CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
渡辺
今月の俳句(令和1年5月) (05/26) 明平暢男
5月 浅間山公園(2) (05/26) 荒川 健三
5月 浅間山公園(1) (05/25) ミナガワ
5月 浅間山公園(1) (05/24) 藤戸紘子
今月の俳句(令和1年5月) (05/23) 皆川
今月の俳句(令和1年5月) (05/23) 荒川 健三
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (7) (05/22) 荒川 健三
今月の俳句(令和1年5月) (05/22) 皆川
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (7) (05/22) 明平暢男
今月の俳句(令和1年5月) (05/22)
最新トラックバック
月別アーカイブ
今月の俳句(令和1年5月) [2019年05月22日(Wed)]
今月の俳句(令和元年五月)

  いよいよ令和の御代が始まりました。令和の最初の兼題は「昼寝」です。
 年中昼寝をしている人もいますが、俳句では、次の藤戸さんの解説にもあるように、昼寝は夏の季語です。昼寝覚も同じく夏の季語です。句評は藤戸紘子さん、今月の一句の選と評は木原さんが担当しました。

「丸々と小さき大の字昼寝の子」
  渡辺 功

hirune1.jpg

昼寝が夏の季語。日本の夏は蒸し暑く疲れやすい。それをやり過ごすための知恵が昼寝です。勇ましくも大の字になって寝入っている姿は愛らしいですね。
丸と大と小の表現により、幼児の愛らしさと同時に活き活きとした生命力をも感じますし、安心しきって眠れる環境をも感じとれます。この句の最大の魅力は丸と大と小の措辞により寝姿がくっきりと浮かぶことです。丁寧な観察と表現力のなせる業です。

「野球帽顔に被せて三尺寝」
  皆川 瀧子

yakyuubou.jpg

三尺寝(夏の季語)とは、先の句でも説明しました昼寝のことですが、特に戸外で仕事をする大工とか塗装工とかの職人が体力を回復するための昼寝のことです。足場とか建材の上とか狭い場所・三尺(約1メートル)ほどの場所で昼寝をするという説と日の影が三尺移るだけの短時間の昼寝という説があります。この句では三尺寝をしている職人は野球帽で顔を覆っているという景を詠まれました。今時の職人は野球帽を被って作業しているのですね。贔屓の野球チームのネーム入りの帽子かも知れません。

「ぐづぐづとむづかる園児昼寝起」
  木原 義江

neoki.jpg

昼寝起が夏の季語。保育園の昼寝の景でしょう。幼児には必要な昼寝ですが一斉にさあ寝なさい、さあ起きなさいと言われても幼い子が皆それに順応できるとは限りません。寝付きの悪い子もいれば寝起きの悪い子もいます。この句では寝起きの悪い子を詠まれました。可哀想でもあり可愛くもありますが、保育士さんの困った顔も浮かびます。集団生活は大人にも子供にも何かと難しい面がありますね。

「咲き初むる芍薬揺する俄雨」
  宮ア 和子

shakuyaku.jpg

芍薬が夏の季語。「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」と美人の例えに登場します。古く中国では牡丹を「花の王」、芍薬を「花の宰相」と呼んだそうです。牡丹は大振りで重い印象、堂々としています。芍薬はやや控えめで優しさを感じます。作者のご自宅の庭で芍薬が咲き始めたと思ったら俄雨が降ってきた。その雨に折角開き始めた芍薬が打たれて揺れているのをみて作者は胸を痛めたそうです。茎が折れるのではないか、花びらが散るのではないか、と気を揉む優しい作者の姿が浮かびます。

「耳動く爆睡の犀薄暑光」
  皆川 眞孝

IMG_4936.jpg

薄暑光が夏の季語で、初夏、少し暑さを覚える気候の頃の日差しのことで、湿度がまだ高くないので気持ちよい爽やかさです。犀は皆さんよくご存じの鎧を身に纏ったような哺乳類で見かけは強そうですが草食ですので外敵には敏感に反応する本能があるのでしょう。
動物園で見た犀が薄暑光の中、気持ち良さそうに熟睡しているのに耳だけが動いているのに作者は気が付いたそうです。動物園ですから襲われる心配はないのですがまだ本能が働いているのでしょうか。薄暑光の爽やかさと犀の鎧の重々しさと見かけによらない細心さとの対照が面白いですね。作者の観察の細かさが光る一句。

「露天湯の闇の深さや新樹の香」
  小野 洋子

th6ON3DDUU.jpg

新樹が夏の季語。みずみずしい若葉をつけた初夏の木々のことをいいます。この句は山中の露天風呂でそれも夜の入浴を詠まれました。風呂の周囲は鬱蒼とした木々で深い闇に包まれています。気持ちの良い湯加減に首まで浸かっていると、初夏の爽やかな風が新樹の香しい香りをそっと運んでくれます。なんと素晴らしいひと時でしょうか。極上の気分が読む者へ伝わってきます。

「黒ずめる銃眼石や五月憂し」
  藤戸 紘子

s-ZB617DSC_4983_TP_V.jpg

銃眼とは、城の障壁に設けてある隙間で、そこから敵を射撃するための穴です。狭間(さま)とも鉄砲狭間とも言います。銃眼石とは、その銃眼で鉄砲を固定するための石です。作者が岡山城を訪問された時の句だそうですが、黒ずんだ銃眼石を見て当時の戦いの様子を想起されたのでしょう。5月は明るい季節ですが、この城の攻防でどのくらいの人が死んだのだろかと考えると、沈んだ気持ちになります。
私は、三橋美智也の「古城」の歌を思い出しました。「崩れしままの石垣に 。。。 矢弾の痕のここかしこ」「古城よ独り何偲ぶ」 まさに、藤戸さんの句の場面で、「五月憂し」の季語(夏)が効いて、しみじみと栄枯盛衰の歴史を感じて、厳粛な気持ちになります。(評:皆川眞孝)

昼寝の他の句
「娘と犬里帰りして昼寝かな」
   皆川 眞孝
「耳許の猫の寝言や昼寝覚」
   藤戸 紘子


今月の一句(選と評)木原義江
「鉢巻をゆるめ親方三尺寝」
    渡辺 功

daiku.jpg

普請工事など仕事場の三尺にも足りない狭い足場で、大工の親方が昼寝をしている昼休みの情景を見事に詠まれています。緩めた鉢巻は頭に巻いたままでしょうか?私は、手拭い鉢巻を外して手に巻いている姿が想像できます。
よく目にする姿ですが、俳句にすぐ詠まれるとは、さすが渡辺さんですね。(評:木原義江)

<添削教室>
原句「遠近で戸閉まりの音氷雨降る」
    皆川 瀧子 

 そういえば、先日大粒の雹が降り、驚きましたね。氷雨(ひさめ)には、「みぞれ」(冬の季語)と「雹(ひょう)」(夏の季語)の二つの意味がありますが、ここでははっきり「雹」とした方が、分かりやすいと思います。また、戸閉まりの音では、ドアを閉めるのかと勘違いされるといけないので、「雨戸繰る音」と具体的にした方が、雹が降ってきて慌てている様子が表現でます。(藤戸紘子)
添削句
「遠近で雨戸繰る音雹(ひょう)の降る」
  皆川 瀧子
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成31年4月) [2019年04月25日(Thu)]
今月の俳句(平成三十一年四月)

  今月の兼題は「青き踏む」「踏青」です。この季語の説明は、次の藤戸さんの解説をお読みください。句を作るのには難しい季語でした。句評は藤戸紘子さん、今月の一句の選と評は宮ア和子さんが担当しました。

「青き踏む秩父最後の札所寺」
  木原 義江

ccb-06-01.jpg

青き踏む(踏青)が春の季語。あまり見かけない季語ですが春、芽生えた青草を踏みながら野山を散策すること。この句は秩父三十四か所観音霊場で詠まれた句でしょう。江戸時代は庶民の観音信仰があつく巡礼の聖地として秩父の霊場は大変な賑わいだったそうです。今でもその趣は残っているそうです。一番四満部寺から三十四番水潜寺まで静かな山村と美しい自然の中を一巡する百キロメートルの巡礼道で順番にお札を収めていきます。この句は最後の札所で詠まれた句。百キロメートルを歩くのですから一日では済みません。数日または数回にわけて巡りようやく最後の札所に辿り着いたという達成感と安堵感に包まれた一瞬でしょう。悲願を達成した気分が青き踏むの季語の斡旋によりしみじみと伝わってきます。

「踏青やカウベルの音をちこちに」
  皆川 瀧子

cowbell2.JPG

踏青(青き踏む)とは春の季語で、意味は前の句で説明した通りです。
作者がスイスを旅され高原の牧場を訪れた時のお句。広々とした高原の牧場、遠くに雪をいただいたアルプスの麗峰、長閑にカウベルが聞こえてきます。カウベルとは牧場などで居場所がわかるように牛の首につける大型の鈴で、平べったい形をしています。牛たちは自由に牧場内を動き回りますからあちらからもこちらからもカラカラカランとカウベルが響いてきます。その音はいかにも長閑で、人の心を癒してくれます。大きな景と伸びやかなカウベルの音そして牧場も高原も緑一色です。青きを踏んでいるのは勿論人ですが牛たち生き物も同じように青きを踏んで生きているのです。大変気持ちの良い句です。
私が聞いたところによると、牛たちを放牧する前には牧場を管理する人々により一歩一歩牧草の根元まで釘その他の異物がないか丁寧に調べるのだそうです。万一にも牛その他が飲み込まないように、との用心の為だそうで、見えない所で安全を期して大変な努力がされていることに私はとても感動いたします。

「チーターと目合わせ泣く子風光る」
  宮ア 和子

chita2.JPG

チーターとはネコ科の哺乳類で体長1.5メートルほど。毛の色や体形は豹に似ています。特徴は目から口にかけて黒い線があることです。時速100キロメートル以上で走り、哺乳類では最速といわれています。多摩動物園にもチーターの一家がおり、毎年数頭づづ赤ちゃんチーターが誕生しています。数年前赤ちゃんが生まれた時5頭のうち3頭がキングチーター(豹に似た黒い斑点ではなく身体全体が黒い縞模様で突然変異)で大変なニュースとなりました。この句は作者がひ孫ちゃんを多摩動物園に連れていった時の景。ひ孫ちゃんをチーターがじっと見、ひ孫ちゃんがワッと泣き出したそうです。赤ちゃんが柔らかそうでチーターにとってとても美味しそうに見えたのかもしれません。チーターの目、成長期のひ孫ちゃん両方に「風光る」(春の季語)がかかり、季語の斡旋が光ります。

「日々通う歩道の割れ目すみれ草」
  湯澤 誠章

sumire.JPG

すみれは春の季語で、日本には約80種、変種まで含めると200種以上あるそうです。これらを総称して菫といいます。どこからか種が風に運ばれたのか、鳥が運んだのか、道の割れ目や石垣のちょっとした隙間などに紫の小花を咲かせている菫をよく見かけます。厳しい環境でも懸命に可憐に花を咲かせるその生命力に驚いたり、励まされたりします。どうか踏み潰されませんように、と祈る気持ちになります。

「鳥帰る近くて遠き子の所帯」
  渡辺 功

torikaeru.JPG

何と含蓄のある句でしょうか。親としてこんな気分を味わっておられる方も多いのではないでしょうか。家制度は崩壊し、核家族化が進み、加えて少子化が蔓延し、親子の関係が希薄になるのは時代の流れでしょうか。一方では濃密な親子関係により親離れ・子離れのできない親子もいていびつな社会が形成されつつあるようにも感じます。共働きの家庭も増えています。結果、子世帯は自分たちの生活に手一杯で親のことは二の次となる。親子が顔をあわせるのは年数回の家族的イベントの時のみというご家庭も多いのではないでしょうか。イベントは楽しくても終わるとさっと帰っていく子供達。春の季語「鳥帰る」で切なく寂しい年老いた親世代の思いが的確に表現されました。血縁は近いのに何故か遠い存在の成人した子供達、寂しい親心にちょっぴり俳諧味という香辛料が効いているのもお手柄でした。

「パソコンの遅き起動や目借時」
  皆川 眞孝

450-20171002120948215723.jpg

目借時(めかりどき)とは本来は「蛙の目借時」といい、春の季語。一般の方はあまり見慣れない季語だと思います。春も深まる頃人は眠くてたまらなくなりますが、これは蛙が人の目を借りてゆくからである、という俗説に基づく俳諧味のある季語です。また、この時期蛙の交尾期であり「妻狩る」「雌離る」であるという説もあります。
パソコンという語が俳句に馴染むか、という声もありますが今では我々の日常に深く関わっている物なので良しとしました。最近はパソコンを使用している人が多いせいか、時間的に使用が集中するせいか起動するのに時間がかかることが多々あります。このパソコンの目覚めが悪い時の感じと目借時の季語がよく響き合っています。俳句も時代の変化とともに変化するものであると思います。

「駆けつこで下校のをのこ葱坊主」
  小野 洋子

kakekko.JPG

元気なわんぱく達の下校風景。街の子は下校時に駆けるのは交通事故の心配があるから禁止されているかもしれません。作者の子供の頃の思い出の景かもしれません。男の子は元気が取り柄、背のランドセルをかたかた鳴らしながら一斉に駆け出す景は春ならではのことのように感じます。若い命の弾けるようなエネルギーはとても気持ちの良いものですね。この句は農村の風景でしょうか。駆ける道の傍らは葱畑、葱坊主(春の季語)が背比べしています。明るく元気な楽しい一句。

「内濠の水は薄紅花万朶」
  藤戸 紘子

chidori .jpg
写真撮影:荒川健三様

まずあまり馴染みのない「花万朶(はなばんだ)」の説明から。「朶(だ)」とは、枝、またはその枝が垂れ下がっていることを意味します。「万朶」ですから、沢山の垂れた枝です。花といえば、俳句では桜を意味します。その結果「花万朶」とは満開の沢山の桜の枝が垂れていることを意味します。文字を見ているだけで、満開の枝垂れ桜の景がうかびます。ただし、「しだれ桜」は桜の木や桜そのものに重点が置かれますが、「花万朶」はむしろ垂れた枝がポイントです。
この句は、しだれた桜が水に映って普段は緑色の水が薄紅色になっている状態を詠っています。作者のいつもながらの鋭い観察力に感嘆させられます。
先日ブログに荒川さんが千鳥が淵の桜の風景写真を沢山載せてくれましたが、まさにこの句は、水に映った桜、春爛漫の日本の原風景を思い出させてくれます。
なお、「濠(ほり)」の字は、「掘」に水のある場合に使います。この句にまさにぴったりの漢字です。(句評:皆川眞孝)


兼題「青き踏む」の他の句

「満面の笑顔の幼青き踏む」
   宮崎 和子
「くるぶしに見ゆる齢や青き踏む」
    渡辺 功
「古戦場ありしあたりや青き踏む」
    渡辺 功
「青き踏む何をせんとて生まれけむ」
   皆川 眞孝


今月の一句 (宮ア和子 選と評)

「瀬波踏む爪に花屑鷺楚々と」
  藤戸紘子

sagi2.JPG

浅瀬に漂う花筏と鷺が目に浮かびました。優雅に脚を運ぶ一羽の鷺、春の光が注いでいます。脚を水中からすっと持ち上げたその時、花びらの何枚かが付いて爪先が染まって見えたその一瞬の観察力に感動しました。花屑の措辞、季語を生かすことの大切さを学びました。
作者から鷺が脚を持ち上げた時は爪先がつぼまるとお話しいただいて納得。下五の楚々としての措辞で鷺の白さと優雅にお澄ましな姿。微笑ましさも心に残り、選ばせていただきました。(句評:宮ア和子)

<添削教室>

原句「床払ひ春日射す部屋身も軽く」  皆川瀧子
俳句では、五七五がぽつぽつを切れていることを三段切れと言って嫌います。
この句も「床払い(名詞)」「春日射す部屋(名詞)」と三段切れです。また、病気が治ったから床払いしたのですから、「身も軽く」は言わずもがなです。次のように添削してみました。床払いした喜びは、下五の、「部屋に明るい春の日が射す」ことで表現されています。
添削句
「床払ひせし奥座敷春日射す」
   皆川 瀧子
Posted by 皆川眞孝 at 09:14
今月の俳句(平成31年3月) [2019年03月24日(Sun)]
今月の俳句(平成三十一年三月)

  今月の兼題は「春光」「春色」です。句評は、藤戸紘子さん、今月の一句の選と評は、渡辺功さんです。

「見はるかす町燦々と春の色」
  宮ア 和子

s-21333967.jpg

春の色とは春らしい様子のことで春の季語ですが、具体的に何色かを表す言葉ではありません。見霽かすとは遥かに見渡す意で高みから遠くの街並みを眺めた折の印象を一句に詠まれました。厳しい冬がやっと去り春の明るく柔らかな日差しに包まれた町。そこには春の訪れを待ち侘びた人々の生活が活き活きと営まれています。また動物も植物も命の芽生え・再生の息吹が感じられます。春到来の喜びが句全体から立ち上っています。

「春寒や雨戸の開かぬ大屋敷」
  皆川 眞孝

s-9edbd9b8.jpg

春到来とはいえすぐには暖かくなるわけではありません。立春以降三寒四温といわれる気温の変動を経て次第に暖かい日が多くなります。春ともなれば閉め切った雨戸や窓を開け放ち、柔らかな春風を室内に入れたくなるのが自然な気持ちでしょう。しかし作者が見掛けた大きな屋敷は雨戸を閉め切ったまま人の気配もなく静まりかえっているという景が浮かびます。かっては人の出入りも多い大屋敷であったろうにと、作者の胸中には生々流転という四文字が過ったかもしれません。春寒の季語が効いています。

「せせらぎに触れむばかりの枝垂梅」
  皆川 瀧子

s-jonan12.jpg

皆さんご存知のとおり枝垂梅とは枝が垂れ下がった梅のこと。梅の花は楚々とした風情で気高い感じがしますが、枝垂梅はそれに加えて可愛らしさを感じます。例えれば高貴な姫君という風情でしょうか。せせらぎとは浅い瀬などを流れる音をいいますが、その小流れそのものをもいいます。その小流れの水面近くまで垂れた梅の枝、そよ風に微かに揺れているかもしれません。小川の傍の枝垂梅の景がありありと思い描くことができる丁寧な写生の句です。

「夕映えや三味線草を耳元へ」
  木原 義江

s-pennp@enn2.jpg

三味線草とはいわゆるぺんぺん草(春の季語)のこと。なずなともいいます。
莢(さや)の形が三味線の撥に似ていることから三味線草の別名があります。幼い頃、莢の部分を千切れない程度に引いてぶらぶらにし、それを振って微かな音に遊んだものでした。上五の夕映えにより、遊び疲れての帰り道、ぺんぺん草の微かな音を耳元で聞きながら家路についた遠いあの頃を思い出しました。
なずなやぺんぺん草ではなく、別名の「三味線草」と表現されたのが成功の鍵ですね。

「三代で飾る雛や昼深む」
  小野 洋子

s-hinakazari.jpg

この句の雛は「ひいな」と読みます。祖母、母、娘の三代で雛飾りをしている景。単に雛飾りを3人でしている景かもしれませんが、私はその家に伝わる古雛を丁寧に飾りつけている景を想像しました。雛は人形に違いありませんが、魂があるかのように思えるのは私だけでしょうか。女の子の成長を願うことが雛飾りの本来の目的でありますが、昔の常識では女の子は成長すれば他家へ嫁ぐ身、親としては生まれたその時から親元を離れるその日を思い、女の子への思いは特別なのかもしれません。
昼深むの措辞により味わい深い一句となりました。

「山笑ふ無口猪首の若棟梁」
  渡辺 功

s-touryou.jpg

思わずふっと笑ってしまった句。棟梁ですから大工のかしらです。概ね職人という人々は無口の方が多いように感じます。その棟梁が猪首であること、さらに若い人であることが何とも楽しいのです。二代目三代目でしょうか。遺伝としての猪首、無口であるという性格の遺伝、そして棟梁として稼業を継ぐ若者。そこに地道に真面目に生きる人々の清々しさが伝わってきます。山笑ふ(春の季語)は、冬季の山の寂しさ(山眠る)に対して春の芽吹きはじめた華やかな山を形容したものですが、この季語によりこれからの若い棟梁の活躍が期待できそうですね。

「花万朶栗鼠の尻尾の見え隠れ」
藤戸 紘子

s-thumb5.jpg

万朶(ばんだ)とは、多くの垂れ下がった枝の事を指します。この句は、咲き誇る桜の垂れた枝の間を、栗鼠(りす)がちょろちょろと跳ねまわっていて、尻尾(しりお)が見え隠れするという微笑ましい景を詠んだものです。素直な俳句に見えますが、「花万朶」の措辞により、沢山の枝に花が重そうについている様子を想像させ、また「尻尾」という具体的なものを出し、それが「見え隠れ」することにより栗鼠の素早い動きを表現していて、巧みな俳句だと感心します。この場面は、著者の創作ではなく、鎌倉の瑞泉寺(水仙で有名)でご覧になった実景とのことです。日本にも栗鼠がいる場所があるのですね。(評:皆川眞孝)

今月の一句(選と評:渡辺功)

鉄粉を浴びて線路のつくしんぼ」
  藤戸 紘子

s-160330-EOS60D-6891.jpg

つくしんぼの季節、京王線の踏切を渡る時、妻は「あのつくし、誰もとらなくて勿体ないね」といつも呟きます。妻は愛知県出身、当地ではつくしを摘むのは春の一大行事。あの頃の線路わきは柵もなく取り放題。土筆の袴をとるのは私の仕事でした。そして、土筆の卵とじ、佃煮と連日食事に並びました。
掲題句は、尾張の一角、国府宮の素朴な暮らしを懐かしく思い出させてくれました。名古屋鉄道の線路わきの住まいでしたから、今思えば鉄分を含む土筆を沢山食べていたのですね。この句によりはじめて気が付きました。線路わきの土筆を見て、鉄粉まで思いが至る作者に本当に感心いたしました。
「線路のつくしんぼ」。。。半世紀も前の高度成長萌芽期の自然豊かな、のんびりした日常が、鮮やかに蘇りました。この句に出会えたことに感謝いたします。(評:渡辺功)

兼題(春光)の句
「春光や子にはじめての背番号」
     渡辺 功
「春光の届かぬ銀座裏通り」
     渡辺 功
「春光や玉虫色の鴉の羽」
    藤戸 紘子
「春光や川面すれすれ小鷺飛ぶ」
   宮崎 和子


<添削教室>
原句「春光の注ぐ浅瀬や鯉潜む」 宮崎和子
「春光」は、春の風光、春の景色を意味する季語ですが、この句では「春の光」として詠んでいます。春の光を浴びて水温む季節の浅瀬に鯉を見つけた着眼点はいいのですが、「鯉潜む」という措辞では、鯉がじっとしている感じで、まだ水が冷たいのかなと思ってしまいます。ここを「鯉の影」とすれば、鯉が泳いでいる動きが出て春の様子がさらに伝わります。(藤戸紘子)
添削句
「春光の注ぐ浅瀬や鯉の影」
 宮崎 和子
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成31年2月) [2019年02月20日(Wed)]
今月の俳句(平成三十一年二月)

  兼題は、「節分」「豆撒き」です。節分は冬の季語ですが、翌日の「立春」「寒開け」は春の季語となります。
今月の一句の選と評は、小野洋子さんです。

「大空へ高く広がる年の豆」
  木原 義江

26_2030058.jpg
荒川健三さんのブログから

年の豆とは節分に撒く豆のことで福豆・鬼の豆・鬼打豆・年取豆ともいい冬の季語です。高幡不動尊の節分会の景。毎年有名人の年男・年女を招き、華やかに豆撒きが行われます。高欄より大声で「福は内」と叫びながら空へ向け豆が投げられます。豆は塊となって空中へ舞い上がりやがて扇形に広がり放物線を描きながら善男善女に降り注ぎます。豆を受け止めようと人々は両手をあげ、ある者はエプロンを広げ、帽子をひっくり返して豆を得ようと懸命です。涙ぐましい努力にもかかわらず福豆を掴むのは至難の業であることは経験した人はご承知のことと存じます。善男善女の必死さが何だかちょっと滑稽でもありますね。

豆撒き日門前町の長き列」
  宮ア 和子

28_2030061.jpg
荒川健三さんのブログから

この句も高幡不動尊の節分会の景。行かれた方は人出の多さに驚かれたことでしょう。山門から駅まで何列もの人の列がびっしりと続きます。勿論有名人を一目みようという目的の方もいらっしゃるかとも思いますが、厳しい寒さももう少しの辛抱で春はもうすぐという喜びと、厄を祓い福を掴みたいという純朴な気持ちが人混みも厭わず人を誘うのでしょう。美しく着飾ったゲストの撒く福豆を得るのは大変難しく一粒でも掴み得た人の喜びは大きいものでしょう。ちなみに高幡不動尊ではお不動様に遠慮して「鬼は外」は言わないそうです。

「山鳩は逃げるを知らず冬山路」
  湯澤 誠章

gallery-kijibato-main@2x.jpg

山鳩とは山に棲む野生の鳩のことで、青鳩(夏の季語)や雉鳩のこと。この句の山鳩は人に危険を感じないほど人馴れしているのか、はたまた人に出会ったことがないのか、人影が近づいても逃げようともしない山鳩に出合った冬の山路。山路には落葉が降り積もっていたかもしれないし、冬日差しが差していたかもしれません。寒さに弱っているのか、空腹で動けないのか、冬落葉に蹲まり暖かくて動きたくないのか、などと想像を掻き立てられます。冬山路の季語が効いています。

「立ち話の長き農婦や頬被り」
  渡辺 功

noufu.JPG

頬被り(ほおかむり・冬の季語)とは寒い冬の日、外で働く人や夜道を行く人が北風を防ぐ為に頭から両頬へかけて手拭いなどで包むことですが、最近はあまり見かけなくなりました。農村ではまだ日常見かけられるのかもしれません。この句は農村の景。農作業の合間か、作業終了後のほっとしたひとときでしょうか。ご近所さんと話し込んでいる中年女性達の姿が浮かびます。頬被りの季語から寒い日だとわかります。その寒風の中でも延々とおしゃべりに夢中になっている女性達、なんと逞しく頼もしいのでしょう。自然を相手に生きている人々のおおらかさ、強さを感じます。


「青空や囀り響く医者帰り」
  皆川 瀧子

saezuri.jpg

春になると小鳥たちは繁殖期を迎えます。その頃の鳴き声を囀り(さえずり・春の季語)といいます。求愛や縄張りを知らせる鳴き声といわれています。囀りを聞くと春がきた実感が湧きますね。作者が病院からの帰り道、囀りを聞いた。空は真っ青に晴れ渡っています。この句から受ける明るい印象から医者から良い結果が告げられたことが想像されます。体調も良し、天気も良し、囀りは軽やかで、作者の浮き浮きとした気分が良く伝わってきます。

「寒明けの畑(はた)黒々と雨あがる」
  皆川 眞孝

DSCN0129_201612081413090f5.jpg

小寒から大寒を経て節分までの約30日間を総合して寒といい、それが終わる日を寒明けといい、春の季語です。意味も時期も立春と同じですが、立春の方は春到来の喜びが、寒明けは長く厳しい季節に一区切りつけるという感じがつよく、意味合いは微妙に違います。雨を含み黒々となった畑、黒い土は養分が豊かであることを意味します。豊かな土壌は新しい命を力強く育むことでしょう。しかし寒明けといっても本格的な暖かさからは程遠い時期。春待つ心がしみじみと感じられます。

「幼子としりとり遊び日脚伸ぶ」
  小野 洋子

siritori2.JPG

この句は作者とお孫さんとの遊びの景。お孫さんは娘さんとアメリカ人のお婿さんとのお子さんでアメリカでお暮しの由。従ってお孫さんは英語圏で育っている訳で帰国された折は日本語を覚えるためにしりとり遊びをするのだそうです。事情をお聞きすると単にしりとり遊びをしているだけとは違った感慨がありますね。
日脚伸ぶが冬の季語。日脚とは昼間の時間また太陽の日差しのことで、冬至を過ぎると一日に畳の目一つづつ日脚が伸びるというたとえがあります。一月はまだまだ寒いのですが半ばを過ぎれば日差しの暖かさが確実に増してきます。幼児がひとつひとつ言葉を覚えてゆく喜びと季語がよく響き合っています。

「福は内ジャズシンガーの渋き声」
   藤戸 紘子

24_2030054.jpg
荒川健三さんのブログから


これも高幡不動尊の豆撒きの景を詠った句です。伝統的な豆撒きに、ジャズシンガーを組み合わせたのが新鮮な感じを受けました。現場に行ったことがない人にも、男性的な良く通る声で「福は内」と叫んでいるのが聞こえるような気にさせます。臨場感が溢れる楽しい句です。作者に聞いたところ、このジャズシンガーは、日野市在住の「つのだ☆ひろ」だそうです。(評:皆川眞孝)


兼題「豆撒き」の他の句

「御払いを受けし福豆独り食(は)む」
   皆川 眞孝
「豆撒や人の群れ去り鳩雀」
     小野 洋子

 
今月の一句(選と評:小野洋子)
「春立つや硝子細工の耳飾」
  藤戸 紘子

earring.JPG

この句は作者が電車で見かけられた光景との事、背筋を伸ばし澄まし顔の少女の耳に輝く硝子細工の耳飾り、私は少女と硝子細工の耳飾りの取り合わせに危うさときらめきが感ぜられ春立つの清々しい季語が効いているように思います。 日常の何気無い景を見事に映像にされた俳句のお手本です。 (評:小野洋子)

《添削教室》
原句 「梅咲きて蜜舐め回る小鳥たち」
   湯澤 誠章
小鳥たちの飛び回る様を描写した素直な俳句ですが、句全体の優雅な雰囲気の中に「舐め回る」の措辞が、少し生々しい感じで、浮き上がっています。ここは「群がる」にしておいた方が上品です。小鳥が何を目的に群がっているかは十分推測できます。また、鳥の複数をあらわすのに、「だち」の代わりに、俳句ではよく使う「どち」にしてみたらどうでしょうか?(藤戸紘子)
添削句
「梅咲きて蜜に群がる小鳥どち」
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成三十一年一月) [2019年01月23日(Wed)]
今月の俳句(平成三十一年一月)

皆様、明けましておめでとうございます。今年も、俳句サークルのブログをよろしくお願いいたします。
今月の兼題は、例年通り、「正月の季語一般」です。「新年」「初春」「初日」「初富士」から「年賀」「書初」「初詣」等沢山の季語があります。それでは、メンバー皆さんのお正月の俳句をご紹介します。

「すつと拡ぐ春着の袂(たもと)鶴の舞」
  宮ア 和子

turunomai.jpg
写真提供 荒川健三様

南窓会新年会で日舞の中川先生の舞われた「鶴の寿」で一句。先生の舞姿は真に凛として見事なものでした。先生の踊りに感動して涙ぐんでいる人もいました。すつと、の措辞で無駄のない研ぎ澄まされた仕草が表現されました。鶴は冬の季語ですがこの句は実物の鶴ではないので季語とはなりません。「春着」は年始に着る新しい衣服のことで新年の季語となります。ちなみに晴れ着は、はれの場所に着て出る衣服のことで季語ではありません。

「線香の煙の中の破魔矢かな」
  木原 義江

hamaya.jpg

高幡不動尊の初詣の景を思い浮かべました。山門と不動堂の間に香炉堂があり巨大な香炉から線香の煙が絶えることはありませんが、特にお正月はもくもくと線香の煙が辺り一面に立ち込めます。お正月にはこの不動堂の下に小屋が建ち、火伏の団扇と破魔矢が販売されるため善男善女で賑わうその小屋も線香の煙で霞んでしまいます。お正月らしい景を素直に写生されました。
いかに近代化されようと人の心はそうそう変わるものではない、という証明が日本の初詣風景かもしれません。

「たつぷりと墨含ませて筆始」
  皆川 瀧子

IMG_4820.jpg

今年も地区センターで小学生が集い書初めの会が催されました。指導するのは南窓会の書道部の面々。子供会と老人会の楽しいコラボレーション企画です。今の子は筆を持つ機会はあまり無いと思っておりましたがなかなかどうして立派な堂々とした書きっぷりでした。
小さな手に太筆を握り、墨の海にどっぷり筆を浸け、真っ白な紙に向かうその目は真剣そのもの。呼吸を止めて一気に筆を走らせます。そしてふーと溜息をつくその姿はとても可愛らしく頼もしくも感じます。注意点を素直に聞き再度挑戦するその真剣さに教える方が感動するひとときです。


また一つ賀状無用の追而書」
  皆川 眞孝

nengajou2.JPG

追而書(おってがき)とは手紙の本文の末尾に付け加えて書くこと。追伸ともいいます。年齢を重ねる毎にこの種の追伸のある賀状を受け取ることが多くなりますね。自分も賀状を書くことが年々負担になっているのに受け取る賀状が少なくなるのに一抹の寂しさを感じるのもまた正直なところです。もう何年も会っていない人、年賀状だけのお交際の人など止めようかと悩みつつ、相手の気持ちを思うとあっさり止められないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。それでも賀状無用の通知には何とも知れぬ寂寥感を感じるのは私だけでは無さそうですね。

語り部の窪みしまなこ冬かもめ」
  小野 洋子

kataribe.JPG

窪んだ眼という措辞からお歳を召した語り部と想像しました。文字のない古代もしくは文字は一部の知識人占有であった時代には儀式の式次第・歴史・伝説・大災害の記録などを口伝えしたもので、職としての品部(しなべ)もありました。現代の語り部は民話や自然災害や戦争体験を語り継いでいるようです。概ね楽しいことよりも悲しい出来事とか忘れてはならない体験が語られることが多いように思います。
季語冬かもめは白い羽色と青灰色の翼を持ち、冬の海岸や港をゆったりと飛ぶ姿は美しいけれどその鳴き声とともに何か切ない雰囲気をもっています。季語の効いた一句。

「日蝕に歓声上がる枯野かな」
  湯澤 誠章

nisshoku1.JPG

今年の日蝕は部分日蝕だったためか、松の内の出来事だったためかあまり騒がれなかったように感じました。作者が寒い野に出て日蝕をご覧になった折の一句。観測の為か単に好奇心からか自然に野原に集まった人々から太陽が黒く欠け始めた瞬間に上がった歓声。日蝕という自然現象は専門家からその原因は知らされていても、壮大な天体ショーは見る者に強い感動を与えます。時間の経過とともに日蝕は元通りの円形に戻ります。それは再生を意味しているのかもしれません。枯野も季節が巡ればまた生命に満ち溢れます。生と死と再生という自然の根源的な不思議を象徴しているのかもしれません。

老松の昇龍めき初御空」
     藤戸 紘子

pinetree.JPG

おめでたいお正月にはぴったりの俳句です。特に説明は不要でしょうが、「初御空(はつみそら)」とは、「初空」の傍題で、元旦の空の事です。今年の初御空は、日の出とともに快晴になりました。
作者は高幡不動尊の中にある大きな松を念頭に作られたそうで、松の幹がまるで鱗のある昇龍(のぼりりゅう)のように見えたとのことです。
この俳句で私は葛飾北斎の「富士越龍図」を思い出しました。
hokusai_22.jpg

この絵は北斎九十歳の絶筆といわれ、富士山から天に上る煙りの中の龍に自身をなぞらえています。先日のTV番組「北斎ミステリー」では、この絵は実は北斎の娘・応為(お栄)が、臨終の父を龍として描いたという説を紹介していました。
年老いても龍のようになれるのだと、藤戸さんの俳句は、私達を元気づけてくれます。(句評:皆川眞孝)

兼題の他の句
「駅伝のたすきの重み初山河」
   小野洋子
「年礼や娘の犬の白毛増ゆ」
   皆川眞孝
「初鶏の長啼き谷戸に谺して」
   藤戸 紘子
「独り居のままごとめける節料理」
    藤戸 紘子
「お喋りと馳走に和み女正月」
    小野 洋子
「足場組む大工きびきび初仕事」
    藤戸 紘子
「山の端を染めて昇るや初日の出」
    皆川 瀧子
「初旅や缶コーヒーを頬にあて」
    小野 洋子
「初夢に忘れ得ぬ人若きまま」
   藤戸 紘子
「汁粉会椀を片手の年賀かな」
   宮ア 和子



今月の一句(選と評:木原義江)
「袂よりのぞく紅色初稽古」
  小野洋子

hatukeiko.JPG

南窓会の新年会は華やかに楽しい時を持つことが出来ました。日舞サークルの皆さんが、「さくらさくら」の踊りを披露していただきました。何度も厳しいお稽古をなさったことでしょう。日舞サークルの一員として舞踊をされた後、この俳句を詠まれた小野さん。舞も良し、句も美しく、今月の一句に選んで紹介させて頂きます。(句評:木原義江)

<添削教室>
原句 「反抗期笑顔となりしお年玉」
  宮ア和子
反抗期の子供でも、お年玉を受け取る時にはニコニコ顔になるという意味は十分わかりますが、文法的には「笑顔となりし」が、お年玉にかかっているので、語順を変えて次のようにしたらどうでしょうか(藤戸紘子)
添削句
「お年玉笑顔となれる反抗期」
  宮ア 和子
Posted by 皆川眞孝 at 09:10
今月の俳句(平成三十年十二月) [2018年12月26日(Wed)]
今月の俳句(平成三十年十二月)


災害の多かった今年もまもなく終わります。今月の兼題は「年の市」「年用意」「春支度」です。この季語に、来年は良い年であるように期待を込めています。句評は、藤戸紘子さん、今月の一句の選と評は皆川眞孝です。

「メモを手に行きつ戻りつ年の市」
  小野 洋子

s-031229roten3.jpg

最近は日常の買い物ですらメモをしなければ忘れることが多くなりました。まして年用意の買い物は種類も多く、値のはる物も多いのです。メモを片手に品定めと値段とを見比べ、あっちの店、こっちの店と行きつ戻りつするのが我々庶民の生活実態です。我が身を見られているような実感があります。本人の必死さが他人の目にはちょっと滑稽に見えるかもしれませんね。俳諧味が感じられます。

「値切る客もうひと声と年の市」
  宮ア 和子

osamenofudou-toshinoichi-1_160611.jpg

この句も年の市の景。東京人は買い物の際あまり値切らないが関西人は値切らないと損した気分になると聞いたことがあります。真偽のほどはさておき、上野のアメ横では盛んに売り手と買い手の値切り交渉が見られます。そのやりとりを聞いているだけで、年末の雰囲気に身を浸している気分になります。威勢の良い江戸っ子の兄ちゃんと客の粘り強い値切り合戦が聞こえてくるようです。

「揺れ動く裸電球年の市」
  木原 義江

hadakadenkyuu.JPG

この句から昭和期のアメ横や築地の場外市場を思い浮かべました。もみくちゃになりながら少しでも安く良い物をと人々が行き交う熱気は年の市独特のものでした。この句の眼目は裸電球。裸電球とは笠などの被いや装飾のない、電線の先のソケットに電球が剥き出しになっている状態で、貧しさや荒々しさ、装飾を必要としない場などで昔はよく見かけました。木枯らしに揺れる裸電球とその下を往来する人々の熱気が年の市という季語でくっきりと表現されました。

「枯葉舞ふ展覧会の長き列」
  皆川 瀧子

Vermeer-2.jpg

フェルメール展を見にいらした時の一句。フェルメールは日本で特に人気の高いオランダの画家で、今上野で展覧会開催中です。その人気は長い長い入場待ちの人の列からも判ります。上野は今枯葉で一杯です。枯葉が舞っているのは木枯らしが吹いているからでしょう。寒風の中にじっと待つ人々の心はフェルメールの絵と会いたいという思いで一杯なのでしょう。その熱意が伝わってきます。

「散髪の終へし項や小六月」
  皆川 眞孝

img_1.jpg

小六月(ころくがつ)とは陰暦10月の異称で冬の季語。立冬を過ぎても厳しい寒さはいまだ訪れない穏やかな日和がしばらく続きます。このような日和を小春日・小春日和といいます。その可憐な名で冬らしい寒さを迎える前にほっと一息つくような感じがある季語です。散髪を終えて外で出ると項(うなじ)を撫でる風を気持ちよく感じた、ということは小春日和だったということがわかります。項のすっきり感と穏やかな日差しが作者の気持ちまで柔らかにしたことが窺えます。

「不揃ひの懸大根や深庇」
  渡辺 功

fukahisasi.JPG

懸大根(かけだいこん)が冬の季語。収穫して洗い上げた大根はしんなりするまで10日程振り分けにして干し、干しあげたものは沢庵漬などにします。最近の家屋は庇が大変浅く雨宿りもできません。この句は深庇ですので大藁家か古い農家かと思われます。その庇の下にずらーと大根が干されているという景。その大根の大きさが不揃いであったということが作者の観察の鋭いところです。姿の良い大根は市場に出荷されたのかもしれません。これは自家用の大根だろうな、とそんなことまで想像しました。下五の深庇がとても効いています。

「風呂吹や男料理の見せ所」
  湯澤 誠章

55ae5334.jpg

風呂吹とは熱いものをふうふう吹きながら食べるので風呂吹というのだそうです。大根や蕪は冬に重みを増しておいしくなります。厚めに切って面取りをし、米のとぎ汁で下茹をする。熱いものに味噌をかけ、香りに柚子を散らします。旬の食材を活かした逸品です。作者は料理が大好きとのこと。旬の食材の旨味で勝負、の男の料理をご家庭でもされているのでしょう。作者の得意顔が見えるようです。

「虚無僧の佇む夕や街師走」
    藤戸 紘子


komusou2.JPG

虚無僧(こむそう)というと、時代劇の映画の中で、深編笠(天蓋)をかぶり尺八を吹いている僧に変装した武士を想いだします。時代劇では、たいていは、密偵や暗殺者で剣の達人です。実際は、禅宗の一派「普化(ふけ)宗」の僧侶のことで、行脚しながら托鉢を受けるのは修業のためで、菰(こも)を身にまとっていたので菰僧と本来は言われていたそうです。現在でも、お坊さんや虚無僧が街角に立って喜捨を乞う姿を見かけます。この句では「街師走」と言い切った季語のため、夕方に静かに佇んでいる虚無僧と彼を無視して忙しく歩く人々との対比が強調され、映画の一シーンのような景が目に浮かびます。(評:皆川眞孝)

兼題の他の句

「二つ三つ買ひ忘れたる年の市」
  渡辺 功
「背丈伸びし子ら引き連れて春支度」
   宮ア 和子
「肩越しに品定めする年の市」
   藤戸 紘子
「家中に煮物の匂ひ年用意」
   小野 洋子


今月の一句(選と評:皆川眞孝)
「木漏日のはけの小道や石蕗の花」
    藤戸 紘子

tuwano.JPG

  何げない冬の景を詠った俳句の様ですが、工夫が凝らされています。まず「はけの小道」。「はけ」というのは丘陵山地の片側が崖になっている場所を指し、関東・東北の方言だそうです。このあたりでは、国分寺や小金井のはけの道が有名です。この句では、「はけの小道」で単なる散歩道ではないことを示しています。次に「石蕗の花」。つわぶきとも言いますが、初冬に黄色の花をつけるキク科の植物です。この花言葉は、いつも葉が緑であることを評価して、「困難に負けない」というものです。初冬の木洩れ日のはけの道に、石蕗の花を見つけた景ですが、「つわぶき」の花に、これから来る厳しい冬にも負けないぞという作者の強い意志を感じたのは、私の読みすぎでしょうか?(評:皆川眞孝)

<添削教室>
原句 「するめ裂く火鉢ひとつをとりかこみ」 渡辺功

元の句でも、火鉢を囲んでするめを裂きながら食べている家族団らんの風景が良く出ています。ただ、上五を「するめ焼く」とした方が、火鉢との関連が強まり、するめの匂いまで感じられるのではないでしょうか。(藤戸紘子)
添削句
「するめ焼く火鉢ひとつを取り囲み」
   渡辺 功



Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成30年11月) [2018年11月20日(Tue)]

今月の俳句(平成三十年十一月)


兼題は今の時期にぴったりの「時雨」です。句評は藤戸紘子さん、「今月の一句」の選と評は皆川瀧子さんです。

「大仏の螺髪艶やか時雨過ぐ」
 宮ア 和子

P5020631.jpg

螺髪(らほつ)とは仏像の頭部の髪の様式のことで、くるくると巻貝の殻のような形が並んでいます。お釈迦様は縮れ毛だったのでしょうか。この大仏は青銅製だそうです。時雨は冬の季語で秋の末から初冬に降ったり止んだりする雨のこと。
時雨が降ったあと、露坐の大仏はずぶ濡れになった筈ですが、ずぶ濡れでは身も蓋もありません。作者は大仏の螺髪に焦点を当てられたことはさすがです。濡れた青銅が艶やか、とはそこに日が差していることが想像されます。見事な一句です。

「夕時雨軒を寄せ合う機屋路地」
  小野 洋子
yuusigure.JPG


作者が京都へ家族旅行をされた折の一句。機屋の多い場所といえば西陣でしょうか。西陣という地名は応仁の乱の時、山名宗全がこの地で陣して西陣と称したことに由来したのだそうです。唐の長安を手本とした平安京の旧市街は碁盤目状の大路と小路で整然と区画され身分によって住まいが決められたそうです。西陣は都の西部、職人の町だったのでしょう。税が間口の広さで課せられたそうで、京都庶民の家は間口が狭く奥行の深いまるで鰻の寝床のような所謂町屋と呼ばれる造りが今でも残っています。この句の露地にも昔ながらの町屋造りの家並が続いていて、あちらこちらから機織る音が聞こえているのでしょう。
季語の夕時雨により古都のしっとりした風情、少し物寂しい雰囲気が醸しだされています。

「木々の葉の赤味を増して時雨後」
  皆川 瀧子

s-IMG_4797.jpg

荒川さん庭の櫨紅葉

秋、落葉樹は葉が赤や黄に変化します。楓が最も一般的ですが、漆、櫨、柿、桜など紅葉、銀杏などは黄葉ですが、どちらも俳句では紅葉といいます。中秋には燃えるような色の紅葉も晩秋ともなると色も衰え始め、ついには枯葉色となって落葉します。この句の木々の葉はやや赤色が衰え始めた頃時雨が降った時の景でしょう。時雨が止んでみると、それ以前より紅葉の赤味が鮮やかに見えたと作者が感じたのでしょう。一旦衰えた色が生き返ることは現実にはあり得ません。が、作者の目にはそう感じられたのでしょう。勿論雨のおかげで色が鮮やかとなったことも否めません。作者の観察眼と衰えいくものに対する作者のしみじみとした優しい感性を感じます。

「手打ち強く捩じり鉢巻き酉の市」
  木原 義江

159499084.jpg

酉の市(冬の季語)とは11月に行われる鷲(おおとり)大明神の祭礼で「お酉さま」といって親しまれています。東京下谷の酉の市はつとに有名です。開運、商売繁盛の神として庶民に信仰されています。酉の市の特色は縁起物の商いで、代表的なものとしておかめの面や打ち出の小槌、米俵などを飾りつけた熊手があります。福を掻きよせる意だそうです。大きな熊手の取引が成立すると威勢の良い掛け声と手打ちが行われます。この句は売り手が捩じり鉢巻きをしている景を詠んだもので、この多分男性は粋な若者か、どっしりした親方風の熟年かは読み手の感性に任されていますが、酉の市の賑わいと高揚感が伝わってきます。

「朝の日矢葱総立ちの畝高し」
  渡辺 功

s-hiya.jpg

葱が冬の季語。収穫間近の成長した葱に朝の日が差している景。日矢(ひや)とは朝日が山から昇る時とか雲間から日差しがさあーと差すときの一筋(または複数)の光のことで、西洋では天使の梯子というそうです。総立ちの葱ですから一本や二本ではない、一面の葱畑と感じます。黒々と土を高くした畝、真っ直ぐに伸びた真っ白な葱の列。葱の逞しい生命力とその命を育てる太陽光、朝の日矢は特に神々しく感じられます。清々しく力強い佳句。

「朝靄に透きてビル群冬立てり」
  皆川 眞孝

winter.JPG

水蒸気が地表や水面の近くで凝結して微小な水滴となり煙のように漂って視界を悪くする現象を、俳句では春は霞、秋では霧と称します。同じ現象で靄(もや)ともいいますがこれは季語ではありません。立冬の朝、作者のご自宅の窓から朝靄に煙る新宿の高層ビル群が見えたそうです。それは季節によって鮮明に見えたり、霞んで見えたりなのでしょう。この三井台にお住まいの方ならこの経験をされた方は多いのではないでしょうか。
谷戸の地形から水蒸気によるこの現象が起こりやすいのです。遠景が煙って見えるのはなかなか味わい深いものです。これから本格的な寒さに向かうという立冬の朝。ぐっと気持ちを引き締められたのではないでしょうか。

「用水の流れ澱むや枯尾花」
   藤戸 紘子

c4b110deab76ea3ce910ae5ed4206fb1.jpg

枯尾花とはすすきの穂が枯れたもので冬の季語です。用水は多分農業用水のことでしょう。流れが澱んでいるのは、過疎の村であまり用水が使われない状態なのでしょうか。写生俳句は単に景色を映すだけでは、つまらないものとなります。この句では、土手の枯れた芒と、澱んだ用水の取り合わせで、初冬のうら寂しい風景が強調されます。それを見る作者の心情までもいろいろ想像できます。
作者がこの句を作られたのは、実際は過疎地ではなく、横浜の「寺家ふるさと村」で、田園風景が広がる里山保存地区だそうです。しかし、作者の適切な措辞の取り合わせにより、風景に深味が増し、読む側の感情を動かします。どうしたら、この様にできるのでしょうか?私も見習わなければいけないのですが。。。。(評:皆川眞孝)

今月の一句 (選と評 皆川瀧子)

「小夜時雨淡き灯もるる茶房かな」
渡辺 功

sayosigure.JPG
 
小夜時雨とは夜しとしとと降る時雨のことです。車の激しく通る表通りではなく、人通りの少ない路地裏でしょうか?そこに一軒の喫茶店があり、淡い灯が漏れているという情景をえがいた句です。 喫茶店と言わず『茶房』という措辞が詩情溢れ、レトロな感じが出ています。また、淡い灯りがもるるといったところがロマンチックな感じを受け、良い句だと思います。(評:皆川瀧子)

他の「時雨」の句

「時雨るるや門灯滲む牧師館」

    藤戸 紘子
「宇奈月の山路時雨てトロッコ車」 
    木原 義江

<添削教室>
原句  「腕白や羽織袴の七五三」 
     宮ア 和子
腕白小僧の近所の子供が、羽織袴で神妙な顔をして七五三参りをしているユーモアのある景を詠んだ句ですが、原句では「や」の切れ字が腕白についているので、腕白ということが強調されています。ここでは、むしろ羽織袴を着ているところを強調した方が、意味がよく通じるので、切れ字の位置を変えてみました。「や」と「の」を交換しただけですが、原句と比較してみてください。(藤戸紘子)
添削句 「腕白の羽織袴や七五三」
    宮ア 和子

     
Posted by 皆川眞孝 at 08:00
今月の俳句(平成30年10月) [2018年10月24日(Wed)]
今月の俳句(平成三十年十月)

 兼題は秋の季語である「」です。お馴染みの果物だけに、俳句にするにはかえって難しく感じます。句評は藤戸紘子さん、今月の一句の選と評は、渡辺功さんです。

里古りて夕日に柿のたわわなる」
   小野 洋子

furusato2.JPG

この句の里は作者の母上のご実家でしょうか。作者が幼い頃、夏を過ごした思い出深い里は今では住民も減り、昔日の面影は失われているそうです。それでも柿は変わらずたわわに実をつけ、夕日が赤々と村を染めている景が浮かびます。
夕日の赤と柿の朱赤が響き合って美しい景を表出していますが、それだけに古りてしまった里が余計に侘しく感じられます。

持てゆけと富裕柿ひとつ奈良路かな」
   宮ア 和子

kakiageru.JPG

作者が奈良を旅された折の一句。この句から「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」子規の句を思い出しました。奈良は柿の名産地。農家でなくとも柿の木のある家も多いことでしょう。旅の途次、見知らぬ土地の人が富有柿を下さったそうです。とても甘く美味しかったそうです。富有柿はやや扁平な大形で甘味が強い高級な柿です。柿の美味なることと、人の優しさに触れ、良い旅となりましたね。

藁屋根を覆ふ柿の実数百個」
    湯澤 誠章

87c5d9deb05a993eae761f38b45551ae.jpg

最近は藁屋根の家屋を見かけなくなりました。それでも地方の名家で大事に
保存されているのに出会うと何故か懐かしい暖かい心地がします。しかし保存と修理には大変費用がかかるうえに藁屋根の職人が激減していると聞いたことがあります。
この句は作者が旅の途上でこの景に出合ったのか、幼い頃の記憶の一頁か判りませんが、数知れない柿の実が藁屋根に覆い被さるように実っていたという景です。ということは相当の巨木となった柿の木。収穫前でしょうか。それとも実るに任せて放置されているのでしょうか。過疎地の農家ではそういうことも多いそうです。藁屋根のくすんだ色と覆い被さる数知れぬほどの柿の朱赤の対照は真に美しいですね。

「山路来て休み処の吾亦紅」
  木原 義江

are@.jpg

吾亦紅(われもこう)(秋の季語)は日当たりの良い草原に生えるバラ科の多年草。バラ科ですが薔薇のような華麗な花弁はありません。細い茎の先に暗紅紫色の団子のような花をつけます。寂しげな風情が詩心を誘う花で、生け花にもよく使われています。
この句では息を切らしながら山道を歩いてきて、やっと一休みできる場所に着いた。ほっとして見回すとそこに吾亦紅が咲いているのに気づいたという景です。地味でひっそりとした優しげな吾亦紅の風情に疲れた身体と心が癒されたことでしょう。

ビュフェの絵の太き黒線そぞろ寒」
  皆川 瀧子

jpg572b16e704cc6_Buffet5.jpg

ビュフェ(1928−1999)はフランスの画家、黒く刺々しい線による簡潔な具象表現で、第二次大戦後のフランス画壇で人気を博しました。淡い色や点描で光と影を表現した印象派とは真逆の描法。その強く太い黒線には迫力があり、見る人の心に強く働きかけて圧倒するような感じを与えます。画家の透徹した眼には人や物、風景そのものの存在意味や生命力が見えていたのかもしれません。曖昧さを徹底的に排除したその画風に作者は恐れのようなものを感じたのかもしれません。季語「そぞろ寒」の斡旋により心理的な圧迫感を表現されたのでしょう。

沖目指すカヤックの列鰯雲」
    皆川 眞孝

kayakku3.JPG

カヤックとはエスキモーが狩猟に使う軽量の小艇ことですが、現代ではスポーツ用小艇を指します。急流を巧みにパドル(櫂)を操り漕ぎ下る競技が人気のようです。この景はカヤックの集団が沖を目指し列をなして漕ぎ出した景。空には鰯雲(秋の季語)が水平線まで広がっています。広々として気持ちの良い一句。
因みに鰯雲は鱗雲・鯖雲・羊雲とも呼ばれます。小さな雲片がかなり規則的に配列をしている様が鰯が群れているように見えるところからこう呼ばれています。漁夫の間ではこの雲が出ると鰯大漁の兆しといわれています。

おとがひの長き翁やとろろ汁」
    渡辺 功

tororo.jpg

この句から「梅若菜まりこの宿のとろろ汁」芭蕉の句を思い出しました。
とろろ汁が秋の季語。おとがひ(頤)とは下顎のこと。頤の長い人は概ね顔全体が長いようです。更に頤がしゃくれているのかもしれません。その顔の長い老人がとろろ汁を啜っている景。この作者らしい可笑しみが醸し出されています。とろろ汁の食材である長芋や大和芋の長さ、はたまた、とろろ汁の摑みどころの無さから、飄飄とした長身の老人を想起させ、味わい深くちょっと可笑しい一句となりました。


色褪せる華族の直衣暮の秋」
   藤戸紘子

IMGP1177.jpg

元華族のお屋敷に展示されている直衣(のうし)の色が褪せているという単純な景を詠っているだけです。しかし、「暮の秋」の季語で、がらっと景が変わります。「華族」「直衣」の措辞で、平家物語の一節のような栄枯盛衰の景色が私には見えてきます。
「暮の秋」とは秋がまさに終わろうとする頃を意味する季語で、「秋の暮」とは全然違います。「秋暮るる」「行く秋」とほぼ同じです。
華族制度があった時代に、宮中に参内した時に着た直衣が、もう使われることもなく色が褪せていく、それはまさにこの秋が終わろうとしているのと同じで、歴史の非情さ、人間の世の儚さをまざまざと表しています。
作者にお聞きしたところ、松戸の戸定(とじょう)邸に行った時に作られたそうで、ここは徳川慶喜の弟の徳川昭武(最後の水戸藩主)の屋敷でした。慶喜も将軍を退いた後、たびたび訪問したそうで、こういう話を聞くと一入侘しさが身にしみます。(そういえば、「身に入(し)む)」は秋の季語です。)(句評:皆川眞孝)

今月の一句(選と評:渡辺 功)

「芙美子邸柿の実落つる音ばかり」
    藤戸 紘子

hayasi.JPG

西武新宿線・中井駅下車、石畳の坂道を辿ると豊富な樹木に囲まれた林芙美子旧邸、この屋敷で「放浪記」の作家は47歳の若さで急逝しました。昭和26年6月のことです。
 邸内は新宿区内とは思えない静寂な佇まいです。柿の実の落ちる音だけが聞こえるひととき、芙美子の、逆境に挫けることなく、艱難辛苦を明るく笑い飛ばし、したたかに生きた短い一生に想いを馳せる・・・掲題の句から受けた私の感慨であります。
  そして、没後67年、林芙美子が忘却の彼方へ消えていく淋しさを感じさせてくれます。
  作者はおひとりで訪問されたようですが、私も曾て今は亡き先輩女子先頭に俳句仲間と訪れました。思い入れだけの独りよがりな私の駄句は無視されました。
  邸内の「林芙美子」にまといつく独特の雰囲気を過不足なく、かつ端麗に表現された作品に改めて敬意を表します。
 因みに、林芙美子の告別式の葬儀委員長は川端康成でした。昭和は本当に遠くなりました。(句評:渡辺 功)


兼題「柿」の句
「無住寺や塀より柿のあふれをり」
  渡辺 功


《添削教室》
 原句
「また一つ鳥の餌食や熟れし柿」
 皆川 瀧子
柿が熟れるたびに鳥に食べられる残念な気持ちを俳句にしたものですが、「餌食」が強すぎる措辞です。ここのところは、シンプルに次のようにしたらどうでしょうか(藤戸紘子)
 
 添削句
また一つ熟柿を鳥に食はれけり」 
皆川 瀧子
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成30年9月) [2018年09月26日(Wed)]
今月の俳句(平成三十年九月)


今月の兼題は「レモン」です。レモンはミカン科の常緑低木で、秋に実が黄色く熟すので秋の季語です。(一方、蜜柑は冬の季語です。)句評は藤戸紘子さん、今月の一句の選と評は宮ア和子さんにお願いしました。

テーブルの籠のレモンや青き空」
  湯澤 誠章

lemontable.JPG

一読してすっと浮かんだ景は高原の別荘のテラスでした。高原のオゾンたっぷりの爽やかな秋風が吹き通る別荘のテラス。白いテーブルと椅子が似合いますね。テーブルには籠が一つ。籠も黒漆塗りの高級な籠がさりげなく置いてあり、その籠には真っ黄色のレモン(秋の季語)が山盛り。勝手な想像ですが良い感じですね。そして空の青。句全体が爽やかです。

レモン熟る坂の向かうは地中海」
  皆川 眞孝

italy05.jpg

レモンは本当はインド原産。漢字で書けば檸檬。読めるけれど書けない漢字の一つです。日本に何時伝来したのか寡聞にして存じませんが、当て字の漢字があることから中国からの伝来か。少なくとも明治期には日本人も口にしていたことが解ります。レモンイエローという色名があることから欧州には早く伝わっていたのでしょう。東印度会社を通して広まったのかもしれません。
この句は作者が地中海に面する国を旅行された時の景を詠まれたのでしょう。海に向かって傾斜した坂道。近くのレモンの樹には真っ黄色に熟れたレモンが鈴なりです。真っ青の地中海にはレモンが良く似合いますね。

読みさしのハードボイルドレモネード」
  渡辺 功

hardboiled.JPG

ハードボイルドとは固ゆでの卵の意ですが、転じて冷徹・非情の意もあります。私も若い頃ハードボイルドの小説が流行し、「冷血」(著者名忘却)という小説を読んで辟易した経験があります。広辞苑には「感情を交えず客観的な態度・文体で事実を描写する手法」とあります。これは俳句を詠む上でも重要な態度であり、この句によりハードボイルドの意味をあらためて考えさせられました。さて、ハードボイルドの小説か冷徹な探偵の出てくる推理小説かを読んでいた作者、お疲れになったのでしょう。読書を一旦中止し、レモネードで喉を潤したという
景が浮かびます。確かにハードボイルドの小説は良い意味でも悪い意味でも非常に疲れます。会員からレモネードでは優し過ぎるのでは、という意見もありました。確かにオンザロックやウオッカが合いそうですが、それでは両方が強すぎて俳句としてはつきすぎということになります。レモネードだから良いのです。それにしても飄々とした作者がハードボイルドの愛読者とは!

青レモン少女華麗に夜想曲」
  小野 洋子

aoleonn.JPG

レモンはミカン科。我々は黄色いレモンを目にすることが普通ですが、熟す前は当然ですが青いのです。夜想曲はノクターンの和訳、ショパンのノクターンが有名ですね。夜想曲を華麗に弾ける少女はピアニストを目指しているのでしょうか。この少女は何歳?少女とは古代の法典である大宝律令の一部である大法令によると、17歳以上20歳以下と明記してあるそうですが、現代の我々の感覚ではもっと年下のような気がします。夜の気分をあらわす抒情的なノクターンを弾きこなせる才能溢れる少女には華麗な未来が待っているかもしれません。未成熟の少女とまだ青く硬いレモンがよく響きあっています。

黒々と九月の三国旧街道」
  木原 義江

mikuni.jpg

三国とは福井県北部、九頭竜川河口にある港で、かって北前船の寄港地として繁栄しました。作者が旧街道から港を見下ろしている景を詠まれました。9月の日本海は、太平洋を見慣れた目には黒々と見えたのでしょう。確かに冬の日本海は鉛を流したように黒く、時には銀色に重いように見えます。冬に向かって秋の日本海は日に日に黒さを増しているのかもしれません。かっては繁栄し活気に満ちていた三国港も今では寒々と寂びれているのかもしれません。その感じが黒々の上五により推察されます

「白雲の湧く連山や蕎麦の花」
  皆川 瀧子

th73LRWKXC.jpg

この夏作者が蓼科高原で詠まれた一句。蓼科は長野県中部蓼科山麓の高原で、周りは高山に囲まれています。高山では気象の関係で雲が湧くことがあり、その眺めは一幅の絵になります。蕎麦の花(秋の季語)は白または淡紅色五弁の小さな花が密に咲きます。畑が一面白く見えたり夜目にもほのぼの白く見えてなかなかに風情があります。蕎麦は収穫までの期間が短く、荒地でもよく育つことから高地の多い長野県は昔から蕎麦の産地でもあります。
遠景に雲の湧く連山、近景には小さな蕎麦の花、遠景と近景、大きな景と小さな花の配置、雲の白と蕎麦の花の白、なかなか技巧の効いた一句。

「雷鳴や尻尾丸めて犬竦む」
  宮崎 和子

kaminariinu.JPG

お孫さんにせがまれて仔犬を飼い始めた作者。今では家族の誰よりも作者になついているとのこと。動物の成長は早いのでもう仔犬とは呼べないほどの大きさに成長しているかもしれません。今夏は雷が激しく、この三井台も電線か配電盤かに落雷し4時間ほど停電しました。その時の犬の反応を詠まれたのでしょうか。きっと生まれて初めての経験だったのではないでしょうか。犬は恐怖に襲われると尻尾を丸めてお腹の方に隠す習性があります。尻尾を丸め恐怖に立ち竦みぶるぶる震えている犬の写生が的確で可哀想でもあり、ちょっと可笑しくもあります。

「パドックの蹄の跡や涼新た」
   藤戸 紘子

gakusuinumay2028329.jpg

パドックというと、普通は競馬場で出走馬を下見する小さな馬場を意味します。しかし、もともとは、牧場の厩舎の隣にある馬場のことだそうです。
パドックに無数に残されている蹄の跡を見て、秋の涼しさを感じた、というのが句意です。秋の到来はいろいろなところで感じますが、まさか蹄の跡に感じるとは!作者の感性に驚きます。作者にお伺いしたところ、このパドックは学習院大学にある馬場だそうです。私の解釈では、蹄跡があるというのは、いままで猛暑で馬術の訓練は控えていたが、涼しくなり馬も人も馬場で動き始めたということでしょうか? しかし、こんな理屈は不要でしょう。私も句会では作者の感性に感動し一票を入れました。ところで、「涼新た」「新涼」は秋の季語ですが、単なる「涼し」「朝涼」「夕涼」は、夏の季語ですのでご注意ください。(句評:皆川眞孝)

今月の一句(選と評:宮ア和子)

「濁りなき露草の青朝日さす」
  藤戸 紘子

tuyukusa.JPG

露草は9月頃まで道端や畑の隅に咲いている雑草で、草丈も低く花は1,5〜2pと小さいのです。以前マクロレンズで花を覗いてみて、その精巧さに驚きました。2枚の青い花びらは人目を引きます。でも表現できずにおりました。上五の「濁りなき」という措辞を目にして、感銘しました。濁りなき青 、露草の青、 無駄のないすっきりとした表現で、花びらの青が目に浮かび、下五の「朝日さす」によって清楚な花の朝露まで見えてきます。俳句は引き算を学ばせていただきました。この出会いに感謝いたします。(句評:宮ア和子)

その他の兼題の句

「高原の朝のテーブル檸檬切る」
  皆川 眞孝
「強風に撓む枝先檸檬の木」
   宮ア 和子
「絶え絶えの喉にヒュッテのレモン水」
  藤戸 紘子


<添削教室>
原句「宿畳むオーナーの皺夏の果」  皆川 眞孝
今年の夏、白馬のペンションに行きましたが、そこのオーナー夫妻は老齢で宿を畳む決心をし、私達(皆川)が最後の客でした。オーナーと話し込んだときの句ですが、「夏の果」が夏の終わりを意味し、宿畳むと付きすぎなので、「夏惜しむ」と少し感情を入れたらどうかと添削していただきました。
添削句
「宿畳むオーナーの皺夏惜しむ」
  皆川 眞孝
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成30年7月) [2018年07月24日(Tue)]
今月の俳句(平成三十年七月)


毎日猛烈な暑さで、参ります。今月の兼題は「祭」です。これについては、藤戸さんが俳句コメント(木原さんの句)の中で詳しく解説してくれています。祭太鼓、祭囃子、祭笛、山車、神輿、宵宮などの祭りの傍題も夏の季語となります。
句評は、いつも通り藤戸紘子さん、今月の一句の選と評は小野洋子さんです。

「注連縄の揺るる駅舎や村祭」
  木原 義江

ekisime.JPG

かつて祭といえば京都の賀茂祭つまり葵祭を祭といっていました。それ以外は夏祭として区別していました。今では夏祭全般を祭として夏の季語としています。ではなぜ祭は夏の季語なのか。それは疫病、虫害、風水害などの災難が夏に起こりやすいため、その怨霊、疫神を鎮め祓うための行事が祭だったからです。五穀豊穣の祈願が「春祭」、収穫の喜びを祝い感謝するのが「秋祭」です。
さてこの句は村祭、駅舎まで注連縄(しめなわ)が張り巡らされていることからそれ程大きな村ではないことがわかります。村の鎮守様のささやかなお祭りかもしれません。それでも村全体の一大行事であることが伝わってきて、村人達と帰省の人々の張り切っている姿が活き活きと立ち上がってきます。

「鼻白粉つけて山車曳く子らの声」
  宮崎 和子

kodomodasi.jpg

山車(だし)が夏の季語。鼻白粉とは稚児が鼻筋に一本白い筋をつけることをいいます。お祭りに化粧をすることのそもそもの意味は、その人が日常生活をする人ではなく、非日常空間にいる神の代理人に一時的になるとの意があります。日常に「お祭り気分」を持ち込まないその場限りにするけじめの意味もあるそうです。鼻の頭の白粉はその簡易版。子供達はそんな意味があることも知らず、祭衣に気分は高揚し可愛いい声を張り上げて山車を懸命に曳いていることでしょう。

「酔ひどれの祭男や背(せな)に龍」
  渡辺 功

maturiotoko.jpg

祭に酒はつきもの。この祭男は調子に乗り過ぎたのでしょう、すっかり酔ってしまったようです。暑い時のアルコールは体温を急激に上げますから諸肌脱ぎになっているのでしょう。その背中に龍、つまり背中一面に龍の彫り物、入れ墨です。最近ではあまり見かけなくなった入れ墨ですが、神田祭や三社祭ではこんな光景をよく見かけます。実際に目にすると何故かぎょっとします。酔ひどれと龍の入れ墨という措辞が響き合って、一種独特の下町の雰囲気と日常では見えない異質の世界が現出した一瞬を見事に句に表現されました。

「ここだけの話とぎれて心太」
  小野 洋子

kokodake.JPG

心太(ところてん)が夏の季語。日本人なら一度は食べたことがある庶民の夏の食べ物です。原料は天草。干した天草をよく洗い、煮溶かして漉し袋で漉し、型に入れて固めたものを心太突きで細く突き出し、酢醤油や蜜、和辛しなどをつけて食します。この句の眼目は「ここだけの話」。口外禁止ほどの重要性がある話ではないが、公然と話すにはちょっと憚るような話、しかし自分一人の胸に収めておくには勿体ない話、聞いた以上どうしても誰かに話したくなる話などなど意味深長な意味合いのある話なのです。「ここだけの話」は波紋のように広がっていくのは必定です。庶民のささやかな楽しみかもしれません。蒸し暑い夏の午後、あちらこちらで心太を前に「ここだけの話」に夢中になっている庶民がいるかもしれません。心太のさっぱりした舌ざわり、鼻に抜ける酢の味、箸になかなか挟めない心太、半透明の心太、「ここだけの話」の無責任な心情となぜか
しっくり響き合っていると思いますが、いかがでしょうか。

「アフリカの草原の宿蚊遣香」
  皆川 眞孝

africalodge.jpg

蚊遣香(かやりこう)が夏の季語。つまり蚊取り線香のことで渦巻状にしたものが有名です。作者がアフリカに仕事で出かける際には必ず持参したとのことです。驚いたことにはアフリカにも蚊取り線香はあるそうです。更に驚いたことにアフリカ産の蚊取り線香は効き目が悪いとのことで日本の蚊取り線香は必帯だそうです。アフリカという熱帯では蚊のみならず虫に刺されることは非常に危ないことです。最近日本でも毒蚊が外国から侵入してニュースになりましたね。蚊は死にいたる病原菌を媒介します。よく効く日本の蚊遣香、こんな所にも日本人の行き届いた職人技が反映されているのですね。アフリカと蚊遣香の取り合わせが奇抜で面白い句となりました。

「水栓の蓋を押し上げ若き竹」
  皆川 瀧子

IMG_4681.jpg

若竹が夏の季語。水栓の蓋というものは概ね鉄か何かの重い材料でできています。蓋が重く作られているにはそれなりの理由があるはずです。例えば風や雨や虫が入り込まないようにわざと重くしてあるのかもしれません。その重い蓋を若竹、つまりそれ程太くはない竹が押し上げていた!若竹の伸びる力、生命力の強さを具体的に目にされて驚嘆されたことでしょう。竹が伸びると塀や家まで壊すと聞いたことがあります。それ程強い生命力があるということです。若竹のすくすく伸びる自然の力を実感された時の作者の驚愕と感嘆が伝わってきます。


「片肌を脱いで連打の大太鼓」
  藤戸 紘子

katataiko.jpg

私が句会で最初にこの句(もちろん作者はまだわかりません)に出会った時の独り言。「夏祭りで男性が勇ましく太鼓を連打している祭囃子の映像が眼前に浮かび、句全体に迫力があり、良い句なので選ぼうかな。だが、待てよ。祭太鼓は季語だが、大太鼓だけでは季語とならない。残念ながらパスするか。」
ところが後でこれが藤戸さんの句で「片肌脱ぎ」が夏の季語だとわかり、自分の無知を恥じました。「肌脱」「諸肌脱」も同じく夏の季語です。片肌脱ぎをして太鼓を打つ写真を探したところ、男性はほとんど諸肌脱ぎか、上半身裸です。(「裸」も夏の季語)やっと見つかったのが、片肌脱ぎで太鼓を打つ女性の写真(上掲)です。今の時代は、女性が片肌脱ぎをするのだと、この句のお蔭で勉強しました。(皆川眞孝)

「今月の一句(選と評:小野洋子)

「神輿揉む若衆の声やお神酒の香」
   宮ア 和子

omiki2.JPG

藤戸さんの説明にあるように、祭は神の来臨であり、疫病や水難に悩まされる季節にその穢れを洗い流すみそぎの祭事である。神輿は、神様の乗り物であり祭の大事な主役である。
この句では、上五中七で神輿を担ぐ若衆が体を触れ合わせ、入り乱れる動的な景を描き、下五にお神酒の香という静的景をもってきている。たった十七文字で、若者の流れる汗と筋肉の動き、屋台の匂い、見物客のさざめき、祭の賑わいまでも感じさせる作者の力量には脱帽である。(小野洋子)

他の兼題「祭」の句
「背伸びして神輿かつぐや餓鬼大将」
渡辺 功

「喚声と轍の軋み山車廻る」
皆川 眞孝

「御旅所(おたびしょ)の槌音高く木の香る」
藤戸 紘子



<添削教室>
  原句 「稚児囃子姉乗る山車を追ひし宵」

        皆川眞孝

この句は、私(皆川)の幼いころの思い出です。小学生の姉が山車に乗って稚児囃子の一員として太鼓を叩いている姿を見ようと山車を一生懸命追いかけた様子を句にしました。しかし、句の主体が、稚児囃子の姉なのか、はたまた追いかける自分なのか、ごちゃごちゃしていて分かり難くなっています。
藤戸先生に次のように添削していただきました。主体が姉となり、活き活きという措辞で動きが加わり、情景が具体的に見えるようになりました。
添削句
「山車過る姉活き活きと稚児囃子」   皆川眞孝
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成30年6月) [2018年06月18日(Mon)]
今月の俳句(平成三十年六月)

今月の兼題は「トマト」です。トマトは今では温室栽培のため年中食べられますが、俳句では夏の季語です。赤茄子(あかなす)とも言います。平凡な食材のために、俳句にするには大変難しいことがわかりました。句評は藤戸紘子さん、今月の一句の選と評は木原義江さんです。

「紅顔の板前帽やトマト切る」
  渡辺 功

itamae3.JPG

紅顔とは年若い頃の血色の良いつやつやした顔のこと。つまりこの句はまだ修行中の半人前の板前を詠んでいます。身なりは一人前ですが取り組んでいるのはトマト。この句の面白く味わい深いのは食材のトマト。たかがトマトと侮る勿れ。張りのある皮と柔らかく崩れやすい果肉を形を崩すことなくスパッと切り揃えるには相当の腕が必要なのです。それも客に出すのであれば猶更のこと。親方や先輩の厳しい目が手元を見詰めているかもしれません。若者の緊張感が伝わってきます。真っ赤なトマトと板前の真っ白な帽子(仕事着)の対照が鮮やかです。

「古民家の並ぶ川辺や花菖蒲」
  皆川 瀧子

sahara1.jpg

南窓会のバスツアーで千葉の佐原を訪れた時の句。佐原は江戸時代に栄えた水郷の町であり、伊能忠敬の故郷としても有名です。町中を流れる小野川は坂東太郎の異名で呼ばれる利根川に下流で合流します。つまり江戸の大消費地に物資を運ぶ水運業の繁栄と物資の集散地でもあったわけで、当時は相当な賑わいであったろうと思われます。小野川の両岸には当時の建物がそのまま保存され、旅籠、雑貨屋、呉服屋、和菓子屋等々今でも生活が営まれています。川辺には様々の木や花が観られます。この句には花菖蒲が取り上げられました。花菖蒲の楚々とした風情と江戸風情が見事に響き合っています。

「山清水溢れる井戸や城下町」
  宮崎 和子

14222396898156.jpg

作者によりますと、詠まれた場所は長野とのこと。長野といえば松本城、上田城で有名ですね。長野は山国。浅間山、八ヶ岳連峰など大きく高い山に囲まれた地です。その山々からの無数の水脈により、豊かな土地として昔から栄えてきました。畑も城も城下町も水無しでは成り立ちません。今でも溢れるように豊かな井戸があるのですね。山清水(夏の季語)という季語の斡旋により山の霊気と清浄な空気までが感じられます。

「船頭の飛白(かすり)のもんぺ花菖蒲」
  小野 洋子

itako.JPG

こちらは潮来での句。素晴らしい菖蒲田が川沿いにずっと続いていました。その川には和舟が観光客を乗せて行き来していました。その船頭が女性であったことは驚きでした。菅笠に絣のもんぺの出で立ちは水郷の情緒を一層引き立てていました。かすりというのは所々かすったような文様を織り出した織物または染め文様のことで、飛白・絣と表記します。飛白の方の字を選ばれたのは紺地に白いかすり模様を染めたもんぺを表現されたものだと思います。作者の細やかな表現が光ります。また、もんぺという言葉を知っている方は相応の年齢の方でしょう。私は若かった母を思い出しました。広辞苑によると、もんぺとは袴の形をして足首のくくれた股引に似た服で、保温用または労働着とありますが、別名雪袴ともいうそうでこれには驚きました。

「川舟のそろりと廻り夏柳」
  皆川 眞孝

01072022044.jpg

この句も佐原での川遊びの句。水郷から見上げる江戸情緒あふれる町並みはまた違った趣があったことでしょう。乗客満載の平底の和舟を操るのは船頭にとって大変な労力を要するものと思われますが、旋回するのは更に難しい技量を要するものでしょう。ゆっくりそろそろ舟の向きを変えた情景をそろりという一語で表現されたのは見事でした。ゆっくり廻った舟に川辺から緑豊かな柳の枝が触れそうに垂れ下がっている景を美しく思い描くことができました。夏柳の季語により川風の爽やかさまで感じられます。

「白鷺の一本脚や遠浅瀬」
  木原 義江

sirosagi.jpg

鷺は田圃や川、海の浅瀬などでよく見られる鶴に似た美しい大型の鳥です。小鷺、白鷺、青鷺、五位鷺など15種ほどが日本で棲息しています。この内、白鷺と青鷺が夏の季語となっています。
この句では遠浅とありますから三番瀬辺りの干潟の広がる海辺でしょうか。遠くまで広々と広がる浅瀬に一本脚で身じろがない白鷺の姿が浮かびます。休んでいるのか、潮に取り残された魚を狙っているのかは遠目には分かりませんが、一本脚で動かない白鷺の優美な姿が浮かびます。
鷺の脚の垂直の線と浅瀬の水平の線の対照も面白いですね。

「かすかなる潮風運ぶ海鞘(ほや)の膳」
  湯澤 誠章

d0069838_11204542.jpg
海鞘(夏の季語)とは何か? 食物であり、好きな人と嫌いな人、見たことはあるが食べたことがない人、食べてみたいと思わない人、全く知らない人に分類されそうです。私自身岩手を旅行した時見たことはありますが、到底食べる気がしませんでした。子供の頃教科書で見た原生の海に繁茂する海藻のように見えました。
広辞苑によると尾索類の総称とあり、尾索類とは原索動物の一綱で海産、固着性のホヤとあり、原索動物とは動物界の一門、あるいは脊索動物の一亜門とありました。何が何だかよく解りませんが、どうやら動物らしいということだけは解りました。
作者によると取り立てのものだと非常に美味、少しでも時間が経つと生臭くなるのだそうです。
新鮮な海鞘には潮の香がほのかにするのでしょう。好物の海鞘の膳を前にして満面の笑みを浮かべている作者の顔が浮かびます。

「赤茄子を丸齧りして山男」
   藤戸 紘子

yamaotoko2.JPG

作者は若いころはよく山に登られたそうです。そんなときに目にされた光景でしょう。
一休みしている山男、よほど喉が渇いていたのでしょう。大きなトマト(赤茄子)にがぶりと齧りつきました。その豪快さは、見ていて気持ちが良く、好感がもてます。もしかして、この山男は一緒に登山したボーイフレンド?作者の青春の一コマかもしれません。 山男とトマトの組み合わせにユーモアを感じます。山男のいる場所の高さや、周りの山々の空気の清々しさまでを感じさせてくれる、夏らしい一句です。

今月の一句(選と評:木原義江)
「もぎとりし茄子に残りし日の余熱」
  小野 洋子

1503161417232483-600x400.jpg

    作者は茄子を家庭菜園で楽しんで作られているのでしょう。初茄子を取られて(もぎとる)手にした時の暖かさをそのまま句にされる実感がよく伝わります。 そうそう私も経験したことありと思い浮かべながら選ばせてもらいました。(木原義江)



トマトのほかの句

「湧水受く桶の不揃ひトマトかな」 
  宮ア 和子
「あかなすは食はぬと媼眇(すが)めして」
   渡辺 功

<添削教室>(藤戸紘子先生)
元の句
「日を受けしトマトの並ぶ無人店(むじんだな)
 皆川眞孝
無人店は大体道端など戸外にあるので、日を受けるのは当然なことですし、説明的ですので不要です、ここはトマトをもっと具体的に描写した方が面白いでしょう。例えば、先の宮アさんの措辞を借用して、次のように添削してみました。
添削句
「不揃ひのトマト並ぶや無人店」
  皆川 眞孝
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
サラリーマン川柳2018 [2018年05月28日(Mon)]
第一生命サラリーマン川柳2018


今年も、第一生命のサラリーマン川柳の上位が投票により決まりました。
ベストテンは次の通りです。イラストを適当につけて、ご披露します。
(皆川)

第1位
スポーツジム 車で行って チャリをこぐ
jym.JPG


第2位
「ちがうだろ!」 妻が言うなら そうだろう
tuma.JPG


第3位
ノーメイク 会社入れぬ 顔認証
kaoninshou.png


第4位
効率化 進めて気づく 俺が無駄
thD89GQI06.jpg


第5位
電子化に ついて行けずに 紙対応
th5WF2NTP1.jpg


第6位
「マジですか」上司に使う 丁寧語
maji.JPG


第7位
父からは ライン見たかと 電話来る
line.JPG


第8位
「言っただろ!」 聞いてないけど 「すみません」
ayamaru.JPG


第9位
減る記憶 それでも増える パスワード
password.png


第10位
ほらあれよ 連想ゲームに 花が咲く
hora.JPG

Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成30年5月) [2018年05月25日(Fri)]
今月の俳句(平成三十年五月)


今月の兼題は「更衣(ころもがえ)」です。季節の推移に合わせて衣類を替えることで、宮中で行われていたものが一般に広がりました。俳句では夏の衣服に替えることを指し、夏の季語です。学校では六月一日から制服の衣更えをするところが多いようです。いつもの通り講評は藤戸紘子先生。今月の俳句の選と評は皆川眞孝です。

「折り目付くセーラー服へ更衣」
  皆川 瀧子

th8UJ6ELXI.jpg

セーラー服の説明は不要ですね。最近はあまり見かけなくなりましたが、昔は女子の中高生の制服はセーラー服が定番でした。制服の衣更えは六月一日と決まっていて、どんな天候であれ一斉に衣更えをして登校したものでした。この句の主人公は一年生で初めての衣更えでしょうか、新調した夏のセーラー服にはきっちりと折り目がついているという思い出を詠まれました。夏の制服への衣更えは清々しい気分になるものです。しかも新調の制服に手を通すのであればさらに気分は高揚します。楽しい青春の一齣です。ちなみに作者の在籍した学校は夏でも長袖の制服だったそうです。

「更衣読まずに古りし文庫本」
  渡辺 功

bunnko2.JPG

うまいですね〜。誰もが経験したこの思いを一句に見事に結晶されました。読もうと思って買った文庫本。読もう読もうと思いながら、忙しさに取り紛れてか、新刊本を優先して後回しになってしまったか、今となっては原因すら分からなくなって、しかし処分する気にもならず、手にとっては元に戻すを繰り返すうちにまっさらのまま黄ばんでしまった文庫本。これは服にもいえることで、衣更えの度に出したり入れたりしながら決して着ることもなく処分することもない服。1着や2着そんな服が誰にもあるものです。優柔不断なのか、愛着があるのか、本人にもよくわからない何か、それはさて何?

「蚯蚓(みみず)掘る子犬の鼻のひくひくと」
  宮ア 和子

koinumimi.JPG

作者はご長男一家と同居を始められて生活が一変し、やっとそれぞれの生活リズムも落ち着いてきた頃お孫さんの強い要望で子犬を飼うことになったそうです。子犬の世話はなし崩しに自分に回ってくるだろうとの予感があったそうですが、やはり予感どおりになっているそうです。動物は自分と一番長い時間を過ごす人、愛情を注いでくれる人、食事をくれる人を賢く見分けます。子犬は幼子と同じで何にでも興味を示します。蚯蚓(みみず)を掘り出しては、くねくねと暴れる蚯蚓を鼻に皺を寄せて匂いを嗅ぎ、手を出しては後ずさりしたりと飽きることがないのでしょう。じっと観察する作者の目をも感じますし、そんな子犬への愛情をも感じます。

「大観の渦巻く墨絵雲の峰」
  皆川 眞孝


大観.JPG
大観とは横山大観のこと。水戸出身で、美校の第1期生、岡倉天心に師事、近代日本画壇を牽引した日本画家。その大観の美術展をご覧になっての一句。
力強く渦巻く水の迫力を水墨で表現した水墨画に魅せられたのでしょうか。外に出ると夏空には巨大な入道雲が立ち上がっていたのでしょう。水墨の墨の黒と入道雲の白の対比、大観という偉大な存在の輝きを入道雲の巨大な峰という季語の斡旋により表現された心憎い技巧を感じます。

「風薫る麒麟の舌のよく伸びる」
  小野 洋子

thDQ6RFTCE.jpg

多摩動物園でも人気の麒麟。首と四肢が著しく長く、肩高約3メートル、頭頂まで5メートル以上に達し、陸上の哺乳類中最も背高の動物です。動物園では高い木の幹に餌箱を括りつけています。性質はおとなしく、ゆったりと歩きますが、走ると速い!葉や小枝を食べる為でしょうか(いえ、首が長いから高枝の葉や小枝を食べざるを得ない)驚くほど舌が長く伸びます。作者は麒麟の舌の長いのに驚かれたのでしょう。季語「風薫る」は青葉を吹き渡る香り高い風の意ですから、麒麟の伸びた舌の先には青葉と香る風が吹いていることでしょう。麒麟の舌は黒いと聞いたことがありますが、まだ確認しておりません。次回動物園に行ったら確認いたしましょう。

「浜茄子を摘める媼の背負籠」
  木原 義江

hamanasu2.JPG

浜茄子(はまなす)は夏の季語で、バラ科の落葉低木。太平洋岸の茨城以北、日本海側の鳥取以北、北海道海岸の砂地に群生します。枝は太く、棘がかなり多い。6〜7月に紅色の花を開き芳香を放ちます。逞しくかつ美しい花として北海道の夏を代表する花です。作者が北海道を旅行された折の景。年老いた女性が浜茄子を背負籠に摘んでは入れていたのでしょう。
最近ではあまり見かけない背負籠ですが、地方の農村地帯では今でも使用されているのでしょう。懐かしい風景です。俳句では年老いた女性を婆、年老いた男性を爺とは表現しません(例外あり)。爺を翁(おきな)、婆を媼(おうな)と上品に表現します。

「大き翅(はね)穴に入れかね蟻の列」
  湯澤 誠章

ari.JPG

蟻が夏の季語。はねは翅、羽根、翼と表記しますが、翅は昆虫、羽根は鳥一般、翼は鷲や鷹などの大型の鳥を表現します。小さい昆虫の翅であっても蟻にとっては自身の何十倍もの大物です。翅を帆のようにゆらゆら揺らしながら一匹か複数の蟻で翅を運んでいるのを見かけることがあります。小さい体ですが蟻は咬む力は凄いそうです。やっと巣の入り口に辿り着いたけれど入り口に対し翅はあまりに大き過ぎたのでしょう。蟻の困惑した表情を想像して可笑しみを覚えます。さて、どうやって運び入れるか? 読者の皆様、お考えください。

「のけ反りて大太鼓打つ祭足袋」
   藤戸 紘子

thXA1HJNVP.jpg

景が見事に眼前に見えてきます。「のけ反りて」の措辞で、大太鼓の大きさを感じさせ、腹に響く音まで聞こえてくるようです。この句の巧い所は、大太鼓という大きなものから視点を祭足袋という小さなものに移動させたことです。この写生により太鼓を打つ人物の全体像がよりよく浮かび上がってきます。勉強になります。
季語は「祭」(夏)です。古くは「祭」といえば、京都の祇園祭(五月十五日)を指しましたが、今では夏季に行われる各地の神社の祭礼にも使います。
作者に伺ったところ、この句は府中の「くらやみ祭」の時作ったそうです。
府中にある大國魂神社の例大祭で関東三大奇祭の一つとされています。四月三十日より五月六日迄の間に様々な行事が執り行われ、五月五日には日本一といわれる六張の大太鼓が先導して八基の神輿渡御が行われ、白丁を身にまとった担ぎ手が御旅所まで渡御します。私はまだ見たことがありませんが、作者から一度は見るようにと言われました。(句評―皆川)

今月の一句(選と評:皆川眞孝)

「更衣髪のカットの予約とり」

     宮ア 和子

thYAF4SFX0.jpg

男性も暑くなれば夏服に着替えますが、女性ほど衣更えを意識しません。衣更えと何を取り合わせるか俳句を作るときに苦労しましたが、美容院の予約と結びつけたのは、さすが宮アさん、男性では思いつきません。いつまでも若々しい気持ちを維持されている句と感心し、今月の一句に選ばせてもらいました。(皆川眞孝)

「更衣」の他の句

「セーラー服の腕の白さや更衣」
   藤戸 紘子

「色褪せし唐草模様更衣」
   渡辺 功

「伸び盛りの手足眩しき更衣」
   宮ア 和子


《添削教室》(藤戸先生)
元の句「隧道を抜けて拡がる五月富士」
  皆川 瀧子  
 高速道路のトンネルを抜けて、目の前に富士山が現れる景を描いた俳句ですが、「拡がる」という措辞よりも、富士山のように高い山には「聳ゆる」の方が、ぴったりするという指摘を受けました。
添削句
「隧道を抜けて聳ゆる五月富士」
   皆川 瀧子
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成30年4月) [2018年04月28日(Sat)]
今月の俳句(平成三十年四月)

今月の兼題は「花冷」です。桜の咲くころ急に冷えこむ時候を表現した季語で、具体的な花を意味するわけではありません。今年は桜が早く咲き、一足飛びに夏のような暑さになり、花冷えを実感するときがあまりありませんでした。そのためか、ブログに掲載する花冷えの句は少数です。句評は藤戸紘子さん、今月の一句の選と評は、皆川瀧子さんです。

「花冷えや小糠雨降る絹の道」
  木原 義江

photo_hachioji_shimizu_03.jpg

この句の絹の道は所謂シルクロードではありません。我々の身近な絹の道です。ご存じの方も多いと思いますが、明治期、八王子は養蚕が旺んで輸出用の生糸を量産し、横浜港へ生糸を運ぶ道として鉄道が出来るまで荷馬車が往来したことでしょう。今では史跡として約1Kmほど未舗装の昔のままの姿で残されています。
花冷えは桜の咲く頃急に冷え込むことがありますが、この気候を花冷えといいます。京都の花冷えはつとに有名です。その肌寒い花冷えの頃、人影の消えた絹の道に小糠雨が降りしきっている景が浮かびます。寂しさ、うら悲しさが伝わってきます。

「手燭の灯百の揺れゐて復活祭」
  宮ア 和子

fukkatusai.JPG

手燭(てしょく)とは燭台に柄をつけて持ち歩きに便利にした灯火器。復活祭(春の季語)とは
キリストが死んでから3日目に復活したことを記念するキリスト教の重要な行事で、春分後の最初の満月直後の日曜日となっています。彩色した卵を贈る習慣があります。この句は教会での復活祭の景。信者が其々手燭の蝋燭に灯を点しお祈りをしたり聖歌を歌ったりします。この句の百は数としての百ではなく沢山という意で、手燭の灯が沢山ゆらゆらと揺れている薄暗い教会は美しく厳粛な雰囲気に包まれていることでしょう。

「春雨の路地を小走り女下駄」
  渡辺 功

onnageta.JPG

女性を詠ませたらこの方の右に出る人は我が句会にはおりません。真に艶めかしく表現されます。舞台は柔らかに春雨が降る下町の路地。そこを小走りに駆ける女性、小走りと下駄からきっと和服の妙齢の女性でしょう。下町の小股の切れ上がったお姐さんかもしれないなどと想像が膨らみます。春雨や、とせず、春雨の路地としたところにこの作者の力量が発揮されています。

「春の雨蕎麦屋の緩きノクターン」
  皆川 眞孝

sobaya2.JPG

この句の取り合わせの意外さに驚かされました。ノクターンとは夜景画、夜想曲のことですが、普通はピアノのための小曲をさします。夢想するような趣の旋律をもっています。ショパンの作品が有名ですね。そのノクターンが流れる蕎麦屋!一見合いそうにないこの二つですが、何故かしっとりした高級な蕎麦屋が浮かびました。春の雨の静かさ、柔らかさとノクターンの優雅さが響き合っています。その蕎麦屋は下町の蕎麦屋ではなく、銀座や赤坂の外国人も出入りするようなスマートな蕎麦屋かもしれません。が、単に蕎麦屋の親父がノクターン狂なのかもしれないなどと妄想が広がります。

「一片(ひとひら)の花弁舞込む春の朝」
  皆川 瀧子

takiko.JPG

重く長かった冬が終わり、春の朝はまことに明るく感じます。小鳥の声も明るく聞こえます。朝、雨戸を開けると爽やかな外気がすーと入ってきます。と、小さな花びらが一枚室内に舞込んで来た、という景が浮かびます。何でもない景ですがなんと平穏で静かで丁寧に生きておられる作者の日常が感じられます。
この花びらは何か? 俳句ではただ花というと桜を意味します。が読み手は自由に自分の好きな花を思ってください。舞込むという措辞から多分木の花でしょう。桜、藤、花水木などなど。ただし、かすかな風に舞うのですから椿とか木蓮とかではないでしょうね。

「街の灯のにじむ川面や春の宵」
  小野 洋子

thB34QBZV4.jpg

宵とは夕よりやや遅く、夜の更けないころをいいます。特に春の宵はくつろいだ感じで、早春の冷えがなくなった頃の華やかな気分が漂います。この句の景は都会の春の宵。街中を流れる川面に外灯かビルの窓の灯が映って滲んでいます。
暗く冷たい冬がやっと過ぎ、人の心もゆったりと伸びやかになる。都会に住む人も思いは同じですね。春の情趣が漂ってきます。

「夕づつの淡き白さや花の冷」
    藤戸 紘子

yuudutu.JPG

「ゆうづつ」とは漢字で書くと「夕星・長庚」で、夕方西天に見える金星のことです。宵の明星とも言います。花冷えの頃の夕方、宵の明星が輝いて見えるという分かりやすい景を詠っています。しかしこの句を読むと、静かな澄み切った美しい風景が眼前にひろがります。それは、肌寒い花冷えの空気と、西の空の金星の光が響き合っているからです。特に、金星を「夕づつ」と雅な措辞で表し、その色を、「淡き白さ」と具体的に表現したことにより、静かさと美しさが強調されていると思います。まさに、写生句のお手本です。(句評:皆川眞孝)


今月の一句(選と評:皆川瀧子)
「馬宿の馬塞のささくれ春寒し」
  藤戸紘子

01_suzuki_house.jpg

作者が川崎市立日本民家園へ行らした時の句だそうです。ここには、古民家のひとつとして、馬宿(うまやど)鈴木家が福島県から移築されています。馬宿は馬喰(ばくろう)たちが馬と一緒に宿泊出来る旅籠の事です。
馬塞(ませ)というのは馬が出られないように作った垣の事で、厩栓棒(ませんぼう)とも言います。
その馬塞がささくれているのを見た作者は、何となくうすら寒く感じたようです。当時の賑わいを想像し、時代の流れを痛感されたのでしょう。春まだ浅い頃の季語と「ささくれ」がよく響きあっている佳句だと思います。

花冷えの他の句

「花冷やスイスの友の訃報受く」
   皆川 眞孝
「花冷や小さく丸まり犬眠り」
   宮ア 和子
「弓なりの日本列島花の冷え」
  小野 洋子
「花冷や雨の城址の石畳」
   渡辺 功


<添削教室>(藤戸先生)
  原句 「苔むせし古木に芽吹く並木路」  皆川 瀧子
「苔むせし」は、過去形なのでの「苔むせる」にした方が、現在の状態を正確にあらわします。
また、古木は苔むしている木が多いので「巨木の芽吹き」と変更したらどうでしょう。並木路は、少し細い「並木道」の方が落ち着きます。
添削句
「苔むせる巨木の芽吹き並木道」
 皆川瀧子
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成30年3月) [2018年03月22日(Thu)]
今月の俳句(平成三十年三月)

 兼題は「春の風、春風」です。単に春の時季に吹く風ではなく、「暖かくのどかに吹く風」のことで、春が来た喜びの気持ちが含まれた季語です。句評は藤戸さん、今月の一句は木原義江さんです。

春の風駄菓子選る子の片えくぼ」
  渡辺 功

dagasi.jpg

句では駄菓子とのみ表現されていますが、咄嗟に駄菓子屋の景が浮かびました。最近はあまり見かけなくなりましたが、そこは子供にとって宝の山でした。限られた小遣いでどれにするかは子供にとっては大きな決断の時、真剣に考えるひと時です。句の子も唇を引き締め、頬には片えくぼを浮かべ、最後の決断をする瞬間でしょう。春風と片えくぼが響き合って幸せな日常が切り取られました。

「まどろみて乳吸う獏や風は春」
  小野 洋子

bakku.jpg

獏という動物を見たことはありますか。広辞苑によるとウマ目バク科の哺乳類の総称と出ています。中国では想像上の動物で、形は熊、鼻は象、目は犀、尾は牛、足は虎、毛は黒白の斑、頭は小さく、人の悪夢を食うと伝えられています。中国人の想像力には感心します。部分の形容はその通りですが、部分を総合した形態は実物とは似ても似つかない生き物になっていて大変愉快です。多摩動物園にはアメリカ獏がいて、今年も子が誕生しました。獏の子は黒い縞模様で瓜坊と呼ばれます。縞模様は成長とともに消え上半身は黒、下半身は白に変化します。ちなみに猪の子も瓜坊です。悪夢を食べるという獏の子がお乳を吸いながらうとうとし、春風が優しく吹いている至福の景。下五「春の風」でも意味は同じですが「風は春」とすることで春風を強調しています。作者の細やかな技巧が光ります。

「春風や日の丸纏ふメダリスト」
  皆川 瀧子

mao.jpg

オリンピックの景でしょうか。昔は日の丸の国旗は表彰台に直立して掲揚を見上げるものでしたが、外国人の影響でしょうか、競技場で国旗を身に纏ってスタンドに向かって手を振る光景をよく目にするようになりました。今回のピョンチャン冬季オリンピックは寒風の中での開催でしたが、暦の上では春、メダリストにとっては寒風も春風のように感じられたかもしれません。

「黒人の走者先頭春の風」
  木原 義江

th26OXYL2E.jpg

この句の眼目は上五の黒人。黒人は身体能力が抜群に高いように感じられます。特に陸上競技それも用具を用いない肉体だけの競技には滅法強い。この句も長距離走の競技を思い浮かべました。先頭を走るのは黒人、それも懸命の形相ではなく軽やかに余力を残しながらの快走、春風の季語によりそんな場面を想像しました。

「うららかや米寿仲間の午餐会」
  宮ア 和子

thXV2J5QAZ.jpg

午餐会とは客を招待して催す昼食会のことで、ランチタイムサービスのお手軽な食事会ではなく、立派な食事会のことです。作者によると米寿のお祝いに後輩達が招待してくれたとのこと。ここで注意して欲しいのは米寿仲間という措辞。米寿の方は一人ではないということがわかります。仕事関係か趣味の仲間かはわかりませんが米寿を迎えられた同期の方が複数おられるのです。これは驚くべきことです。うららか(春の季語)により午餐会のなごやかさ、楽しさ、一緒に米寿を迎えた喜びが伝わってきます。

「啓蟄や友より届く大著作」
  皆川 眞孝

IMG_4530.jpg

啓蟄(けいちつ)とは冬籠りの虫が這い出る意で春の季語です。大著作の著者は作者の友人で脚本家、この著作は自叙伝だそうで大層分厚い本だとのこと。自叙伝(自伝)とは自分で自分の一生を綴ったもので、自分の人生の総仕上げの大事業といえます。啓蟄という季語の斡旋により著者は長い時間をかけて書き続けられ、やっと完成し一冊の本として発刊されたのだと思われます。それだけ喜びは大きく深いものだったでしょう。なお、啓蟄の季語には単に虫が這い出るという意味だけではなく、長い冬籠りから解放された喜びをも意味しています。


「無言館の自画像剥がれ凍返る」
  藤戸 紘子

th98FUNJ1L.jpg
無言館

上田にある無言館はご存知の方も多いと思いますが、太平洋戦争で戦没した画学生の作品を、水上勉さんの息子さんの窪島誠一郎氏が蒐集して、展示してある美術館です。これら才能ある学生たちの半分でも生き延びていたら日本の画壇は変わっていただろうと思わせるほどのすばらしい絵画が並んでいます。自画像が多くありますが、そのうちの一部が剥がれているのを作者は目ざとく見つけました。無言館の内部はコンクリートの打ちっぱなしなので、寒々としています。暖かくなりかけた頃、寒さが戻ってくることを「凍返る」「冴返る」と言います(春の季語)。凍返ったため冷え冷えとした館内で、すこし剥がれた自画像を見ていると、若い画学生の無念の気持ちが伝わってきます。そして、最近の国際情勢から再び戦争が始まるのではないかという懸念の気持ちが凍返るという措辞であらわされています。
今回、作者が上田を訪問したのは、無言館近くの敷地に建立された「俳句弾圧不忘の碑」の除幕式に出席したためです。この碑は、金子兜太氏が中心となり、戦時中に反戦俳句で弾圧された俳人を忘れないために作られたもので、作者も寄付をされたそうです。(金子兜太氏は除幕式の数日前に亡くなりました)
この背景を知ると、この俳句にこめた作者の反戦の心情が、そして心配の気持ちが一層よく伝わってきます。(句評:皆川眞孝)
s-IMG_20180320_0001_0001.jpg
俳句弾圧不忘の碑
,

今月の一句(選と評:木原義江)
「冴返る鍛冶屋の跡の破(や)れ三和土」 
渡辺 功

kajiya2.JPG


今は建物もない鍛冶屋の跡ですが、荒れた三和土(たたき)を見ていると、往時の景色が目に浮かびます。太い土台をまたいで薄暗い土間に入ると、赤々と燃えるコークス炉があり、そして所々固くへこみのある土間があり、男たちが真っ赤な鉄を打っています。
  現在の景を述べただけですが、冴返るという季語を使って過去の景色まで思い出すような詩に詠まれた俳句力に、さすが渡辺さんと感動させられました。(句評:木原義江)    

兼題「春風」の他の句
  「春風やリハビリ終へて土手の道」
  皆川 眞孝
  「春の風とぎれとぎれの笛の音」
   宮崎 和子


<添削教室>
原句「土筆つむやはらかな影母と子に」

  小野 洋子
もとの句では、母と子が土筆を摘んでいる春らしい景色ですが、「母と子に」とあるので、やはらかい影がだれの影か分からなくなりました。
順序だけを変えると、景がすっきりとわかりやすくなります。
添削句「母と子の影やはらかや土筆つむ」
 小野 洋子
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成30年2月) [2018年02月21日(Wed)]
今月の俳句(平成三十年二月)

今月の兼題は「春を待つ」「待春」です。句評はいつも通り藤戸紘子さん、今月の一句は宮ア和子さんが担当しました。

「待春や結び目ゆるき小風呂敷」
  渡辺 功

musubime.jpg

出ました!この作者ならではの感性の一句。このような句には解説をすること自体野暮な行為と思いますが、解らない方のために敢えて書かせていただきます。
実用的な木綿の風呂敷はほどけないようにしっかり結ぶのが普通です。この句の風呂敷は少し小さ目の縮織や絹の粋な風呂敷でしょうか。贈り物を包むとか和服の際の持ち物を包むとか、非日常に使う風呂敷を想像しました。待春という季語により浮き立つような気持ち、晴れやかな心持、期待に心弾むような状況がゆったりと結ばれた美しい風呂敷で表現されました。

「待春や服採寸の六年生」
  宮ア 和子

saisunn.JPG

こちらの句は具体的、日常的で解りやすいですね。六年生が服の採寸をするとは中学生の制服を新調することだと解ります。子供から大人へ一歩踏み出す大きな節目の時。親も子も嬉しさと期待と少しの不安の入り混じった興奮状態かもしれません。日頃言うことを聞かない子が神妙に採寸されている景が微笑ましく浮かびます。もう子供ではない、でも大人でもない、身体も心も激動の中学時代。季語待春により子の成長を喜ぶ気持ち、良き将来を願う親心が籠められていると思います。

「蕗の薹友を見舞ひて帰り道」
  木原 義江

thUHYOXVD7.jpg

足腰を痛めて施設に入所されている98歳になられた友人を見舞われた時の句。ご高齢なのに悪いのは足腰だけとのことで、早く自宅に帰りたいと願っていらっしゃるとか。お見舞いの帰路、施設の近くで蕗の薹を発見したそうです。
蕗の薹は早春いち早く地中から萌黄色の花茎を出します。蕗の薹を発見した時きっと春到来を実感されたのでしょう。力強い命の萌えに、友人の生命力の強さが重なり、ご帰宅が一日も早いことを祈られたことでしょう。

「天頂の赤き月蝕春隣」
  皆川 眞孝

thKHKKK1L4.jpg

1月31日の皆既月蝕は素晴らしかったですね。初めは赤黒いというか柘榴色というか何だか不気味な赤色で始まりました。この赤色は月が地球の影に入り、光の屈折率により赤く見えるのだそうですが、科学に無知な私は本当には理解できていません。10時40分から11時30分まで懐炉をお腹と背中に貼ってベランダで皆既月食の一部始終を双眼鏡と裸眼で鑑賞しました。
再び月が元の銀色に輝き始めた時、何となく再生と春の到来を思いました。暗く厳しい冬ももうすぐ終わり、一斉に生命の蠢く春になるという期待が春隣という季語に籠められています。

「雪解けの悪路を選び下校の子」
  湯澤 誠章

thGD0CVFKP.jpg

自分の子供の頃を思い出しました。あの頃は道の状態は相当悪いものでした。まして雪解けの頃ともなるとぬかるみだらけ。少し遠まわりでも舗装されている道を行けばいいものを何故か子供にはぬかるむ道の方が魅力的でした。わざわざぬかるみを乱暴に歩いて泥を跳ね上げ楽しんだものです。今にして思えば靴や服、ランドセルまで泥まみれで、母は大変だったろうと思うのですが母は「あらまあ」と言って笑っていました。子供の様子が活き活きと表現された楽しい一句。

「街路樹の降り積もりたる雪の花」
  皆川 瀧子

gairoju.jpg

今年は雪がよく降りよく積もりました。坂の町に住む者は雪景色を味わう前に雪掻きを思います。作者はそんな俗な気がかりをよそに早速雪景色を写生されました。見慣れた近所の景色も雪に覆われると水墨の世界に一変します。街路樹の枝先まで積もった雪はまさに花が咲いたように綺麗です。季語雪の花はまさにこのような情景から生まれたものでしょう。ふと「花咲か爺さん」の話を思い出しました。あれはひょっとして雪の花のことだったのか、と・・・妄想です。

「天心の月の欠けゆく霜夜かな」
  小野 洋子

gesshoku2.JPG

天心(てんしん)とは天の真ん中、中天ともいいます。月といえば俳句では秋の季語となっていますが、この句では霜夜(冬)が季語。実際に冬に月蝕という現象が起こったのですから季重なりとはなりません。月の欠けゆく、の措辞により時間の経過まで詠み込まれています。凍てつく冬の空で展開した宇宙の無音の巨大ショー。皆さんはどのような思いでご覧になったでしょうか。

「涸沢へ太き切つ先崖氷柱」
   藤戸紘子

thC8HSP6XK.jpg

涸沢と言っても、当然ですが、穂高連峰の涸沢岳ではありません。ここでは「かれさわ」と読んで、水の涸れた沢のことです。寒がりの私はまだ見たことがありませんが、山奥では崖から落ちる水が凍って氷柱になることがあるそうです。この句は、そのような山奥の崖氷柱(がけつらら)が沢に向かって伸びている景を詠んでいます。切っ先が「太き」という措辞により、厳しい寒さが表現されているだけでなく、水の涸れた沢に切っ先が向かっているという表現により、太い氷柱が溶けてぽたぽたと沢に落ちる春を待つ心まで読み取れる奥深い句だと思います。
なお、俳句では促音(っ)は小さい文字を使わず、「切っ」を「切つ」と書き、一音に数えます。(句評:皆川眞孝)

今月の一句(選と評:宮ア和子)

「雪被き岸の小舟は傾ぎをり」
  藤戸紘子

thCG65LEJ8.jpg

読み終わると同時に何処の岸辺でしょう、まだ雪が降り続いている水墨画のような景が見えました。しっとりと奥深さを感じます。詩情の豊かさに惹かれて今月の一句として選ばせていただきました。そしてもう一度読み、上五の「雪被き」に眼が行きました。私ならきっと「雪積り」などとするところでしょう。被き(かづき)はその昔身分の高い女性が外出の折、顔などを隠すため衣服で頭上を覆った事を連想するせいでしょうか。被きによって雪がふんわりと小舟を覆って、または覆い始めている景がはっきりすると気づきました。下五の「傾ぎをり」(かしぎおり)により雪の量も感じる佳句に感動しました。同時に語彙の大切さを学びました。(句評:宮ア和子)

兼題の他

「春待つや出窓に並ぶ植木鉢」
   宮ア 和子
「家中の玻璃戸磨きて春を待つ」
  藤戸 紘子

注:玻璃戸とはガラス戸のこと

添削教室
原句「雪掻きの手際よろしき巡査長」
 渡辺 功
交番前で警官が熱心に雪掻きをしている風景だそうで、これだけでも、「巡査長」の措辞が効いてユーモアのある句です。しかし、どのように手際がよいのか具体的に写生した方が、もっと面白いだろうと、藤戸さんのご意見で、次のような添削例をだしてみました。
 
「雪掻きのスコップ軽く巡査長」
 (皆川案)

「スコップの大盛りの雪巡査長」
 (藤戸さんの案)
「軽快に雪掻く若き巡査長」 
(藤戸さんの案)
皆さんも考えてみて、コメントをください。
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成30年1月) [2018年01月24日(Wed)]
今月の俳句(平成三十年一月)

兼題は「新年」一般です。歳時記には、春夏秋冬の四つのグループの他に「新年」のグループがあります。その中に、初春、初日、初富士、屠蘇、どんど(焼き)、筆始、など数多の季語が含まれます。それぞれの句評は藤戸紘子さん、今月の俳句の選と評は小野洋子さんです。

「初富士やジャングルジムと青空と」
  皆川 眞孝

jim2.JPG

今年は素晴らしい晴天の元日でした。ジャングルジムのある公園か広場から初富士をご覧になったのでしょう。ジャングルジムとはご存じのように鉄パイプを組み上げた四角の遊具です。近景は人工的なジャングルジム、遠景は大自然が生み出した冠雪の秀麗な富士、そして見上げれば冬の澄み切った青空。組み合わせの妙、ジャングルジムという現代的な物と大自然の対比が面白い。作者の感性の豊さを感じます。お正月らしい清々しい一句。

「火起しに手拍子送るどんどかな」
  宮ア 和子

hiokosi.jpg

南窓会のブログでも紹介された郷土資料館での「どんど焼き」での一句。どんど焼は火起こしの儀から始まります。火起こしは舞錐(注*)によって種火を確保します。種火を干し艾(もぐさ)に移し、干し棕櫚の繊維、小枝とだんだんに火を大きくしてゆきます。最後に布を巻きつけた棒に火を移しどんどの小屋組みに投げ入れます。しかし、この舞錐が難物でなかなか摩擦熱による煙が上がりません。担当の少年は必死で舞錐を押し続けます。どんどを取り巻く大円の人々から自然に「がんばれ」の声援と拍手が沸き上がりました。心温まる情景をきっちりと一句に纏められました。
*舞錐(まいぎり)・・・腕木を上下させると皮紐がまきついたりほどけたりして、軸を回転させ摩擦熱を発生させる道具

「神妙に子らの飲み干す味醂屠蘇」 
 湯澤 誠章

tosokodomo.JPG

味醂屠蘇という語を久しぶりに目にしました。女子供用に味醂(と砂糖)で甘く仕上げた屠蘇のこと。私も子供の頃、三段重ねの盃の一番小さい一番上の盃で恐る恐る屠蘇をいただきました。日頃じっとしていられないわんぱく坊主も、元旦の朝の威儀を正した両親にいつもと違う雰囲気を感じ気圧されたのでしょう。神妙の措辞により良い子に変貌した子供らの様子が目に浮かびます。また、飲み干すがいいですね。ちょっと大人の真似をしたのでしょうか。

「坂多き終の住処や冬時雨」
  小野 洋子

thZOPFRBN2.jpg

我らが町内は丘の斜面に建てられた住宅地。どこへ行くにも坂から逃げることはできません。住み着いて何十年、結婚・子育て・子の巣立ちと人生の重要な時期をこの坂の町で過ごしてきた人も多いことでしょう。そして老夫婦となり、または伴侶を亡くされて一人住まいの方もいらっしゃることでしょう。作者は沢山の思い出の詰まったこの地と家を終の住処と思い定めたのでしょう。季語「冬時雨」によりその人生は楽しいことばかりではなかったことが窺われます。とともにこの地での思い出を大切に抱きしめておられるのがしみじみと伝わってきます。

「下町の太鼓の音や寒念仏」
  木原 義江

img_1.jpg

寒念仏(かんねぶつ)とは寒の期間に、市中を太鼓や鉦を叩いて題目、念仏を唱えながら巡り歩く仏道修行の一つ。僧籍にある者は黒衣、在家信者は白装束で、道すがらあるいは各戸を訪ねて喜捨を乞う。最近はあまり出会うことはなくなりましたが、幼い頃は「どんつく」といって、子供達が
後を付いて回ったりしました。下町にはまだこの修行が続いているのでしょうか。特に寒夜にこだまする修行の声を聞くと身の引き締まる思いがします。

「我が友の微笑み逝くや寒の月」
  皆川 瀧子

middle_1317126147.jpg

南窓会の会友のお一人が年初に肺炎のため急逝されました。一週間に満たない入院で会員一同信じられないお別れでした。会の役員として長年御尽力いただきましたし、優しいお人柄で笑顔の可愛いお人でした。彼女の一番の心配はご主人のことで、いかに心残りであったろうと心が痛みます。柩には社交ダンスのドレスを纏い、微かに微笑んだ美しい彼女と最後のお別れをしました。お通夜からの帰途、冴え冴えとした寒の月影に彼女の面影が重なり悲しみが一層募りました。
作者の友を悼む心の風景が「寒の月」という季語の斡旋により十二分に表現されました。合掌。

「大書せる子のつく息や筆始」 
    藤戸 紘子

kakizome.JPG

筆始めというと、私が小学生の頃を思い出します。私の家は貧乏でしたが、母が教育に熱心で、1月2日にきょうだい4人が並んで書初めをさせられました。暖房もない寒い部屋でしたが、普段は使わない大きな半折紙に太い筆に墨をたっぷり付けて大きな文字を書くのは、とても緊張し汗をかくほどです。
この句は、子供が書初めの大きな字を書き終わり、安堵したのか、満足したのか、周りに聞こえるぐらいの大きな息をついた瞬間をとらえています。緊張から弛緩へと移る様子を巧みにとらえ、ユーモアの感じられる佳句だと思います。(評:皆川眞孝)

今月の一句(選と評: 小野洋子)

「面取りて湯気立つ頭寒稽古」
   藤戸 紘子

thHTKB40TO.jpg

剣道、柔道をはじめ弓や空手など日本的武芸を習う者は、寒気の厳しい寒中に激しい稽古を積んで心や体の上達を志します。早朝や寒夜の道場から殷々たる気合が流れてきます。その中で幼気な少年剣士の声や若い女性の声もまじって身がひきしまります。
試合が終わりほっと一息、面を取ると汗が湯気となって立ちのぼります。「湯気立つ」は冬の季語ですが、これは従で、主の季語は「寒稽古」です。湯気が厳しい試合の臨場感を出し、音と匂いまで感ぜさせると句会仲間より絶賛されました。(句評:小野洋子)

<添削教室>
原句  「寒月や微笑み逝きぬ我が友は」

 皆川瀧子

俳句では言葉の順序を変えるだけで、印象が変わります。原句では、まず寒月を持ってきて、わが友を最後に持ってきていますが、三段切れのようで、何かごたごたした感じです。藤戸先生の添削で次のように語順だけを変えましたが、すっきりした素直な俳句となりました。(今月の俳句にこちらを掲載)
「我が友の微笑み逝きぬ寒の月」
    皆川 瀧子
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成29年12月) [2017年12月22日(Fri)]
今月の俳句(平成二十九年十二月)


  今月の兼題は「年の暮」「年の瀬」でしたが、ここに発表した句には兼題の句がありません。句会では一人五句を投句しますが、兼題の句は一つ以上あればよいので、必ずしも兼題の句が選句されるとは限りません。各人が良いと思う句をここに発表します。句評はいつも通り藤戸紘子さん、今月の一句の選と評は渡辺功さんです。

「たわいなき話に笑ひ毛糸編む」
  小野 洋子

thOS8GSIMR.jpg

毛糸編む(冬の季語)のは女性に限ったことではありませんが、この句は女性、それも母と娘が一緒に毛糸を編みながら談笑する景が浮かびます。最近では編み機が使用されているようですし、既製品も充実しています。私が子供の頃は母親の手編みのセーターを着ている子をよく見かけました。サイズが小さくなったり擦り切れたりすると、ほどいて毛糸を足して編み直すのが当たり前のことでした。なにかにつけ昔の母親は大変でしたがそれだけ親子の関係性は濃密だったのかもしれません。冬日が差し込む縁側またはリビングの景がほのぼのとした思いとともに立ち上がってきます。

「沖縄の三尺ほどの石蕗の花」
  木原 義江

thNGBT8724.jpg

一尺は約33センチメートル。3尺は約1メートル。石蕗の花が1メートル程とは驚くほどの大きさです。作者も目にした時はさぞ驚いたことでしょう。冬でも暖かい沖縄では石蕗の花も大きく成長するのでしょう。アメリカでは向日葵もごきぶりもどでかいそうですし、ロシアの雀は鳩くらいの大きさだと聞いたことがあります。日本の狭い国土では植物も生き物も小型化するのでしょうか。そう考えると沖縄の石蕗の花の成長は腑に落ちない。自然はまだまだ謎が多い。

「蔵町の壁を染め上げ冬茜」
  宮ア 和子

thW3IILHP1.jpg

冬茜(ふゆあかね・冬の季語)とは冬の夕焼けのこと。夕焼けは年中見られますが、夏の真っ赤な夕焼けの壮快さから夏の季語となっています。冬の夕焼けは時間的にも短く裸木を染めてたちまち薄れてしまいます。同じ夕焼けでもその印象はずいぶん違います。この句の舞台は蔵の立ち並んだ町。江戸時代から続く歴史ある町では今でも蔵が立ち並んでいます。真っ白な漆喰の壁や海鼠壁などが美しいことでしょう。その壁を真っ赤に染めた夕焼け。美しく懐かしい景ですがすぐに消えてしまう冬の夕焼け。儚い感じと歴史に取り残された侘しさとがよく引き立てあっています。

「着ぶくれて席の窮屈山手線」
  湯澤 誠章

thVS3PK6E8.jpg

この句に説明は不要ですね。着ぶくれ(冬の季語)の季節では誰もが経験したことがあるでしょう。3人掛けの席に3人の男性が座るともうぎゅうぎゅうです。全員が渋い顔つきになっています。昔のウールのコートならまだしも、最近のダウンコートはかさばります。かといって、誰一人席を譲ろうとはしません。お互いに苦々しい顔を並べて、しかし文句は言えない。ぐるぐる回る山手線の可笑しみと渋面が響き合って俳諧味が一層深まりました。

「冬日差すゆるりと開く昇降機」
  皆川 眞孝

elevator2.JPG

昇降機とはエレベーターのこと。最近作者のお宅はエレベーターが設置されました。足を傷められた奥様を労ってのことだと思います。ビルや企業の大きなエレベーターと違って、きっと可愛い作りではないでしょうか。ゆるりと開くという措辞と季語の冬日差しがよく響き合っています。また、長年連れ添ったご夫妻の穏やかな関係性まで感じられる温かな句となりました。

「白煙を噴きて機関車大枯野」
  皆川 瀧子

thWY3XMP5Z.jpg

この機関車はデコイチでしょうか。最近は特定の線でしか見ることができない蒸気機関車。白煙を勢いよく吹き出しながら走る黒い巨体の機関車は絶対の人気があります。新幹線の超特急には速さにおいては足許にも及びませんが、巨体の迫力、吐き出す白煙の音、煙の匂い、時折鳴らす汽笛、まことに勇壮な野武士の風情です。黒い巨体が堂々と走る色無き大枯野、二つの対比がそれぞれを引き立てています。しかし、私の経験から言うと、夏の蒸気機関車は最悪でした。当時の車両には冷房装置はありませんでした。トンネルに入ると開けた車窓から煤が入り、鼻の穴も襟も真っ黒、窓を閉めると蒸し風呂という地獄でした。それでも蒸気機関車は郷愁をそそります。

「地下足袋の似合ふ若衆酉の市」
  渡辺 功

e0219011_19185025.jpg

酉の市とは毎年11月の酉の日に各地の神社で行われる祭礼のことで、東京・千束の鷲(おおとり)神社新宿の花園神社が有名です。福を呼びこむ熊手を模した「はっこみ」や縁起物のお多福面・入船・切り山椒などを売る屋台が立ち並びます。が、なんといっても熊手(はっこみ)の店が中心で、大小さまざまの熊手を飾り立てます。値段は直交渉です。交渉が成立すると手締めが勢いよく行われます。若衆は熊手を売る人でしょう。卸立ての法被と地下足袋のいなせな下町の若衆が活き活きと商う姿が浮かびます。酉の市の賑わいと威勢の良い下町の若者との取り合わせが抜群です。

「的射抜く矢音鋭き冬の入り」
   藤戸 紘子

kyuudou.jpg

寒さをものともせず弓術を稽古している若い女性の姿が眼前に浮かび上がってきます。きりりと弓を引き絞り、放たれた矢、その空気を引き裂く鋭い音が私の耳にも聞こえるようです。冬の入りという季語で、冬の厳しさと呼応した矢音が一層際立っています。これからの寒さに向かう作者の覚悟が感じられる秀句です。作者が、東京大学構内を散歩した時に、弓道部部員が弓場で練習中だった景を詠ったものだと、後でお聞きしました。作者が今月の句会に投句された「水平に構える矢柄初時雨」も、同じときの弓術稽古の風景です。射手の真剣な情景がありありと目に浮かびます。なお、矢柄とは、矢の幹のことを言います。(句評:皆川眞孝)

兼題「年の暮」「年の瀬」の句

「安売りの呼び声涸れて年の暮」

   宮崎和子
「年暮るる山に異人の黄の衣」
   木原 義江
「年の瀬や綻び見ゆる割烹着」
  渡辺 功


今月の一句(選と評  渡辺 功)

「きしきしと土蔵の床や底冷えす」
  藤戸 紘子

kyuiseyashichiten.jpg
樋口一葉が通った質屋・旧伊勢屋の土蔵


一読したとき「きしきしと」の感じがあまり馴染まなかったのですが、樋口一葉ゆかりの土地にある土蔵が詠まれた句と説明されました。途端に「きしきしと」と「底冷えす」の響き合いに、一葉のはかなくも悲しい生涯があますところなく表現されていると思いました。一葉については門外漢の私ですから的外れの思い入れでしょうが、胸の芯まで冷えている床に擦れる一葉の足袋の音がかすかに聞こえるようです。
この一句に、冬の寒さを越えて、人生の底にある寒さに触れる厳しさを感じました。(句評:渡辺功)

添削教室(藤戸先生)
  原句「山茶花を愛でる人なき友の家」   宮ア和子
亡くなった友人の家に咲く山茶花を見て、元気だった友人の昔の姿を思い出した、というせつない感情が出た句ですが、「愛でる人」という措辞がやや情緒的ですので、淡々と景を詠った方が、悲しみがでるだろうと、次のように添削していただきました。
  添削後  
「亡き友の家に山茶花咲きこぼる」
  宮ア 和子
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
テーマ川柳「ねずみ」 [2017年11月29日(Wed)]
テーマ川柳「鼠(ねずみ)」


今週の産経新聞のテーマ川柳は「ねずみ」を取り上げていました。選ばれた川柳をみて、「ねずみ」のとらえ方もいろいろあるものだと感心しました。動物のねずみだけでなく、パソコンのマウス、ディズニー漫画のミッキーも、ネズミの一種ですね。面白いので、勝手にイラストとコメントを付け加えてご披露します。(皆川眞孝)

<天>
「白鼠先端医療をよく支え」

井原市  山崎 範雄
thNL5K32C5.jpg

(評)「白鼠」は、忠実な雇い人。ここでは、モルモットのことですね。先端医療に貢献すること大です。(復本一郎)

<地>
「本物のネズミ知らないうちのネコ」

阿南市   結城 智世子
neko.jpg

(評)嘘のような本当の話かもしれませんね。でも、生命力はすこぶる強く、絶滅とまでは、まだ。(復本)

<人>
「鼠曰く転居はイヤだ築地がいい」

川越市  内山 健二
800px-Tsukiji_as_seen_from_Shiodome.jpg

(評)長年馴れ親しんできた土地には、鼠ならずとも愛着を感じるもの。最終的決着は、いかように?

「パソコンのマウスに手こずる高齢者」
和泉市   村上 秀和
PC.JPG

パソコンに手こずるのは、高齢者だけに限りません。(皆川)

「鼠捕り仕掛けてみるか永田町」
京都市 菅原 啓昭
kokkai.JPG

大きな鼠が捕まるかもしれません。(皆川)

「医学部の裏にひっそり鼠塚」
東京・荒川  諏訪 克己
th21XOMAXP.jpg

本当に鼠塚というのがあるのですね。(皆川)

「金物店に今もあるのか鼠捕り」
東京・杉並  高田淳子
thF2XX9Q6P.jpg

いまでも売っています。まだ絶滅していません。(皆川)

「ミッキーがまた押し寄せる年賀状」
貝塚市 長岡 正弘
nennga.jpg

子年はまだですが、ミッキーマウスは、干支に関係なく使われるようです。
(皆川)

「金払い動物園で見る鼠」
東京・府中市    阪本 敏彦
thPTFZMQ42.jpg

動物園に飼われているねずみは、幸せものです。(皆川)

「鼠算よりも拡散SNS」
明石市    小田 龍聖
thZWQ3MP34.jpg

ネット上での拡散はあっという間です。(皆川)

「北に住む窮鼠(きゅうそ)ミサイルぶっぱなし」

奈良市   高城 勝實
misile.jpg

あまり追い詰めるのも危険ですね。(皆川)

「国会は頭の黒い鼠の巣」
八尾市   大西 正一
th2JHM26HI.jpg

そう発言されたお方、今は元気がありません。(皆川)

「ねずみでもゆるキャラになると人気もの」
三原市 藤井 嘉幸
00000505.jpg

鼠の「ゆるキャラ」も結構多いのですね。(皆川)
以上
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
今月の俳句(平成29年11月) [2017年11月24日(Fri)]
今月の俳句(平成二十九年十一月)

 兼題は「立冬」「冬立つ」です。兼題句のほかに、晩秋や初冬の句が今月の俳句では選ばれました。句評は、ご本人の俳句以外は藤戸さんです。今月の一句の選と評は皆川瀧子が担当しました。

「冬立つや背戸(せど)に並びし漬物樽」
  宮ア 和子

s-tukemono.jpg
現在は流通の発達のおかげで冬支度は昔ほどではなくなったようですが、昔、雪国では冬季を乗り切る為に種々の保存食を蓄えねばなりませんでした。その一つが漬物。大根・蕪・白菜などを樽に漬け込みます。大家族であれば大樽がずらりと並びます。この句の背戸とは裏の入り口、家の後ろの意で、物置や厨近くでしょうか。作者が長野を訪れた時の句とお聞きしました。現在でもこのような暮らしぶりが田舎には残っているのでしょう。
冬立つの季語により、雪国の厳しさ、そこに生きる人々の生きる知恵と生命力を感じます。


「すれ違う樟脳の香や冬立てり」
  湯澤 誠章

shounou3.JPG

樟脳(しょうのう)とはクスノキの幹・根・葉を蒸留し、その液を冷却して析出する結晶。こんなご大層な解説より防虫剤のナフタリンといった方が判りやすいですね。最近はあの独特の芳香のない防虫剤が主流のようですが、中には防虫剤の匂いを撒き散らしている方もいるようです。すれ違いざまに匂った樟脳に作者は冬の到来を実感されたのでしょう。
ひょっとして作者は子供の頃の季節の変わり目を想起されたのかもしれません。

「冬麗(うらら)からくり時計刻(とき)を告ぐ」
  小野 洋子

thRWHAAAWB.jpg

からくり(絡繰り)とは精巧な仕掛けで動かすことをいいます。江戸時代には
お茶を運ぶからくり人形などが作られました。このような仕掛けが組み込まれた時計がからくり時計で、西洋では教会の大時計で時刻を告げる際に音楽隊や兵士の小さな人形が出入りして人々を楽しませてくれます。身近では鳩時計もからくり時計といえましょう。東京では有楽町の駅近くのビルの壁面に大きなからくり時計が時刻を知らせています。
冬の暖かいある日、戸外でからくり時計を見上げて楽しんでいる人々の景が浮かびます。季語により平和で和やかな雰囲気が強調されました。

「ミシン踏む音軽やかに冬日和」
  皆川 瀧子

s-michine3.jpg

最近はミシンは電動式が主流のようで、足踏みミシンは博物館入りしたようです。足踏みミシンの音はカタカタ、電動式はダーダーと速力に違いはありますが、この句では足踏みミシンの音が想起されます。あの軽やかな音は真に心に優しく響きます。暖かい家庭、平和な日常を思わせるからかもしれません。冬日和は冬の晴れた日のことで、冬の季節であればこそ暖かさが一層有り難く感じられます。優しいお母さんを思い出させる一句。

「霧しぐれ見え隠れする朱の鳥居」
  皆川 眞孝

s-torii2.jpg

作者が芦ノ湖を訪れた時の一句。霧時雨とは霧(秋の季語)が深くかかったさまを時雨に見立てた語です。芦ノ湖は標高が高く、周りを山にかこまれて霧が発生しやすい地形となっています。また、湖には箱根神社の赤い鳥居(平和の鳥居)があります。その鳥居が見え隠れするということは霧が流れていることを意味します。白く深い霧と赤い鳥居の取り合わせが綺麗ですね。動きのある景を的確に表現されました。

「古書店の淡き灯りや冬暮色」 
 渡辺 功

s-1500x500.jpg

暮色とは暮れ方の薄暗い色のこと。暮れ方は何となく侘しい感じがします。まして冬の暮れ方は侘しさが一層募ります。最近は明るく大きな古書店もありますが、やはり古書店のイメージは華やかさとは真逆の地味で落ち着いた感じを多くの方はお持ちではないでしょうか。この句の古書店も煌々とした蛍光灯ではなく白熱灯がぼーと灯っている景が浮かびます。侘しくも懐かしい感じが季語により強調され、暮色の措辞によりさらに品の良い句に仕上がりました。

「鉛色の越中の海冬近し」
  木原 義江

s-nihonkai.jpg

作者が富山を旅行された折の句。鉛色とは鉛の色に似た淡い鼠色のことで日本海の冬の海の色です。太平洋側に住む者の目には鼠色の海の色は真に寒々しく感じられます。また、明るい水色か藍色の海を見慣れた目には鼠色の海は海水そのものを重く感じるかもしれません。
冬が近くなったと実感する海の色は日増しに色を濃くしていくことでしょう。

「冬立つや号令響く消防署」
  藤戸 紘子

2014100101.jpg

今年の立冬は11月7日でした。たまたま立冬の日に消防署の前を作者が通りかかると、中では厳しい訓練の真っ最中、号令や鋭い笛の音が聞こえたそうです。確かに冬は夏と比べると火災が多い季節です。冬立つの季語で、消防署員たちの冬への覚悟が感じられ、きびきびした動きや大声の号令の響きが、俳句を読む私達の胸に届き、こちらまで緊張します。冬の初めにぴったりの俳句だと思います。(評―皆川眞孝)

今月の一句(選と評:皆川瀧子)

「抹茶香る茜の碗や冬紅葉」
 藤戸 紘子

s-chaseki.jpg

冬紅葉の下での野点でしょうか?
それとも日本庭園の見える屋内でのお茶会でしょうか?
茜色のお茶碗に香りの良い緑色の抹茶でのおもてなし、実に美しい光景が想像できます。茜の茶碗と、庭の冬紅葉が響き合っています。
何とも贅沢な時間を過ごされた作者の御満悦の様子が目に浮かぶ佳句だと思います。 (皆川瀧子)

<添削教室> (藤戸紘子先生)

原句「夕紅葉白雲湧きて富士烟る」 皆川 瀧子
山中湖で見た富士山を句にしたそうですが、「富士烟る」と「白雲湧きて」が重なっていて分かり難い感がします。また、夕紅葉より「冬紅葉」とした方が、ぼーとした感じがでて、季節的に新鮮味があると思い、次のように添削してみました。いかがでしょうか。
添削後
「うす雲に烟る富士の嶺冬紅葉」
   皆川瀧子
  
s-IMGP1536.jpg

Posted by 皆川眞孝 at 09:00
| 次へ
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml