CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
道央西部の旅(9) (10/17) 荒川 健三
日野橋“通行止” (10/17) ミセスミヤ
道央西部の旅(9) (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) 荒川 健三
道央西部の旅(7) (10/14) 皆川
道央西部の旅(7) (10/12) 荒川 健三
巾着田彼岸花(2) (10/05) 荒川」健三
富良野&美瑛の7月(17) (10/05) ミセスミヤ
富良野&美瑛の7月(17) (10/05)
最新トラックバック
月別アーカイブ
悪徳商法事例集(74)個人情報削除詐欺(2) [2015年01月31日(Sat)]
悪徳商法事例集(74)
個人情報削除の詐欺(2)

個人情報削除詐欺にについては、昨年9月2日の悪徳商法事例集(66)で、お伝えしてあります。(次をクリック)
http://blog.canpan.info/nsk/archive/2200

今回も、同じ詐欺グループと思われます。
個人情報のリストは、悪徳業者の中で回覧されていて、数社の分を削除しても、関係なく残っています。全部の削除は不可能ですから、あまり神経質にならないで、個人情報がよそに流れていても関係ないと腹をくくったほうがよいと思われます。(皆川)

個人情報を削除してあげる」?
国民生活センターをかたる電話

_______

国民生活センターを名乗る男性から電話があり「あなたの個人情報が3社に漏れているので削除します。30分くらいしたらまた電話します」と言われた。その後「2社は削除出来たが、1社は出来なかったので○○さんを紹介します」と電話があったが、意味が分からなかったので「そんなこと知りません」と言って電話を切った。怪しいと思う。(60歳代 女性)
s-kojin.jpg

=====
<ひとこと助言>
☆国民生活センター等公的機関が「個人情報を削除する」などと言って電話をかけることは絶対にありません。公的機関を装って個人情報の削除を持ちかける電話は詐欺です。相手にせず、すぐに電話を切ってください。
☆話を聞いてしまうと、さまざまな理由をつけて金銭を要求してくるケースも見られます。絶対に支払ってはいけません。
☆このような電話があった場合は、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
高幡不動尊初大祭-2 [2015年01月30日(Fri)]
高幡不動尊初大祭-2



外人も大祭を見にきていました。


11_1020110.jpg



12_1020115.jpg



13_1020117.jpg



14_1020120.jpg



15_1020121.jpg



16_1020123.jpg



17_1020125.jpg



18_1020128.jpg



19_1020141.jpg



20_1020152.jpg


終わり


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
高幡不動尊初大祭-1 [2015年01月29日(Thu)]
高幡不動尊初大祭-1


高幡不動尊の年中行事計画によると1月28日に初不動大祭がおこなわれ、稚児練供養とだるま市が開催されると記してありました。
早速でかけてみました。
人出は三が日並みに多く、消防車も境内に待機し、警察官も多数出動し不測の事態に備えていました。


1_1020060.jpg



2_1020064.jpg



3_1020065.jpg



4_1020083.jpg



5_1020085.jpg



6_1020087.jpg



7_1020092.jpg



8_1020099.jpg



9_1020104.jpg



10_1020109.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
南窓会だより(27年1月号) [2015年01月28日(Wed)]
南窓会だより(27年1月号)

Nansou.jpg



平成27年1月の南窓会だよりをお届けします。
主なニューズは次の通りです。

<行事報告>
*センター落ち葉清掃 12月28日(日)
  年末の忙しい時にかかわらず、多数の方が参加していただき、センター周辺がきれいになりました。有難うございました。

*南窓会新年会
 平成27年11日(日)12時〜午後3時
 出席者51名、賑やかに楽しく新年の門出をお祝いしました。

<これからの行事>

*南窓会映画会

  1月25日(日)午後2時から
「テルマエ・ロマエ 2」日本映画

*包括支援センター「あさかわ」主催 介護予防教室
 リンパの流れをよくするために、学びます
 連続3回:2月3日(火)午後1時半 2月10日(火)午後1時半 2月17日(火) 午前10時

1月号は次をクリックしてお読みください。
南窓会だより27年1月(1).pdf
南窓会だより27年1月(2).pdf
(南窓会 皆川)
 
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
三十槌の氷柱-5 [2015年01月27日(Tue)]
三十槌の氷柱-5


甲州街道(国道20号)の裏街道のひとつとも云える国道140号を雁坂トンネルを目指して奥秩父まできたので、ついでに三峰神社や秩父湖をみてみようと三十槌の氷柱をあとにさらに雁坂峠の方へと進み秩父湖まで行ったのですが、三峰神社ルートは凍結していて危険なので秩父湖を最後に帰宅しました。

41_DSF4357.jpg



42_DSF4348.jpg



43_DSF4351.jpg



44_DSF4353.jpg



45_DSF4356.jpg



46_DSF4358.jpg



47_DSF4359.jpg



48_DSF4360.jpg



49_DSF4362.jpg



50_DSF4364.jpg



おわり


文責 荒川

Posted by wild river at 09:00
三十槌の氷柱-4 [2015年01月26日(Mon)]
三十槌の氷柱-4


望遠レンズで少しひきつけて撮ってみました。


31_DSF4318.jpg



32_DSF4319.jpg



33_DSF4321.jpg



34_DSF4322.jpg



35_DSF4323.jpg



36_DSF4324.jpg



37_DSF4325.jpg



38_DSF4326.jpg



39_DSF4332.jpg



40_DSF4339.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
三十槌の氷柱-3 [2015年01月25日(Sun)]
三十槌の氷柱-3


同じような写真の羅列で恐縮ですが飽きずにご覧いただければ幸いです。

21_DSF4303.jpg



22_DSF4305.jpg



23_DSF4307.jpg



24_DSF4309.jpg



25_DSF4310.jpg



26_DSF4314.jpg



27_DSF4316.jpg



28_DSF4317.jpg



29_DSF4320.jpg



30_DSF4344.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
三十槌の氷柱-2 [2015年01月24日(Sat)]
三十槌の氷柱-2

氷柱より高い位置にある駐車場から氷柱のある崖を見下ろして撮影したのち、真近に氷柱をみるため河原に降りてみました。


11_DSF4292.jpg



12_DSF4293.jpg



13_DSF4294.jpg



14_DSF4296.jpg



15_DSF4297.jpg



16_DSF4298.jpg



17_DSF4299.jpg



18_DSF4300.jpg



19_DSF4301.jpg



20_DSF4302.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
三十槌の氷柱-1 [2015年01月23日(Fri)]
三十槌の氷柱-1


秩父市大滝4066-2 は三十槌の氷柱を見る場合マイカーのナビ設定で入力すれば案内してくれます。
ナビ設定をしなくとも、関越自動車道花園ICで下車し秩父への国道140号を雁坂トンネルへ向かってひた走り秩父市役所大滝総合支所のすぐ先を三峰神社方向に左折し道路に掲出されている<三十槌の氷柱>の案内板に従って進めばすぐにわかります。なお細かい案内は前述の大滝総合支所に電話すれば案内を受けられます。
冬の風物として三十槌の氷柱(みそつちのつらら)は一度は見てもよいと思います。
私は21日にいってきましたのでブログをお借りして報告させていただきます。


1_DSF4281.jpg



2_DSF4282.jpg



3_DSF4283.jpg



4_DSF4284.jpg



5_DSF4285.jpg



6_DSF4286.jpg



7_DSF4287.jpg



8_DSF4346.jpg



9_DSF4289.jpg



10_DSF4291.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
春を探る(昭和記念公園)-3 [2015年01月22日(Thu)]
春を探る(昭和記念公園)-3


21_1010885.jpg



22_1010890.jpg



23_1010932.jpg



24_1010895.jpg



25_1010897.jpg



26_1010900.jpg



27_1010902.jpg



28_1010936.jpg


ご婦人二人で絵を描いていました。
実に楽しそうで生活の余裕が感じられ、羨ましいと思いました。
パステルは指を使って描くのだそうです。
キャンバスは水鳥の池を全景にした風景画でしたが水彩画よりも濃密に感じられました。

29_1010935.jpg



30_1010916.jpg



31_1010917.jpg


終り


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
春を探る(昭和記念公園)-2 [2015年01月21日(Wed)]
春を探る(昭和記念公園)-2


11_1010848.jpg



12_1010849.jpg



13_1010852.jpg


さざんかと寒つばきの区別を聞いて納得したのですが、早くも忘却の彼方へ消えてしまいました。
この公園では植物名札が付いていてよくわかります。殆ど山茶花(さざんか)です。


14_1010866.jpg



15_1010867.jpg



16_1010871.jpg



17_1010868.jpg



18_1010875.jpg



19_1010881.jpg



20_1010883.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
今月の俳句(平成27年1月) [2015年01月20日(Tue)]
今月の俳句(27年1月)

  今月の兼題は、「新年」または広くその関連の季語でした。「初詣」「初不動」「七福神詣」や「書初」「賀状」「弾始」「琴始」など、すべて新年の季語です。ただ、今月の俳句に選ばれたのは、「新年」だけではありません。「冬」の季語の俳句も含まれています。
「今月の一句」は、渡辺さんが担当しました。

「眠気払ひ除夜の鐘待つ孫の顔」
  宮ア 和子
nemui2.jpg

あ〜私にも経験があります。どうしても除夜の鐘を聞きたいと頑張って起きていたのに、もう少しというところでついにどんと倒れ込んで寝込んでしまった、という幼い頃の思い出があります。
今にも眠り込みそうなお孫さんと、それを見守る優しいお祖母ちゃんの眼差しが良く表現されています。

「手に取りし賀状の束の薄さかな」
  皆川 眞孝
IMG_1408.jpg

女性はともかく、会社勤めをしていた男性が退職された後、こんな思いをされた方は案外多いのではないでしょうか。仕方のない事とはいえ、一抹の寂しさを感じる瞬間かもしれません。仕事上の義理の付き合いと相手から宣告されたような痛さを感じさせる一事かもしれません。
実感として俳諧味溢れる一句となりました。

「両岸は墨絵めきたり雪見舟」
  小野 洋子
thDES2ZGZ4.jpg

一瞬雪舟の水墨画が浮かびました。作者によるとお正月に訪れた新潟の阿賀野川での一句。新潟は雪深い土地柄です。今年は例年に増して雪が多く、雪見舟での鑑賞はまさに墨絵の世界だったと想像されます。なかなかに情緒豊かに、その景がすっと立ち上がる句となりました。

「木枯らしや家路に急ぐ長き影」
  皆川 瀧子
kogarasi3.jpg

長い影ですから冬日が傾きかけた時刻でしょう。そこに木枯らしが吹きつけています。日が落ちかける頃では木枯らしも一層冷たさを増したことでしょう。暖かい自宅を目指して木枯らしに抗して歩を速める作者の心急ぐ思いと、自宅という安住の場所を求める切ない心情までをも想像させます。暖と冷との対照で強調された句となりました。

「団子食む(はむ)善男善女着ぶくれて」
  渡辺 功
dango6.jpg

善男善女ですから信仰深い人々。その人々が初詣を真摯に終えた後、即座に俗人に変身し、屋台の団子に舌鼓を打っている景。まさに自身を見る思いがいたしました。庶民としては神仏はそれなりに尊崇するとして、屋台から流れ来る美味しそうな匂いには抗し難く、団子だ、焼きそばだ、たこ焼きだ、と心奪われる気持ちはよく理解できます。
それも庶民の細やかな幸せ、神仏も片目を瞑って苦笑いしていることでしょう。
俳諧味溢れる一句。季語は「着ぶくれ」(冬)

「朴落葉重なり合ふや迷ひ道」
  木原 義江
ochiba.jpg

朴(ほお、旧カナ:ホホ)はモクレン科の落葉高木。葉の長さ30センチ、幅10センチ以上という大振りの葉です。当然その落葉となるとばさばさと大振りの落葉となります。大きな枯葉が重なり合って散り敷いた道はその道筋も定かではなくなり、どこが道が解らない程であったとか。その驚きと戸惑いが下五の迷い道によく表現されています。ちなみに香りの良いこの葉に食べ物を盛ることから包(ホオ)の意味で名がついたという説があります。

「威儀正し一気呵成に筆始」
  藤戸 紘子
i09-19b-c400.png

「筆始」は「書初」と同じで、新年初めに書または絵を揮毫するために筆をとることです。子供の頃、正月2日にきょうだい並んで書初めをしたことを思い出します。このあたりの小学校では「書初め」を宿題にしているようで、伝統が残っていて嬉しいことです。(1月6日掲載の「書初め教室のブログ」を参照してください)
この句は、書初め教室での子供さんでしょうか、ご自分でしょうか、いづれにしても筆始めの緊張した雰囲気がよく出ています。「一気呵成」という言葉が効いていて、息をつめて一気に書き、緊張がとけて、上手にかけたかなと見直している様子まで目に浮かびます。お正月らしい格調の高い句です。
 (句評―皆川眞孝)

今月の一句(選と評:渡辺功)

「後れ毛のうなじに揺れて琴始」
 藤戸 紘子
koto (2).jpg
「娘深雪」(上村松園画)


「琴始」は、新年に初めて琴を弾くという季語です。清冽な琴の音は、新年にぴったりです。南窓会の新年会でも箏曲「黒髪」が格調高く演奏されました。
 掲題句からは、琴の調べの高まるにつれ、琴柱を動かし、琴爪を激しく撥ね、弦十三本を自在に操る女性、おのずと後れ毛が白きうなじに揺れる・・・・・・・なんとも艶つぽい姿が浮かびます。
 上村松園の琴の側に妙齢の女性が立つ「娘深雪」という美人画(図書館で見つけました)を彷彿させます。
初句会で、素敵な作品に出会い、感激いたしました。老いながらも精進しなければと思います。(句評ー渡辺功)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
春を探る(昭和記念公園)-1 [2015年01月19日(Mon)]
春を探る(昭和記念公園)-1


1月16日(金曜日)前日の冷たい雨と打って変わって麗らかな小春日和になりました。
昭和記念公園へ春を探ってみようと出かけてみました。
西立川口の駐車場に定刻に入ったのは私ひとり、入園したら一見冬景色で人影もまばら、入園口を背に右回りに行くと駐輪場で猫が眠たそうに日向ぼっこ、水鳥の池周辺では大規模な補修工事が行われています。
案内図のとおり花木園の手前で日本スイセンが見られ、残堀川沿いの梅園では早咲きの紅梅<鴛鴦>が2〜3輪見られ、冬景色の一方で春が確実に訪れていると感じられました。
以下レポートをご覧ください。


1_1010832.jpg



2_1010833.jpg



3_1010834.jpg



4_1010837.jpg



5_1010842.jpg



6_1010844.jpg



7_1010845.jpg



8_1010934.jpg



9_1010847.jpg



10_1010858.jpg


枯れている植物も四季の移り変わりの態様がどうなるか撮影してみました。

続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
平成27年三井台南窓会新年会(3) [2015年01月18日(Sun)]
平成27年三井台南窓会新年会(3)

短い休憩で一息ついて次の催しに進みます。

◍ ハーモニカ合奏 

a.jpg

b.jpg

(皆川瀧子さま 撮影)

曲目 「カッコーワルツ」「故郷を離るる歌」

カッコーワルツを3部に分かれて演奏しました。まだ練習不十分で「ウン?」時々微妙にずれたりで私も吹きながら冷や冷や。後で「あちこちからカッコウの声が聞こえるようで良いんじゃないの」と慰めていただきましたが・・皆さまに「去年より上手になった」とも。
故郷を離るる歌は2部合奏で、自信を持って吹けたのではないでしょうか?思いがけずアンコールの声がかかり「ふるさと」をご披露しました。指導者を失いましたが、師の遺志を継いでまた練習に励みますので、よろしくお願いいたします。

◍ 手話体操と歌

藤戸さまのご指導のもと全員で歌いながら体操します。音楽療法です。
長時間椅子に座っていましたから、腰も伸び体が喜んでいることでしょう。

c.jpg

d.jpg

m.jpg

南窓会の皆さまって真面目で誠実で温かい方ばかりですねえ。体は伸び伸びしましたでしょうか?
藤戸さま ありがとうございました。

◍ マジック (萩原さま)

e.jpg

ハンカチの表裏には何もありません。

f.jpg

左手の中に窪みを作ります。ちょっと手を入れたと思ったら「はいっ!」

g.jpg

ご覧のとおり!赤いハンカチがでてきました。会場にどよめきと笑いが起きました。

h.jpg

2本の赤い紐です。会場が静かになり、手元の紐に視線が集まります。
i.jpg

j.jpg

ハイッ!あら1本になっちゃいました。目を凝らしてしっかり見ていたんですのに不思議!拍手!拍手が止みませんでした。萩原さん今年もお見事でした。

◍ ビンゴゲーム

最後の催し物、お待ちかねのビンゴゲームです。カードが配られました。役員さんが準備に取り掛かります。                  
k.jpg

番号が次々読まれていきます。「あら1番違い!」とか「よし、よし」とか歓声や溜息が漏れてガヤガヤしたりシーンとしたり、そして「ビンゴ!!」の大きい声が上がります。

l.jpg

民生委員の方もご一緒に楽しんでくださいました。わたしも終わりのほうですが今年はビンゴ!商品を頂けました。その分写真がお留守になってごめんなさい。

8、 合唱 

「花は咲く」を全員で斉唱。花は花は 花は咲く 私は何を残しただろう・・

9、 閉会宣言 
(副会長 小野さま)

こうして新年会はほぼ定刻通り閉会しました。司会をして下さった萩原さまお疲れ様でした。そして会長はじめ役員の皆様に厚く御礼申し上げます。今年も会長、副会長のご挨拶にありましたように健康に気を付けて、老年を楽しく生きてまいりましょう。

(文責:宮ア)
Posted by ミセスミヤ at 09:00
平成27年三井台南窓会新年会(2) [2015年01月17日(Sat)]
平成27年三井台南窓会新年会(2)


7、 新春を寿ぐ催し

食事・歓談も和やかに運び、ユーモアたっぷりな萩原さんの司会で、皆さまの笑いを誘います。そしてお楽しみのプログラムに入ります。

◍ 筝曲 黒髪 (琴・春木さま 唄・若尾さま)

昨年まではお二人で琴の連弾でしたが、今年は趣を変えて地唄・黒髪を演じてくださいました。司会の萩原さんが「黒髪の結ぼれたる 思いをばとけて寝た夜の枕こそ・・」と唄の歌詞を読まれて演奏に入ります。
黒髪は筝曲の地唄というジャンルの中で、最も有名な曲の一つと言われています。三絃・琴・尺八で奏でる曲でもあります。

J.jpg

春木さんの美しい琴の音に合わせて、若尾さんが手で調子をとりつつ、張りのある声で艶っぽく唄います。初めて合わせたとは思えない、息の合った演奏でした。
次は

◍ 詩吟  富士山 (野澤さま・河本さま)

お正月に相応しい雄大な詩を朗々と吟じてくださいました。お二人とも80才を越しているとは思えません。

K.jpg

仙客来たり遊ぶ雲外の巓(いただき) 神龍栖み老ゆ 洞中の淵 雪はがん素のごとく煙は柄の如し 白扇倒に(さかしまに)懸る東海の天
そして日舞に移ります。

◍ 日舞 青海波 (日舞サークル)

日舞サークルの方々で 清元 青海波(せいがいは)を舞って下さいました。清元のご祝儀曲の代表作。明治30年5世清元延寿太夫の襲名披露が初演と伝えられています。

L.jpg

M.jpg

子どもの時からお稽古をしえいらっしゃる方、最近日舞を始めた方と様々ですが、揃って雅に舞う姿に感動しました。素敵でした。

◍ カラオケ (真田さま・花田さま・若尾さま)

お馴染みのカラオケに移ります。日野市恒例のカラオケ大会に出場なさる方々登場!

N.jpg

真田さま「川のながれのように」

あの美空ひばりの歌。90才に見えます?音程も確かに歌いこなされました。立派!

O.jpg

花田さま「誰か故郷を想わざる 」

この曲は 作詞 西条八十 作曲 古賀政男 で昭和15年発売の戦時歌謡曲で古賀政男の名曲と言われていました。戦時中に霧島昇が歌う声がラジオから「花摘む野辺に 日は落ちて みんなで肩を組みながら ・・」と聞こえていました。懐かしい歌を久しぶりに聞きました。しかもアカペラです。良く通るお声に拍手!!

P.jpg

若尾さま「この道」

作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰 「このみちは〜 何時か来たみ〜ちー あ〜あ〜そうだよ〜・・」懐かしい歌を聞き惚れました。

◍ 東京音頭

倉重さん指導のもと、どなたでもご参加くださいとの呼びかけに参加して下さった方々が、輪になりました。

Q.jpg

自治会長さん、民生委員さんも参加してくださいました。倉重さんの手振りを見てもなかなか皆さん手も足も出ない?

R.jpg

でも、だんだん東京音頭になってきましたよ。

S.jpg

「はあ〜踊りおーどるなーら ちょいと東京音頭 ヨイヨイ」皆の顔が笑顔になって楽しそう!出来ました〜 鬼が笑うでしょうけれど来年まで忘れないでね。
ここで5分の休憩です。(つづく)

(文責:宮ア)
Posted by ミセスミヤ at 09:00
平成27年三井台南窓会新年会(!) [2015年01月16日(Fri)]
平成27年三井台南窓会新年会(1)


三井台南窓会の今年最初の行事である新年会が、昨年と同じ1月11日(日)午後12時から会員50余名の出席のもと開かれました。その模様をお伝えいたします。この冬は東京も寒さが厳しい日が続いていますが、皆様の心掛けでしょうか穏やかな暖かい一日になりました。

例年通り、受付で座席を決める籤を引き、自分の名の下足札を受け取って会場に入ります。
A.jpg

B.jpg


大分席も埋まってきました。

C.jpg


12時を少し回っていよいよ開会となりました。皆さまの手元に新年会次第と歌詞を印刷した用紙が配られています。

1, 開会宣言 副会長の小野さま

D.jpg


2, 合唱 1月1日の歌

つづいて全員で1月1日の歌を合唱。この曲を歌うと私たち世代はお正月の気分が盛り上がりますね。歌っているうちに出雲大社の第80代宮司「千家尊富(たかとみ)」氏の作詞だと先年出雲で知ったのを思い出しました。

E.jpg

(皆川瀧子さま撮影)


そして今年の総合司会者はおなじみの萩原さまです。

F.jpg


3 会長挨拶  皆川さま 
 確か昨年は(輪)についての心に残るご挨拶だったと記憶しています。今年も原稿をいただきましたので、ご出席できなかった皆さまへご紹介いたします。

G.jpg


新年会の挨拶(2015年)
                              皆川眞孝
皆様、改めて明けましてお芽出とうございます。
今年も、50名を超す南窓会会員が集まって新しい年を祝うことが出来て、大変喜ばしことだと思います。
少し前に、NHKの「100分de名著」という番組で「菜根譚」を取り上げていました。これは、16世紀に書かれた中国の古典で、処世訓を書いたものですが、その中に「日既に暮れて、しかもなお烟霞絢爛たり。末路晩年君子さらに宜しく精神百倍すべし」という言葉を紹介していました。これは、「夕暮で日が沈む時こそ絢爛とした美しさがある、晩年こそ輝く時で、一層充実して生きよう」という意味だそうです。
400年前でも、私達に良いことを言ってくれています。
年を取ると体は弱り、頭はぼけてきて、良いことがないと嘆きたくなりますが、老年こそ子育てが終わって責任がなくなり好きなことができるし、働かなくても年金はもらえるし、いやなことは聞こえないと言えばよいし、今が一番良い時で楽しもうという教えです。
南窓会の皆さんは、晩年を楽しもうと集まった人ですから心配はしていません。
どうか、今年が皆さんにとって老年を楽しむ充実した一年でありますようにお祈りしています。
有難うございました。


4 民生委員と南窓会役員紹介
萩原さんの司会で民生委員の「河野さま」が紹介されご挨拶をいただきました。南窓会の私たちは何かとお世話になると存じます。今年もよろしくお願いいたします。後刻もうお一方「鈴木さま」も後程お見えになりご挨拶をいただきました。
次の役員紹介で一人ずつ名前を呼ばれて、各自の席に起立なさってくださいました。
役員の皆さま、今日も早くから会場の設定からはじまって数々の準備をありがとうございました。

5 乾杯 遠藤三井台自治会会長

 短いご挨拶の中で昨年三井台自治会創立50年を迎え、記念誌を発行の際、南窓会の方々のご尽力に触れ、会長はここに住んで50年になると仰いました。まだお若いようなので学生時代から?と驚きました。
そして乾杯!

6会食・歓談
お楽しみの会食に移る前、会長からハーモニカの指導をして下った「三浦敏夫先生」が急逝なさったことが告げられました。この新年会をとても楽しみにしていらっしゃったのに本当に残念でなりません。全員で黙とう!先生のご冥福をお祈りしました。

しっかり包装されたお弁当を開けます。
H.jpg


和菓子、ミカンなども添えられています。可愛いのでシャッターを押しましたが、お弁当の周りがごちゃごちゃしていてごめんなさい。楽しい歓談が始まりました。
I.jpg


今年も熱いお茶を嬉しくいただきました。 (つづく)

(文責:宮ア)
Posted by ミセスミヤ at 09:00
成人の日(高幡不動尊)-2 [2015年01月15日(Thu)]
成人の日(高幡不動尊)-2


12_1010805.jpg



13_1010812.jpg



14_1010813.jpg



15_1010815.jpg



16_1010817.jpg



17_1010821.jpg



18_1010822.jpg



19_1010825.jpg



20_1010826.jpg



21_1010827.jpg



22_1010829.jpg


終わり


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
成人の日(高幡不動尊)-1 [2015年01月14日(Wed)]
成人の日(高幡不動尊)-1



成人の日に高幡不動に行ってみました。
成人の日-1月12日はちょっぴり冷たい風が吹きましたが、高幡不動尊は人気スポットになったらしくトワイライト近くまで沢山の人出で賑わいました。
主に新成人をターゲットにスナップショットを試みてみました。


1_1010788.jpg


2_1010791.jpg



3_1010792.jpg



4_1010795.jpg



5_1010796.jpg



6_1010798.jpg



7_1010799.jpg



8_1010800.jpg



9_1010801.jpg



10_1010802.jpg



11_1010804.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
新春の多摩動物園-2 [2015年01月13日(Tue)]
新春の多摩動物園-2


11_1010655.jpg



12_1010658.jpg



13_1010652.jpg



14_1010669.jpg



15_1010673.jpg



16_1010678.jpg



17_1010705.jpg



18_1010699.jpg



19_1010711.jpg



20_1010714.jpg


終り


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
新春の多摩動物園-1 [2015年01月12日(Mon)]
新春の多摩動物園-1


孫が動物園を見たいというのでお爺ちゃんが案内しました。
余り歩きたがらないという小学1年の孫ですが動物園に入り様々な動物に接して疲れを忘れて燥いでいました。
動物園は童心に帰れる場所、大人も偶に訪れてみるのもよいと思いました。
5日月曜日に入園したのですが、閑散としていて正月の喧騒が嘘のよう、しかし肝心の動物は暖かな陽気で風もないのに巣篭りして姿を見せないのが多くて
困りました。
動物園は一人でゆっくり撮りたいところです。


1_1010588.jpg



2_1010592.jpg



3_1010591.jpg



4_P1010685.jpg



5_1010610.jpg



6_1010598.jpg



7_1010634.jpg



8_1010647.jpg



9_1010649.jpg



10_1010694.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml