CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (3) [2019年05月10日(Fri)]
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (3)

駿府城-3


21_4030030.jpg



22_4030031.jpg



23_4030032.jpg



24_4030033.jpg



25_4030035.jpg



26_4030038.jpg



27_4030039.jpg



28_4030042.jpg



29_4030045.jpg



30_4030046.jpg



31_4030047.jpg



32_A_4030047.jpg



次は浜松市の鳥羽山城にまいります


文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (2) [2019年05月09日(Thu)]
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (2)

駿府城-2

11_4030014.jpg



12_4030015.jpg



13_4030017.jpg



14_4030018.jpg



15_4030020.jpg



16_4030022.jpg



17_4030024.jpg



18_4030025.jpg



19_4030026.jpg



20_4030029.jpg


続く



文責 荒川



Posted by wild river at 09:00
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (1) [2019年05月08日(Wed)]
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (1)


表題四県は天下分け目の関ヶ原に至る戦国時代の主舞台ですから城跡の集中する宝庫といってよいのではないでしょうか。
今回見学したのは10城跡 (駿府城・鳥羽山城・浜松城・井伊谷城‥名古屋城・墨俣一夜城・彦根城・安土城・犬山城・岡崎城) です。

今年の桜開花宣言は東京が3月21日と例年に比べて早かったので、4月に入ってからの四県城巡りは葉桜を見るだけと覚悟して出かけたのですが、静岡滋賀は2〜3分咲き愛知岐阜は見頃で、特に岐阜県本巣市根尾谷の「淡墨桜」(国指定天然記念物)は満開の状態で見ることができました。薄墨桜は根尾谷に逃れていた“男大迹王(をほどのおおきみ)”が都に迎えられ第26代継体天皇として即位(507年)するに当たり、根尾谷にお手植えされた桜と伝えられています。
帰宅後調べたら継体天皇は邪馬台国女王卑弥呼の一族で。大和朝廷の実質初代の天皇と位置づけられる御方だそうです。

駿府城は掘削調査五年計画の今年は4年目で68m×60mの日本最大の天守台を家康が築いていたことが判明したということでした。
安土城は比高より実質キツイ登りを強いられました。城域内、本丸の西に築城に際し信長が他所から移築して自らの菩提寺にしたというハ見寺跡(臨済宗妙心寺派)や三重塔(甲賀市石部町の長寿寺から移築)、二王門がみられ、世に言われるほど信長は神仏無信仰の人ではなかったのではと思いました。


「駿府城」-1

駿河遠江の守護・今川氏第9代義元の全盛期に徳川家康は青春時代を今川氏の人質として
駿府で暮らしました。
時期は天文18年(1549)〜永禄3年(1560)の12年間、家康8歳〜19歳で人間形成に重要な時期ですが、このとき臨済寺住職太原雪斎から様々な教えを受けました。
その後、頭角を現した家康は駿府を居城と定め天正13年(1585)〜天正17年(1589) 4年間の歳月を費やして築城をしました。
関ヶ原の戦いに勝利した家康は慶長10年(1605)、将軍職を2代目秀忠に譲り、再び駿府城に戻りました。人質から解放されて45年後のことです。



1_4030002.jpg



2_4030003.jpg



3_4030004.jpg



4_4030005.jpg



5_4030006.jpg



6_4030007.jpg



7_4030008.jpg



8_4030009.jpg



9_4030010.jpg



10_4030011.jpg



続く



文責 荒川





Posted by wild river at 09:00
フェイスブック [2019年05月07日(Tue)]
若き天才の野望
独裁者なのか、創造主なのか、マーク・ザッカーバーグが挑む
Posted by 明平暢男 at 20:01
藤の牛島 (3) [2019年05月07日(Tue)]
藤の牛島 (3)



21_4280047.jpg



22_4280049.jpg



23_4280051.jpg



24_4280053.jpg



25_4280067.jpg



26_4280064.jpg



27_4280056.jpg



28_4280059.jpg



29_4280060.jpg



30_4280019.jpg


終り



文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
藤の牛島 (2)  [2019年05月06日(Mon)]
藤の牛島 (2)


11_4280025.jpg



12_4280026.jpg



13_4280034.jpg



14_4280036.jpg



15_4280038.jpg



16_4280039.jpg



17_4280040.jpg



18_4280042.jpg



19_4280043.jpg



20_4280046.jpg


続く



文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
藤の牛島 (1) [2019年05月05日(Sun)]
藤の牛島 (1)


大宮を始発として終点を柏とする東武野田線の中間春日部市の郊外に“藤の牛島”と称する駅があります。
駅名が示すとおり、牛島は樹齢1200年と言われる根回り10平方メートルほどの藤の老大木があり国の特別天然記念物、日本銘木百選にランクされる見事な花を咲かせ、毎年4〜5月多数の人が訪れます。藤のある場所は“藤花園”と言い元真言宗連花院の境内で面積2ヘクタール、明治7年廃寺以後所有者が変わり現在に至っています。
藤は奈良・平安末期に弘法大師のお手植えと伝えられます。
藤棚の広さは700 平方メートル、最盛期の眺めは世界一と賞賛されているそうです。
大宮から東武電車で20分ほどの所に世界一の藤があるなんて知りませんでした。
マイカーで行こうと思いましたが、駐車場に苦労するのではと思い電車を利用しました。
“藤の牛島”で下車、ほぼ真北に歩くと藤花園の前に大きな無料駐車場があり駐車場を通り抜けると藤花園でした。帰宅して調べたら無料駐車場200台可とありましたが、300台でもOKだという印象でした。


藤の牛島駅から藤花園まで徒歩10分ほどの道程ですが、路傍にヤグルマソウが咲いていました

1_4280073.jpg

この駐車場の中を歩いて通り抜けたところが藤花園です
駐車場は無料で容量200台だそうですが、ずっと大きい感じ


2_4280068.jpg



3_4280001.jpg


見事な巨木は楠?

4_4280004.jpg



5_4280008.jpg



6_4280012.jpg



7_4280016.jpg



8_4280017.jpg



9_4280022.jpg

写真は西の藤棚ですが、藤棚(700u)の大きさを感じて頂くため俯瞰撮影をしてみました。
レンズのいたずらでしょうか?人間が大きく映ってしまいました。

10_4280020.jpg



続く



文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
所沢市多聞院(3) [2019年05月04日(Sat)]
所沢市多聞院(3)



41_4240052.jpg



42_4240053.jpg



43_4240056.jpg



44_4240054.jpg



45_4240057.jpg



46_4240058.jpg



47_4240065.jpg



48_4240059.jpg



49_4240060.jpg



50_4240063.jpg



51_4240064.jpg



52_4240066.jpg



53_4240092.jpg



54_4240094.jpg



55_4240070.jpg



56_4240071.jpg



57_4240076.jpg



58_4240077.jpg



59_4240081.jpg



60_4240082.jpg



61_4240085.jpg



62_4240090.jpg



63_4240097.jpg



終り



文責 荒川








Posted by wild river at 09:00
所沢市多聞院(2) [2019年05月03日(Fri)]
所沢市多聞院(2)



21_4240022.jpg



22_4240023.jpg



23_4240024.jpg



24_4240025.jpg



25_4240026.jpg



26_4240029.jpg



27_4240031.jpg



28_4240035.jpg



29_4240036.jpg



30_4240079.jpg



31_4240078.jpg



32_4240043.jpg



33_4240038.jpg



34_4240039.jpg



35_4240040.jpg



36_4240041.jpg



37_4240042.jpg



38_4240048.jpg



39_4240044.jpg



40_4240050.jpg



続く



文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
所沢市多聞院(1) [2019年05月02日(Thu)]
所沢市多聞院(1)


所沢航空公園から北3.8kmほど離れた中富地区に徳川幕府大老柳沢吉保が、川越藩主時代に建立した真言宗豊山派多聞院という本尊に大日如来を祀ったお寺と毘沙門堂があります。
境内は清潔・整理整頓が行き届いていてそこに現在、牡丹の花が咲き乱れ、また、株数600という絶滅危惧種のクマガイソウが見頃を迎え連日近郷近在の善男善女が多数訪れています。
アクセスに若干の難点がありますが、マイカーなら駐車スペースが30台は置けそうだし、航空公園から徒歩で来られる人も大勢いました。
多聞院の西に隣接して神明社という所沢の産土神・総鎮守の神社があり、ここは日本武尊東征に関連して創建されたらしく、祭神は天照大御神、本殿背後は広々とした林でスズランが咲いていました。


1_4240008.jpg



2_4240001.jpg



3_4240002.jpg



4_4240003.jpg



5_4240004.jpg



6_4240033.jpg



7_4240005.jpg



8_4240006.jpg



9_4240007.jpg



10_4240009.jpg



11_4240011.jpg



12_4240012.jpg



13_4240013.jpg



14_4240015.jpg



15_4240016.jpg



16_4240017.jpg



17_4240018.jpg



18_4240019.jpg



19_4240020.jpg



20_4240021.jpg



続く


文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml