CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
皆川
道央西部の旅(7) (10/12) 荒川 健三
巾着田彼岸花(2) (10/05) 荒川」健三
富良野&美瑛の7月(17) (10/05) ミセスミヤ
富良野&美瑛の7月(17) (10/05) ミセスミヤ
巾着田彼岸花(2) (10/05) 荒川 健三
富良野&美瑛の7月(15) (10/02) ミセスミヤ
富良野&美瑛の7月(15) (10/01) 荒川 健三
富良野&美瑛の7月(14) (09/29) 皆川
富良野&美瑛の7月(14) (09/28) 皆川
今月の俳句(令和1年9月) (09/25)
最新トラックバック
月別アーカイブ
巾着田彼岸花(2) [2019年10月04日(Fri)]
巾着田彼岸花(2)



11_DSC9066.jpg



12_DSC9067.jpg



13_DSC9086.jpg



14_DSC9088.jpg



15_DSC9094.jpg



16_DSC9095.jpg



17_DSC9097.jpg



18_DSC9106.jpg



19_DSC9107.jpg



20_DSC9108.jpg


終わり




文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
巾着田彼岸花(1) [2019年10月03日(Thu)]
巾着田彼岸花(1)


10 月1日、朝から太陽が照る暑い火曜日に巾着田に行って見ました。
今年の夏は暑い日が多く、彼岸花の見頃は例年より遅くなったようです。
平成29年9月20日第125代明仁天皇と美智子皇后両陛下が巾着田に行幸されたのを記念して、北西の入口に記念碑が建っていました。
巾着田の彼岸花は全国に知られるようになりましたが、私の行った火曜日、あの広いスペースが自動車で埋まり、関東圏は勿論東北九州からのナンバーも見られました。昼頃、現場を離れましたが道路は車の渋滞で長い行列になりました。


1_DSC9078.jpg



2_DSC9073.jpg



3_DSC9075.jpg



4_DSC9074.jpg



5_DSC9076.jpg



6_DSC9077.jpg



7_DSC9057.jpg



8_DSC9058.jpg



9_DSC9062.jpg



10_DSC9063.jpg


続く




文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
富良野&美瑛の7月(16) [2019年10月02日(Wed)]
富良野&美瑛の7月(16)


四季彩の丘-1


23_7180292.jpg



24_7180293.jpg



25_7180295.jpg



26_7180298.jpg



27_7180301.jpg



28_7180302.jpg



29_7180303.jpg



30_7180304.jpg



31_7180306.jpg


続く



文責 荒川

Posted by wild river at 09:00
富良野&美瑛の7月(15) [2019年10月01日(Tue)]
富良野&美瑛の7月(15)

青い池-2


12_7180265.jpg



13_7180266.jpg



14_7180282.jpg



15_7180267.jpg



16_7180270.jpg



17_7180273.jpg



18_7180276.jpg



19_7180277.jpg



20_7180278.jpg



21_7180279.jpg



22_7180280.jpg


青い池をおわり四季彩の丘に移ります



文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
九月 郷土の森(2) [2019年09月30日(Mon)]
九月 郷土の森(2)



23_DSF1198.jpg



24_DSF1185.jpg



25_DSF1191.jpg



26_DSF1192.jpg



27_DSF1193.jpg



28_DSF1201.jpg



29_DSF1202.jpg



30_DSF1203.jpg



31_DSF1205.jpg



32_DSF1207.jpg



33_DSF1209.jpg



34_DSF1221.jpg



35_DSF1223.jpg



36_DSF1213.jpg



37_DSF1219.jpg



38_DSF1228.jpg


終わり




文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
九月 郷土の森(1) [2019年09月29日(Sun)]
九月 郷土の森(1)


府中郷土の森は、梅の咲く時期以外には滅多に訪れませんが、9月27日金曜日に様子を見にいってみました。
秋晴れの清々しい天気の下、文化財として保存されている古い郵便局舎の横を通り、小川の前に差し掛かると深紅の鮮やかな彼岸花が見え、大勢のカメラマンが目に入りました。



1_DSF1158.jpg



2_DSF1159.jpg



3_DSF1160.jpg



4_DSF1161.jpg



5_DSF1162.jpg



6_DSF1165.jpg



7_DSF1163.jpg



8_DSF1164.jpg



9_DSF1166.jpg



10_DSF1167.jpg



11_DSF1168.jpg



12_DSF1169.jpg



13_DSF1170.jpg



14_DSF1171.jpg



15_DSF1173.jpg



16_DSF1178.jpg



17_DSF1180.jpg



18_DSF1181.jpg



19_DSF1182.jpg



20_DSF1183.jpg



21DSF1184.jpg



22_DSF1197.jpg


次は彼岸花以外の花です


文責 荒川




Posted by wild river at 09:00
富良野&美瑛の7月(14) [2019年09月28日(Sat)]
富良野&美瑛の7月(14)



青い池−1


青い池のある場所は上川郡美瑛町字白金という美瑛川左岸、森の中にある場所で、空知郡上富良野町との境界線上にあり、十勝岳の麓に位置しています。
度重なる十勝岳の噴火による溶岩流や泥流の被害を避けようと造った堤防に湧水や雨水が溜まって自然にできた池で、その存在は一般の人には知られていませんでした。
1998年(平成10年)プロカメラマン高橋真澄氏がBlueriverというタイトルで青い池の写真集を出版し世に問うたのです。さらに2014年5月テレ朝から“奇跡の地球物語”と題して「青い池」が紹介され一躍美瑛町の人気スポットに名を連ねました。
今や青い池は中国・韓国など外国にも知られて平日でも一本しかないアクセス道路は自動車の渋滞が普通だということです。現地ガイドの話では私たちが訪れた日のパーキングは最近増新設したという話でした。


1_7180252.jpg



2_7180254.jpg



2_7180255.jpg



4_7180257.jpg



5_7180258.jpg



6_7180259.jpg



7_7180260.jpg



8_7180261.jpg



9_7180262.jpg



10_7180263.jpg



11_7180264.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
富良野&美瑛の7月(13) [2019年09月27日(Fri)]
富良野&美瑛の7月(13)


美瑛の丘-2


79_7170233.jpg



80_7170234.jpg



81_7170235.jpg



82_7170236.jpg



83_7170237.jpg



84_7170238.jpg



85_7170239.jpg



86_7170240.jpg



87_7170241.jpg



88_7170242.jpg



89_7170247.jpg



90_7170249.jpg


美瑛の丘をおわり、次は美瑛の青池です


文責 荒川




Posted by wild river at 09:00
富良野&美瑛の7月(12) [2019年09月26日(Thu)]
富良野&美瑛の7月(12)

美瑛の丘-1


美瑛の丘はプロカメラマン前田真三氏の風景写真で一躍有名になりました。

68_7170203.jpg



69_7170207.jpg



70_7170209.jpg



71_7170210.jpg



72_7170211.jpg



73_7170213.jpg



74_7170202.jpg



75_7170221.jpg



76_7170228.jpg



77_7170229.jpg


今日の夕食会場はここです


78_7170232.jpg


続く


文責 荒川







Posted by wild river at 09:00
今月の俳句(令和1年9月) [2019年09月25日(Wed)]
今月の俳句(令和元年九月)


兼題はコスモス(秋の季語)です。単純な花だけに、かえって俳句を作るのは難しいようです。

秋桜古き駅舎の掛時計」
  小野 洋子

s-kosmos.jpg

秋桜はコスモスの和名。メキシコ原産で日本へは明治時代に渡来、その楚々として可憐な風情が日本人の好みによく合い、全国的に普及したそうです。
この句の駅舎は木造でしょうか。鈍行しか停車しない小さな駅。駅舎内の掛時計も年代物かもしれません。利用するのは近隣の住人が主で大事な交通機関、駅舎も周囲も綺麗に掃除が行き届き、古時計は永々と時を刻み、駅舎の周りはコスモスが細い茎の先に色とりどりの花をつけ風に揺れています。そこには人々の生活が確かに営まれてきたことを詩情豊かに詠み込まれました。日本の原風景が蘇ります。


「地震(ない)痕の残る石積み秋湿」
  皆川 眞孝

s-ishigaki.jpg

秋はからっとした季節と思われがちですが、実際は秋の長雨と言われるとおり雨が降り続いて空気が湿っぽく感じられることがあります。蒸し暑い夏の湿っぽさとはまた違った冷え冷えとした秋の湿っぽさもやりきれないものがあります。この句は古代の奥羽三関一つである福島の白河の関近くの小峰城の景を詠まれたものです。東日本大震災で崩れた石垣は修復はされていたそうですが古い石積みと新しい石積みの違いが生々しくて衝撃を受けられたそうです。熊本城の崩れた石積みはどうなっているのでしょうか。真に地震の威力は恐るべきもので、今でも地震の後遺症に苦しんでいる被災者も多いと聞いています。

だんまりの防犯カメラ月明り」
  渡辺 功

chiricco.PNG

最近は街中だけでなく住宅街にもよく見かけるようになった防犯カメラ、監視社会とか管理社会とかプライバシーの侵害云々と喧しく反対意見が喧伝された一時期もありました。防犯の効果は定かではありませんが、犯罪や事故が起こった際には犯罪者の特定や事故の発生経緯の検証に大いに貢献しているようです。この句を目にした時、咄嗟にキリコの画を思い浮かべました。眼目は「だんまり」と「月明り」、一見無関係な2物の措辞により独特のシュールな雰囲気が立ち込めました。耿々と冷たい月光に照らされた町の一角、音もなく刻々と情景を機械的に記録し続けるカメラの目、この組み合わせの妙により静寂の中の不気味さでもある夜の顔が覗いています。
作者の特異で繊細な感性が生んだ現代的な俳句だと思います。

「酷暑日や渡る人なき青信号」
  宮ア 和子

s-しんごう.jpg

今年も暑さは異常でした。太陽光が白く感じられるほどの真昼の暑さに外出を控える人が多かったのでしょう。人影もまばらで何だか深閑とした町の雰囲気が漂っています。四つ角の信号だけが規則的に点滅を繰り返しています。信号が青になっても横断歩道を渡る人影もありません。酷暑と信号という意外な取り合わせにより酷暑の本意を見事に表現されました。

「虫の音や会話控えて夕餉時」
  皆川 瀧子

s-musi.jpg

いつもは会話の弾むおしどり夫婦の皆川家の夕餉時なのでしょうが、この句を詠まれた夕べは一際虫の音が美しく冴えていたのでしょう。どちらからともなく口数が少なくなり、虫の音に聞き入りながら静かな夕餉となった景が浮かびます。会話の弾む夕餉も楽しいものですが、虫の音に聞き入りながらの静かな夕餉も優雅で趣深く一味違った乙なひとときであっただろうと思います。

「新涼や傑作見出す彫刻展」
  湯澤 誠章

o0595039714369813936.jpg

新涼が秋の季語。立秋を過ぎて夏とは違うしみじみとした涼しさを感じることをいいます。夏の季語の「涼し」は炎暑や蒸し暑さの中で感じるかりそめの「涼し」ですが、新涼は秋になっての本物の涼しさです。
この句から二通りの感じ方があるのでは、と思います。まず彫刻展なら戸外での展示かもしれません。
涼しくなって戸外の展示を見て回ることができ傑作に出合った!という解釈。この場合は涼しくなったから戸外の彫刻をじっくり見て回ることができて傑作に出合った、と少し理屈っぽい解釈となります。
もう一つは戸外か室内かは関係なく彫刻そのものに涼感を感じた、という解釈も可能かと思います。この場合その彫刻は具象か抽象か、材質は金属、石、木か、鋳造か彫刻か、などなど読み手の想像を掻き立てます。
皆さんはどんな解釈をされるでしょうか。

「月光や風鐸の影際やかに」
   藤戸 紘子

fuutaku .jpg

秋の夜の五重塔、風鐸が月光(秋の季語)に照らされている景を詠っています。風鐸とは、仏堂や五重塔の軒に吊り下げられている青銅製の鐘型の風鈴のことです。よくお寺では見かけますが、風鐸と呼ばれているとは知りませんでした。
作者が高幡不動尊にいらした時の句と伺いました。昼間は賑わっている寺院が、夜は人気もなく、月光に照らされている風鐸の影だけが際立って見え、静けさだけが伝わってきます。この季節に相応しい美しい句です。(評;皆川眞孝)

コスモスの句

「青空やコスモス揺るる丘の上」
   皆川 瀧子
「コスモスやあるかなきかの風の舞ふ」
 渡辺 功
「コスモスや幼の細きお下げ髪」
 藤戸 紘子
「コスモスやお下げ揺らして一輪車」
 小野 洋子
「古民家の長屋門前秋桜」
  宮ア 和子
「コスモスや空き地の増えて別荘地」 
 皆川 眞孝


今月の一句(選と評:小野洋子)

「甌穴を渦巻き走り秋の水」
   藤戸 紘子

H11-PCD3045-032l.jpg

この句は作者が昇仙峡で作られたとのこと。甌穴(おうけつ)とは、急流の河底の岩石面上にできる円形の穴で、ポットホール、またはかめ石とも言います。
断崖や奇岩が独特の渓谷美を作り出している昇仙峡、川の流れは速く甌穴の中の礫が水流に回転し渦巻いています。甌穴が大きく育つ悠久の時の流れに、秋の水という冷ややかに澄み切った季語がよく響き合って、スケールの大きな秀句となりました。(小野洋子)

<添削教室>藤戸紘子
原句:「風死せり救急車の音遠ざかる」皆川 眞孝
「風死す」という季語は「土用凪」と同じで、盛夏に風が止み息苦しく耐えがたい現象を意味します。救急車の音に誰かが熱中症で運ばれたのだろうかという不安な気持ちを、風死せりの季語であらわされています。ただこの句は三段切れ(上五・中七・下五の言葉がぽつぽつと切れている)に近ので、語順を変えるだけで、三段切れを避けることができます。
添削句
「遠ざかる救急車の音風死せり」
    皆川 眞孝
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml