CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2013年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
高尾山 11月22日 (6) [2013年11月30日(Sat)]
高尾山 11月22日 (6)



51.〜58. 有喜閣(薬王院本堂の西)にて撮影

51.

51_DSF0492.jpg


52.

52_DSF0494.jpg


53.

53_DSF0497.jpg


54.

54_DSF0498.jpg


55.

55_DSF0503.jpg


56.

56_DSF0505.jpg


57.
57_DSF0506.jpg


58.

58_DSF0509.jpg


59. 薬王院本堂にて

59_DSF0510.jpg


60. 1号路にて

a_DSF0519.jpg


終わり

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
高尾山 11月22日 (5)  [2013年11月29日(Fri)]
高尾山 11月22日(5)


41.  1号路にて

41_DSF0468.jpg


42.  1号路にて

42_DSF0469.jpg


43. 奥の院にて

43_DSF0470.jpg



44.  奥の院にて

44_DSF0473.jpg


45. 薬王院 本社にて

45_DSF0475.jpg



46.秋の感傷(本社近辺)

46_DSF0478.jpg


47.  薬王院 本社にて

47_DSF0480.jpg


48.  薬王院 本社にて 

48_DSF0483.jpg


49. 薬王院 本堂にて
49_DSF0484.jpg


50.  薬王院 本堂にて

_DSF0488.jpg


続く

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
高尾山 11月22日 (4) [2013年11月28日(Thu)]
高尾山 11月22日(4)

31〜33 高尾山頂直下の木々

31.

31_DSF0433.jpg


32.

32_DSF0437.jpg


33.

33_DSF0441.jpg



34. 山頂の人混み

34_DSF0442.jpg


35. 山頂西方の空(冨士は見えず残念!)

35_DSF0446.jpg


36.〜39 「紅葉台」にて撮影

36.

36_DSF0448.jpg


37.

37_DSF0450.jpg


38.

38_DSF0457.jpg


39.

39_DSF0458.jpg


40. 下山する人びと

40_DSF0461.jpg

続く

文責 荒川
Posted by wild river at 10:00
高尾山 11月22日 (3) [2013年11月27日(Wed)]
高尾山 11月22日(3)



以下6号路にて逆光に光る紅葉・黄葉を撮りました

21.

21_DSF0404.jpg


22.

22_DSF0407.jpg


23.

23_DSF0408.jpg


24.

24_DSF0412.jpg


25. 高尾山頂直下の木

25_DSF0416.jpg


26.

26_DSF0418.jpg


27.

27_DSF0423.jpg


28.

28_DSF0424.jpg


29.

29_DSF0428.jpg


30.

30-_DSF0432.jpg


続く

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
高尾山 11月22日 (2) [2013年11月26日(Tue)]
高尾山 11月22日 (2)


11〜20 6号路登山中に撮影

11.

11_DSF0376.jpg


12.細い山道

12_DSF0377.jpg


13.

13_DSF0378.jpg


14. 斜面にへばりつく木

14_DSF0380.jpg


15.

15_DSF0389.jpg


16.

16_DSF0391.jpg


17.植生再生地域

17_DSF0396.jpg


18.

18_DSF0397.jpg


19. 赤い実

19_DSF0401.jpg


20.

20_DSF0402.jpg


続く

投稿 荒川
Posted by wild river at 09:00
高尾山 11月22日 (1) [2013年11月25日(Mon)]
高尾山 11月22日 (1)


晴天の続く今週22日、金曜日に、高尾山今年の紅葉はどんな様子か探訪にでかけてみました。
往路は6号路を登り頂上から紅葉台に回り、帰路は薬王院をみて1号路を下りました。
当日は想像以上の人出で山麓の清滝ケーブルカーやリフトの切符売り場は大混雑、頂上で昼を迎えましたが、これまた満員の状況で弁当を食べる場所を確保するのに一苦労、男坂を下りケーブルカー・リフトの乗り場に近づくと帰路の利用客で長蛇の列、この日、高尾山は国際色豊かな一大レジャーランドと化し英語・中国語・朝鮮語・タイ語などが入り乱れていました。
写真の重複などご容赦のほどをお願いします。
写真は歩くままに撮ったものをアップさせていただきます。


1京王高尾山口駅前

1_DSF0354.jpg



2. 京王高尾山口駅前 右手の山

2_DSF0355.jpg



3. 路傍の南天

3_DSF0358.jpg


4. ケーブルカー清滝駅前

4_DSF0359.jpg



5. ケーブルカー清滝駅前

5_DSF0360.jpg


6.
ケーブルカー線路下の土手にて

6_DSF0363.jpg



7. 琵琶滝のお堂

7_DSF0365.jpg



8. 6号路

8_DSF0366.jpg



9. 6号路傍の残り?花

9_DSF0367.jpg


10. 6号路

10_DSF0372.jpg


続く

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
地区センター清掃 [2013年11月24日(Sun)]
地区センター清掃


11月24日(日)は日野市一斉清掃の日です。南平東地区センターは、いつも使わせてもらっている三井台南窓会が清掃を担当します。それに、つくし子供会の皆さんがお手伝いしてくれます。
24日は天気がよく暖かで、掃除日和となりました。9時からの家の周りの清掃を終えて、9時30分前から続々とセンターに人が集まってきます。子供会の子供たちやお母さんたちもすでに来ていて、側溝や階段の落ち葉清掃を始めています。
s-P1030325.jpg

s-P1030329.jpg

建物の内部は、南窓会のメンバーが掃除機をかけ、床を雑巾がけし、エアコンのフィルターを綺麗にし、扇風機の埃をはらいと、大忙しです。
建物周辺もきれいにします。
s-P1030333.jpg

s-P1030331.jpg

台所やトイレも清掃します。時間がかかるのは、スリッパの裏が汚れているので、洗って干す仕事です。
s-P1030332.jpg

s-P1030335.jpg
干したスリッパの列

1時間熱心に働いて、センターの内外がすっかりきれいになりました。部屋の空気まで澄んだ気がします。
s-P1030336.jpg
見違えるばかりの階段

s-P1030334.jpg
落ち葉はゼロ

s-P1030337.jpg
集めた落ち葉

清掃にご協力していただいた皆様、有難うございました。ただ、まだまだ落ち葉がつもりそうです。12月の末にはもう一度落ち葉清掃を行いますので、皆さんよろしくご協力ください。
(南窓会・皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 12:00
ロゴの隠された秘密 [2013年11月23日(Sat)]
ロゴの隠された秘密


会社や商品に使用する商標(ロゴ)には、デザイナーの遊び心で、思いがけない意味や形が隠されているものがあります。
次のロゴは大変面白いと、私のスイスの友人がメールで送ってくれました。
皆さんにもご披露します。よく考えてロゴを作ってあると感心します。じっくりご覧ください。(皆川眞孝)

Interesting logos

logo1.jpg

よく目をこらすと、Eとxの間に白い矢印(⇒)が浮かび上がってきます。(FedExは国際的なアメリカの配達業者)
==================
logo2.jpg

Tostitos は、スナック菓子の商標でメキシコ風のチップスが主な商品です。2番目と三番目のtは人の形をしていて、真ん中のI がテーブルになって二人が食べている姿を示しています。
===================
logo3.jpg

Le Tour de France(ツール・ド・フランス) は世界的に有名な自転車レースです。いちばん右のRは背中を丸め自転車をこぐ選手の形で、黄色の丸は前輪を、後ろの大きなOは後輪を表しています。
====================
logo4.jpg

アマゾンは日本でも有名な、通販会社です。下に黄色の矢印がありますが、AからZまでさしていて、何でも販売していることを示しています。
==================
logo5.jpg

スイスのマッタホルンのデザインですが、BLEの字の上部の白い雪が、立ちあがって踊っている熊の形になったいるのが見えますか?Tobleroneはスイスのチョコレート会社で、本社がスイスのベルンにあり、ベルンの町の象徴は「熊」です。.
===============
logo6.jpg

バスキン・ロビンズは日本でも有名なサーティワン・アイスクリームチェーン店の会社です。略語はBRですが、桃色の部分は31となっています。なお、31の意味は、ひと月31日毎日別の味のアイスクリームを楽しめるだけ種類が豊富ということです。
=================
logo7.jpg

これは、アメリカの航空会社ノースウエストのロゴです。丸印はコンパスを意味しています。コンパスの針が示している方向は?もちろん、北西(ノースウエスト)です。
==================
logo8.jpg

ピッツバーグ動物園のロゴで、木と鳥のようですが、よく見ると左右の枝の下に、向かい合ったゴリラ(左)とライオン(右)が浮き上がってきます。
=================
logo9.jpg

グウドウイル(Goodwill)は職業訓練を行うアメリカの非営利団体です。半分スマイリーの顔が出ていますが、この顔は小文字のg(Goodwillの頭文字)の形をしています。
==================
logo10.jpg

これは、アメリカのメジャーリーグのチーム、ミルウオーキー・ブリュワーズ
Milwaukee Brewers). のロゴです。グローブの形はmとb(Milwaukee Brewersの頭文字)でできているのに、気が付きましたか?なお、これは地元の学生がデザインしたそうです。
(以上)
Posted by 皆川眞孝 at 12:00
御岳渓谷を歩く-3 [2013年11月22日(Fri)]
御岳渓谷を歩く-3


21.太公望

21_B080065.jpg



22.自然野草園の方向を見る

22_B080070.jpg


23.蔦の葉?(遊歩道には様々な植物が自生)

23_B080075.jpg



24.蔦の種?

24_B080077.jpg


25.シダ

25_B080078.jpg


26.樫の木越しに奥多摩の山を見る

26_B080081.jpg


27.フィッシュセンター付近

27_B080083.jpg


28.遊歩道の杉林

28_B080084.jpg


29.御岳美術館手前の風景

29_B080086.jpg


30. .御岳美術館手前の風景

30_B080090.jpg


終わり

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
御岳渓谷を歩く-2 [2013年11月21日(Thu)]
御岳渓谷を歩く-2


以下上流に向かい遊歩道を歩くままに撮影


11.多摩川風景(沢井地内)

11_B080027.jpg


12. 多摩川風景(沢井地内)

12_B080034.jpg


13.歌碑「お山の杉の子」

 
この童謡・唱歌は吉田テフ子作詞・佐々木すぐる作曲ですが
 この地で作曲されました。

13_B080036.jpg



14.遊歩道出発点-寒山寺の方を振り返る

14_B080037.jpg


15.早朝から熱心に河原の岩上で写生する女性

15_B080042.jpg


16.玉堂美術館前の銀杏
 
有名な銀杏で撮影グループが3組撮影していました

16_B080044.jpg



17.カヌーの練習(御岳橋下)
 
 
ここはカヌーのトレーニング場です

17_B080050.jpg


18.御岳橋付近の紅葉

18_B080057.jpg


19.御岳橋下から有名銀杏を望見

19_B080060.jpg



20.上流へ向かう遊歩道

20_B080062.jpg


続く

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
御岳渓谷を歩く-1 [2013年11月20日(Wed)]
御岳渓谷を歩く-1


奥多摩を流れる多摩川には日原渓谷や氷川渓谷・鳩ノ巣渓谷・御岳渓谷など多くの渓谷があり、多摩川に沿って遊歩道が整備されていて歩きやすく、美術館もあり高年者夫婦お揃いでウオーキングを楽しむ姿をよく見かけます。
11月、御岳渓谷を歩いてみました。区間はJR青梅線沢井駅から御岳美術館まで3kmほどの道程です。
私は多摩川右岸側の都道45号の傍にある「櫛かんざし美術館」のすぐ近くの「寒山寺駐車場」にマイカーを置き、寒山寺鐘楼のところで多摩川に架かる「楓橋」を渡り御岳美術館まで往復しました。以下遊歩道を上流にある御岳美術館に向かって歩くままに撮影しました。
(3回ブログ掲載)


1.楓橋上から下流方向の風景

1_B080002.jpg



2.楓橋上から

2_B080003.jpg


3.川岸から今渡った楓橋を見る

3_B080004.jpg


4.碑銘「青年の像」

4_B080005.jpg


5.「青年の像」石碑のすぐ後ろに立っている
 
昭和39年我が国彫刻の第一人者[朝倉文夫]が寄贈

5_B080006.jpg


6.川岸の巨木

6_B080007.jpg


7.多摩の急流

7_B080016.jpg


8.個人の庭木

8_B080017.jpg



9.川岸の紅葉

9_B080022.jpg


10.川岸の紅葉

10_B080025.jpg


続く


文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
南窓会だより(25年11月号) [2013年11月19日(Tue)]
南窓会だより
(25年11月号)

Nansou.jpg

11月の南窓会だよりをお届けします。
主なニュースは次の通りです。

<これからの行事>
11月22日(金) 秋季日帰り親睦バス旅行  午前7時出発 27名参加 行き先:花貫渓谷(紅葉の名勝)新六角堂(復興のしんぼる)
11月24日(日)地区センター清掃  午前9時30分より ご協力をお願いします。
11月30日(土)〜12月1日(日) 三井台作品展 地区センターにて
12月21日(土) 歌おう会兼忘年会  午後2時〜

<来年の新年会の日時決定>
  26年1月11日(土)正午〜午後3時 七生福祉センターにて
<米寿のお祝い>
   佐野邦彦様(11月19日)
<訃報>
   和田修様(79歳)  堀越和雄様(82歳)(前会員)
詳しくは、次をクリックしてお読みください。
南窓会だより25年11月(1).pdf
南窓会だより25年11月(2).pdf
(三井台南窓会 皆川眞孝)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
悪徳商法事例集(50)「東京オリンピック」悪用詐欺 [2013年11月18日(Mon)]
悪徳商法事例集(50)
「東京オリンピック」悪用詐欺

   独立行政法人国民センターから、見守り新鮮情報を受けとりました。
先日もNHKで、インチキ債券を買わせるために、複数の人がぐるになって、標的の人に電話をかけまくる劇場型詐欺の例をあげていました。電話だけで簡単に信用してお金を振り込むことは、絶対にしないようにしましょう。(皆川)

「東京オリンピック」を悪用した詐欺的トラブルに注意!
__________
<事例1>
知らない業者から電話で、「オリンピック関連企業への投資のパンフレットが全国500名限定で送付されるので、届いたら権利を譲ってほしい」と言われた。パンフレット到着後に電話をくれたら、東京オリンピックの入場券をプレゼントするという。不審である。(60歳代 男性)
<事例2>
以前、ある会社の未公開株を30万円で購入していたが、先日、証券会社の担当を名乗る者から「オリンピック開催が決定して10倍の300万円になったので売らないか」と電話があり、売ることにした。「売却代金を送金する保険料」として30万円振り込んだが、その後も手数料等の名目で何度も請求を受けお金が無くなり、友人に借りに行ったところ、詐欺だと言われた。(70歳代 男性)
s-olympic.jpg

==========
<ひとこと助言>
☆2020年の開催決定に伴い、東京オリンピックに関連した詐欺的トラブルの相談が寄せられています。

☆悪質業者は、話題となっている出来事を悪用して近づいてきます。今後東京オリンピックに関連したトラブルはさらに増えてくると考えられますので、十分注意することが大切です。
☆いったんお金を払ってしまうと、取り戻すのは非常に困難です。うまい話を持
 ち掛けられても安易に信用しないようにしましょう。

☆不審に思ったときは、お金を払う前に、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
紅葉する昭和記念公園-3 [2013年11月17日(Sun)]
紅葉する昭和記念公園-3


21〜30 日本庭園にて

21.

21_DSF0075.jpg


22.

22_DSF0076.jpg


23.

23_DSF0078.jpg


24.

24_DSF0079.jpg


25.

25_DSF0080.jpg


26.

26_DSF0081.jpg



27.

27_DSF0082.jpg


28.

28_DSF0083.jpg


29.オオモミジ

29_DSF0085.jpg


30.大勢の人だね

30_DSF0073.jpg


終わり

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
紅葉する昭和記念公園-2 [2013年11月16日(Sat)]
紅葉する昭和記念公園-2


11.カクレミノ

11_DSF0057.jpg


12.ヤマコウバシ

12_DSF0060.jpg


13.モミジバフウ

13_DSF0062.jpg



14.実の無い柿の木

14_DSF0064.jpg


15.ハナミズキ

15_DSF0066.jpg


16.ハクサンボク

16_DSF0067.jpg



17.トサミズキ

17_DSF0069.jpg



18.トサミズキ

18_DSF0072.jpg



19.トチノ木

19_DSF0089.jpg



20.サザンカ

20_DSF0077.jpg


続く
文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
黄葉する昭和記念公園-1 [2013年11月15日(Fri)]
紅葉する昭和記念公園-1


昭和記念公園では急に紅葉が進み連日大勢の人が訪れています。
今年の銀杏の黄葉はちょっとよくないかなと思いますが、銀杏並木の人通りはひきも切らず続き、キャンバスを据えて夫婦でスケッチをする姿も見られました。
以下3回の連載です。


1〜4 ナンキンハゼ

1.

1_DSF0034.jpg


2.

2_DSF0008.jpg


3.

3_DSF0009.jpg


4.

4_DSF0030.jpg


5〜10 銀杏

5.

5_DSF0013.jpg


6.

6_DSF0010.jpg


7.

7_DSF0021.jpg


8.

8_DSF0031.jpg


9.

9_DSF0019.jpg


10.

10_DSF0091.jpg


続く

文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
冬化粧の富士山 [2013年11月14日(Thu)]
冬化粧の富士山


昨日(11月13日)は風が冷たい日でしたが、久しぶりの晴天でした。
鹿島台から富士山がくっきり見えました。
s-IMGP1273.jpg

昨日までの寒さで雪がたくさん降ったようで、すっかり冬化粧をしています。
s-IMGP1272.jpg

我が家の東の窓からは、東京スカイツリーがよく見えました。
s-IMGP1271.jpg

いつも変わりばえしない写真ですが、季節の移り変わりをお知らせしたく、ブログにアップしました。
文責:皆川
Posted by 皆川眞孝 at 10:00
薔薇の花(八千代京成バラ園)続 [2013年11月14日(Thu)]
薔薇の花(八千代京成バラ園)続


11 マチルダ

_A230063.jpg


12 ブランディー

_A230036.jpg


13 イエロウシンプリシティ

_A230038.jpg



14 チンチン(フランス語 乾杯)

_A230043.jpg



15 サプライズ

_A230045.jpg



16 錦

_A230047.jpg



17 イングリッドウエイブル

_A230049.jpg


18 ピンクフレンチレース

_A230051.jpg



19 きらり

_A230054.jpg


20 るる

_A230056.jpg


終わり

文責 荒川
Posted by wild river at 08:00
薔薇の花(八千代京成バラ園) [2013年11月13日(Wed)]
薔薇の花(八千代京成バラ園)



千葉の八千代京成バラ園に行くには、京葉高速鉄道“八千代緑が丘”駅で下車、駅前から東洋バス「八千代医療センター行」か「八千代中央駅行」に乗車、“京成バラ園前”下車もしくは徒歩でアクセスします。
所要時間は、バスは5分、徒歩では13分ほどです。私はこのバラ園は初めてなので往きはバス、帰りは徒歩でしたが、徒歩の場合京葉高速鉄道高架下にバラ園のすぐそばまで一直線の歩行者専用舗装道路が設けられていて地元の人達はウオーキングを楽しんでいるし、往復とも徒歩でよいと思いました。
京葉高速鉄道は地下鉄東西線と接続し駅など共用していて乗り換えなしも運行しています。
バラの種類は200種?はあると踏みましたが、撮りくたびれたのも初めてでした。


1. 京成バラ園入口

_A230003.jpg


2.〜10 新種のバラ

2 ミスターローズ

_A230004.jpg


3  スウィート パローレ

_A230006.jpg


4 ジークフリート

_A230008.jpg


5 ウェディングベル

_A230010.jpg


6 エンジェルハート

_A230012.jpg


7 アメジストバビロン

_A230014.jpg


8 ピンクドルマリン

_A230016.jpg


9 ホワイトノックアウト

_A230018.jpg


10 ビブレバカンス

_A230020.jpg


続く


文責 荒川

Posted by wild river at 09:00
今月の俳句(25年11月) [2013年11月12日(Tue)]

今月の俳句
(平成二十五年十一月)


今月の俳句サークル句会の兼題は「もみじ」(紅葉・黄葉)(秋の季語)です。楓や銀杏は、これだけでは季語となりません。「銀杏散る」とすれば、秋の季語となります。
句評は、いつものように、俳句サークルの指導者・藤戸紘子さんにお願いしました。(皆川眞孝)

「想ひ出の宿は今無く夕紅葉」
  皆川 瀧子
yado2.jpg

新婚旅行の時でしょうか、お子さんが小さい時の家族旅行でしょうか。あの時宿泊した宿を再訪してみたら、もうその宿は影も形もなかった。夕暮れに紅葉だけが(夕日があたっていたかもしれない)、赤々と色づいていたという景が浮かびます。時は容赦なく過ぎ去ります。世のすべてが刻一刻変化していきます。想い出は本当に切なく甘いものですね。作者の飛躍的上達の証の味わい深い良いお句だと思います。

「石垣の影ながながと照紅葉」
  皆川 眞孝
thCAFALRIB.jpg

紅葉とは秋の季語ですが、紅葉(こうよう)だけでなく黄葉(おうよう)も含む秋に色づく木の葉一般を指します。その紅葉の副季語に、草紅葉、紅葉狩り、紅葉明り、紅葉谷、夕紅葉、照紅葉等沢山あります。この句の照紅葉は秋の日に輝いている紅葉の燃えるような赤、もしくは黄金のように輝く黄葉を詠んでいます。影が長いということは、秋から冬にかけて太陽の軌道が低くなるからです(ちなみに夏は太陽が中天になりますから影は短くなります)が、同時に石垣が高いことを意味しているかもしれません。影の黒と紅葉の赤もしくは黄の対比が鮮やかな、写生の効いた佳句となりました。

「京菓子のかたちいろいろ薄紅葉」
  渡辺 功
Kyou3.jpg

この句を拝見した時女性の句だと思いました。作者が男性と知り、驚きました。この作者の句巾の広さにはほとほと感心してしまいます。さて、京菓子は干菓子にしろ、茶菓子にしろ、味も形も真に上品で美しいことで知られています。緋毛氈に腰かけて抹茶をいただきながら、色づき始めた紅葉を愛でている景が浮かびます。かたちいろいろ、とひらがな表記をすることによって、銀杏や紅葉の形をした淡い色の京菓子の雰囲気を醸し出しています。心憎いテクニックの効いた佳句となりました。

「紅葉燃ゆる裏山の道静かなり」
  佐藤 朋子
s-thCAFV617W.jpg

お不動様の裏山でしょうか。人影もなくひっそりと静まり返っている山道。一見何の動きもない世界のようですが、自然の営みは途絶えることなく続いています。紅葉も命を守るための力の限りの植物の生の営みなのです。紅葉燃ゆ、ですから火のように赤く色づいている景です。それは静かな激しさとでも形容できるかもしれません。静の中の動、いかがでしょうか。

「金髪の孫の手を引き七五三」
  小野 洋子
s-s-IMG_0001 - コピー.jpg

金髪のお孫さんですか。きっと人目を引いたことでしょう!根拠はありません
何となく女児を想像しました。慣れない和服の裾捌きとぽっくりに苦労して歩く可愛い金髪の女の子の手を引く日本人のばあば!微笑ましい景ですね!この子と、ばあばとの会話は何語?なんて余計なことを考えてしまいました。いよいよ日本の家族構成にも国際化が始まったようです。
注:アメリカにお住まいのお孫さんが高幡不動で七五三のお参りをしたときの写真ですが、あまり金髪には写っていません)

「柿を剥く母の手を追ふ子の瞳」
  宮ア 和子
s-kaki.jpg

あ〜良い句ですね。子供の頃を思い出しました。子供の目には皮を長く長く剥く母の手が魔法のように見えたものでした。途中で皮が切れようものなら母も私も大きなため息をつき大笑いしました。この句では、子の目ではなく瞳が良いですね。器用にナイフを使う母の手を追う好奇心いっぱいに見開かれた瞳、きらきらと輝いていることでしょう。何でもないところにある幸せを的確に捉え、無駄のない表現で、微笑ましく暖かい佳句となりました。

「銀杏散る安田講堂静もりて」
    藤戸紘子
s-yasuda2.jpg

作者が吟行で東京大学キャンパスにいらした時の句とお聞きしました。本郷にある東京大学の正門から安田講堂まで続く銀杏並木は有名です。まっ黄色に色づいた銀杏並木の下を歩くと、何かアカデミックな気持ちになります。この句は、銀杏が慌ただしく散る中に、どっしりとした建物の安田講堂が静かにたたずんでいる景を詠んだものですが、私達世代では安田講堂といえばすぐ思い出す事件があります。それは、一九六八年から六九年の全共闘学生による安田講堂占拠事件です。最後は警官の突入により、多数の学生が逮捕され、講堂封鎖は解除されましたが、荒廃した建物は二十年間使えませんでした。五十年前のあの騒ぎは一体何だったのか?私達人間の愚行を安田講堂が静かに見まもっていますが、「静もりて」の言葉が、同じ意味の「静まりて」よりも、重々しさがあって安田講堂にはぴったりで、さすが藤戸さんと感心しました。(コメントー皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml