CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
5月 浅間山公園(1) (05/25) ミナガワ
5月 浅間山公園(1) (05/24) 藤戸紘子
今月の俳句(令和1年5月) (05/23) 皆川
今月の俳句(令和1年5月) (05/23) 荒川 健三
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (7) (05/22) 荒川 健三
今月の俳句(令和1年5月) (05/22) 皆川
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (7) (05/22) 明平暢男
今月の俳句(令和1年5月) (05/22) 荒川 健三
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (8) (05/21) 石塚 美代
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (8) (05/21)
最新トラックバック
月別アーカイブ
身曾岐神社・能舞台を訪ねて [2014年10月31日(Fri)]
身曾岐神社・能楽殿を訪ねて

能は日本の伝統芸能・文化を象徴するものと言えますが、世阿弥が完成したとされる能舞台が、長野県、八ヶ岳山麓の古神道本宮・身曾岐神社に再現されています。
能舞台本来の姿で屋外に建立されたわが国屈指のものとのことです。


能舞台は、中央の舞台の右手に貴人席、左側に橋懸りと鏡の間が配置されています。

身曾岐027.jpg


030.JPG

中央に舞台

033.JPG


右に貴人席

身曾岐032.jpg

左に橋懸り

身曾岐031.jpg

続いて鏡の間

8月には薪能が催されます。


このあたりの紅葉を撮りました
身曾岐021.jpg

Posted by 菊間敏夫 at 07:00
2014 秋のバラ(神代植物公園)(2)  [2014年10月30日(Thu)]
2014 秋のバラ(神代植物公園)(2)


11 シモンボリバー

11_DSF1793.jpg


12 サラトガ

12_DSF1795.jpg


13 ユーロピアーナ

13_DSF1797.jpg


14 タランガ

14_DSF1800.jpg


15 アナベル

15_DSF1802.jpg



 
16 ポリネシアンサンセット

16_DSF1804.jpg


17 ドクターフアウスト

17_DSF1808.jpg


18 グリーンファイヤ

18_DSF1810.jpg



19 リリベット

19_DSF1814.jpg


20 ファンファーレ

20_DSF1817.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
佐渡の旅3−3 [2014年10月29日(Wed)]
佐渡の旅 3−3

佐渡には歴史上の人物が流されていますが、「承久の乱」(1221年)で鎌倉幕府に敗れ配流された順徳上皇の火葬塚が真野御陵です。
「ももしきや古き軒端のしのぶにもなほあまりある昔なりけり」小倉百人一首・百番
佐渡3088.jpg

眞野御陵

日蓮聖人も北条時宗の怒りをかい、1271年から3年間流罪となり、聖人所縁の寺がいくつかあります。その一つが妙宣寺です。

sado 3-3092.jpg

妙宣寺五重塔

日光東照宮の塔を模した新潟県内唯一の五重塔

能の大成者・世阿弥も晩年、1434年、71歳から7年間、将軍・足利義教にうとまれ佐渡に流されました。初代奉行・大久保長安が能を定着させたといわれ、佐渡では古くから能が親しまれてきました。今でも、島内各地に30余の能舞台が残されており、春から6月にかけて多くの舞台で鑑賞できるそうです。
sado 3-3096.jpg

大膳神社 能舞台

素朴な佐渡能舞台の代表的遺構。弘化3年(1846)再建。
sado 3-3136.jpg


若宮神社能舞台

JR観光ポスターの薪能に使われた舞台。
佐渡3133.jpg


本間家能舞台

佐渡から離れますが、能舞台として素晴らしいのは長野県・八ヶ岳山麓にある身曾岐神社・能楽殿です。次の機会にご紹介します。

佐渡の近年の話題は朱鷺の飼育と放鳥です。放たれた朱鷺を目にすることは地元の人でも難しいそうです。
朱鷺の森公園に立ち寄って柵の中の朱鷺を撮りました。
佐渡3123.jpg


佐渡3118.jpg

標本の朱鷺

佐渡3128.jpg

公園入り口、5羽の朱鷺家族の写真です
終わり
Posted by 菊間敏夫 at 09:00
2014 秋のバラ(神代植物公園)(1)  [2014年10月28日(Tue)]
2014 秋のバラ(神代植物公園)(1)


ダリアとバラどちらがきれいでしょうか、それともどちらが好きでしょうか。
今年も神代植物公園で同時期にダリアとバラが妍を競い合っています。


1 フロリック

1_DSF1768.jpg



2 ファッション

2_DSF1771.jpg



3 フレンチレース

3_DSF1773.jpg



4 ルビーリップス

4_DSF1776.jpg


5 レディヒリンドン

5_DSF1778.jpg


6 ピース

6_DSF1780.jpg


7 レッドデヴィル

7_DSF1782.jpg


8 インターフローラ

8_DSF1784.jpg


9 讃美

9_DSF1787.jpg


10 サンフレーア

10_DSF1790.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2014 秋のダリア(神代植物公園)-5  [2014年10月27日(Mon)]
2014 秋のダリア(神代植物公園)-5


ダリアの花名は作者の意図の表現でしょう

41 美姫

41_DSF1629.jpg



42 月のしずく

42_DSF1631.jpg



43 管理No11-111

43_DSF1635.jpg


44  メアリエベリン

44_DSF1640.jpg


45 花えくぼ

45_DSF1642.jpg


46 ミシズ ケネディ

46_DSF1649.jpg


47 ベビーソープ

47_DSF1655.jpg



48 おとぎ話

48_DSF1657.jpg


49 おとひめ

49_DSF1661.jpg



50 祝賀会

50_DSF1663.jpg


おわり


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
佐渡の旅 3−2 [2014年10月26日(Sun)]

佐渡の旅3−2

佐渡は、西佐渡で砂金がとれ、鶴子、新穂には銀山もあり、金銀の鉱脈に恵まれた島でした。
佐渡2045.jpg

鶴子銀山跡


佐渡2044.jpg

相川金山に先だって上杉家が支配した頃の銀山の跡

相川金山は、佐渡最大の鉱脈で昭和時代まで稼働、遺跡と施設が保存されています。江戸時代の宗太夫間歩(坑道)と明治時代の坑道が二本、観光用に整備され、蝋人形も置かれて当時の採掘の様子を見ることができます。

佐渡2087.jpg

金山入口


佐渡2072.jpg

観光用に整備された坑道

佐渡1081.jpg

道遊の割戸・明治時代の採掘跡


佐渡2086.jpg

割戸遠景

085.JPG


佐渡1042.jpg

昭和期の選鉱・製錬場跡


昭和期にも稼働し、金や銅を産出しました。

金山を後にし、Eさんに勧められた春日崎のホテルに向かいました。

佐渡1071.jpg

春日崎、大佐渡温泉・ホテル大佐渡


眺望がすばらしい。

佐渡1060.jpg


日本海の眺め。江戸時代の灯台
Posted by 菊間敏夫 at 09:00
2014 秋のダリア(神代植物公園)-(4)  [2014年10月25日(Sat)]
2014 秋のダリア(神代植物公園)-(4)



31 ジャネット

31_DSF1598.jpg


32 ニュードレス

32_DSF1600.jpg


33 ポートナイト

33_DSF1602.jpg


34 サムライ

34_DSF1608.jpg


35 夜光列車

35_DSF1613.jpg


36 京美人

36_DSF1617.jpg


37 秋祭

37_DSF1619.jpg


38 情炎舞

38_DSF1623.jpg


39 恋詩

39_DSF1625.jpg


40 ファイヤータウン

40_DSF1627.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
佐渡の旅 3−1 [2014年10月24日(Fri)]
佐渡の旅 3−1

台風19号の去った翌日の10月15日佐渡ヶ島を訪ねました。
新潟港から高速船のジェットフォイル利用、料金は片道一人6520円、少し高いのでびっくり。乗船すると、船内放送でさっそく民謡・佐渡おけさの歓迎

佐渡1004.jpg


高速船


佐渡1佐渡1006.jpg


両津港

  
佐渡の最高峰・金北山(1172m)が望めます。

レンタカーで佐渡市役所に向かい、市の職員に佐渡の金山、銀山の遺跡の案内をしてもらいました。

佐渡相川金山は1601年、関ヶ原の戦いの直後に発見され、家康は、直ちに佐渡を天領とし、代官に大久保長安を任命、長安は敏腕をふるって開発し、徳川幕府の財政を支える大金山となりました。現在、佐渡奉行所の陣屋の一部が復元され公開されています。

佐渡1013.jpg

大広間

奉行所は、書院造りの建物や茶室も備えた大きなもので、役所と裁判所を兼ねています

佐渡1018.jpg

白洲

白洲は板塀に囲まれています。冬の寒さの厳しいためでしょうか。
テレビでおなじみ、江戸北町奉行所の白洲とは違います。

023.JPG

金選鉱場跡
奉行所の横には金の選鉱場もありました。

佐渡1037.jpg


選鉱場跡から出土した下駄。熱い鉱石の上を歩くため歯が高い

なお、長安は石見と伊豆の金山の奉行や甲州街道の要所であった八王子の代官も兼ね、徳川幕府の基礎を築いた傑物ですが、死後、長安は、金の隠匿、幕府転覆の陰謀に加担した疑いをかけられ、妻妾、子女、一族は処刑される悲運にあうのですが。
Posted by 菊間敏夫 at 09:00
南窓会だより(26年10月号) [2014年10月23日(Thu)]
南窓会だより(26年10月号)

Nansou.jpg


10月の南窓会だよりをお届けします。
主なニューズは次の通りです。

<行事報告>
*日老連カラオケ大会
七生公会堂にて  9月24日
若尾佐日さん(愛の賛歌)、馬嶋和子さん(長崎の夜はむらさき)花田秀文さん(長崎の鐘)、小野洋子さん(はなみずき)の4名が出演、熱唱をして、三井台南窓会のレベルの高さを示しました。南窓会会員が大勢応援に駆けつけました。
当日の様子は、下記をクリックしてブログを見てください。
http://blog.canpan.info/nsk/archive/2243

*南窓会皆で歌おう会
9月28日  地区センターにて
   参加者が」10名とちょっとさびしい会でしたが、皆で楽しく歌いました。次回は、もっと多くの方が参加されるようにお願いします。

<これからの行事予定>
*南窓会秋季親睦バス旅行
10月30日(木) 31名申込み
朝午前7時30分と早い出発ですが、よろしくお願いします。

*三井台作品展
11月8日(土)、9日(日) 地区センターにて
作品搬入は前日の11月7日(金)午前11時〜12時ですので、よろしくお願いします。 搬出は、11月9日の午後3時からとなります。

<新入会員>
  土田久様(日舞サークル)

<サークル・ニューズ>
 吹き矢サークルを新設することを検討しています。ご興味のある方は、役員までお申し出ください。誰でもできます。
fukiya.jpg


10月の南窓会だよりは、次をクリックして、お読みください。
南窓会だより10月2014.pdf
(南窓会 皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
2014 秋のダリア(神代植物公園)-(3)  [2014年10月22日(Wed)]
2014 秋のダリア(神代植物公園)-(3)



21 スカーレット

21_DSF1572.jpg


22 初化粧

22_DSF1574.jpg


23 グレープキャンディ

23_DSF1577.jpg


24 千曲川

24_DSF1579.jpg



25 ナマハゲノアール

25_DSF1581.jpg


26 黄望

26_DSF1584.jpg



27 讃歌

27_DSF1590.jpg



28 チャイナタウン

28_DSF1592.jpg


29 和

29_DSF1594.jpg



30 安産3

30_DSF1596.jpg


続く

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2014 秋のダリア(神代植物公園)-(2) [2014年10月21日(Tue)]
2014 秋のダリア(神代植物公園)-(2)


11 暖

11_DSF1547.jpg


12 雪の精

12_DSF1549.jpg



13 都の光

13_DSF1551.jpg


14 くちべた

14_DSF1555.jpg



15 管理No11-650

15_DSF1557.jpg


16 淡い恋

16_DSF1559.jpg



17 シンフォニー

17_DSF1562.jpg


18 アンドレ

18_DSF1564.jpg



19管理No11-396

19_DSF1566.jpg


20 ぼっちゃん

20_DSF1568.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
百草シニアクラブの作品展 [2014年10月20日(Mon)]
百草シニアクラブの作品展


日老連49クラブのうち、独自に作品展を開いているのは三井台南窓会と百草シニアクラブだけです。昨日(10月19日)、小野副会長と百草シニアクラブの作品展を見に行ってきました。
IMG_1172.jpg

百草シニアクラブは、百草園近くの日本信販住宅地の人たちが作った老人クラブです。新興住宅地の一軒家で外からきた住民という点では三井台と環境が似ています。南窓会よりずっと後の平成10年に結成されましたが、会員は166名と日老連の中で2番目の会員数で、男性が88名と女性より多いのがユニークです。活動拠点は、南百草地区センターで、南平東地区センターの2倍はあります。
IMG_1180.jpg

作品展の会場も広々として、うらやましく思いました。
IMG_1173.jpg

絵画と写真が多いのが目につきました。
IMG_1177.jpg

絵画は絵画サークルがあるそうで、皆さんお上手でした。
IMG_1175.jpg

書道は「ふるさと」の歌詞を書いた見事な作品がありましたが、1点だけでちょっと寂しい感じでした。
IMG_1179.jpg

手芸は「布遊びの会」というサークルがあり、パッチワークのほかにいろいろな手芸が並んでいました。
IMG_1178.jpg

出展者は37人で、三井台とほぼ似たようなものです。
これだけあると、日老連作品展の狭いスペースでは、足らないでしょう。
百草シニアクラブの紀国会長に挨拶しました。三井台作品展に、都合が付けば見に来ていただけるそうです。三井台作品展は、会場は狭いですが、工夫した展示方法で、作品の質・量とも負けていません。今年も、みなさん、よろしくお願いします。
(皆川眞孝)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
2014 秋のダリア(神代植物公園)-(1} [2014年10月19日(Sun)]
2014 秋のダリア(神代植物公園)-(1)


秋のダリアが案外美しいので注目されている----というニュースをみみにしました。神代植物園の秋のダリアを撮影してみました。

1 赤い つばめ

1_DSF1521.jpg


2 遠雷

2_DSF1525.jpg


3 シュガーカット

3_DSF1527.jpg


4 ナマハゲマジック

4_DSF1530.jpg


5 お嬢さま

5_DSF1532.jpg



6 アルペンダイアモンド

6_DSF1534.jpg


7 リズモアサンセット

7_DSF1538.jpg


8 ムーミン

8_DSF1541.jpg


9 ハミルトンヨーク

9_DSF1543.jpg


10 港の灯

10_DSF1545.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2014- 10月 昭和記念公園(5)  [2014年10月18日(Sat)]
2014- 10月 昭和記念公園(5)


今年はホトトギスの当たり年だと聞きました。
昭和記念公園のこもれびの丘は10月に入りホトトギスの大盛況です。


41〜42 台湾ホトトギス

このホトトギスは野草のこみちで撮影

41

41_DSF1190.jpg



42

42_DSF1192.jpg



43〜50 こもれびの丘にて

43

43_DSF1255.jpg


44

44_DSF1257.jpg


45

45_DSF1282.jpg


46

46_DSF1285.jpg


47

47_DSF1286.jpg


48

48_DSF1287.jpg



49

49_DSF1288.jpg


50

50_DSF1297.jpg



終わり


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
ブログランキング(26年9月) [2014年10月17日(Fri)]
ブログ・ランキング(26年9月)

blog.jpg

日本財団から、9月のブログ・ランキングが届きました。
三井台南窓会のブログは、先月の16位からランキングを落して22位でした。
7月は12位でしたから、相当の落ち込みです。
荒川さんのご努力で、ほぼ毎日新しい記事がでています。まとめて読まないで、毎日ブログを開いて読んでくださるようにお願いたします。
先日日野市資料館に行ったとき、勝五郎についての私のブログを見たという方がいました。勝五郎と縁のある「小宮」さんでした。思いがけない人がブログを読んでいてくれます。
どうぞブログ閲覧をよろしくお願いします。
ランキングの詳細は、下記日本財団からのお知らせの中のURLをクリックしてください。

皆川眞孝

日本財団からのお知らせ

【CANPANブログ】9月のランキング・ベスト100

CANPANでは2014年から毎月、アクセス数(Googleアナリティクスによるページ
ビュー数)の多いブログのランキングを発表しています。

このたび、9月のランキング・ベスト100が決まりました。

9月のランキングでは、トップ10の中で大きな順位の変動はありませんでした。
トップ10のブログに共通している特徴は、長年に渡り、ブログを継続している
ことですが、もうひとつ、記事の数が多いこともあります。もっとも多いブロ
グでは、現在までに9000以上の記事が掲載されています。どれだけ長くブログ
を続けていても、記事の数が少なければ、きっと読者は離れてしまうでしょう。
「継続と頻度」こそが、アクセスを高める鍵なのかもしれませんね。

○2014年9月のランキング・ベスト100
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/193

++++++++++
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
2014- 10月 昭和記念公園(4)  [2014年10月16日(Thu)]
2014- 10月 昭和記念公園(4)



31 セキヤノアキチョウジ

31_DSF1269.jpg


32 コウヤボウキ

32_DSF1271.jpg



33 サラシナショウマ

33_DSF1262.jpg


34 ヤマラッキョウ

34_DSF1296.jpg



35 オケラ

35_DSF1292.jpg


36 ハナミズキ

36_A070022.jpg


37 ハーブ

37_DSF1337.jpg



38 ハーブ

38_DSF1339.jpg


39 仲良し散歩

39_A070025.jpg


40 紅葉のはじまり

40_A070049.jpg


続く

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2014- 10月 昭和記念公園(3)  [2014年10月15日(Wed)]
2014- 10月 
昭和記念公園(3)


21〜24 セイタカアワダチソウ

ありふれた外来種 鮮やかなのでよく見てみたいと思いました

21

21_A070050.jpg


22

22_A070051.jpg


23

23_A070052.jpg


24

24_A070053.jpg



25〜26 皇帝ダリア


25

25_DSF1323.jpg


26

26_DSF1324.jpg


27 パンパスグラス

27_DSF1329.jpg


28 シオン

28_DSF1198.jpg



29 アラカシの実

29_DSF1212.jpg


30 キキョウ

30_DSF1217.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2014- 10月 昭和記念公園(2)  [2014年10月14日(Tue)]
2014- 10月 昭和記念公園(2)


10〜20 コスモスのアップ

10

10_DSF1302.jpg



11

11_DSF1300.jpg



12

12_DSF1303.jpg



13

13_DSF1305.jpg


14

14_DSF1307.jpg


15

15_DSF1308.jpg


16

16_DSF1309.jpg


17

17_DSF1313.jpg


18

18_DSF1315.jpg


19

19_DSF1317.jpg


20

20_DSF1318.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
今月の俳句(26年10月) [2014年10月13日(Mon)]
今月の俳句(26年10月)


今月の兼題は「食欲の秋」にちなんで「いも(秋の季語)」です。漢字では「芋」「藷」「薯」といろいろあります。「芋」は俳句では、里芋を意味します。八頭も同じ種類の芋です。「藷」でしたら薩摩薯のことです。甘藷とも言います。「馬鈴薯」もやはり秋の季語です。いずれも食欲をそそります。句評は藤戸さん、「今月の一句」は、皆川が担当しました。


「子ら揃ふ丸き食卓衣被」
   渡辺 功

imo.jpg

衣被(きぬかつぎ)は秋の季語です。衣被という表現は雅びですが、実は里芋の子を皮のまま茹でて皮をむき塩などをつけて食すもので、素朴で懐かしい味がします。
この句の丸き食卓は卓袱台のことで、昔懐かしい光景です。その卓袱台に子供の顔が揃い、勿論父母も座り、お菜の衣被が皿か丼に山と盛られている光景が浮かびます。それは私達の年代では自分が幼い頃に経験した光景と重なります。決して豊かとはいえない食卓ですが、そこにはほのぼのとした家庭の一日の終わりの食事の団欒が鮮やかに、そして穏やかに表現された佳句だと思います。

「一面の甘藷畑や浜の風」
   宮ア 和子

thA32WZ76T.jpg

甘藷はさつまいもの別名で、秋の季語です。さつまいも畑といえば、山や野の畑を思い浮かべますが作者によると、この句は茨城の太平洋側の畑とのこと。太平洋を望む広々とした畑に吹き渡る潮風、何と気持ちの良い句でしょうか。そこで育つお芋はさぞ美味しいことでしょう。
一面という広がりと、浜の風という形はありませんが海の広がりを感じさせる語の重なりによって爽やかさを感じさせる句となりました。

「故郷の記憶の味や零余子飯」
   小野 洋子

thFYXLC641.jpg

零余子(むかご)はヤマノイモ=自然薯(じねんじょ)の葉のつけ根に生ずる珠芽(茎に相当する部分に養分を貯蔵して小さな球塊となる)で、秋の季語です。この零余子を入れて炊き上げたのが零余子飯。零余子は灰色の小粒で、見た目は大変地味ですが、お酒と少しの塩で味付けされたご飯はすこぶる野趣に富み、懐かしい気分に誘ってくれます。最近は入手が困難ですが、季節になると七生のJAの店頭で見かけることがあります。是非一度ご試食あれ。

「甘さより苦き思い出ふかし藷」
  皆川 眞孝

thXBNCARVE.jpg

そうです、そうです。私より年上の方にはこの句の説明は不要でしょう。あの厳しい食糧難の時代のことは、今の若者や中年になった方々にいかに説明しようと理解してもらえるとは思えません。藷入りのご飯、藷味噌汁、おやつはふかし藷、いえ藷も食べられた人は幸福といえた時代でした。農林一号という品種名すら覚えています。あの時代餓死を防ぐため味は二の次、大量に収穫できる品種の栽培に国はやっきとなっていました。そのおかげで私達は生き残れたと言えると思います。が、さつまいもに何の罪はないのに、さつまいもに対するトラウマは未だ尾と引いていることを、この句は味わい深く表現しきっていて、佳句だと思います。

「芒の穂さざ波たつや杣の道」
   皆川 瀧子

thBM9JTKOP.jpg

芒の生い繁った原を吹き渡る秋の爽やかな風、風の道に沿って微かな葉擦れの音をたてて揺れる芒の穂、何とも美しく、そこはかとなく憐れでもあります。言葉を換えれば銀の海原の哀しみとでもいえる景でしょうか。この句の杣(そま)の道とは、杣つまり樵(きこり)のことで、樵が木を伐る為に通った後が自然に細い道になったこと、そこから動物等の通行により自然につけられた所謂獣道までその意に含んで俳句では用いられるようです。細かい定義はさておき、銀の海原を歩く作者の姿が彷彿と浮かびます。その景は安定と安らぎと感じるか、哀れまたは移ろいと感じるかは読者の感性に委ねることにいたしましょう。

「秋寒や子犬顔出す乳母車」
   木原 義江

inu.jpg

何と楽しい、可笑しい句でしょうか。朝は著しく気温が下がり、手足が冷えて、何となく冬の気配を感じる頃を秋寒と俳句では表現します。そんなある日遭遇した光景でしょうか。乳母車から子犬が顔を覗かせたというそれだけの景を切り取った句ですが、そこに飼い主の子犬に対する並々ならぬ愛情を感じると同時に、第三者の冷徹な目には滑稽としか映じない、その微妙な機微のずれが、作者のあっけらかんとした表現で巧まずしてよく表現されていると思います。作者はまだまだ新人です。これからの句に大いに期待しています。


「湧水の溢るる音や秋気澄む」
   藤戸紘子

thCPOCSXD8.jpg

格調の高い句というのはこういうのを言うのでしょう。湧水というのですから、とても澄んでいる水です。それが音を立てるほど溢れて流れている、という何気ない景ですが、「秋気澄む」という下五で、その風景が秋の気配とともにピシッと引き締まります。秋の青い空と、こんこんと湧く水とが響きあい、爽やかな気持ちにさせてくれる句です。
私は、この湧水の場所を富士山山麓の忍野八海かなと思って作者にお聞きしたところ、荻窪近くの善福寺公園でした。善福寺公園は、自然が多く残っていて、上の池、下の池、二つの池があり、善福寺川の水源となっているそうです。この湧水は江戸時代から貴重な水源だったそうですが、今でも溢れるほど湧いているとは驚きです。(評―皆川眞孝)

今月の一句(選と評:皆川眞孝)

「雲間より洩るる夕日や彼岸花」
   宮ア和子

higan.jpg

雲の間から夕日がさっと漏れている雄大な風景と、目の前の赤い彼岸花との組み合わせが絶妙です。夕日は一日の終わりですから、少しさびしく厳粛な気持ちにさせます。また、彼岸花も名前と形から、あちらの世界を連想させます。瞬間をとらえながらも、現世と来世とのつながりまで感じさせる佳句だと思います。
これは、作者が大木島公園に彼岸花を見に行った帰り、ふれあい橋から見た風景だそうです。写真がぴったりしていると思いませんか?それもそのはず、ご本人の撮影した写真です。この俳句は写生句のお手本です。(皆川眞孝)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
2014- 10月 昭和記念公園(1) [2014年10月12日(Sun)]
2014- 10月 昭和記念公園(1)


10月に入り、公園は「みんなの広場」の<東の花畑>で黄色のコスモス
<西の花畑>で3新品種を加えたバリエーションコスモス さらに「花の丘」に
センセーションコスモス畑と称する大きなコスモス畑が満開となり、11月3日まで「コスモスまつり2014」が開催されています。


1〜3 みんなの広場 西のコスモス畑

1

1_A070002.jpg



2

2_A070006.jpg


3

3_A070008.jpg


4〜5 みんなの広場 東のコスモス畑

4

4_DSF1201.jpg


5

5_DSF1208.jpg



6〜9 花の丘にて

6

6_A070035.jpg


7

7_A070036.jpg


8

8_DSF1227.jpg



9

9_DSF1235.jpg



続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml