句が陽・動ならこの句は陰・静。対照的な焼芋の句となりました。

「逆上がりに挑む子の声日脚伸ぶ」
  小野 洋子

s-img_0.jpg

日脚伸ぶ、とは冬も終わりに近く、昼間の時間が次第に伸びることをいい、冬の季語ですがこの季語には春は近いという期待と喜びが潜んでいます。
逆上がりは大変難しい技だという先入観が私にはあります。ついに私は逆上がりができませんでした。この句の子(等)は日暮れが遅くなった放課後の校庭でしょうか、懸命に難しい逆上がりの練習をしている景が浮かびます。出来ないことに果敢に挑む若い命が清々しく、日脚伸ぶという季語とよく響き合っています。

「柚の実の採り残されて青き空」
  木原 義江

thE69UOUMU.jpg

柚に限らず果実は全部収穫しないのが通例のようですね。一般的に知られているのが柿で裸木に数個残された柿を木守柿(きもりがき・秋の季語)と呼びます。木を守る神様に柿をお供えして次の年の豊かな実りを祈るためとか、冬の餌の乏しい時期だから小動物の為に残してやるのだとか、いやいや単純に高枝だから採れなかったのだとか、諸説あります。その理由はともかく、枝先に数個残された柚の濃い黄色が鮮やかで、冬空の青との美しい配色が目に浮かびます。

「ふくよかな歯科衛生士梅真白」
  渡辺 功

s-haisha.jpg

この句を読まれて、あれっと思われた方は感性の鋭い方です。他の句は一物仕立て(いちぶつしたて)で、この句は取り合わせの句といいます。俳句は大方このどちらかに分類可能です。一物仕立ては主役がひとつです。取り合わせの句では、因果関係のない二つの事物を取り合わせる・並置する技法です。ふくよかという語で女性を想像する方が多いと思いますが、色白の肌、白い歯、白衣と想像は広がります。歯科医院の窓から白梅が見えるのかもしれないし、来る道すがら白梅を見たのかもしれません。読み手の想像に全ては任されているのですが、白という共通項があります。
このようになにかしら関連が潜んでいるのです。 一見なんの関係もない二物に見えて、つかずはなれずの関係がなければ一句として成立しない、意味不明で独りよがりの句となり、そこが大変難しいところです。
俳句の技法としては上級だといえます。さすが長年俳句をされてきた作者の実力が発揮された句だと感心いたしました。

「葉の陰の小さき(ちさき)一輪冬椿」
  皆川 瀧子

s-fuyutubaki.jpg

椿は元来春に咲く(春の季語)花とされていますが、冬椿は早咲きの椿のことです。濃い緑の葉の陰に冬椿の小さな花が一輪咲いている景ですが、寒さの中で健気に咲いている小さな命を発見した時の作者の素直な感動が伝わってきます。
この花は何色?句の中では表現されていませんので読み手が勝手に想像していいのですが、紅椿なら厳寒の中で小さいながら命の力強さが感じられるかもしれないし、白椿なら清らかに毅然としたものを感じられるかもしれません。さて貴方はどちらを想像されましたか。

「竹裂くる音の鋭く雪霏霏(ひひ)と」
  藤戸 紘子

thT6JZEAZS.jpg

今年は暖冬だと言われていましたが、1月に大雪が降りました。竹藪に雪が降ると、しなやかな竹は大きく歪曲します。重い雪に耐えられず折れてしまう竹もあります。竹の折れた鋭い音が、雪の降り続く静かな竹藪に響きます。作者が鎌倉で見た雪景色を詠った句だそうですが、霏霏(ひひ)という言葉が効いていて、情景が目の前に浮かんできます。「雪霏霏と」のたった五文字で、雪がしんしんと降り続く様子を見事に表しています。なお、この句は、今月の句会で満票を得ました。(評:皆川眞孝)

今月の一句  (選と評:皆川瀧子)

「俯きて開ききらずに寒牡丹」
  藤戸 紘子作 

thILXJMZHO.jpg

藁の霜囲いの中 暖かいところで大切に保護されて育てられた寒牡丹の蕾が、未だ開ききらずに俯いて咲いているという情景を詠んだ句です。
牡丹は夏の季語ですが、鑑賞用に冬に咲くように栽培されたものが寒牡丹と冬牡丹です。同じものかと思っていましたが、荒川さんのブログで、寒牡丹は葉を摘みとってある点が、冬牡丹と違うと教えられました。
花はパーッと全開している時よりも、もうじき咲きそうに俯き加減に咲いている時の方が美しい事もあります。なんとも、いじらしい感じが伝わってきます。
人間だったら「花も恥じらう頃」ということでしょうか? 作者の若かりし頃の思い出に重なっているのかもしれません。(評:皆川瀧子)

今回の句会にでた、焼芋の他の句をご参考までに掲載します。
焼芋を抱き駆け出す使ひの子」 
  藤戸 紘子
やきいもを抱へ少女の急ぎ足」 
  渡辺 功
病院前湯気もやもやと焼藷屋」 
  宮ア 和子
「こげこげの焼いも割って新聞紙」
   木原 義江
「ほかほかの焼芋皿に茶のかほり」
   皆川瀧子

Posted by 皆川眞孝 at 09:00
サラリーマン川柳2016 [2016年02月20日(Sat)]
サラリーマン川柳2016


毎年、第一生命保険はサラリーマン川柳コンクールと行っていて、数日前に2016年入選作100句が発表されました。5月にベスト10が決まるそうですが、新聞に一部発表されたものをご紹介します。高齢者川柳と違って、時事話題を取り上げています。蛇足かも知れませんが、説明を少し付け加えました。(皆川)

「ましゃロスの 妻を救った 五郎丸」

gorou.JPG

歌手の福山雅治さんの結婚で女性ファンが落ち込むことを、「ましゃロス」というそうです。五郎丸という新しいヒーローがでて救われたのは、奥さんだけではないようです。

「トライして ずっと寝たまま ごろん丸」

th.jpg

これもラグビー関連の句。トライした恰好でごろ寝しているのは誰でしょうか?「ごろん丸」は勿論、五郎丸にかけています。

「本物の ビール三本 わが爆買い」

th8I3QIY11.jpg

普段は発泡酒で我慢していますが、時には思い切って本物のビールを3本買うという爆買い。中国人の爆買いと比べて、何とささやかなことでしょう。

「キミだけが オレのものだよ マイナンバー」

th4D5NEBHO.jpg

マイナンバーは、好き嫌いに関係なく一生変わらずについてきます。心変わりもなく、いつまでも自分のものです。

球拾い だったオレにも 背番号(マイナンバー)

450-20110107125543127867.jpg

球拾いの時は、背番号をもらえず悲哀を感じましたが、今は立派に個人の背番号(マイナンバー)を受け取りました。

「部下の言う 『課長やばい』は 褒め言葉」

thORNO9AFJ.jpg

「やばい」が褒め言葉とは! 上司は若い部下とのコミュニケーションに苦労します。

「やってみた ゆう活憂鬱 趣味が無い」

thIISONJA8.jpg

ゆう活とは、夕方を活用するために会社を早く帰ることですが、趣味がないと、つい飲み屋に寄ることになります。

「銀行と ロケットを見て 憂さ晴らす」

thP5CL4QE3.jpg

「銀行」とは上司をやりこめる半沢直樹や花咲舞、「ロケット」とは大企業に対抗する佃製作所(下町ロケット)を意味します。池井戸潤の小説やTVドラマを見て、弱者が強者をやり込める場面が憂さ晴らしになります。

「エンブレム 仕事さぼって 考え中」

th790P5E2G.jpg

東京五輪のエンブレムが振り出しに戻って、一般応募したら応募作品が1万5千あったそうです。

「うちの妻 ドローンなくても お見通し」

th2RAJKWJE.jpg

ドローンで、空から見なくても、夫の行動を見通す力を持っているのが奥さんです。
終わり
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
2016 冬牡丹(鎌倉鶴が丘八幡)(2)  [2016年02月19日(Fri)]
2016 冬牡丹(鎌倉鶴が丘八幡)(2)


16_DSC3665.jpg



17_DSC3666.jpg



18_DSC3667.jpg



19_DSC3670.jpg



20_DSC3671.jpg



21_DSC3672.jpg



22_DSC3675.jpg



23_DSC3676.jpg



24_DSC3677.jpg



25_DSC3678.jpg



26_DSC3679.jpg



27_DSC3691.jpg



28_DSC3694.jpg



29_DSC3695.jpg



30_DSC3700.jpg


END


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2016 冬牡丹(鎌倉鶴が丘八幡)(1)  [2016年02月18日(Thu)]
2016 冬牡丹(鎌倉鶴が丘八幡)(1)


鶴が丘八幡宮の参道入口にある植物園に冬牡丹が咲いてると聞いて参観しました。
これまで私は冬牡丹も寒牡丹も同じものについて呼称を変えてるだけと思っていました。
でも両者は育て方などちょっと違うのだと知ったのです。
冬牡丹と寒牡丹の違いをインターネット情報から下記に抜粋してみます。


冬牡丹とは
  春咲きの品種を人工で温度調節し冬に咲かせる牡丹なので、
見頃の花は鉢ごと土に埋められているのが特徴です
温度調節をして咲かせているため、花と葉っぱが同時に出ます


寒牡丹とは
  春に咲こうとする花の蕾をつみ取り去り夏の終わり頃に葉もつみ取って花期を
遅らせます.
藁の霜囲いをして暖かいところに保護すると冬に開花する
花の時期にはほとんど葉っぱをつけない


以上の解説で分かるように、冬牡丹と寒牡丹の“簡単な見分け方”は葉の有無で、緑の葉がある牡丹が冬牡丹なのだそうです。

鶴が丘八幡の植物園の冬牡丹は名札が消えていたり、色が薄く読めないものが多く、それは不明のままにしてありますのでご了承願います。


1_DSC3618.jpg



2_DSC3619.jpg



3_DSC3621.jpg



4_DSC3628.jpg



5_DSC3629.jpg



6_DSC3636.jpg



7_DSC3644.jpg



8_DSC3646.jpg



9_DSC3647.jpg



10_DSC3648.jpg



11_DSC3650.jpg



12_DSC3653.jpg



13_DSC3655.jpg



14_DSC3656.jpg



15_DSC3660.jpg


続く


文責 荒川  
Posted by wild river at 09:00
宝登山のロウバイ (2) [2016年02月16日(Tue)]
宝登山のロウバイ (2)



16_DSC3821.jpg



17_DSC3822.jpg



18_DSC3824.jpg



19_DSC3825.jpg



20_DSC3828.jpg



21_DSC3829.jpg



22_DSC3831.jpg



23_DSC3797.jpg



24_DSC3834.jpg



25_DSC3835.jpg



26_DSC3836.jpg



27_DSC3842.jpg



28_DSC3844.jpg



29_DSC3846.jpg



30_DSC3850.jpg



END



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
宝登山のロウバイ (1) [2016年02月15日(Mon)]
宝登山のロウバイ (1)


芦ヶ久保の氷柱を短時間で見たあと余りに天気がよいので、長瀞の宝登山(ほどさん)のロウバイを見ることにしました。
芦ヶ久保から宝登山ロ―プウエイ駅まで車で45分ほどです。
芦ヶ久保の氷柱も混雑していましたが、宝登山も参観者で溢れていました。


1_DSC3795.jpg



2_DSC3797.jpg



3_DSC3799.jpg



4_DSC3800.jpg



5_DSC3801.jpg



6_DSC3803.jpg



7_DSC3804.jpg



8_DSC3805.jpg



9_DSC3808.jpg



10_DSC3809.jpg



11_DSC3810.jpg



12_DSC3811.jpg



13_DSC3812.jpg



14_DSC3818.jpg



15_DSC3819.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
あしがくぼ氷柱 (3) [2016年02月13日(Sat)]
あしがくぼ氷柱 (3)



21_DSC3770.jpg



22_DSC3771.jpg



23_DSC3772.jpg



24_DSC3776.jpg



25_DSC3778.jpg



26_DSC3779.jpg



27_DSC3780.jpg



28_DSC3782.jpg



29_DSC3788.jpg



30_DSC3789.jpg



31_DSC3790.jpg




END



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
あしがくぼ氷柱 (2) [2016年02月12日(Fri)]
あしがくぼ氷柱 (2)


11_DSC3759.jpg



12_DSC3760.jpg



13_DSC3761.jpg



14_DSC3762.jpg



15_DSC3763.jpg



16_DSC3764.jpg



17_DSC3765.jpg



18_DSC3767.jpg



19_DSC3768.jpg



20_DSC3769.jpg



32_DSC3791.jpg



続く



文責 荒川

Posted by wild river at 09:00
あしがくぼ氷柱 (1) [2016年02月11日(Thu)]
あしがくぼ氷柱 (1)



「秩父の三大氷柱」と呼ばれる冬の風物詩“氷柱”を堪能できる場所があると聞きました。
その場所とは“三十槌の氷柱”秩父市大滝、“尾の内百景氷柱”秩父郡小鹿野町河原沢、“あしがくぼ氷柱”西武秩父線芦ヶ久保の三ケ所だそうです。
最近NHKテレビ放送であしがくぼ氷柱と尾の内氷柱があいついで放映されました。
以下2016年あしがくぼ氷柱の見聞です。


1_DSC3746.jpg


上下写真は西武秩父線芦ヶ久保駅のすぐ近くです

2_DSC3748.jpg



3_DSC3750.jpg



4_DSC3752.jpg



5_DSC3753.jpg



6_DSC3754.jpg



7_DSC3755.jpg



8_DSC3756.jpg



9_DSC3757.jpg



10_DSC3758.jpg



33_DSC3792.jpg



34_DSC3794.jpg



続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
ブログ・ランキング(2016年1月) [2016年02月11日(Thu)]
CANPANブログのランキング
(2016年1月)

blog.jpg


三井台南窓会ブログの運営団体CANPANから、2016年1月のランキング・ベスト100の連絡がきました。
三井台南窓会のブログは、12月の22位から上昇して堂々の14位でした。団体ブログの中では10位、全体でも20位以内ですので、健闘しています。
詳しくは、次の「お知らせ」の中 http をクリックしてご覧ください。
ランキングの好成績は、毎日記事を投稿してくださる方々と、読んでいただいている皆様のお蔭と感謝しています。これからも、毎日ブログを読んで、ご愛顧いただきたく、よろしくお願い申し上げます。(皆川眞孝)
**********
●0o。 【CANPANブログ】1月のランキング・ベスト100 。o0●

CANPANでは2014年から毎月、アクセス数(Googleアナリティクスによるページビュー数)の多いブログのランキングを発表しています。
このたび、1月のランキング・ベスト100が決まりました。

○2016年1月のランキング・ベスト10
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/497



Posted by 皆川眞孝 at 08:00
悪徳商法事例集(97)知人紹介の投資話 [2016年02月10日(Wed)]
悪徳商法事例集(97)知人紹介の投資話


独立行政法人国民生活センターから、見守り新鮮情報を受け取りました。
今回は知人から紹介された投資により損害を受けた例ですが、お金の貸し借りや、投資により、友情を壊した話は良く聞きます。知人や友人だからと、単純に信じないことが肝心です。というより、金を貸してくれとか、投資話を持ってくる人は、真の友人とは言えないと思います。(皆川)

*********
知人から誘われ投資したが、元金も戻ってこない
___________
約1年前、知人に「率の良い投資がある」と勧められた。投資先は外国で、短期間で配当が支払われるので投資額がわずかな期間で倍になるという。さらに、人を紹介すると、紹介料も支払われるとのこと。説明を信じ、紹介者の個人口座に150万円振り込んだ。当初、配当は振り込まれたが、その後入金はなくなった。投資したお金も取り戻せず、紹介者とも連絡が取れない。(80歳代 男性)
tousi.JPG

===========
<ひとこと助言>
☆リスクのない投資はほとんどありません。内容や仕組みを理解できない場合は、契約をしないことが重要です。うまい話はありません。

☆親しい友人や知人からの誘いは断りにくいものですが、断る勇気も必要です。自身も友人を勧誘することにより、その人との関係を壊してしまうこともあります。

☆少しでも不安に思ったら、お金を支払う前に、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
成田山新勝寺(5) [2016年02月09日(Tue)]
成田山新勝寺(5)


成田山新勝寺は平成30年 開基1080年を迎えます。


65_DSC3571.jpg



66_DSC3578.jpg



67_DSC3579.jpg



68_DSC3583.jpg



69_DSC3584.jpg



70_DSC3587.jpg



71_DSC3594.jpg



72_DSC3598.jpg



73_DSC3600.jpg



74_DSC3601.jpg



75_DSC3608.jpg



76_DSC3609.jpg



77_DSC3611.jpg



78_DSC3613.jpg



79_DSC3614.jpg



80_DSC3616.jpg


END



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml