CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
道央西部の旅(9) (10/17) 荒川 健三
日野橋“通行止” (10/17) ミセスミヤ
道央西部の旅(9) (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) 荒川 健三
道央西部の旅(7) (10/14) 皆川
道央西部の旅(7) (10/12) 荒川 健三
巾着田彼岸花(2) (10/05) 荒川」健三
富良野&美瑛の7月(17) (10/05) ミセスミヤ
富良野&美瑛の7月(17) (10/05)
最新トラックバック
月別アーカイブ
見納め 吉野梅郷2014 (4) [2014年03月31日(Mon)]
見納め 吉野梅郷2014 (4)



31

31_3250068.jpg



32

32_3250070.jpg



33

33_3250071.jpg



34

34_3250073.jpg



35 梅郷原木
  
昭和44年農林水産省から登録品種として認定された青梅市畑中原産の梅の木
35_3250082.jpg



36 原木に咲いた花

36_3250083.jpg



37

37_3250078.jpg



38

38_3250079.jpg




39

39_3250090.jpg



40 梅郷地内に咲いたキクザキイチゲ

40_3250096.jpg


終わり

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
見納め 吉野梅郷2014 (3) [2014年03月30日(Sun)]
見納め 吉野梅郷2014 (3)


21

21_3250050.jpg



22

22_3250052.jpg



23

23_3250053.jpg



24

24_3250054.jpg



25

25_3250057.jpg



26

26_3250062.jpg




27

27_3250064.jpg


28

28_3250065.jpg



29

29_3250066.jpg




30

30_3250067.jpg



続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
見納め 吉野梅郷2014 (2) [2014年03月29日(Sat)]
見納め 吉野梅郷2014 (2)


11

11_3250036.jpg



12

12_3250040.jpg



13

13_3250041.jpg



14

14_3250042.jpg



15

15_3250043.jpg



16

16_3250044.jpg



17

17_3250046.jpg



18

18_3250047.jpg



19

19_3250048.jpg



20

20_3250049.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
2014-3月 フラワーアレンジメント [2014年03月28日(Fri)]
 
2014−3月 フラワーアレンジメント

ボックスフラワー

今月は、小さな箱に短く切った小花を活けるアレンジを習いました。
箱に防水用のセロファンを敷き、オアシスを入れます。軸の軟らかい花には、ワイヤーを挿しこんで補正します。

先生の作品

DSC02362.jpg


使われた花材 
バラ(ミステックサラ)
 カーネーション
 千日紅

ナデシコ
DSC02354.jpg


ギリア
DSC02356.jpg


ビリーボタン
DSC02357.jpg


フェチダス(クリスマスローズ)
DSC02355.jpg


蓋をして、プレゼントにもいいですね。

DSC02369.jpg


生徒の作品

全員の作品を並べてみました。

DSC02366.jpg


文責 石塚
Posted by みよちゃん at 09:00
見納め 吉野梅郷2014(1)  [2014年03月27日(Thu)]
見納め 吉野梅郷2014(1)

青梅市や東京新聞の広報によれば、吉野梅郷は4へクタールの広大な梅園にある梅の木を4月の梅まつりを最後に残らず伐採するそうです。
吉野梅郷は1972年の開園ですから今年で42年の星霜を重ね、プロ写真家に言わせれば日本一の美しい梅園と評されるほどになりました。
しかるに梅郷の梅が、2009年世界初の「プラムポックスウイルス」PPVに感染していることが確認され、以後ウイルスの駆除防疫に関係機関が努めたにも拘らず、昨年6月調査の結果、現在残されている1260本余りの梅の木もすべて伐採することに決したのだそうです。
今後果たして梅園の復活は成るのでしょうか。
このような場合、国で定めた基準によれば連続3年<感染なし>と確認されるまでは植樹はできないということです。
青梅市は梅郷の復活を期して植樹などの諸経費に充てる6595万円のお金を用意しているそうですが、この先10年で今まで目にしてきた美しい梅園の姿を取り戻すことができるでしょうか。

これまで主に関東の梅林や梅園の梅を撮ってきましたが、「梅の実」収穫を主眼とした梅と「鑑賞梅」とでは写真の「写り」に大きな差があると思います。
その意味から吉野梅郷がしばらく見られないというのは真に残念です。


今週、急に暖かくなり各地桜の開花が報じられているなか、吉野梅郷の梅を惜しむ人達が見納めのため大勢押し寄せています。 

<註>
撮影は梅郷手前の天澤寺境内から北の丘にのぼり梅園全景を撮り、入園して左回りに谷から丘の上の稜線を右回りに歩いて撮りました。
写真は歩みの順に掲載しました。


1 全景 

1_3250003.jpg



2 全景

2_3250004.jpg



3 全景

3_3250005.jpg



4 梅見に訪れた要介護老人たち

4_3250105.jpg



5

5_3250008.jpg



6

6_3250013.jpg



7

7_3250017.jpg



8

8_3250031.jpg



9  4月梅伐採と休園のお知らせ

9_3250033.jpg



10 手前ウイルスに侵された梅(鶯宿)

10_3250038.jpg



続く

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
沖縄滞在日記2014(3) [2014年03月26日(Wed)]
沖縄滞在日記2014(3)
2月3日
 観光客で賑わう国際通りの北側を散歩中、きれいな入口の家が見えよく見ると、「沖縄第一ホテル」と書いてあるので驚いた。 1955年創業2011年に現地に移転した沖縄で最も古いホテルで、全部で5室。 素泊まり¥5,250だそうだ。 薬膳料理の朝食は8時、9時、10時の予約制で価格は\3,150。 朝食だけ予約して食べに来る人も多いそうだ。 ちなみに夕食は\6,300と\8,400だそうだ。
oki13.jpg
第一ホテル

 ホテルの東側には緑ヶ岡公園がある。この公園は墓地のあった処を公園にしたらしく一隅には銃弾の痕が残る古墓の壁が残っており、隅の方には16世紀中国から来た瓦職人、渡嘉敷三良の墓が市指定史跡として残っている。 
oki14.jpg
緑ケ丘公園

oki15.jpg
古墓


公園の更に東側の沖映通りに通じる路地の奥に、月光荘と云う宿があり一泊\2,500ドミトリー\1,500で築50年余りの木造家屋を発見。 裏手は昔懐かしい路地が四方に通じている。 
oki16.jpg
月光荘の看板

oki18.jpg
路地裏

oki17.jpg

(木原)(続く)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
映画「ウォルト・ディズニーの約束」 [2014年03月25日(Tue)]
映画「ウォルト・ディズニーの約束」


ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」は、ほとんどの方がご覧になっていることでしょう。今から50年前の1964年に製作されたジュリー・アンドリュースとディック・ヴァン・ダイク主演のディズニー映画で、1965年12月に日本で公開され評判になりました。
s-s-081023000008-0.jpg

「チム・チム・チェリー」「お砂糖ひとさじで」「一袋2ペンスでハトに餌を」など誰でも口ずさめる曲が多く、私は大好きな映画で、何度も見ています。幼い娘たちを映画館に連れて行ったことを思い出しました。「スーパーカリフラジリスティックエクスペリドーシャス」という世界一長い単語も印象的です。
先週公開された映画「ウォルト・ディズニーの約束」は、この映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話です。
dis3.jpg

(以下、2つの映画がでてきて分かりにくいので、「ウォルト・ディズニーの約束」を映画W、「メリーポピンズ」を映画Mと表示します。)
私は原作も読んだことがありますが、映画Mと原作とは大きく違っています。原作の童話「メアリー・ポピンズ」は、第2次世界大戦前の1934年に、イギリスで出版されました。作者は、オーストラリア生まれのP(パメラ)L.トラヴァースという女性作家です。
童話のあらすじ:舞台は1910年代のロンドンのバンクス家。ジェーン、マイケル、双子の4人の子供と両親、お手伝い3人の家庭です。銀行員の父親は厳格で、母親はあまり子供の世話をしません。子供たちの乳母兼教育係を募集したところ、採用されたのが、東風に乗ってやってきた(?)メアリー・ポピンズという女性です。次々と子供たちに不思議なことをしてみせて、子供たちはすっかり虜になります。ところが彼女は、子供に媚びることもなく、いつも平然としています。・・・そして、西風の吹くころ(春)となり、メアリーは突然いなくなります。

このお話は、子供だけでなく、大人も楽しめます。日本では「風にのってきたメアリー・ポピンズ」(林容吉訳)(岩波書店)が有名です。
51S8Y3RJRJL__SS500_.jpg

映画Mの登場人物は、童話の中と同じで、ストーリーに童話のエピソードの一部を使っていますが、地味な童話とは違って、大幅に変更を加えて、楽しいミュージカルにしています。実写とアニメの珍しい共演もあります。
s-Mary1.jpg
原作童話表紙(1966年版)

s-Mary2.jpg
上記童話の中の挿絵


しかし、この映画Mをつくるのに際して、ディズニーと映画化に消極的な原作者との間に激しいバトルがあったことは全然知りませんでした。
映画「ウォルト・ディズニーの約束」は、ディズニーが、手強い原作者をいかに説得し映画化を成功させたかの話です。この映画Wの中のトラヴァースは、本当にどうしようもないほど頑固な女性です。20年前からディズニーが映画化の交渉を続けていて、やっとハリウッドに彼女を呼ぶことができました。しかし、彼女は契約書にサインをせず、脚本、音楽を自分がチェックして同意した後にすると主張します。脚本も音楽もアニメも彼女は気に入りません。
彼女の気持ちも理解できます。大切にしていた自分の子供のような童話を、アメリカ商業主義がメタメタにして金儲けの道具にしてしまおうとしていると感じたのですから。この彼女の頑固ぶりは、見ものです。イギリスの名女優エマ・トンプソン(ハワーズ・エンドでアカデミー賞受賞)が演じています。一方のディズニーはトム・ハンクス(フォレスト・ガンプでアカデミー賞受賞)が演じています。とても上手で、本物もこんな具合だったろうと想像します。彼は、この映画は単なる金儲けのためだけではないと説明します。この童話が大好きだった自分の娘と20年前に映画をつくると約束したのです。彼はディズニーランドにトラヴァースを連れていき、誠意ある説得を続けます。
Dis2.jpg
トム・ハンクス(左)とエマ・トンプソン


このストーリに同時進行するのが、トラヴァースの少女時代の思い出です。オーストラリアでの、空想好きな父親(やはり銀行員だった)との楽しくて、また苦く悲しい思い出です。
ディズニーは彼女の過去の思い出がトラウマになっているのを知って、もともと脚本にあった厳格な父親像を変えることを約束します。
この映画Wの日本語題名は「ウォルト・ディズニーの約束」ですが、英語タイトルは「Saving Mr. Banks」(バンクス氏の救出)となっています。
トラヴァースは映画のエンディングに納得してやっと契約書にサインします。
納得した映画Mの終わりとは、厳格一方だった父親が銀行を首になり家族の大切さがわかり、子供たちと凧を揚げる場面です。子供たちは大喜びで、メアリーポピンズが去っていくのに気が付きません。しかし、これでよいのです。子供にとって乳母よりも父親と遊ぶ方がうれしいのだ、というメッセージを伝えるのが映画Mの目的ですから。この終わり方なら、英語のタイトルにあるように、父親のバンクス氏を誤ったイメージから救うことになるのです。そして、これがトラヴァースの父親をも救うということが最後にわかります。
Dis1.jpg

良い映画で、もう一度、「メリー・ポピンズ」の映画を見たくなります。あの映画Mを好きな人に特におすすめできます。
予告編は次をご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=iJrsmAdVFKA

(皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
沖縄滞在日記2014(2) [2014年03月24日(Mon)]
沖縄滞在日記2014(2)

1月31日
沖縄県元気プロジェクト助成事業の一つとして大型バス(無料)を出している。 県庁前―おきなわワールドーユイチホテル南城ー斎場御嶽のルート。 本日はユイチホテルで降り「猿人の湯」に入る。 帰りのバス時間に合わせ1時間半。 入浴料はやや高く¥1,650 だが大浴場からの眺めた景色は最高だった。 バスの中は冷房を掛けていた。 気温24°
oki7.jpg
猿人の湯

oki8.jpg
浴場からの景色

oki9.jpg
浴場内部

2月1日 「おきなわ花と食のフェスティバル」がマンションより5分余りの奥武山公園で行われた。 沖縄全土から約150店出店し、品評会や試食即売などが行われた。「地産地消」と称して野菜の売り出しがあり、トマトの立派なこと。 いんげん、なす、きゅうり、じゃがいも、人参、ピーマン、セロリ、かんたん、牛肉、揚げ物、佃煮、等々。 さとうきびを絞って黒砂糖蜜の製造の作業を見せていた。 家族連れなど多くの来場者で賑わう。昨年の来場者は15万人だったそうだ。
oki10.jpg
フェスティバル会場

oki11.jpg
フェスティバルの賑わい

oki12.jpg
  

2月2日
 初めての雨。 小雨時々曇り。 奥武山公園のフェスティバルに行き、キャベツ、トマト他野菜の買いだめを午前に妹の静江さんと。 雨は昼食後止んだ。午後3時歩いてBOOK-OFFとイオンに行く。静江さんは暑いとブラース3枚買う。帰りモノレールで壺川まで。 気温 24°
(木原義江)(続く)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
沖縄滞在日記2014(1) [2014年03月23日(Sun)]
沖縄滞在日記2014(1)

(はじめに)
南窓会会員の木原さんが、昨年に引き続いて、1月末から2月末まで沖縄に1か月滞在する旅をされました。
ご主人と妹さんとの3人組です。滞在先は、昨年と同じ那覇市内のウイークリーマンションで、5階の2LDK(家具、テレビ、台所用品、食器が完備)を一か月借りたそうです。
木原さんは几帳面に旅日記をつけています。お願いして、その日記を写真とともにブログ掲載の許可を得ました。
知らない土地に1か月滞在するという経験は、老年者にとっては大変な冒険ですが、健康であり、かつ時間・資金・気持ちに余裕があるからこそできることでしょう。80歳を超えても冒険をする木原さんは、私たちのお手本です。皆様もどうぞ、参考にしてください。
この旅日記掲載は、連続でなく、少しずつアップしますので、時々ほかの記事で中断することがあります。その点をご了承ください。(皆川)

沖縄滞在日記(木原義江)
寒さを逃れて沖縄の那覇に行ってきた。 昨年は観光地をほとんど廻ったので、今年はゆっくり那覇に腰を据えて観光客の行かない場所へ行った。
2014年1月28日
聖蹟桜ケ丘 7時20発のバスで羽田空港へ
羽田空港着 9時40分
羽田空港発JALの10時35分フライトで沖縄へ
(予約なし空席待ちのシルバー料金で、片道12,000円、通常は4〜5万円なので、非常にお得)
那覇空港着 1時半
空港よりモノレールですぐだが、食事などでゆっくりして、マンション着3時過ぎ
夜9時半でも気温22°やっぱり暖かい。
oki1.jpg
古波蔵馬跡のカジュマルの木


1月29日
10時半23°去年の記憶を頼りに歩きだす。 30分位の所にBOOK・OFFがあったのが、吉野家に変わっていた。 市立図書館で新聞などを見て休み、国際通りの市場と「りんぼうスーパー」で沢山の買い物をして帰る。
oki2.jpg
店にならぶ魚介類

oki3.jpg

これで今日はかなり疲れた。

1月30日
新都心にある県立博物館と日本銀行那覇支店に行った。 
oki4.jpg
日本銀行那覇支店

この銀行は営業時間内自由に見学出来る展示室があり、昨年博物館で貝貨として使用された「タカラガイ」がここで見られると聞き期待して居たが残念ながら現物の展示はなかった。
oki5.jpg
展示は写真

 今から500年前の沖縄は琉球王国として中国、日本、東アジアとの間で活発な中継貿易をして栄えた。そうしたなか中国から「永楽通宝」などの通貨が持ち込まれ使われた。 琉球王国がこの永楽通宝を加工して「大世通宝」などの通貨を作った。
oki6.jpg
沖縄の「大世通宝」

本日は24°で歩くと汗ばむ。 
(続く)
  
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
我が家の防火対策(2) [2014年03月22日(Sat)]
我が家の防火対策(2)

3月16日にブログに掲載した「東京消防庁の防火委対策ちらし」の続きです。
我が家の防火対策
安心チェック

東京消防庁

住宅火災で件数の多い出火原因もチェックしましょう。
IMG_0001.jpg

放火

☆ 決められて日時以外にゴミを出さない。
☆ 家の周りに燃えやすいものを放置しない。

IMG_0002.jpg

電気火災

☆ コードは束ねた状態で使用しない。
☆ テーブルタップは決められた容量以上で使用しない。

住宅防火10の心得
1.調理中は、こんろから離れないようにしましょう。
2.寝たばこは、絶対にやめましょう。
3.ストーブの周りに、物を置かないようにしましょう。
4.家の周りを整理整頓しましょう。
5.ライターやマッチを子供の手の届く場所に置かないようにしましょう。
6.コンセントの掃除をこころがけましょう。
7.住宅用火災警報器をすべての居室・階段に設置し、定期的に作動確認をしましょう。
8.寝具類やエプロン・カーテンなどは、防災品にしましょう。
9.万が一に備え、消火器を設置し、使い方を覚えましょう。
10.ご近所同士で声をかけあい、火の用心に心掛けましょう。
以上
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
秋永さん家の庭と花(3)  [2014年03月21日(Fri)]
秋永さん家の庭と花(3)


秋永さんのお宅を辞去して、真っ直ぐ前方は川崎街道の「三沢西」交差点信号で、くるときはこの信号を右折したのですが、帰りは裏道を通ってみました。
そうすると川崎街道に出るところには信号は無いのですが、「八幡神社入口」の
標柱石が立っています。
ふりかえってみると大きな白い石造の鳥居がみえたので神社だとわかりました。

ブログのおしまいに八幡神社の写真を載せてみました。
秋永さん宅を訪れるとき、ついでに参拝するときの参考になれば幸いです。



21 フキノトウ(庭に沢山ありました)

21_3160039.jpg



22 名前不明

22_3160040.jpg



23 野鳥の巣箱

23_3160047.jpg


24 シャクナゲの芽吹き

24_3160045.jpg


25 サマーオレンジ

25_3160048.jpg

このオレンジを沢山頂きました。とても爽やかでよい香り!


[以下は秋永さんのお宅を辞去して帰り道での見聞です]


26 八幡神社入口 標柱

26_3160066.jpg



27 神社全景

27_3160060.jpg


28 神社正面

28_3160061.jpg



29 神社本殿

29_3160062.jpg


30 神社奥殿

30_3160063.jpg



「八幡神社由来」
日野市観光課によると、古い神社ですが創建年代は不詳、かつて三沢村上郷の鎮守社であったといわれ、寛永16年(1639)には社領6石6斗の御朱印状を拝領、明治42年中郷・下郷の神明社、諏訪社を合祀したという

終わり

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
秋永さん家のお庭と花(2)  [2014年03月20日(Thu)]
秋永さん家のお庭と花(2)


秋永さんのお宅はお庭が広く、ふとみたら野鳥の巣箱が庭木に取り付けられて
いて、隣接地は雑木林と竹林なので野鳥の飛来も多いだろうと思いました。
自然に恵まれたたたずまいは羨望のほかありません。


11 馬酔木

11_3160005.jpg



12 名前不明

12_3160007.jpg



13 芽吹き

13_3160025.jpg



14 名前不明

14_3160028.jpg


15 芽吹き

15_3160027.jpg



16 ユキノシタ

16_3160029.jpg


17 名前不明

17_3160031.jpg


18 サボテン

18_3160033.jpg


19 名前不明

19_3160034.jpg


20 ボケの芽吹き

20_3160036.jpg



続く

投稿 荒川
Posted by wild river at 09:00
秋永さん家のお庭と花(1) [2014年03月19日(Wed)]
秋永さん家のお庭と花(1)


秋永さんから私の家の「しだれ梅」が見ごろになってきましたから、観にいらっしゃってみたらいかがでしょうとの親切なお言葉をいただいて、お伺いしてみました。
秋永夫人は日曜で不在でしたが御夫君がお見えになり、裏庭の方まで案内していただき、鈴なりのニューサマーオレンジをたくさん頂戴して帰りました。


1 正面からみた「しだれ梅」

1_3160001.jpg


2 同上

2_3160021.jpg



3 裏庭からみた「しだれ梅」

3_3160050.jpg


4 同上

4_3160052.jpg


5 サクラソウ

5_3160004.jpg



6 サクラソウ

6_3160010.jpg



7 サクラソウの芽

7_3160024.jpg



8 名前不詳

8_3160012.jpg

とても鮮やかな黄色です
9 名前不詳

9_3160013.jpg


10名前不詳

10_3160022.jpg


続く

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
今月の俳句(26年3月) [2014年03月18日(Tue)]
今月の俳句(26年3月)

今月の兼題は「桜餅」(春の季語)です。桜餅は、江戸時代、向島の長命寺境内で売りだしたのが、始まりと言われています。薄桃色の薄皮と巻きつけた緑の桜の葉をみるだけで、おいしい春を感じます。関西では道明寺糒(ほしいい)の粉を蒸して作るそうです。私はいつも関東風で道明寺は食べたことがないと言ったら、先日家内が買ってきました。ぶつぶつした舌触りの薄皮ですが、こちらも美味く味わいました。
今月から、「今月の一句」を始めました。句会に出た句から、会員が選者となり他人の一句を選んで句評をつける試みです。選者は毎月変わります。今月は、宮アさんに選者をお願いしました。(皆川)

饒舌に区切りをつけて桜餅
  渡辺 功
jouzetu.jpg

今月の兼題「桜餅」で、こんな面白い句が出ました。饒舌と桜餅ですから、これは多分中高年のご婦人方でしょう。お茶と桜餅が振る舞われると、関心はそちらに移動、ぴたりと話を止めた、という何とも解り易いご婦人連の生態を的確に切り取られました。俳諧味の効いた佳句となりました。

孫の摘む指先ほどのつくづくし
  小野 洋子
s-thYGPD2JJK.jpg
(作者のお孫さんと写真は関係ありません)

つくづくし、とは土筆(つくし)のことです。我々と違い子供の視力は非常に良いですね。大人には見えない程の小さな土筆を見つけて、駆け出した子供の元気溌剌とした姿が見えるようです。孫(児童)と小さな土筆がよく響きあっています。

がん治療すべて終はりし春一日
  宮ア 和子
s-thRC4KU967.jpg

作者からお聞きしたのですが、お孫さんと一緒に入浴した際、小さな膨らみをお孫さんに指摘され、それが癌の早期発見に繋がったそうです。あれからもう五年余になるでしょうか。よく頑張られました。長く辛い治療を終えて、心からほっとしたご様子が春ひと日の季語でよく表現されています。
おめでとうございました。これからも作句を楽しんでください。

手作りの雛や緞子(どんす)の衣着て
  皆川 瀧子
s-P1030419.jpg

雛はここでは「ひいな」と伸ばして読みます。この手作りのお雛さまは、南窓会会員、古川様の奥様の手作りの雛を詠まれたものです。私も拝見させていただきましたが、それはそれは立派で沢山のお雛さまでした。雛の間は半分位お雛様で占められていました。またそのご衣裳の立派なこと!ご夫妻で古い着物を捜して古都を度々訪れ、求められたそうです。そのご苦労と愛情が緞子というひと言で見事に表現されました。

残雪や林を透きて空光る
  皆川 眞孝
s-thHLS73T8H.jpg

今年は本当に大雪でした。今でも日陰には汚れてしまった残雪をみます。この句はそんな道路の残雪ではなく、山肌に消え残った雪が想像されます。その山の尾根にはまだ葉をつけていない木々、その木々の間から春らしい薄青の空が見え、暖かい陽射しが洩れくるという景がすっと浮かびます。残雪の白と空の青の対照も綺麗で、光る空により春らしい柔らかい空気まで感じさせる佳句となりました

袱紗捌く細き指先桜餅
  藤戸紘子
s-tea.jpg

兼題で「桜餅」が出されたとき、お茶会での桜餅を連想しました。しかし、どのように表現したらその雰囲気がでるかわからず、句作をあきらめました。さすがは、藤戸さん、「お茶会」や「茶の湯」という言葉を使わず「袱紗捌く」で間接的にお茶会を表現し、「細き指先」で、妙齢の女性が亭主となって袱紗を扱っている静かですが緊張した雰囲気を表しています。それだけでなく、繊細な指で点てられた抹茶の香りまで伝わってきます。客の前に置かれた桜餅がより美味しく感じられる句となっています。(コメント:皆川)


今月の一句(選と句評:宮ア和子)

寝床まで雪掻きの音届きけり
  皆川眞孝
yukikaki.jpg

昨夜も降り続いていた久しぶりの大雪。早朝ふと目覚めて聞こえて来た雪掻きの音。我が家はどうなっている?
今日は頑張らなくちゃなど作者の思いを想像してしまいました。素直にさらりと纏めたのが良いと思います。経験したばかりの大雪と雪かきの大きい音が蘇り、選ばせて頂きました。(宮ア)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
南窓会だより(26年3月号) [2014年03月17日(Mon)]
南窓会だより
(26年3月号)

Nansou.jpg

3月の南窓会だよりをお届けします。
主なニューズは次の通りです。
<これからの予定>
*南窓会映画会
3月23日(日)午後2時から 地区センターにて
「死に花」(日本映画、日本語字幕なし)
老人4人組のとんでもない計画を描いた喜劇。山崎努、宇津井健、谷啓、青島幸男などが熱演 
入場無料、予約不要 

*南窓会定時総会
4月19日(土)午前10時より 地区センターにて

*「皆で歌おう会」

4月27日(日)午後2時から 地区センターにて
スクリーンに歌詞と映像を映写して、皆で歌います。大声で歌うのは健康によいことです。

<サークルニューズ>
「俳句で遊ぼう会」
3月28日(金)午前10時より 地区センターにて
初心者むけの俳句に関する自由放談会  参加自由

<新年度の会員について>
サークルの廃部などがあり、3月末で15名という多数の退会者がでて、4月から111名の会員となりました。人数は減りましたが、皆様のご協力をよろしくお願いします。

3月号の「南窓会だより」は次をクリックしてください。
南窓会だより3月2014.pdf
南窓会だより3月2014(2).pdf
(南窓会:皆川眞孝)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
わが家の防火対策(1) [2014年03月16日(Sun)]
我が家の防火対策(1)


日野市老人クラブ連合会の集まりで、東京消防庁から「我が家の防火対策、安心チェック」というチラシを受け取りました。
火事を防ぐためのチェックポイントが出火別に簡潔に提示され分かりやすいので、このブログで紹介します。
(皆川)

我が家の防火対策
安心チェック

東京消防庁

あなたの防火意識をチェックして
火災による死者を防ぎましょう!

住宅火災の主な出火原因別死者数と3大死者発生原因
s-bouka2.jpg

○ たばこ、コンロ、ストーブを出火原因とした割合が多いです。
○ たばこ、コンロ、ストーブの3つを合わせると、全体の5割をしめています。
○ ストーブ、コード、たばこ、ろうそくの死者発生率が高くなっています。
+ 火災による死者は約9割が、住宅火災から発生しています。

出火原因別死者数第一位
「たばこ」
s-bouka 3.jpg

主な死者発生状況
*身体障害者
*高齢男性の一人世帯、または出火時に一人でいた場合
*飲酒時・ふとんへの着火
*住宅用火災警報器未設置または一部設置

チェックポイント
☆ 寝たばこをすることがあるか?
☆ 飲酒時に喫煙し、そのまま寝込んでしまった経験があるか?
☆ 灰皿に吸殻がたまっていたり、そのまま無造作にゴミ箱に捨てているか?
 
どの項目も火災の危険性が高いものです。チェックして「はい」と答えた項目をすぐ見直しましょう。

住宅火災の出火原因第一位
「コンロ」
s-bouka.jpg

主な死者発生状況
*周辺可燃物に接触
*ガステーブル使用中の着衣着火
*カセットこんろの不適切使用

チェックポイント
☆ 火を消さずにコンロから離れ、別のことをすることがあるか?
☆ コンロの周りに燃えやすいものを置いているか?
☆ 調理中、コンロの炎が衣類の袖口などに触れそうなことがある?

チェックして「はい」と答えた項目をすぐ見直しましょう

死者発生率が高い
「ストーブ」
s-bouka 4.jpg

主な死者発生状況
*就寝中に可燃物がストーブに接触
*冬季(12月から3月)に発生

チェックポイント
☆  ストーブを消さずに寝ているか?
☆  カーテンやベッドの近くにストーブを置いているか?
☆  ストーブの上で洗濯物を乾かすことがあるか?
☆  給油はストーブをつけたまま行っているか?

チェックして「はい」と答えた項目をすぐ見直しましょう
(続く)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
軽いちょっとした散歩道 [2014年03月15日(Sat)]
軽いちょっとした散歩道



私たちの集会所- 南平東地区センターの横の階段をのぼり、自然動物園の囲障沿いのハイキングコースは、ごく普通のウオーキングシューズで快適に歩くことができる手軽なコースなので、昼食後歩いてみました。

往コース:自宅→東地区センター→南平配水所→南平高校→山の上クリニック
復コース:南平丘陵公園前→熊野神社→南平2丁目団地→鹿島台公園→自宅

所要時間:往路→50分  復路→30分

往路はカメラで撮影しながら歩いたため時間がかかりました。


1 自然動物園囲障沿いのハイキングコース

 
集会所横の階段を上ると、すぐこのような軽い登りの階段が現れます

1-1_3120064.jpg


2 御嶽山大権現
 
武州江原山講社の名前がうかがわれます。
講社とは宗教信奉者の団体

2_3120065.jpg



3 都水道局配水所へと向かう
 
 配水所は山際の高所にある大きなタンクで隣接のより低い場所には環境省  
  水鳥救護研修センターがあります

3_3120067.jpg




4 日野市役所遠望(配水所近くのコースから)
 
ここからは富士山もみえますが、当日は霞みがかって見えず残念

4_3120075.jpg



5 ハイキングコースから動物園内を見る
 
オランウータンをみたいと思いましたがダメでした

5_3120076.jpg



6 南平丘陵公園分岐点へ向かう

6_3120077.jpg



7 狸?が掘ったとみられる穴
 
動物園の囲障を挟んで対称的に開けられていました

7_3120080.jpg


8 南平高校へと降りるコース

8_3120092.jpg



9 山の上クリニックの看板

 私の姉を自宅介護するとき、立川災害医療センターの先生からここのクリニックを紹介されました。このクリニックは訪問診療を行っています
癌のペインクリニックも施してくれます

9_3120095.jpg



10 南平丘陵公園前
 
 
時期になると園内には珍しい山野草が自生しています

10_3120097.jpg


終わり

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
「永遠のゼロ」感想(秋澤洋三) [2014年03月14日(Fri)]
「永遠のゼロ」感想(秋澤洋三)


南窓会元役員の秋澤洋三さんが87歳で亡くなられてから、まもなく1年になろうとしています。(4月25日が1周忌)お元気な時に、秋澤さんに百田尚樹著「永遠のゼロ」をお貸ししました。ご丁寧な読書感想文をいただきました。秋澤さんは海軍兵学校75期生として在学中に終戦をむかえたので、最後の卒業生となりました。もうすこし長く戦争が続けば戦地に行っていたところです。海軍について知識のある秋澤さんですので、私たちと違った見方をしております。最期まで頭脳明晰で凛としていた秋澤さんを偲んで、このブログで感想文をご紹介します。(皆川眞孝)

永遠のゼロ」を読んで
秋澤洋三


百田尚樹著「永遠の0」をお貸しいただき、ありがとうございました。600頁に及ぶ大冊に感動し、驚きながら読みました。昭和31年生まれで、戦争も飛行機のことも経験したことのない著者が、よくも詳細に技術的なことまで書かれたと感銘しました。
以下本書についての感想を2〜3申し上げます。
1. ラバウル・ガダルカナル等南方作戦の戦闘状況が詳細に書かれていて、予て知りたいと思っていたことが分かり新しい発見をしました。

2. 撃墜王坂井三郎氏には三水会(私も関与している海軍兵学校75期有志の講演会)で依頼し、戦争時の生々しい体験を直接聞いております。銃弾の当たった鉄兜を見せてくれました。氏は海軍の下士官でした。
(皆川注:下士官は兵隊の中の階級で、通常は兵から昇進する。兵学校などの卒業生はすぐ士官になる。下士官は、士官と兵の間にあって兵を統率する軍隊の中核。本の主人公の宮部久蔵も下士官)

3. 我々海軍兵学校生徒は下士官を尊敬しておりました。教官は兵学校出の先輩で、肉親的な親しみがあるが、実戦や技術的な体験を持つ下士官に教員として実地的な教えを受けており、実力を有する意味での尊敬をしていました。

4. 書中、兵学校出の指揮官の批判的な文章が見られるが、頷けないところも感じます。

5. 私の入校時の校長は、海軍左派と言われた米内光政・山本五十六・井上成美の一人、井上成美中将で、普通学・英語・人格向上を重視した教育でした。終戦時の校長は、フィリッピン海戦で謎の反転として知られた粟田健男中将でした。劣戦下での状況判断は難しいものです。結果論で批判されているようで残念に思われます。
p1060689.jpg
海軍兵学校

6. 海軍は兵学校卒業時の成績順が先々に繋がるシステムで、海軍大学に入校し将官になるのは上位成績者に限られたものでした。これが戦時には弱点になったようです。然しこれは能力の差であり、海軍では同期間の反目はなく和やかでした。

7. 私は栃木県佐野市立商業学校出身5年卒、3年制から私の時に5年制になり、兵学校受験の資格が付いたので、独学で勉強、合格したものです。中学校出のように英語・数学等普通学の基礎が出来ていないので、成績は下方向きでした。終戦時、岩国・矢牧章幹事長の「兵学校では1番から最後まで成績順があるが、これからは国のトップの位置になるのだから、兵学校教育を受けたプライドを持ち、日本の再建に尽くしてほしい」との解散時の挨拶が私の心の支えになっております。私がボランティア重点の生き方も兵学校教育が原点となっています。
 
取り留めない感想ですが、お礼の言葉とします。
akizawa2.jpg

平成23年2月13日 秋澤洋三
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
我が国航空発祥の地 所沢(2)  [2014年03月13日(Thu)]
我が国航空発祥の地 所沢(2)


中島みゆき 作詞 “あの空を飛べたら”

ああ人は昔々 鳥だったのかもしれないな

こんなにもこんなにも 空が恋しい


8 航空発祥記念館前

8_3040109.jpg



9 航空発祥の地 碑

碑は航空発祥記念館のすぐ前に建っています

9_3040111.jpg



碑の銘板には次のように刻まれていました。
この地は明治44年我が国で初めて飛行場が開設され同年4月5日早朝 徳川大尉操縦のアンリファルマン機が初飛行に成功しました。
それ以来我が国航空界の発達に貢献した由緒ある「航空発祥の地」であります。
平成12年4月5日 所沢市
          所沢航空資料調査収集する会



10 航空発祥記念館前 C46中型輸送機(自衛隊)

10_3040110.jpg



11 記念館内展示飛行機

11_3040112.jpg

館内には東北大学のグライダーや日本大学の人力飛行機etc


12 同上 エンジン(YS-11用)

12_3040118.jpg


13 堀越二郎展ポスター

13_3040125.jpg



宮崎駿監督アニメ「風立ちぬ」の堀越二郎氏特別展が記念館で4月いっぱい開催されていて、ポスターが貼ってありました。
ポスターに堀越二郎著“零戦の誕生と栄光の記録”から次の一節が印刷されていました。
「私は一瞬、自分がこの飛行機の設計者であることを忘れて、美しい !  と喉咽の底で叫んでいた 」


14 操縦シミュレーションで遊ぶ子供

14_3040126.jpg


あとがき:
木村・徳田両中尉像の銘板は漢字とカタカナの文字で刻まれ、ひらがなは一切使用されていませんが、読み易さを考慮して私がひらがなと漢字の文に直しました。年号などもアラビア数字としました。

徳川大尉が行った初飛行の距離は800m、高度は10m 飛行時間1分20秒でした。


終わり

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
我が国航空発祥の地 所沢(1)  [2014年03月12日(Wed)]
我が国航空発祥の地 所沢(1)


所沢市役所で開催された東日本震災記録絵画展を参観した折に、市役所に隣接して設けられた「航空記念公園」に入場してみました。

子供のとき、所沢で徳川好敏大尉が日本初飛行に成功したという話は屡々聞かされましたが、公園内に日本初の航空事故犠牲者の碑「木村・徳田両中尉の像」があるということは知りませんでした。

成功者徳川大尉の像はなくて,殉難者木村・徳田両中尉の大きな像が建立されているのは日本人の死者への想いが凝縮されてるように感じました。

公園は広いので会う数人の人びとに記念碑、銅像の所在を尋ねましたが、あきらかに地元の方でも知る人無し、それも高年の方でも木村・徳田両中尉の像というと怪訝そうな気配なので意外に思い、かつ、,過去は忘れ去られる運命にあるのだとセンチな気分になりました。

公園は歴史が詰まってるところで、一度は訪ねてみるのもよいと思いました。


1 所沢航空記念公園入口

 
戦後の第一号国産旅客機YS-11の優美な姿

1_3040080.jpg



2 航空記念公園 案内図

2_3040081.jpg



3 モニュメント“イマジネーションカーペット”

 
公園の入り口にこのモニュメントがあります。

3_3040082.jpg


 
設置した埼玉県の解説は以下のとおりです。 
このモニュメントは未来へ向かってめくれ上がろうとする大地から水がカーテンのように流れ落ちる全国でも珍しい壁泉で名づけて“イマジネーションカーペット” デザインは環境造形作家児玉由美子氏によるものです。
昼は眺める角度により変化に富んだ造形の美が楽しめ夜になると一変して滑走路さながらに500個の光ファイバーが宝石のように輝き、まるでこの街の夜景を上空から眺めているようです。
モニュメントのひし形模様はこの地にある三富新田の短冊状の耕地からヒントを得たもので、この街の印象を表現しています。
また先端にある未来の旅客機は21世紀に向って羽ばたく埼玉県をイメージしたものです。
未来志向のこの街にふさわしいモニュメントとして多くの人々に末永く親しまれる憩の場となることを願い心をこめて創りました。 埼玉県



4 大正天皇御座所(御駐輦之跡の碑銘)輦れんとは天子のお車の意

4_3040085.jpg



5 フオール大佐の像

5_3040086.jpg



フオール フランス陸軍砲兵大佐は大正8年1月 63名のフランス航空教育団長として来日、約19か月にわたり航空技術の指導教育をし我が国航空界の発展に貢献しました -解説文-

<像の裏側の銘文>

この胸像は昭和3年 当時所沢陸軍飛行学校校庭だったこの場所に建立されましたが戦後取りはずされたままとなっていました。この度 少飛会有志のご協力により 金沢市の木野朗氏製作の原型を求め復元したのです
昭和37年10月 所沢市


6 我が国最初の航空犠牲者 木村・徳田両中尉の像

6_3040089.jpg


 所沢市の説明文:

大正2年(1913)3月28日所沢飛行場を離陸した木村鈴四郎砲兵中尉と徳田金一歩兵中尉の搭乗する「ブレリオ機」は青山練兵場に着陸し貴・衆両院議員の観覧及び説明の後、午前11時36分帰航の途につきました。ところが所沢飛行場北東約1500メートルの大字下新井字柿の木台上空に差し掛かったとき突風に左の翼を破壊され、両中尉は飛行機と共に墜落して殉職し、我が国最初の航空犠牲者となり、国民のすべてが深くその死を悲しみました。
当時の「やまと新聞」は義捐金を募り、墜落地点に記念塔を建て、両中尉の英姿を銅像として残しました。
墜落地が交通不便のため訪れる人も少なかったので、当時所沢町のほか6カ村の在郷軍人会が発起人となり、昭和4年3月西武線所沢駅前に移設しました。
その後西武園から航空自衛隊入間基地に移設されましたが、関係者の協力を得て昭和55年3月航空発祥の地である現在地に移設したものです。


[銅像正面銘板の文]

大正2年3月28日陸軍の航空術を両院議員の観覧に供するに當り陸軍砲兵中尉木村鈴四郎は「ブレリオ」式飛行機を操縦して所澤より青山練兵場に至り次で陸軍歩兵中尉徳田金一を載せて帰航せしに偶突風に機翼を毀損せられ木村中尉は其の卓絶せる伎倆を施すに由無く徳田中尉と共に此の地に墜落して壮烈なる最期を遂げたり。
惟うに飛行機の軍国の用をなすこと多大なるは言を俟たず其の研鑚の初に於いて一身を犠牲に供したる両中尉の事蹟は之を千載に傳へて朽ちざるべし。
乃ち有志相謀り記念塔を建て以て後人に貽(のこ)すと云爾(いうことしかり)
         大正3年3月 建設発起者

7 木村・徳田両中尉の近影

7_3040091.jpg


続く

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml