CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
道央西部の旅(9) (10/17) 荒川 健三
日野橋“通行止” (10/17) ミセスミヤ
道央西部の旅(9) (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) 荒川 健三
道央西部の旅(7) (10/14) 皆川
道央西部の旅(7) (10/12) 荒川 健三
巾着田彼岸花(2) (10/05) 荒川」健三
富良野&美瑛の7月(17) (10/05) ミセスミヤ
富良野&美瑛の7月(17) (10/05)
最新トラックバック
月別アーカイブ
東郷公園の紅葉  [2012年11月30日(Fri)]
東郷公園の紅葉



11月に入りNHKから東郷公園の紅葉が紹介されました。

東郷公園は国道16号を埼玉県の入間でわかれて国道299号に移り秩父に向かって北上すると西武秩父線の吾野駅と西吾野駅の間、吾野駅寄りの坂石に在り、吾野駅から徒歩20分です。
公園内には秩父御嶽神社・東郷神社・八海山神社・諏訪神社と4っの神社があり、日露戦争陸海の英雄東郷元帥と乃木大将、お二人の銅像が建立されています。

何故この場所に明治時代の陸海軍功績者が祀られているのか不思議に思いましたが、旧吾野村の鴨下清八なる東郷元帥の熱烈な崇拝者が建立したもので、鴨下の熱意に東郷元帥が動かされ、大正14年4月に行われた像除幕式には東郷元帥本人が出席し当時の人々を唖然とさせたそうです。
因みに鴨下清八は一介の樵夫で無名の人に過ぎませんが、普通の老人と違い大なる精神主義者であったと紹介されています。

私は紅葉をお目当てに訪れてみました。公園は国道299号と並行して流れる高麗川に面していてマイカー駐車ができます。


滝不動尊の紅葉(1)

1_B230002.jpg

東郷公園に行く途中に滝不動尊があります


滝不動尊の紅葉(2)

2_B230005.jpg



東郷公園入口

3_B230012.jpg

晴れた日にはスカイツリーが見えると書いてあります

乃木大将像近くの紅葉

4_B230007.jpg



東郷元帥立像

5_B230060.jpg



6_B230049.jpg
東郷像周辺の紅葉(1)




東郷像周辺の紅葉(2)

7_B230071.jpg




東郷像周辺の紅葉(3)

8_B230070.jpg



高麗川渓谷(1)

9_B230076.jpg



高麗川渓谷(2)

10_B230083.jpg
続きを読む...
Posted by wild river at 08:00
2012年三井台南窓会秋の親睦旅行(2) [2012年11月29日(Thu)]
2012年三井台南窓会秋の親睦旅行(2)


昼食後はそれぞれお土産などを買って、再びバスの人になりました。行程の中にある三保文化ランドには行かないようです。(現在閉園中?)駿河湾ミニクルーズに向けて出発しました。しばらく走ると添乗員さんが左側を指して、「あれが久能山東照宮です。」どこどこ?慌てて体を斜めにしてシャッターを押しました。

j (2).jpg


バスの窓ガラスには少し色がついています。日本平からロープウェーで上る反対側?でしょうか。長ーい階段が小さく見えます。家康が眠るゆかりの史跡、平成22年国宝に指定されました。
三保の桟橋到着。13時25分発の船を待ちます。
j (1).jpg

r.jpg

s.jpg

三保の桟橋

湾岸沿いに石油コンビナートあり、クレーン、工場が立ち並んで、想像していた風景とは違っていました。海は凪いでいます。乗船しました。カモメが船を追ってきます。

l.jpg

船室から外に出ました。
振り返ると三保の桟橋近くの松の上に富士山が頭を出していました。

t.jpg


Iさんがカモメの餌を買ってきますともう大騒ぎ。あの子いい顔している!ナンテ私も子どもみたいに喜んでいました。船上に上がります。
m.jpg

p.jpg

(皆川様 撮影)

午後は気温が上がってくると、富士山は霞がちになります。15分後、船は清水港に着いてしまいました。下船の時船員さんが「一月ごろまた来てください、富士が綺麗に見えますから」と声をかけてくれました。ミニクルーズでしたが、良い体験をさせて頂きました。
a(1).jpg

私たちが乗った船と同じ(インターネットより)


u.jpg

清水エスパルスドリームの観覧車

船を下りて観覧車を見上げ何人かでトイレの後、方向を間違えてバスを見失いビックリしました。携帯を使って探すドジをしてしまいました。

いよいよ「みかん狩り」に出発。新東名道の清水いはらICのすぐ近く、「鈴木農園」に着きました。みかんは傾斜地で栽培していることが多いのですが、此処は平らな土地で助かりました。

w.jpg

x.jpg

z.jpg

鋏は使わず手でちょっと捻って採ります。小さいほうが甘いと聞きましたが、美味しいみかんでした。ミカンの木が矮化されているのでしょうか、背が低いと思いました。
バスで私のお隣さんは「7個食べたわ、あら、小さいのを7個よ!美味しかったわね!」
みかんは木から採って、4日位経つと甘くなるそうです。それも味わってきました。ミカン園の中にミカンが一つもない木が何本かありました。食べつくされた木?なんか気の毒な気分になったりして・・ミカン園を出る頃には次の団体客が来ていました。お土産のみかんをいただいて、全スケジュール終了。

q.jpg

帰りの新東名からの富士山(皆川様 撮影)

i.jpg

車内から夕方の富士山(宮ア)


富士山を後にまたハーモニカ伴奏で歌ったりして、日野に6時頃帰ってきました。駆け足で回ったような旅でしたが、富士山に見守られて楽しい幸せな1日でした。

(文責:宮ア)

Posted by ミセスミヤ at 08:00
2012年三井台南窓会秋の親睦旅行(1) [2012年11月28日(Wed)]
2012年三井台南窓会秋の親睦旅行(1)


朝早くからとても天気の良い11月21日午前7時15分、南窓会員23名を乗せたバスは日野の鹿島台上を出発しました。さあ!楽しみにしていた親睦旅行が始まりました。
旅行案内に「開通間もない新東名高速道走行とサービスエリアめぐり爽快!駿河湾クルーズと清水みかん狩り食べ放題の旅」のキャッチフレーズ。ハテ如何な旅になりますでしょうか。

行程:日野=中央道・東富士五湖道路=御殿場=新東名道=駿河湾沼津SA=藤枝岡部IC=石原水産マリンステーション(昼食)=東名道=清水IC=三保文化ランド〜〜〜駿河湾ミニクルーズ(約15分間)〜〜〜清水港=清水みかん狩り(園内食べ放題,さらにお土産付き)=東名道=御殿場=東富士五湖道路・中央道=日野

しばらく経って添乗員さんからの説明、注意があり、会長のご挨拶がありました。ガヤガヤおしゃべりも乗せて、お茶のサービスで喉を潤します。会長から「ハーモニカの先生も参加してくださっていますので、あまり疲れないうちに先生の伴奏で皆さん歌いましょう」とミニコンサート?が始まりました。バスに乗車の際手渡された、参加者名簿裏の歌詞「もみじ、旅愁、赤とんぼ、埴生の宿」を気持ちよく合唱します。先生が編曲なさったアンニ―ローリー他2,3曲もうっとりと聞かせていただきました。拍手!拍手!
富士吉田○kmの道路標識が見え始めた頃から、窓外に富士山が大きく見え隠れするようになりました。

a.jpg

皆川様が車内から撮影(山中湖周辺?)


バスから見える山々も紅葉、黄葉、緑と目を楽しませてくれます。新東名高速道に入ります。
御殿場JCT〜三ヶ日JCTの162kmが、2012年4月12日開通しました。162kmも一度に開通できたことは今までにないそうです。東名高速道よりかなり山側を通っています。眺めがよく、バスの揺れも少なく快適だと思いました。あっ!またトンネル!でもトンネルの中が広々した感じを受けました。この区間は道路のカーブや勾配が東名高速道より緩やかでより安全で快適な走行が可能とか。渋滞緩和も期待されるということです。「あっ!見て!」隣の席で叫ぶので左を見ると、乗用車がひっくり返って部品が飛び散っていました。助けを待っているようです。「スピードを出し過ぎたのね」

お目当ての駿河湾沼津サービスエリア(下り方面)に9時20分頃でしょうか到着。
添乗員さんの後から真新しい建物の中に入ります。中を通り抜けますと駿河湾が一望でき急に視界が開けました。

e (2).jpg

(皆川様 撮影)

遠くかすかに伊豆半島が見えますが、逆光で肉眼のようにはいかないのが残念!
今立っている所は新東名高速道で唯一のオーシャンビューエリアだそうです。眼下に広がる海をモチーフに癒しの空間アクアゾーンを演出しましたとか。気持ちいい〜!皆さんしばらくは立ち尽くしています。
e (1).jpg

眼下に広がるお茶畑


f.jpg

足元の日溜りでアジサイが紅葉しています。

SAのオーシャンエリア側
o.jpg

b.jpg

c.jpg

広々ととホテルのようです。

g.jpg

入り口近くはショッピングエリア、ベーカリー少し奥にカフェ、レストランが見えます。時間が早いのとウィークデイだからでしょう、人が少なくて助かりました。コインランドリーやシャワールームもあるようです。添乗員さん説明のトイレ、本当にきれいで広く立派でホテルも顔負けと驚きました。上り側のスペインかと思うサービスエリアを見られないのがちょっと残念でした。

次の静岡SAに向かいます。ちょっと山側に入って沼津よりこじんまりしたSAに10時半頃到着。
h.jpg


静岡県の中心に位置し県内の名産品などを置いています。真新しく明るい色使いの空間を感じます。私は静岡のお茶を購入しました。

昼食が11時半だそうで、早々に出発です。まあ朝が早いからいいのですが、ちょっと忙しい。
昼食場所の石原水産マリンステーションで、海鮮づくしのお昼をいただきました。ここに到着するなり入り口で乾燥フルーツだのあれこれ掌に乗せられ苦笑。

n.jpg

(皆川様 撮影)

食事に気を取られて、写真を撮ることなどトンと思いつかない私でした。お刺身など新しく美味しくいただきました。
(つづく)

(文責:宮ア)
Posted by ミセスミヤ at 08:00
2012高幡不動の紅葉始まる [2012年11月26日(Mon)]
2012高幡不動の紅葉始まる


ここ2〜3日急に寒くなり、念のため高幡不動尊に行ってみたところ五重塔の周辺の紅葉が見ごろを迎えています。

1_B260001.jpg


2_B260002.jpg



3_B260005.jpg



4_B260010.jpg



5_B260013.jpg



6_B260018.jpg



7_B260021.jpg



8_B260023.jpg



9_B260024.jpg



10_B260043.jpg


不動尊の紅葉はこれから本番でしょう。





続きを読む...
Posted by wild river at 08:00
地区センター清掃 [2012年11月25日(Sun)]
地区センター清掃

今日(11月25日)は、日野市一斉清掃日です。この日に合わせて、三井台南窓会はいつも利用させてもらっている南平東地区センターの清掃を行いました。
幸いにも、秋晴れの掃除日和です。
家の周りの清掃を終わった後ということで、午前9時30分からのスタートでしたが、時間前に既に多くの会員が集まって清掃を始めていました。子供会のお子さんや保護者も来てくれて、建物の周りに積もった落ち葉を清掃したり雑草を抜いたりしてくれています。
s-P1020310.jpg

s-P1020309.jpg

s-P1020311.jpg
手前は集めた落ち葉

建物の内部清掃では、いつもは清掃できない物置きの収納物を出して床を拭いたり、エアコンのフィルターを綺麗にしたり、トイレの大掃除をしたりと大忙しです。
s-P1020312.jpg

「共同使用の建物だから自分の家よりも綺麗にしよう」という美しい心がけです。スリッパは底も含めて全部を洗い干しました。
s-P1020313.jpg

大勢の協力はたいしたもので、約1時間で終了しました。清掃にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。見違えるようになりました。これからも大事に綺麗にセンターを使用していきましょう。(文責:南窓会 皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 21:39
蓼科湖の彫刻公園 [2012年11月24日(Sat)]
蓼科湖の彫刻公園

先日、蓼科に行った時、蓼科湖に立ち寄りました。平日のため、人がほとんどいなくて、湖水は静まりかえっています。
s-IMGP0579.jpg

湖水の周りを散歩すると、彫刻公園・無料開放中という場所がありました。
s-IMGP0578.jpg

入ってみると、とても素敵な公園で、そこかしこに彫刻が立っています。
後で調べてみたら、ここは隣接するホテルが所有していたのを、ホテルの経営が変わったのを機に、茅野市が維持費の半額を負担して今年の7月に開放するようになったそうです。
彫刻は66点あるそうですが、北村西望氏の作品が随分ありました。西望さんは、長崎平和公園の「平和祈念像」で有名です。
北村さんの彫刻を中心に少し紹介します。
s-IMGP0565.jpg
将軍の孫

s-IMGP0563.jpg
獅子

s-IMGP0564.jpg


s-IMGP0570.jpg
自由の女神

s-IMGP0573.jpg
平和の女神

s-IMGP0576.jpg
母子像(奥さんがモデルだそうです)


s-IMGP0577.jpg

小さな紅葉の木ですが、印象的です。

s-IMGP0566.jpg

ゴッホの描いたような跳ね橋があります。

チャンスがあれば、ぜひ訪問してみてください。
(文責・皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 12:10
2012奥多摩 [2012年11月21日(Wed)]
2012奥多摩

今年の紅葉のよし悪しは場所と時期によると言えば当たり前の話ですが、温暖化が影響すると思われ予測が難しくなりつつあります。11月中旬奥多摩を訪ねてみました。

1_DSF4423.jpg



2_DSF4426.jpg



3_DSF4431.jpg



4_DSF4437.jpg



5_DSF4443.jpg



6_DSF4445.jpg



7_DSF4449.jpg



8_DSF4462.jpg



9_DSF4492.jpg



10_DSF4475-2.jpg
続きを読む...
Posted by wild river at 19:00
箱根3人旅 [2012年11月20日(Tue)]
箱根3人旅

「3人揃って元気なうちに旅行しましょうよ」例の82×3のメンバー旅行。今回は希望の場所が満員で、箱根に2泊3日、しかもホテルがバスを出して往復してくれて、費用もお得プランに便乗してみました。
11月15日〜17日の予定。東京駅発、新宿出発Am10:05 箱根姥子到着Pm12:30。
バスは50人乗りの大型。座席は殆ど埋まっていました。強羅で下車する方もいました。
お陰さまで途中渋滞もなく、箱根に入ってバスが山を登り始めると両側の木々が紅葉、黄葉に染まって、杉木立の緑も美しく富士山も見え隠れするのを眺めながら、予定より10分遅れで無事到着できました。
昼食をいただきチェックインして、富士山は庭から見えると聞いて外に出てみました。

a.jpg

11月15日14時57分

b.jpg

11月15日15時03分


ホテルの廊下からロープウェイが行ったり来たりしているのが見えます。

c.jpg


玄関から表に出て少し散歩しました。正面に冠が岳(標高1409m)が見えました。大涌谷から烏帽子のように見える山だと思います。

d.jpg


ホテルの駐車場の周囲

e.jpg

f.jpg


箱根の森高原教会が目に入りました。灯りが見えましたが誰もいないようで、ホテルの結婚式場かなと思います。

h.jpg


寒くなってきましたが、富士山が気になってまた庭に戻ってみました。

g.jpg

11月15日16時35分

あっという間に日が沈んでしまいました。
ゆっくり温泉に入り美味しい和食をいただき後片付けがないと喜んだりして、よく喋って眠りにつきました。

11月16日

目が覚めると、どうやら私が一番早く寝てしまって一番遅く起きたようでした。でも一回は起きたなんて言い訳したりして。
寒いのですが庭にでて富士山を撮ってきました。和室を利用の人は部屋から富士が見えるようですが、体の都合で洋室利用にしましたら、富士山は見えないのでした。

i.jpg

11月16日7時08分

朝食はバイキングですが、種類もまあ豊富で美味しくいただきましたが、人が多く賑やかでした。
ホテルのバスで送ってくれるというので、10時出発のバスで3人とも行ったことがない「箱根ラリック美術館」に出かけました。迎えのバスが来る12時40分までゆっくり見ることが出来ます。 自然豊かな美術館です。
n.jpg

k.jpg

l.jpg


ミュージアムの入口近くにはクラシックカーが2台展示されていました。そのボンネットの上にもラリックの作品を観る事が出来ます。

r.jpg


ルネ・ラリック(1860~1945)
ルネ・ラリックはフランスを代表する宝飾とガラスの工芸家です。16歳で宝飾細工師に弟子入り。その才能は早くから注目され、20歳の時にカルティエなどの一流宝飾店から仕事を依頼されています。その後香水商コティとであいガラス工芸家へ転身。(パンフレットから)

あのオリエント急行や豪華客船ノルマンディー号などの建築装飾でも卓越したセンスを発揮したなど、30分にわたって館員から説明を受ける事が出来ました。斬新なジュエリーやガラスの作品から後半生に手がけた室内装飾まで沢山のコレクションをゆっくり見る事が出来ました。ラリックは常に時代の先端を行くデザインを心掛けていたそうで、香水瓶に日本の刀の鍔から取り入れたという、絵柄や線には感動しました。撮影は禁止。

予定通りホテルに帰って、結構足が疲れたので、肌を刺すような風に思わず「うぁー寒い!」と言いながら露天風呂の人となりました。すると目の前に富士山が雲一つない空にゆったりと姿を見せてくれました。ただうっとりと眺めるばかり。

お風呂の入り口に外側は黒、内側は朱塗りの小さな器が置いてあったそうですが、気が付きませんでした。ふっとお酒の香が漂うので周りを見ますと、富士見酒の方が何人か見えました。若いって良いですねえ。カメラを持ち込めないのが残念。
帰りのエレベーターで男性が私に「そちらの風呂から富士山は全部見えたのですか?」と聞かれ「ハイ、良く見えました」「ここは女性優遇?」男の方のお風呂からは斜めにしか見えない、ちょっとよく分らないのですがご不満のようでした。

m.jpg


11月17日
早朝から予報どおり雨が降っています。朝風呂にゆっくり入り、美味しい朝食をいただいて、売店を物色したりして時間を使いました。だんだん雨が強くなって、ガスで何も見えなくなりました。部屋であれこれ話した折、実は箱根は針葉樹が多いので昔、紅葉は殆ど見られなかった。ホテルなどが増えて植えたのだろうと友人が話してくれました。

q.jpg

(レストランから)山が何も見えません

16時少し過ぎに、バスが予定より早く新宿に到着。元気でね!と宝物の友人と別れて帰ってきました。

(文責:宮ア)
 


              

Posted by ミセスミヤ at 08:00
枯葉 [2012年11月18日(Sun)]
枯葉


銀杏並木

1_B114398.gif



ナンキンハゼ

2_B114394.gif




イイギリ

3_DSC0081.jpg



ハクウンボク

4_DSC0083.jpg




5_DSC0087.jpg



ハクモクレン

6_DSC0092.jpg




オオバノギボウシ

7_DSC0095.jpg




リョウブ

8_DSC0100.jpg




ヤマボウシ

9_DSC0105.jpg



トサミズキ

10_DSC0108.jpg






落ち葉

ポール・ヴェルレ−ヌ    上田 敏訳



秋の日の ヴィオロンのためいきの

身にしみて ひたぶるにうら悲し


鐘のおとに 胸ふたぎ色かえて

涙ぐむ 過ぎし日のおもひでや



げにわれは うらぶれてこ々かしこ

さだめなく とび散らふ落ち葉かな
続きを読む...
Posted by wild river at 18:00
悪徳商法事例集(23) [2012年11月17日(Sat)]
悪徳商法事例集(23)

独立行政法人国民生活センターから、悪徳商法に関する情報を入手しました。本当に、浜の真砂は尽きるとも・・・悪智恵のある人は尽きません。

海外オークション?スチーム式クリーナーが高値で売れる?

「あなたが以前購入したスチーム式クリーナーを欲しがっている人が海外にいるのでオークションに出してくれないか」という電話があった。スチーム式クリーナーは10年ほど前に訪問販売で約40万円で購入したが、ほとんど使っていなかったので出品を承諾した。
翌日電話があり、「80万円で落札された。手数料を5パーセント引いて代金を振り込むが、海外取引なので組合に加入する必要がある。その費用として事前に20万円を振り込んでほしい。後日返金する」と言われ、不審に思った。そもそも、どうしてうちにクリーナーがあることを知ったのかも分からない。(60歳代 女性)
s-auction.jpg

==========
<ひとこと助言>
☆「過去に訪問販売で購入したスチーム式クリーナーを高額で買い取る」と持ちかけられる電話勧誘に関する相談が寄せられています。

☆「買い取る」と言いながら、「保証金」「登録料」などの名目で事前にお金を支払わせる手口です。

☆実際に要求されたお金を払ったところ、さらに費用を要求されたというケースもあります。多くの場合、契約書も交わされず、業者の住所もあいまいであるなどの疑問点がみられます。

☆購入者名簿が悪用されている可能性があります。不意にこのような話をもちかけられても、うのみにせず、少しでも不審な点があるときは、はっきり断 ましょう。

☆おかしいな、と思ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。
Posted by 皆川眞孝 at 19:00
もみじァㇻカルト [2012年11月16日(Fri)]
もみじアラカルト


もみじ も結構種類が多いよいうです。今年のもみじはこれから最盛期だと聞きました。

1_DSF4620.jpg


2_DSF4621.jpg




3_DSF4623.jpg


4_DSF4624.jpg


5_DSF4628.jpg


6_DSF4629.jpg


7_DSF4631.jpg


8_DSF4632.jpg


9_DSF4614.jpg


10_DSF4630.jpg
続きを読む...
Posted by wild river at 19:00
映画「のぼうの城」 [2012年11月15日(Thu)]
映画「のぼうの城」


映画「のぼうの城」を見てきました。これは予告編を見て、面白そうだったからです。
(予告編は下記をクリック)
http://nobou-movie.jp/

原作「のぼうの城」(和田竜)は130万部突破のベストセラーだそうです。映画化のために8年の時間を要しました。このストーリーは、実話に基づいているそうです。
s-nomou_0001.jpg

時は、天正18年(1590年)3月、豊臣秀吉は関東を支配していた北条氏を攻略するため小田原へ出陣し、石田三成を武将として名を挙げさせるために、北条方の支城を攻めさせます。その一つが、現在の埼玉県行田市にあった「忍(おし)城」です。城主の成田氏長は、戦わずに降伏せよとの命令を残して、小田原に出陣します。代わりに城代になったのは、「成田長親(ながちか)」(城主の甥)ですが、領民には「のぼう様」と呼ばれ人気があります。「のぼう」というのは、「でくのぼう」の省略です。石田軍は2万人の軍勢で城を囲みます。城に残されたのは500人のみ。「すぐ降伏せよ」という三成のなめた態度に、長親は「戦いまする」と思いもよらない発言。戦闘の火ぶたが切られます。ところが、城には「のぼう様」を慕う農民たちが籠城して戦い、初戦は勝利します。そこで、三成は、水攻めを計画し、延長28キロにおよぶ堤を築き、利根川と荒川の水を引き入れるという大作戦を行います。はたして、この城の運命やいかに?

「でくのぼう」長親を演ずるのが、狂言師の野村萬斎です。また、彼を慕う城主の娘・甲斐姫に榮倉奈々(NHK朝ドラ「瞳」主役)、長親の幼馴染の武将・丹波守に佐藤浩一が演じます。
nobou2.jpg
甲斐姫と長親

長親の体を張った田楽踊りは、野村萬斎でないと出来ないクライマックスの場面です。
nobou3.jpg


nobou4.jpg
丹波守

水攻めでも城が沈まなかったので、忍城は「浮き城」として呼ばれます。堤防が切れて、水攻めは失敗します。その後、7月に小田原城が開城したので、忍城は豊臣軍に引き渡されますが、唯一負けなかったお城として有名になります。現在は、城は残っていませんが三成の築いた堤の一部が、「石田堤」として残っているそうです。

映画は、掴まえ所のないキャラクターを演じた野村萬斎の魅力で、ひきしまっています。コンピューターグラフイックを駆使した水攻めや合戦シーンは、大きなスケールで、迫力満点です。痛快時代劇としておすすめできます。(文責:皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 20:00
山茶花 [2012年11月14日(Wed)]
山茶花


13日夕刻、NHK総合テレビでサザンカの花が見ごろになっていると放映されました。場所は埼玉県川口市安行「花と緑の振興センター」
早速、見学してまいりました。


朝倉

1_DSF4511.jpg


富士の峰

2_DSF4506.jpg



田子の月

3_DSF4514.jpg


七福神

4_DSF4531.jpg



豊麗

5_DSF4534.jpg



昭和の栄

6_DSF4539.jpg



実生

7_DSF4544.jpg



雪山

8_DSF4561.jpg



丁子車(ちょうじぐるま)

9_DSF4568.jpg

丁子はインドネシヤ モルッカ群島原産の香気の強い植物、薬味・漢方の材料、家紋にも用いられる。


桃園錦

10_DSF4577.jpg



後記
山茶花の種類は多く、すべてを紹介できず残念に思います。
続きを読む...
Posted by wild river at 20:00
三井台自治会の炊き出し体験 [2012年11月13日(Tue)]
三井台自治会の「炊き出し体験」訓練


11月10日の土曜日に三井台自治会の「炊き出し体験」訓練が実施されました。
この訓練は、昨年に続いて実施され、今年で4回目です。
当日は、朝から快晴のよい天気でした。
11時に地震が発生したとの想定で、避難場所の「鹿島台広場」に徒歩で三井台の住民が集合しました。

自治会長の竹原さんから挨拶がありました。
s-P1020267.jpg

自治会役員とつくし子供会の父兄が食材や鍋・コンロなどを準備して、当日早くから用意してくれています。
s-P1020266.jpg

非常食アルファ米を使った五目飯は、お湯を入れて30分蒸らすだけです。
s-P1020270.jpg

参加者全員が試食をしました。トン汁もついています。
アルファ米はそれほど美味しいものではありませんが、非常食としてはよくできています。でも非常時にお湯を確保するのが大変そうです。
ピクニック気分で、野外の食事を楽しみました。本当に災害にあったら、こんなのんびりしていられません。
s-P1020269.jpg

食後にお汁粉や、焼き餅まであります。
s-P1020268.jpg

子供たちのために、南窓会で輪投げコーナーを準備しました。子供たちに5回の成績を記録するカードを渡し、自己申告で記入してもらいました。参加賞もだしました。子供が終わった後は、大人も参加して、なごやかな交流です。最近は外で遊ぶ子供が少ないので、子供たちの大きな声を聞くことは大変ほほえましい光景でした。
s-P1020271.jpg

参加者が少なかったのが、ちょっと残念でした。今回のような行事は、訓練というよりも、このような機会に近所の人達と知り合うという目的が大きいので、積極的に参加してほしいと思いました。準備の皆さま、御苦労様でした。
(文責:南窓会 皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 23:00
三井台作品展(2012年) [2012年11月12日(Mon)]
三井台作品展(2012年)


木々の黄葉が目に付くようになってきました。
今年4回目の三井台作品展(三井台自治会、子供会、南窓会合同)が開かれました。その様子をお届けいたします。

場所:南平東地区センター
期日:11月10日午前10時〜午後4時
   11月11日午前10時〜午後3時


9日、私が作品の搬入(Am11:00~12:00)に11時少し過ぎに行きましたところ、殆ど飾り付けが終わっていましたのでびっくりしました。今年は8日に日野市からボードをお借りして会場の準備をしてくださったそうです。厚いカーテンを外したり備品の数々を片付けたり、ボードが重く階段もありますし、役員のみなさまは、さぞかし大変だったことでしょう。その上ボードの足元には、つまずかないようにと、座布団で養生までしてくださって、頭が下がりました。お陰様で会場がちょっと手狭になった感じですが、すっきり垢抜けしたと思います。

a.jpg

ほぼ飾り付けが終わった会場(9日)


10日午前中、会場に行きました。
門扉の案内板

k.jpg


展示場入口でフラワーアレンジの先生のお花が迎えてくれます。

b.jpg


俳画サークルの作品

c.jpg

m.jpg

写真、絵画、書、木彫り、ステンドグラスのスタンド、パッチワークの作品、刺繍、編み物作品、押し花、水墨画、俳句、など所狭しと展示してあります。フラワーアレンジの作品が所々にあるのも会場を華やかにしています。
出品票のコメント欄に初めて出品しますと書いてある作品があり、嬉しく拝見しました。

p.jpg

d.jpg

e.jpg

f.jpg

g.jpg

上の写真、短冊・色紙は俳句

h.jpg

i.jpg

j.jpg

l.jpg


後ろのパッチワークのベットカバー左側は、今年94歳の方の作品。
n.jpg

 
金継ぎ(金と銀を使って) 木彫り・手前は巳年の巳
z.jpg

ゲートブリッジの写真  木目込み人形

q.jpg

貝合わせ重(蛤を綺麗にすることに手間がいるようです)


今年も皆様の素晴らしい作品から力をいただきました。子ども達の絵が伸び伸びとしていて、微笑んでしまいました。Kさんの書がない!お元気かしら?と思ったり感動したりの楽しいひと時をいただきました。出品数は100余りかなと思います。作品一つずつをご紹介できないのが残念です。出品して下さった皆様、縁の下の力で駆けつけて下さった男性方、役員の皆様、後片付けでお疲れでしょう。ありがとうございました。心から感謝申し上げます。
(文責:宮ア)
Posted by ミセスミヤ at 08:00
天狗山ハイキング [2012年11月11日(Sun)]
天狗山ハイキング



上毛三山(赤城・妙義・榛名)のなかの榛名山外輪山の西端に近いところに、山容が横から眺めた天狗の面に似ていることから、地元で天狗山と呼ぶ標高1179mの山があり、国土地理院発行の地形図にも天狗山と表示されています。
11月の連休に伊香保・榛名の紅葉見物に行ったところ、人と車の渋滞で見物どころではないので方向を転じ人の少ない天狗山のハイキングをすることにしました。
天狗山登山コースは複数あるのですが、今は専ら榛名神社(高崎市榛名山町)の第一鳥居を通り山門の手前から右手へ登るコースがとられています。
歩行往復3時間程度の手ごろなコースです。



登山始点から榛名神社山門をみる

1_B040013.jpg



登山コースからの眺望

2_B040016.jpg



コース途中の石像

3_B040015.jpg

平成22年に熊野の修験者が設置した表示あり



山頂近くの鳥居群

4_B040019.jpg



山頂から西方の眺望

5_B040020.jpg

前方遠く見える山は長野県の活火山 浅間山


山頂の一つ 小天狗の祠

6_B040022.jpg



以下コースの植物


7_B040030.jpg


8_B040031.jpg


9_B040045.jpg

何の花でしょう?


10_B040057.jpg

終りの「マムシ草」は、よく見るありふれた植物ですが、みたこともない鮮やかさが目に入り、思わずシャッターを切りました
続きを読む...
Posted by wild river at 08:00
北八ヶ岳の坪庭 [2012年11月10日(Sat)]
北八ヶ岳の坪庭



11月4日に蓼科に一泊して、翌日北八ヶ岳ロープウエーに出かけました。新しくできたのかと思ったら、昔行ったことのある場所で、以前はピラタス横岳ロープウエーと言う名前でした。今年から名前を変えたそうです。
s-IMGP0560.jpg
山麓駅(スイス風の建物)

s-IMGP0559.jpg
麓の黄葉

山麓駅から大型のゴンドラに乗り7分で頂上駅に到着します。標高2240メートル。
s-IMGP0555.jpg

溶岩でできた坪庭がありますが、名前の割には広い場所で、歩くと30分以上かかりました。
s-IMGP0548.jpg
坪庭

s-IMGP0553.jpg

坪庭から南アルプス(中央左、北岳)がよく見えます。
s-IMGP0547.jpg

樹木は、はいまつぐらいです。
s-IMGP0549.jpg

急な階段もあり、歩くのに苦労しました。
s-IMGP0554.jpg

昔歩いた時は、大変だったという記憶がないので、年齢を感じます。
(皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 08:00
清里からの富士 [2012年11月09日(Fri)]
清里からの富士


11月4日に、きょうだいの集まりで清里の清泉寮に行きました。ここは、アメリカのポール・ラッシュ博士が昭和13年に農村開発のためにKEEP(清里教育実験計画)を始めた場所で、現在は宿泊施設や自然体験施設があります。標高1380メートルの空気の澄んだ爽やかな高原です。日曜日で、人が大勢きていました。
s-IMGP0514.jpg

八ヶ岳の麓にあります。
s-IMGP0518.jpg

富士山がきれいに見えました。
s-IMGP0515.jpg

直線距離を地図で測ったら、三井台とほぼ同じ70キロメートルです。周りが広々としているためか、鹿島台広場から見るよりも雄大に見えました。
s-IMGP0512.jpg

マツダ・ロードスター愛好会の集まりで、沢山のスポーツカーが来ていました。
s-IMGP0517.jpg

昼食をレストランでとった後、近くの美し森(1542メートル)まで行きました。展望台まで登りましたが、板の坂道で、大変でした。
s-IMGP0520.jpg

八ヶ岳がすぐ近くに見えます。
s-IMGP0522.jpg

紅葉の向こうに富士山が見えます。
s-IMGP0523.jpg

s-IMGP0519.jpg

近くの川俣川にかかる東沢大橋は赤い橋げたが特徴です。
s-IMGP0532.jpg

s-IMGP0530.jpg
橋からの眺め

(文責:皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 08:00
鎌倉・江の島・横須賀の旅 [2012年11月08日(Thu)]
鎌倉・江の島・横須賀の旅



2012 年10月最終日31日に鎌倉を始点に江の島から横須賀へと日帰りの旅をしてまいりました。
戦中派ともいうべき青春を過ごして、横須賀軍港の名前は耳にタコができるほど聞いてきましたが、訪れたことは一度もなかったのです。
たまたま軍港巡りの遊覧船があると聞いて乗ってみることもスケジュールにいれました。私が横須賀へ行った31日は残念ながら海上自衛隊・米海軍ともに不在の状態で航空母艦などはみられませんでした。


鎌倉八幡宮「隠れ銀杏」の残骸

1-P1000267.jpg

三代将軍源実朝暗殺の舞台となった大銀杏、ここに暗殺者公暁が隠れたと言われます。大銀杏は樹齢推定800〜1000年、高さ30m、周囲6.8mの威容を誇っていましたが、2010年3月10日10時13分強風のため倒れました。


隠れ銀杏の「後継者」

2-P1000262.jpg

隠れ銀杏から3〜4mほど離れた場所で、小さな銀杏の苗木が1m近い高さまで育っていました。上図左下人々前方のしめ縄が張ってある所に苗木


鎌倉八幡宮境内で挙式の花嫁・花婿

3-P1000276.jpg

通りすがりにスナップ


江ノ電鎌倉駅構内古代米の稲束

4-P1000284.jpg

えの田 古代米と表示されていました。上図はプラットホームから撮影


江の島神社弁財天

5-P1000296.jpg

外人がこんなポーズをとっていました

江の島神社本殿前の「茅の輪くぐり」

6=P1000298.jpg

茅の輪をくぐるのは自らの罪穢を祓い清めるためだそうです。


軍港巡り遊覧船発着場

7-P1000330.jpg



海自の潜水艦

8-P1000340.jpg



米海軍ホテル代替軍艦

9-P1000334.jpg

アメリカ海軍軍人1000人が寝泊まりしているそうです。

ヴェルニー公園の小栗上野介胸像

10-P1000315.jpg

幕末江戸幕府の勘定奉行小栗上野介はフランス人ヴェルニーとともに横須賀に軍港を開き、製鉄所を造った先駆者、米軍艦に乗船して米国を訪れ世界を一周して帰国した文武両道を極めた偉人であるが、幕末動乱の犠牲となり慶応4年官軍により斬首された。司馬遼太郎は著書のなかで「明治の父」と讃えている。(ヴェルニー公園は軍港巡り遊覧船発着場に接している)

後記

横須賀軍港をみると日米の海軍が切っても切れない関係になっていると感じる。同時に我が国は独立国ではあるが実質は被占領国であるという印象を強くうけるのは私だけであろうか。
続きを読む...
Posted by wild river at 08:00
産経新聞「私のスカイツリー」 [2012年11月07日(Wed)]
産経新聞 私のスカイツリー


産経新聞では、「私のスカイツリー」という欄で、読者からの投稿写真を毎週掲載しています。
今朝(11月7日)は、私が投稿した写真が採用され、掲載されていました。
写真と文章は次の通りです。(皆川)

s-skytree1.jpg

文章
「朝もやの中に、蜃気楼のように浮かぶ東京スカイツリー。多摩丘陵の我が家からは40キロ先ですが、天気の良い日には東の新宿高層ビルの向こうによく見えます。今朝は、手前のビルが霞んでいて、スカイツリー上部だけがはっきり見える不思議な光景でした。」

もう少し広い風景写真。

s-IMGP0509.jpg
Posted by 皆川眞孝 at 09:39
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml