CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
5月 昭和記念公園(2) (05/18) 荒川健三
5月 昭和記念公園(3) (05/18) 明平暢男
5月 昭和記念公園(3) (05/18) ミセスミヤ
5月 昭和記念公園(2) (05/17) 荒川 健三
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (4) (05/14) 明平暢男
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (4) (05/14) 明平暢男
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (4) (05/14) 皆川
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (4) (05/14) 荒川 健三
カッコソウ(2) (05/12) 石塚 美代
カッコソウ(2) (05/12)
最新トラックバック
月別アーカイブ
琵琶湖周遊(彦根城)-8 [2015年08月31日(Mon)]
琵琶湖周遊(彦根城)-8


彦根城見学は旅行最終日、東京へ帰る日です。彦根城下に着いたのは11時を過ぎていましたが、あいにく激しい雨となり30分は小止みとなるのを待ちました。
明治維新の際、廃藩置県など矢継ぎ早に改革改制が行われ多くの城が解体されるなか、地方巡幸をされた明治天皇のおことばにより彦根城は残されました。
初めて城の外周をみたとき規模の大きさに驚きました。現在彦根市は世界遺産委に登録しようと街を挙げて運動に懸命です。


90_DSF7121.jpg



91_DSF7127.jpg



92_DSF7132.jpg



93_DSF7133.jpg



94_DSF7135.jpg



95_DSF7138.jpg



96_DSF7142.jpg



97_DSF7158.jpg



98_DSF7161.jpg



99_DSF7162.jpg



100_DSF7164.jpg



101_DSF7170.jpg



102_DSF7175.jpg



103_DSF7178.jpg



104_DSF7185.jpg



105_DSF7187.jpg



106_DSF7204.jpg



終わり


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
スイス・鉄道事情 [2015年08月30日(Sun)]
スイス・鉄道事情

s-IMG_2222.jpg

  スイスの鉄道は、時間の正確さ、車内の清潔さ、乗り心地の良さで定評があります。主要幹線は国鉄、支線や山岳鉄道は私鉄です。今回のスイスの旅では、2週間の鉄道パスを購入したので、鉄道を良く利用しました。私が経験した範囲で、スイスの鉄道について報告します。
1.鉄道パス
  まず、鉄道パスですが、国鉄のほか私鉄も無料か半額で利用できます。主な都市のバスや市電にも、またジュネーブ湖を行き来する船にも使えます。一番助かるのは、行きたい駅までの運賃を調べて購入する手間が省けることです。パスを見せればOKというのは、本当に自由な気分にさせてくれます。スイスに個人旅行する場合は、鉄道パスをお薦めします。
パスは外国人用なので、日本で購入します。(2等、2週間有効で51,000円)最初に乗るときに、駅でValidationをしてもらいます。これは、開始日を記入して刻印をもらうことです。
s-pass.jpg
私の鉄道パス

私達の場合、イタリアのミラノから鉄道でスイスに行ったので、イタリア・スイスの国境までの料金を支払わないといけません。ミラノ中央駅でチケットを購入しましたが、どの駅まで購入したらよいのかわからず、窓口が長蛇の列で聞けず、列車に乗り遅れないため適当に途中のStresaまで購入して列車に乗り込みました。スイスに入る前に検札にきた車掌に事情を話しましたが、ミラノ駅でValidationをすべきだった、Domodossolaまで購入すべきだったと、運賃の約2倍払わされました。

2.列車
ミラノから乗った列車はパリ行きの国際列車で2等車でも車内はきれいです。
s-IMG_1971.jpg
車内の様子


列車はいつ乗っても座席がないということがありません。やはり人口が違うのでしょう。(スイスの人口は8百万)
今回は乗りませんでしたが、有名な氷河特急(サンモリッツ=ツェルマット間)があります。270キロを8時間かけて走る世界一遅い特急ですが、車窓からの景色を堪能できます。
s-IMG_2150.jpg
氷河特急・ツェルマットにて

私たちはシャモニーに行く時はパノラマ・カーに乗りました。これも鉄道パスが使えて追加費用はありません。
s-IMG_2312.jpg
パノラマ・カー

乗り降りする時、ドアーは自動ではないので、ボタンを押したり、取っ手をひいたりして自分で行うのが原則です。ただ気を付けないといけないのは、列車の発車時です。日本では喧しく発車ベルが鳴り、車掌が笛を吹いて、ドアが閉まり発車します。ところが、スイスでは時間になると音もなくドアが閉まり発車します。これで、失敗をしてしまいました。失敗談を、後日ブログに書く予定です。
また、ほとんどの車両に荷物置き場がついていて、スーツケースを置けます。自転車と一緒に列車に乗る人も結構あり、その人たちは駐輪のマークのある駐輪場所に自転車を収納します。
s-IMG_2015.jpg
駐輪マーク

列車には電源が準備されているのもあり、これに接続してパソコンやスマートフォンを利用している人を見かけました。
s-IMG_2223.jpg

ただ、車内で携帯電話を使って大声で話している人が多く、この点は日本の方がマナーが良いと感じました。日本と同じく車内でスマートフォンを指で操作している人が多く、これは世界的な傾向だと思いました。


3.駅
スイスの駅は改札がありません。誰でも自由にホームに入れます。
s-IMG_2228.jpg
毎日利用したモントルー駅のホーム

ほとんどの駅の設備は全体に古く、エスカレーターやエレベーターが設置されている駅は少ないです。(モントルーには上り下りのエスカレータがあります)
階段の代わりに長いスロープの通路があり、荷物を運びやすくしています。
s-IMG_2200.jpg

駅のエスカレーターは日本の方がずっと発達しています。よく、日本はお年寄りに厳しい社会だと言われますが、決してそんなことはありません。

4.乗り換え時刻表
スイスの鉄道網は発達していますが、乗り換えが複雑です。それで、駅の窓口に行って、何時頃出発してどこどこへ行きたいと伝えると、乗り換え時刻表を作成してくれます。とても良いサービスで、遠くへ行くときは毎回利用しました。
例えば、次は時計博物館に行くためにラ・ショ・ド・フォンに行った時の時刻表で、ローザンヌとニューシャテルで乗り換える必要がありますが、それぞれ到着時間、発車時間、とホーム番号が書かれています。これに従えば良いのですから、間違えないで乗り換えができます。
s-IMG_2543.jpg
乗り換え時刻表


5.切符
一般の人は、長距離の切符は駅の窓口で、近距離は自動券売機で購入します。定期券は窓口で購入です。
改札がなくだれでも自由に列車に乗れるので、切符の確認は、時々回ってくる車掌まかせです。これはバスや市電も同じです。信用社会です。車内で、スマートフォンを使って支払っているのを見かけました。車掌の持っている器具とスマートフォンを向き合わせるだけです。必ずカードを見せていましたから、事前に支払方法を登録してあるのでしょう。
ただ、無切符乗車には厳しい罰金が待っています。バーゼルからの帰りの車内で、回ってきた車掌と隣の席のアフリカ系男性と長くもめていました。多分、無切符乗車で罰金を請求され、口実を延々と言っていたのだと思います。別の車掌まで駆けつけてきて、結局お金を支払っていました。
市内のバスは、運転手が切符の確認をしません。乗り降り自由です。切符のある人は、機械に差し込むだけです。バスの中に「切符のない人は100スイスフランの罰金を徴収する」という標識がでていました。しかし、若者や子供たちは結構ただ乗りをしているようです。
 ローザンヌには地下鉄がありますが、これも改札がなく地下鉄に自由に乗り降りできます。混んでいるので、車掌が検札に回るのは実質的に困難だろうと思いました。
 イタリアのミラノでは、地下鉄も鉄道(一部)も改札があり、事前に切符を通さないとホームに入れません。これは日本と同じシステムです。(私達は1日フリー切符を購入)
IMG_2529.jpg
ミラノ地下鉄の自動改札機


不法移民がヨーロッパで増えています。無賃乗車も増えていることでしょう。スイスで、いつまで「改札無し」を続けられるでしょうか?
(皆川眞孝)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
琵琶湖周遊(近江八幡)-7 [2015年08月30日(Sun)]
琵琶湖周遊(近江八幡)-7


近江八幡は「八幡山城」(八幡城あるいは近江八幡城ともいう)の城下町です。
「八幡山城」は天正13年(1585)豊臣秀吉と豊臣秀次(秀吉の甥)が標高283mの八幡山
の頂上に築いた山城で天主閣など今はなく形などはわかっていません。
築城から僅か10年で廃城となりました。
城主豊臣秀次は城下町を整備する際に「八幡掘」を造りましたが、幅15mの人工運河を
琵琶湖まで6km築造し、これが起爆剤となって船の頻繁な往来と物流と近江商人を生みました。今でも「八幡掘」の両岸と周辺には豪商近江商人たちの旧家が並び文化財の指定を受けた格式の高い広壮な屋敷をみることができます。


近江の民衆に愛された豊臣秀次という人は戦国の世とはいえ悲劇の武将、悲運の武将ではないでしょうか。
秀吉の姉の長男として生まれ、当初、秀吉に子供が生まれないため秀吉の養嗣子となり
関白に列せられたにも関わらず、秀吉に秀頼が誕生するや疎んじられて出家を強要され、高野山青巌寺に蟄居を命じられて結局は切腹、三條河原に晒し首、その際に眷族も尽く
処刑されました。


73_DSF7069.jpg



74_DSF7072.jpg



75_DSF7075.jpg



76_DSF7079.jpg



77_DSF7080.jpg



78_DSF7084.jpg



79_DSF7088.jpg



80_DSF7089.jpg



81_DSF7092.jpg


日牟礼八幡宮の前の道を前方の山に向かって真っすぐに歩めば「八幡山城址」に達します。
82_DSF7093.jpg



83_DSF7095.jpg



84_DSF7099.jpg



85_DSF7102.jpg



86_DSF7103.jpg



87_DSF7104.jpg



88_DSF7105.jpg



89_DSF7116.jpg


続く


文責 荒川





Posted by wild river at 09:00
琵琶湖周遊(石山寺)-6 [2015年08月29日(Sat)]
琵琶湖周遊(石山寺)-6


石山寺は琵琶湖の最南端大津市の瀬田川河畔の小高い景勝地にあり、紫式部源氏物語執筆の花の寺として有名です。
東寺真言宗、本尊は秘仏如意輪観音像で安産の神様。西国巡礼三十三か所の第十三番札所。
開基は聖武天皇の勅を奉じた良弁僧正により平安時代、天平勝宝元年に開かれました。


61_DSF7037.jpg



62_DSF7046.jpg


平安時代、寛弘元年(1004年)一条院の后 上東門院は女房の紫式部に新しい物語を書くよう所望し、これをうけて紫式部は石山寺に参籠し源氏物語を書初めしたと伝えられています。


63_DSF7048.jpg



64_DSF7049.jpg



65_DSF7050.jpg



66_DSF7054.jpg



67_DSF7055.jpg



68_DSF7058.jpg



69_DSF7060.jpg



70_DSF7061.jpg



71_DSF7065.jpg



72_DSF7066.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
琵琶湖周遊(比叡山)-5 [2015年08月28日(Fri)]
琵琶湖周遊(比叡山)-5


比叡山は大津市の坂本本町にある坂本ケーブルカーを利用しました。
このケーブルカーは架線のないケーブルカーとしてしては、長さが日本一長く、2025mもあります。ケーブルカーから見る窓外の景色は遠近ともに素晴らしく、カメラがありなが撮影しなかったことを悔やんでいます。


51_DSF6983.jpg



52_DSF6987.jpg



53_DSF6996.jpg



54_DSF7002.jpg



55_DSF7007.jpg



56_DSF7010.jpg



57_DSF7020.jpg



58_DSF7021.jpg



59_DSF7030.jpg



60_DSF7032.jpg



続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
琵琶湖周遊(向源寺・白髭神社・びわ湖バレイ)-4 [2015年08月27日(Thu)]
琵琶湖周遊(向源寺・白髭神社・びわ湖バレイ)-4


長浜市の向源寺の見学の後、琵琶湖の北部を回って西岸に出て白髭神社、山上のわ湖バレイを見学して夕刻大津市萱野浦23-1 ロイヤルオークホテルに宿泊しました。

40_DSF6893.jpg


長浜市高月町渡岸寺88 所在の向源寺は真言宗大谷派の寺で、国宝十一面観世音菩薩で知られる寺です。
十一面観世音菩薩は高さ1.95m木彫り、日本彫刻史上の最高傑作といわれています。

41_DSF6896.jpg


元亀元年(1570年)浅井・朝倉連合軍と織田・徳川軍双方合わせておよそ4万の大軍が近くの姉川で激突、戦火のため寺の堂宇は灰燼に帰しましたが、観音像を敬仰する住職巧円と土地の住民達は兵火が堂宇を襲うや猛火を冒して観音像を搬出土中に埋蔵して災難を免れたという。

kannnon-1.jpg

十一面観世音菩薩は撮影厳禁なので、滋賀県観光資料から写真は複写
聖武天皇の天平8年(約1250年前)都に疱瘡が大流行し死者が相次いだので。天皇は厄除けの祈祷を僧泰澄に勅せられ、泰澄は勅を奉じ、祈願をこめて十一面観世音を彫み、一宇を建立して息災延命、万民豊楽の祈祷をして憂いを絶ったと伝えられます。

kannnon-2.jpg



42_DSF6916.jpg



43_DSF6917.jpg



44_DSF6920.jpg



45_DSF6930.jpg



46_DSF6932.jpg



47_DSF6953.jpg



48_DSF6964.jpg



49_DSF6967.jpg



50_DSF6974.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
琵琶湖周遊(豊国神社・北国街道)-3 [2015年08月26日(Wed)]
琵琶湖周遊(豊国神社・北国街道)-3


長浜市は織田信長に見いだされた農民あがりの秀吉が築いた城のある城下町だけあって、いまだに豊臣の恩顧を強く感じ続けている人々の集合体が核となってる市という印象をうけました。
豊国神社は徳川の天下になる前につくられていたのですが、明治維新までは徳川の目から逃れるため村の鎮守様などと偽り、ヒタ隠しに隠し通したのだと聞きました。


26_DSF6844.jpg



27_DSF6847.jpg



28_DSF6850.jpg


北国街道は福井県南越前町今庄と滋賀県彦根市鳥居本町を結ぶルートで古くから近江と越前の往来を司る重要な道でした。羽柴秀吉と柴田勝家の合戦が行われた賤ヶ岳の古戦場もこのルートにあります。長浜も北国街道の宿場町として栄えました。


29_DSF6854.jpg



30_DSF6857.jpg



31_DSF6858.jpg



32_DSF6862.jpg



33_DSF6868.jpg



34_DSF6870.jpg



35_DSF6871.jpg



36_DSF6875.jpg



37_DSF6886.jpg



38_DSF6890.jpg



39_DSF6891.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
琵琶湖周遊(竹生島・長浜城)-2 [2015年08月25日(Tue)]
琵琶湖周遊(竹生島・長浜城)-2


旅の初日、名古屋から鉄道しらさぎ7号で長浜駅につくや竹生島との間を観光船で往復し、夕刻
長浜城を見学、長浜ロイヤルホテルに宿泊しました。



14_7120077.jpg



15_7120080.jpg



16_7120085.jpg



17_7120090.jpg



18_7120098.jpg


竹生島は琵琶湖国定公園の特別保護区、名勝・史跡に指定され、面積は0.19㎢といいますから、400m×400mくらいの広さ、標高は197m 琵琶湖の平均水深は41mといわれるのに、島の西端の水深は104.1mもあり、70mほどの湖底から縄文時代早期の古い土器が多数みつかり、世界にも類のない沈積遺跡が発見されていますが、解明されていないということです。
19_7120109.jpg



20_7120112.jpg



21_7120122.jpg



22_7120147.jpg


長浜城は1573年、木下藤吉郎秀吉が築城した城で、当時の地名は今浜と称したが、
秀吉が主君信長の長の一字をもらって長浜と改めました。

23_7120153.jpg



24_7120161.jpg



25_7120164.jpg


続く


文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
琵琶湖周遊(竹生島・長浜城)-1 [2015年08月24日(Mon)]
琵琶湖周遊(竹生島・長浜城)-1


阪急trapicsの企画に便乗し、7月中旬、琵琶湖を一周する旅をしてきました。
旅から帰ってきて間もなく、酷暑と大雨の連続で、旅行時期の選定が偶然にもよかったと思いました。
旅は滋賀県長浜市からスタートして琵琶湖の外周を左回りにバスで移動しながら、比叡山などを見学して再び長浜市に戻り、旅の終わりは彦根城を訪ねて米原から新幹線で帰着しました。


1_7120001.jpg


新幹線のグリーン車など乗ったことがないので撮影してみました
2_7120002.jpg



3_7120003.jpg


伊勢の赤福を名古屋駅で売ってました。
4_7120005.jpg



5_7120009.jpg



6_7120011.jpg



7_7120056.jpg



8_7120057.jpg


宝巖寺は奈良時代第45代聖武天皇の夢枕にたった天照皇大神のお告げにより国家安寧のため僧行基を勅使として神亀元年(724年)島に派遣、堂宇を開基したのが始まりと伝えられている。
祭神の弁財天は日本三大弁財天のひとつ。国宝の唐門は修理中で見学ができず残念、
ここは西国第三十番札所
9_7120061.jpg
 


10_7120062.jpg



11_7120064.jpg



12_7120069.jpg


豊臣秀吉と島の深い関係を示すモチの木
13_7120072.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
スイス・トイレ事情 [2015年08月23日(Sun)]
スイス・トイレ事情


 海外旅行をして一番困ることは、トイレが日本ほど完備されていないことです。尾籠な話で恐縮ですが、我慢してお読みください。
 海外ではまず公衆トイレが少ないうえに、あまり綺麗でない場合が多いので困ります。欧米人があまりトイレに行かないのは膀胱が大きいからなのでしょうか?我慢強いからなのでしょうか?前立腺肥大の老人男性はいないのでしょうか?

スイスはほかの国と比較すればずっと良い方です。昔スイスに来て3000メートルを超えた場所のトイレが水洗で感激しました。しかし、やはり日本と比べれば、公衆トイレの数が少なく不便です。そのため、レストランに入って食事の後に利用するケースが多くなります。ただ、バーゼルのマクドナルドでは、自由にトイレに行かれず、食事をしたお客か、1フラン払った人だけがコード番号を教えてもらい、その番号をドアにある装置にインプットしてトイレに入る仕組みになっています。
 駅の公衆トイレは、モントルーの駅では無料ですが、ジュネーブ駅では1.5スイスフラン(約200円)のコインを入り口に挿入しないと、トイレに入れません。二人が通ろうとすると、ブザーが鳴り、係員がとんできます、
IMG_2099.jpg

ジュネーブ駅の公衆トイレ入り口(左側にコイン入れ)
IMG_2098.jpg
男性トイレ

さすがに清潔です。また、係員がいるので、防犯上安全です。
ローザンヌでは、2スイスフラン(約300円)でした。トイレに行きたいときは、まず駅のトイレに駆け込んでいた私には、有料トイレは抵抗感があります。「トイレは清潔で無料が当たり前」の日本は、本当にありがたい国です。日本が世界に誇ってよい文化だと思います。

 有料トイレでも、日本のようなウオッシュレットではありません。
また、普通のホテルでも、高級ホテルでもウオッシュレットのトイレを見たことがありません。
それで、私達は海外に旅行するときは、携帯ウオッシュレットを持っていってホテルで使うようにしています。
IMG_2302.jpg
携帯ウオッシュレット(TOTO製)

(電池式で、ボタンを押すと先端から水が勢いよくでます)
携帯ウオッシュレットに興味のある方は、次をクリックしてTOTOのPRをご覧ください。
http://www.toto.co.jp/products/toilet/washlet/travel.htm

 しかし、私達の滞在しているモネ夫妻の家はシャワートイレ(スイスでの名称)を備えています。
ご夫妻は日本に何度かいらした事があり、ウオッシュレットの良さを体感し、数年前に自宅に導入しました。日本のTOTO製は輸入品で値段が高いので、スイス国産のGeberitにしたそうです。スイスでは最大の衛生器具メーカーです。まだ普及していないので、値段は日本の数倍します。

 温水の温度は37度、水圧も調整でき、温風も強さを変更できます。ただ、リモコン式で、便座にリモコンを収めるのが面倒です。
IMG_2064.jpg
便座(奥ににリモコン入れ)

IMG_2013.jpg
リモコン

(噴水のマークは温水、ドライヤーのマークは温風、女性マークはビデ、扇風機のマークは換気扇、それぞれ押すとON,もう一度押すとOFFとなります。)
Geberitのシャワートイレを説明しているホームページ画面をご覧ください。
http://www.plumbum.com/dougboy1234.htm
(1,2,3,4と順番に画像が自動的に変わります。気長にお待ちください。1は換気、2は便器洗浄、3は温水、4は温風の場面です。)
 お蔭様で私達は、トイレの不便を感じることなく快適にスイスに滞在することができました。
(皆川眞孝)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
八月 霧ヶ峰-6 [2015年08月21日(Fri)]
八月 霧ヶ峰-6


車山山頂に至るリフトは往復のチケットを購入したのですが、下山しようとしたところ、架線の故障でリフトストップ、お蔭?で下山は徒歩となり涼風のなか健康ハイキングができました。

51_DSF7569.jpg


52_DSF7570.jpg



53_DSF7585.jpg



54_DSF7587.jpg



55_DSF7592.jpg



56_DSF7457.jpg



57_DSF7483.jpg



58_DSF7511.jpg



59_DSF7593.jpg



60_DSF7590.jpg


終わり


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
八月 霧ヶ峰-5 [2015年08月20日(Thu)]
八月 霧ヶ峰-5


八島湿原を離れ、リフト利用で車山の山頂へ


41_DSF7552.jpg



42_DSF7556.jpg



43_DSF7557.jpg



44_DSF7558.jpg


車山山頂 長野県設置気象レーダー
45_DSF7560.jpg



46_DSF7561.jpg



47_DSF7562.jpg



48_DSF7564.jpg



49_DSF7566.jpg



50_DSF7567.jpg


続く


<荒川>
Posted by wild river at 09:00
八月 霧ヶ峰-4 [2015年08月19日(Wed)]
八月 霧ヶ峰 -4


8月10日夜、NHKテレビで日本百名山 夏の尾瀬 を見ていたら、ガイドの永井一弘さんという方が、アヤメとカキツバタはよく似てるけれど、アヤメ平に夏咲いている濃紺色のこの花はと指しながらカキツバタと紹介していました。
下の写真はアヤメと思っていましたが、カキツバタかもしれません。
31_DSF7519.jpg



32_DSF7522.jpg



33_DSF7527.jpg



34_DSF7529.jpg



35_DSF7530.jpg



36_DSF7535.jpg



37_DSF7538.jpg



38_DSF7539.jpg



39_DSF7540.jpg



40_DSF7546.jpg


続く


<荒川>
Posted by wild river at 09:00
八月 霧ヶ峰-3 [2015年08月18日(Tue)]
八月 霧ヶ峰-3



21_DSF7486.jpg



22_DSF7489.jpg



23_DSF7490.jpg



24_DSF7493.jpg



25_DSF7499.jpg



26_DSF7501.jpg



27_DSF7504.jpg



28_DSF7506.jpg



29_DSF7510.jpg



30_DSF7518.jpg



続く


<荒川>
Posted by wild river at 09:00
ブログランキング(2015年7月) [2015年08月17日(Mon)]
CANPANブログのランキング
(2015年7月)

blog.jpg


三井台南窓会ブログの運営団体CANPANから、7月のランキング・ベスト100の連絡がきました。
三井台南窓会のブログは、6月の16位から上がって堂々の14位でした。依然として、20位の中で、健闘しています。
詳しくは、次の「お知らせ」の中のホームページをご覧ください。
ランキングの好成績は、皆様が読んでいただいているお蔭と感謝しています。
記事を書く方も増えています。これからも、今日はどんな記事があるかなと、毎日ブログを開いて、お読みくださるようにお願いします。また、コメントも歓迎いたします。(皆川眞孝)
**********
●0o。 【CANPANブログ】7月のランキング・ベスト100 。o0●

CANPANでは2014年から毎月、アクセス数(Googleアナリティクスによるページ
ビュー数)の多いブログのランキングを発表しています。
このたび、7月のランキング・ベスト100が決まりました。

○2015年7月のランキング・ベスト100
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/346

+++++++++++++++++++
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
団体演技 [2015年08月16日(Sun)]
団体演技(YouTube)

スイスの友人が面白いYouTubeを紹介してくれました。
s-taiiku.jpg

「これは日本人ですか?2020年オリンピックの練習ですか?」のコメントがついていました。このような「集団演技jは中国や北朝鮮の得意分野ですので、日本人かどうかわからなかったそうです。
「私もこのようなパーフォーマンスを初めて見ましたが、日本体育大学の学生で、「間違いなく日本人ですよ」と回答しました。見事な演技です。
次をクリックしてご覧ください。
http://www.youtube.com/embed/Ba8IH6EfGqU

(皆川眞孝)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
八月 霧ヶ峰-2 [2015年08月15日(Sat)]
八月 霧ヶ峰-2


八島湿原へのアクセスは、ビジターセンターがよいと思います


所在地:長野県諏訪郡下諏訪町八島湿原10618
TEL :0266-52-7000
カーnavi は電話番号でOK
駐車場(無料)はビジターセンター前です


11_DSF7461.jpg



12_DSF7464.jpg



13_DSF7466.jpg



14_DSF7467.jpg



15_DSF7471.jpg



16_DSF7473.jpg



17_DSF7478.jpg



18_DSF7479.jpg



19_DSF7481.jpg



20_DSF7484.jpg


続く


<荒川>
Posted by wild river at 09:00
ミラノの電車内の出来事 [2015年08月14日(Fri)]
ミラノの電車内のできごと

   イタリア旅行をした時のことです。私達は、ミラノ・マルペンサ空港から、市内の中央駅にいくために電車に乗っていました。
s-IMG_1969.jpg

   途中駅から、10人ぐらいの若い男女がどやどやと乗りこんできました。鼻の先にリングをピアスしている男と女もいます。一人は自転車を一緒に持ち込んでドアの近くに陣取りました。自転車を置ける車両もありますが、この男は無視して一般車両に乗ってきたものです。
s-20110507_1805687.jpg
自転車専用車両

10人の若者は大声で何か話し始めましたが、この自転車の若者がボスの様で、ひときわ大きい声でわめいています。自分たちだけでなく、今度は乗客に向かって大声で叫んでいます。

イタリア語か何語かわかりませんが、乗客は目を合わさないように、黙って下を向いて聞こえないふりをしています。この不良グループの一団はますます図にのって威嚇的になってきました。私を日本人と認めて「ヒロシマ、ナガサキ」と呼び掛けてきましたが、知らない振りをしていました。もし彼らが襲ってきたら、抵抗しないほうがよいか、抵抗をして日本人の意地をみせるべきか、などと考えていました。
次の駅で乗客が乗り込んできても、自転車が邪魔をしてスムーズに動けません。意識的に邪魔をしていて、動かそうともしません。
中央駅に近い駅にとまると、車掌とおぼしき人が来て、自転車をホームに降ろすとボスが飛び降りて、また自転車を中にいれました。今度は腰にピストルを下げた警官が2名きて、抵抗する男と自転車を無理やり下ろして、電車は動き出しました。きっと誰かが通報したのでしょう。残りのグループ仲間は、ボスを助けもせずに、ほかの席に行ってしまいましたが、しばらくするとまた大声で話しだしました。中央駅で、彼らも降りていきました。 
italy215.jpg
ミラノ中央駅

 日本の電車内でも、切れて大声を出す人を見たことがありますが、こんなに威嚇的なのは初めてです。イタリアは失業率が多いと聞きます。不満の塊のようなこのグループは、いつ事件を起こすかわかりません。日本だけでなく、世界的に若者の質が悪化しているのだなと、つくづく心配になりました。
(皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
八月 霧ヶ峰-1 [2015年08月13日(Thu)]
八月 霧ヶ峰-1


この夏、東京都の暑さは過去140年に初めての記録的暑さと、NHK 8日土曜日の朝報じられました。
近い場所で避暑になるところといえば霧ヶ峰、八月に入るや早速でかけてみました。
八月は夏休み、ウイークデーでも中央高速自動車道など混雑が予想されるので早朝4時半に起床し、朝飯は途中のSAで摂ることにして出発、国立インターから入りました。
予想どおり車が犇めいていましたが、幸い短い渋滞ですみ午前9時には八島湿原の駐車場に着きましたが、5分遅かったら駐車待ちになるところでした。
八島湿原をみたのち、車山リフト利用で車山山頂に登ったのですが、下山のときにリフト故障のアクシデントで結局徒歩下山、いい運動になりました。
車山は1925m 涼風は生き返る思いでした。
車山リフト駐車場も満杯、夏休暇中はそのことが留意すべき点だと思いました。


1_DSF7422.jpg



2_DSF7431.jpg



3_DSF7432.jpg



4_DSF7434.jpg



5_DSF7438.jpg



6_DSF7443.jpg



7_DSF7445.jpg



8_DSF7452.jpg



9_DSF7455.jpg



10_DSF7459.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
国宝 松本城天守 [2015年08月12日(Wed)]
国宝 松本城天守

8月8日の孫の結婚式に出席のため、前日の7日夕方松本に到着しました。私は松本市内を訪れたのは初めてなので、ホテルの窓近くに見える松本城公園へ娘たちと出かけてみました。入場時間が過ぎていて、近年修復された大手門を見る事が出来ませんでした。お城の南側と西側をお堀に沿って歩きながら、お城の姿をバックの中のカメラで撮りましたのでご覧ください。

a.jpg

松本城公園入口
b.jpg

松本市立博物館

右手に博物館、左手にお城が見えてきました。
c.jpg

Wikipediaから

松本城は安土桃山時代末期〜江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定され、城址は国の史跡に指定されている。松本城と呼ばれる以前は「深志城(ふかしじょう)」と言った。

築城主 
小笠原貞朝、石川数正、康長父子

主な城主
小笠原氏、石川氏、松平氏、堀田氏、水野氏、戸田松平家が代々居城とした。

d.jpg


e.jpg


お堀には元気な鯉が沢山いて人が近づくと集まってきます。
f.jpg

g.jpg


h.jpg


埋橋(うずみばし)

i.jpg

城の西側

再びWikipediaから

明治維新後、1872年(明治5年)に天守が競売にかけられ、一時は解体の危機が訪れるが、市川量造ら地元の有力者の尽力によって買いもどされて難を逃れる。明治30年代頃より天守が大きく傾き、これを憂いた松本中学(旧制)校長の小林有也らにより、天主保存会が設立され、1903年(明治36年)より1913年(大正2年)まで「明治の大修理」が行われた。
1876年(明治9年)6月19日 - 不審火により、当時筑摩県庁となっていた二ノ丸御殿が全焼。当時、県庁の移転と旧長野県との合併問題をめぐって紛争が起きており物議をかもした。跡地には1878年(明治11年)に松本地方裁判所が建つ。
1930年(昭和5年) 国の史跡に指定された。1936年(昭和11年)4月20日には天守・乾小天守・渡櫓・辰巳附櫓・月見櫓の5棟が国宝保存法により当時の国宝に指定され、1952年(昭和27年)3月29日にはこれら5棟が文化財保護法によりあらためて国宝に指定されている。
j.jpg

埋橋近くの蓮田

k.jpg

近くまで行けませんでしたが注連縄をつけた大欅が見えました。
お城の南側と西側には外堀があったようで、これを復旧しようという声も上がっているようです。
松本市も当日の気温が35度と高く驚きましたが、夕方には冷たい風が吹き初めてぐんと涼しくなりました。松本城公園からは常念岳がどんと見えるそうですが、雲に隠れて残念!ふと見上げると欅の枝に鳩が一杯とまっていました。公園を出て街に出ると「松本城を世界遺産に」という幟があちこちにあると気づきました。


文責:宮ア
Posted by ミセスミヤ at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml