CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年十月) (10/23) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年十月) (10/23) 荒川 健三
今月の俳句(令和元年十月) (10/23) 荒川 健三
長野県の旅 (1) (10/22) 皆川
長野県の旅 (1) (10/21) ミセスミヤ
長野県の旅 (1) (10/21) 荒川 健三
道央西部の旅(9) (10/17) 荒川 健三
日野橋“通行止” (10/17) ミセスミヤ
道央西部の旅(9) (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16)
最新トラックバック
月別アーカイブ
2011 バラ(神代植物公園)続 [2011年05月31日(Tue)]
2011 バラ(神代植物公園)続





上:ゴールド マリー84(ドイツ)
下:ファンファーレ(アメリカ)




上:バイオレット カーソン(イギリス)
下:かざぐるま(日本)




上:ジャニナ(ドイツ)
下:ゴールド バニー(フランス)




上:ブルー バユー(ドイツ)
下:ヘレン トローベル(アメリカ)




上:シルバ(フランス)
下:ブルーリバー(ドイツ)
続きを読む...
Posted by wild river at 18:51
2011 バラ(神代植物公園) [2011年05月30日(Mon)]
2011 バラ(神代植物公園)

ホンの一部ですが、今年のバラをご覧ください。



上:クイーンエリザベス(アメリカ)
下:クリスチャン ディオール(フランス)




上:ホワイト クリスマス(アメリカ)
下:ゴールド バニー(フランス)




上:ロイヤル ハイネス(アメリカ)
下:クローネン ブルグ(イギリス)




上:星光(日本)
下:ローズ ゴジャール(フランス)




上:ゴールデン セプター(オランダ)
下:パスカリ(ベルギー)

続く
続きを読む...
Posted by wild river at 13:53
2011芍薬(神代植物公園)続 [2011年05月28日(Sat)]
2011芍薬(神代植物公園)続







上:越の白山
下:陰麗花




上:百花の舞
下:紅雲




上:佚女の姿(いつじょのすがた)
下:夕陽光(せきようこう)
白い芍薬、とても佚女とは思えませんが?




上:清和の友
下:舞容




上:尽日の楽(じんじつのたのしみ)
下:面影
続きを読む...
Posted by wild river at 08:04
フラワーアレンジメント [2011年05月27日(Fri)]
フラワーアレンジメント

2011−5月


 今年の春は3月11日の震災に始まり、寒暖の差が激しく、春らしいさわやかな日が少くなかった事も、私たちを一層鬱々とした気分にさせているような気がします。5月も間もなく終わり、もうすぐ梅雨の季節がやってきますが、お花に触れてひと時ゆったりとした気分になりました。
今月は初夏のさわやかなイメージで、涼しげなアレンジを教えていただきました。
白と緑が中心で、色は少ないのですが、花の種類は多く10種類を使っています。

先生の作品



花材
1段目 左から→クロヒエ、アンスリューム
2段目       クレマチス、シャクヤク、バラ
3段目       ピンポンマム、カーネーション、イボタ
4段目       ヒベリカム、レザーファン(シダ)



活け方
〇最初に、レザーファンを花器の回りに平行にさす。
(下写真左:上から見たところ)
〇シャクヤクは後で開くので頭が出るように活ける。
〇高低差をつけながらバラ、カーネーションなどを活ける。
(下写真右)

〇クレマチスは花の向きを考えて、クロヒエと共に少し高めに
〇アンスリュームは低めに、ヒペリカムはオアシスを埋めるように。
〇後ろにも花を入れ、奥行きを出す。

生徒の作品




家に帰ってお水をたっぷり注ぎますと、夕方には蕾だったシャクヤクが少しほころび始めました。クレマチスが開花すると、また異なった顔を見せてくれるでしょう。

文責 石塚
Posted by みよちゃん at 19:57
2011芍薬(神代植物公園) [2011年05月26日(Thu)]
2011芍薬(神代植物公園) 



神代植物公園の今年の芍薬をご覧ください。




上:ビロード クイーン
下:名月




上:不詳
下:滝の粧




上:ひのでのうみ
下:ミス アメリカ




上:君ヶ代
下:火祭り




上:花香殿
下:無辺の際

続く
続きを読む...
Posted by wild river at 18:33
ブリリアント押し花作品展(速報) [2011年05月25日(Wed)]
ブリリアント押し花作品展(速報)



25日、南窓会員 長南佳子先生主催の「ブリリアント押し花作品展」が午後1時から開催とお聞きして、見学して参りました。




上:会場入り口(長池公園自然館)
下:受付




上:長南佳子先生とスタッフ(押し花体験コーナーにて)
下:押し花の体験にチャレンジする来場者




上:左右とも熱心に見学する来場者
下:左は長南先生の作品に見入る人、右は中央の小品に見入る人。




上:長南佳子先生の作品「静かな秋」
花だけではなく風景にも意欲的に取り組まれているとお伺いしました。
注:「静かな秋」は撮影に不適な反射光の多い場所に出展されているため、画質が実物に比して落ちていることをご理解ください。




上:東北・関東大震災「義援金」のお願い
作品展関係者皆様の細かなお心遣いを感じました。
続きを読む...
Posted by wild river at 17:29
悪徳商法事例集(2) [2011年05月24日(Tue)]
悪徳商法事例集(2)

「国民生活センター」によせられた悪徳商法に関する相談のうち、最近の事例を皆様にご紹介します。(皆川)
          
   
          
震災に便乗した義援金詐欺に注意!


事例1
町会の世話役の名前を出しながら「義援金を集めている」と言う人が家に来て、断ったのに「Aさんは10万円、Bさんは100万円出した」などと言って、なかなか帰ってくれなかった。その後、外で待っていた仲間と「うまくいかない」などと話していた。詐欺ではないか。(60歳代 男性)


事例2

女性の二人組が、バス停で並んでいる人達に対し順に紙の箱を差し出して被災者支援のお金を集めていた。こそこそとした態度であやしかった。(60歳代 女性)

事例3
大手新聞社に似た名称を名乗り、震災の寄付集めに訪問してよいかと電話があった。信用できるか分からないので断ったが不審だ。(80歳代 女性)
=======================
ひとこと助言
☆被災者支援の募金を装って金銭をだまし取る義援金詐欺と疑われる相談が寄せられています。

☆事例以外にも、市役所などの公的機関や公的団体をかたるケースもみられます。

☆すべてが義援金詐欺とは限りませんが、個別に募金を求められた場合などは、注意が必要です。募金先が信頼できる団体かどうか、必ず確認するようにしましょう。

☆少しでも不審に感じたら、すぐに応じずに、最寄りの警察に相談するようにしましょう。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)は次をクリックしてください。(上記と同じ内容です。)

Posted by 皆川眞孝 at 09:42
程久保川・多摩川の花 (続) [2011年05月23日(Mon)]
程久保川・多摩川の花 (続)





上下:ニワゼキショウ





上下:ツメクサ
白ツメクサは少数派になってしまいました。



上:野バラ
下:ハルジオン



上:アカハナ(多摩川の河川敷に大分増えました)
下:カタバミ




上:ヘラオオバコ(真上から撮影してみました)
下:ジシバリ(花名に自信がありません)
続きを読む...
Posted by wild river at 08:29
公民館まつり [2011年05月22日(Sun)]
公民館まつり
 
土曜日に、「公民館まつり」の行われている中央福祉センターに行って、展示を覗いてきました。

公民館を使って活動しているサークルの皆さんの作品展ですが、写真・陶芸・木彫り・絵画、と皆さんの多才多芸に感心しました。

南窓会会員の成瀬さんが指導している木彫りの「きつつき会」が、中央の広いスペースを占めています。


南窓会会員の松本さんは、可愛らしい動物の作品です。



成瀬さんは漆塗りの作品や時計などです

水墨画の部屋には、南窓会会員の木原さんの作品が展示されています。


「健康長寿十訓」は、私達の参考になりますので、下記に書き写してみます。
   少肉多菜 少塩多酢 少糖多果 少食多咀 少煩多眠
   少怒多笑 少言多行 少欲多施 少衣多浴 少車多歩

実行できたら、いいですね。
(皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 08:28
2011ポピー(昭和記念公園) [2011年05月21日(Sat)]
2011ポピー(昭和記念公園)

五月の連休もおわりましたが、20日(金曜日)昭和記念公園は連休並に混雑しました。
こもれびの丘に隣接する「花の丘」のポピーも大勢が朝から押しかけていました。






















続きを読む...
Posted by wild river at 08:15
訃報(杉原由美雄様) [2011年05月20日(Fri)]
訃報
  
三井台南窓会会員の杉原由美雄様が亡くなられたとの連絡をうけました。
86歳でした。
ご葬儀は次の通りです。
5月21日(土) 午後6時より  お通夜
5月22日(日) 12時より  告別式
場所:南多摩総合ホールにて (南多摩斎場の近く)
   八王子市南大沢2−226−4 電話:042-677-4949 
謹んで、お悔やみを申しあげます。
(南窓会:皆川)

Posted by 皆川眞孝 at 14:52
展覧会のお知らせ [2011年05月20日(Fri)]
展覧会のお知らせ

三井台南窓会の会員が関係する展覧会を2件ご紹介します。
お時間のある方はぜひお出かけください。(いずれも、入場無料)(皆川)

1) 公民館まつり
日時:5月21日(土)22日(日)午前10時〜午後4時
会場:中央福祉センター 

出展:(南窓会会員)
木彫り「きつつき会」
   成瀬巌さん(指導者)、松本敏彦さん
水墨画「紅水会」
  木原義江さん
公民館を利用しているサークルの活動成果の発表です。

昨年の三井台作品展の松本さんの木彫り

2) ブリリアント押花作品展
日時:5月25日(水)〜28日(土)午前10時〜午後4時
   25日は午後1時から、28日は12時まで
会場:長池公園自然館 (京王相模原線・堀之内駅からバス)
出展:(南窓会会員)
  長南佳子さん(指導者)
  長南さんが指導している教室の、生徒さんの作品です。


昨年の長南さんの作品


昨年の作品展の様子
Posted by 皆川眞孝 at 13:22
程久保川・多摩川の花(五月) [2011年05月19日(Thu)]
程久保川・多摩川の花(五月)


程久保・多摩 両河川敷と堤防を晴れて爽やかな風の吹く日にのんびりと歩いてみました。
堤防の雑草退治のため電動カッターで刈り込んでいるのを見て、貴重な野草が全滅するのを心配していましたが案の定「ねじ花」が見られずガッカリしました。



左右:花名不詳
右の花は園芸種かと思いますが、鳥が種を運んで野生化したのでしょうか?




上:木の花 名前不詳
下:ケイワタバコ(花名に自信がありません)




上:ヒメレンゲ(堤防にしがみついていました)
下:チガヤ




上下:花名不詳(上下同じ花かもしれません)




上:コヒルガオ(数は少数ですが真にキレイです)
下:タンポポ


続く
続きを読む...
Posted by wild river at 19:01
超写実絵画(ホキ美術館) [2011年05月18日(Wed)]
超写実絵画(ホキ美術館)

私は「超写実絵画」というものを知りませんでした。
知るキッカケは5月8日NHKで放送された「日曜美術館」<原点にして究極 ! 超写実絵画 野田弘志>を見たことによります。
キャスターは作曲家千住 明氏と森田美由紀アナの二名でゲストを迎えながら要領よく解説されました。
女性の髪の毛一本一本まで、まるでそこにあるかのように細密に描き、写真と見間違うほどの超写実作品が完成します。
73歳になる画家野田弘志氏は現在北海道の人里離れた山中にアトリエを構え、一日の大半を黙々と絵を描くことに専念しているそうです。
この世界の第一人者と称される野田弘志氏は東京芸大に入学当初から卓越したデッサンに注目が集まりました。
そのデッサンは自己表現を排除し、ありのままを見つめ写実に徹しています。
彼の願いは万物の“存在”を描くこと、死を知ることで生を描くことにあるのだそうです。
写真家秋山庄太郎氏は野田弘志の絵画を写真より正確といい、1975年にすでに野田氏の作品を購入しています。
現在デジカメは1000万〜2000万画素が主流になっていますが、フィルムカメラの描写力も含めて人間の目の描写力には及ばないということでしょうか。
作家井上靖氏は色紙に「正確なことだけが美しく見える」と書きました。
以下は野田弘志氏の絵ですが、私のカメラによる模写のため、いわゆる神秘なる明晰の絵といわれる迫力のある写実絵画をお目にかけられないのが残念です。
実物はホキ美術館(後述)で見て頂きたいと思います。超写実絵画は世界的にも最近さらに注目を集めているそうです。




左:野田弘志氏
右:鳥の巣(デッサン)




上:TOKIJIKU(非時)XXI MammothU
下:骨U
野田氏は骨を多数描いています。骨には生存の歴史が凝縮されている。



上:ソルダム
下:石榴



上:やませみ
下:四つの林檎




左:荔枝(れいし)と棃
右:エシャロット

「ホキ美術館」(写実絵画専門の美術館)案内
所在:千葉市緑区あすみが丘東3-15 電話:043-205-1500
開館:午前10時〜午後6時  金曜は午後7時 日曜・祝日 午後5時まで
休館:火曜日
アクセス:総武線千葉駅で外房線に乗り換え土気駅下車南口からバス20分、 タクシーなら800円弱 (バスは1時間に2〜3本)
入館料:65歳以上1000円(保険証・免許証など携行すること)
昼食:美術館のレストラン利用、但し到着したら、先ずレストランを予約すること。 

ホキ美術館は撮影禁止です。念の為   
 
続きを読む...
Posted by wild river at 20:03
野の花・木の花(続) [2011年05月16日(Mon)]
野の花・木の花(続)





上:ハイノキ
下:ハンカチノキ



上:シロヤマブキ
下:ミヤマヨメナ



上:オオヤマオダマキ
下:エビヅル




上:ミドリヨウラク
下:ワニグチナルコユリ




左:キンラン
右:ギンラン
続きを読む...
Posted by wild river at 21:01
野の花・木の花 [2011年05月15日(Sun)]
野の花・木の花

神代植物公園ではこの季節になると、労せずに野の花や木の花が見られます。
以下は報告です。





左:ジャーマン・アイリス
右:アヤメ



上:オオヤマナ
下:シラン



左右ともジャーマン・アイリス



上下ともシラー



上:クロバナローバイ
下:ホウチャクソウ

続く
続きを読む...
Posted by wild river at 12:20
真田さんの個展開催の初日 [2011年05月13日(Fri)]
真田さんの個展開催の初日


真田さんが個展を開催されることについては、南窓会皆川会長さんが「真田さんの個展案内」のブログ(5月6日)で周知されていますが、個展の初日を見学して参りましたので報告させていただきます。




上:開館前から見学者が集まっていました。
下:個展会場 全景

上:応援に駆け付けたご親族





この書については、次の写真をご覧なさってください。


後記:
真田さんは私より3歳 年上の方ですが、お顔の艶といい若さに溢れていらっしゃって、私のほうがよっぽどヨボヨボしていると感じました。
書画その他すべての作品は厖大で、質の高さは私の理解を超えたハイレベルの作品ばかりだと思いました。
真田さんは中国西安で日本語教授をなさっていた際、ひぐらしの声に郷愁を感じて俳句を詠んだところ、その句が漢詩に翻訳され、しかも書家が揮毫して西安師範大学に掲出されたとのことです。
真田さんは自分の人生が充実感で一杯なのに加えて子供さん・お孫さんにも恵まれ所作が自信に満ちていらっしゃいます。
私にこれからも元気に生きましょうと声をかけてくださいました。
続きを読む...
Posted by wild river at 18:56
ぼたん(神代植物公園) 続 [2011年05月12日(Thu)]
ぼたん(神代植物公園) 続









蜂も花粉の海に溺れるかのようでした












左がぼたん 右が芍薬  芍薬はこれからが本番でしょうか
続きを読む...
Posted by wild river at 16:14
三井台南窓会映画会のお知らせ [2011年05月11日(Wed)]
三井台南窓会映画会のお知らせ


次の日曜日、下記の通り映画会を開催しますので、御参加をお待ちしています。

日時:5月15日(日)午後2時から
場所:南平東地区センター
   入場無料  事前申し込み不要
映画:「あの子を探して」(中国映画:1999年)
(109分)
監督:チャン・イーモウ(張藝謀)


(あらすじ)前回の南窓会映画会での作品「初恋のきた道」を監督した、チャン・イーモウの作品。
舞台は中国の田舎の小学校。カオ先生が母の病気で1ヵ月間学校を離れることとなった。そして、まだ13歳の少女ウェイが村長の指名で代用教師として務めることに。
突然28人のやんちゃな生徒たちをまとめる役目を請け負ったウェイだが、生徒が一人も辞めなければカオ先生から褒賞金を貰えるとあって懸命に生徒たちを見張り続ける。
そんなある日、生徒の中で一番腕白な少年チャンが登校せずに町へ出稼ぎに行ってしまう・・・・。

<ヴェネチア映画祭グランプリ受賞作>

Posted by 皆川眞孝 at 16:33
ぼたん(神代植物公園) [2011年05月10日(Tue)]
ぼたん(神代植物公園)

今年の牡丹はダメかと諦めていましたが、6日(金)神代植物公園のぼたん苑に行ってみましたたら手入れもよく見事に咲いていて感心しました。
バラもそうですが、ここは専門家が揃っていてまことに適切な管理を施しているからだと思いました。
すべての牡丹にキチンと名札がありますが、牡丹名は省略させていただきます。





















牡丹も新種の花がつぎつぎに開発されてるようです。

続く
続きを読む...
Posted by wild river at 16:26
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml