CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
長野県の旅 (1) (10/22) 皆川
長野県の旅 (1) (10/21) ミセスミヤ
長野県の旅 (1) (10/21) 荒川 健三
道央西部の旅(9) (10/17) 荒川 健三
日野橋“通行止” (10/17) ミセスミヤ
道央西部の旅(9) (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) 荒川 健三
道央西部の旅(7) (10/14) 皆川
道央西部の旅(7) (10/12)
最新トラックバック
月別アーカイブ
オランダの旅から デルフト [2009年08月26日(Wed)]
オランダの旅から デルフト

 オランダというと 風車、運河、チューリップ、画家のレンブラント、フェルメールなどが想起されます。 ベルギーに滞在中、ハーグと、フェルメールと縁の深いデルフトを訪ねました。
 
 ブラッセルからハーグまで列車、途中、オランダ史上名高いいくつもの都市を抜け、田園風景を眺めながら大小の運河、そしてライン川を越え2時間弱でしたが、ライン川がオランダから北海に注ぐということに初めて気がつきました。
 
 全長何キロの川なのでしょうか。

 ハーグのマウリツハウス美術館では「デルフトの眺望」「ターバンの女」フェルメールの作品2点、実物の絵画の色彩の魅力は画集で見るのとは大きな違いがあるということを再認識しました。
 
 ハーグからデルフト迄は市電で20分ほど、フェルメールの墓のある教会を訪れました。

(写真 教会の中にあるフェルメールの墓石)

 その後市内を散歩、デルフト焼きの紅茶ポットを記念に買いました。

(写真 デルフト東門からの風景)

 デルフトから市電でまた20分の海岸のホテルに泊まりましたが、
北海の夕景、雲ひとつなく陽が沈む時の海のきらめき(この景色は日本でも見られますが)、さらに印象的だったの夜9時頃の海の色です。
 
 太陽が沈んでも明るい夏の夜波一つないくらい静かな海面が乳白色に染まりました。
 こういう眺めは始めてでした

 ホテルの窓からシャッターをきりましたが、海岸に下りて撮ればよかったと反省です。

(写真 北海の夜景)

</span>菊間
Posted by 菊間敏夫 at 10:22
ベルギーより (3) [2009年07月25日(Sat)]
ベルギーより (3) ペストと生姜


7月8日の荒川さんの「河口湖・山中湖周遊」に、14世紀ヨーロッパでペストが大流行した時、ドイツの植物学者ヒルデガルトがラベンダーの薬効を説いたことが紹介されていました。

ヨーロッパを旅行し、歴史を少しかじると、ペストの流行は大問題であったことがわかります。先回のお便りでふれたオーストリアのウイーン、ハイリゲンクロイツには大きなペストの記念碑がありました。

ロンドンでも14世紀ペスト大流行で人口の三分の一が死亡したとのこと。
この時、生姜を食べていた人は一人も死ななかったという話が残っていると、石原結実先生が「薬のいらない健康法」という今年2月の講演のなかで紹介しています。

一人も死ななかったというのは大げさでしょうが、生姜は免疫力を高める植物で、生姜がなければ漢方医薬は成り立たないくらい薬効の高いもののようで、ペストにも多少の予防効果があったのかもしれません。

ペストの予防に効くくらいなら、インフルエンザの予防にも生姜は有効のように思いますが、どんなものでしょうか。石原先生は免疫力を高めるために、紅茶に黒砂糖を入れて、生姜をすりおろして、1日3杯飲むように薦めています。

かつて、江戸時代の日本でも薬草学が発達しましたが、ヨーロッパでも同様、
ここベルギー、ブラッセルの一角に1521年にオランダの人文学者エラスムスが
一時住んだ館があり、今でも、16世紀の医者が処方した薬草がいくつか植えられています。

(エラスムスの館)


その一つ、Acanthus spinosus の花が咲いていました。英語でTuberculose
と書いてあったので、結核に効く薬草とされていたのかと想像します。

(Acanthus spinosus ラテン語 、和名トゲアザミ)


この植物、インターネットで調べるとアザミの一種。葉の形が面白く古代ローマ・ギリシャ時代、柱や陶器の図案に使われ、コリント式頭柱がその典型とか。

荒川さんの車山のキスゲの記事に、アザミはトゲに由来し数多くの伝説を生み、スコットランドの救国の花・国花とありました。

文責 菊間
Posted by 菊間敏夫 at 03:07
ベルギーより (2) [2009年07月21日(Tue)]
ベルギーより (2)


皆様よりコメントをいただきありがとうございます。
16日より、19日までウイーンに行っていましたのでウイーンの旅の様子からお伝えします。

ベルギー、ブラッセルはしのぎ易い天気が続いていますが、ウイーンは16,17日、35度の猛暑で、シェーンブルン宮殿では暑くて閉口しましたが、花と噴水は綺麗でした。

18日は一転、ウイーン郊外の保養地Badenを訪れた時は11度、アルプスは20cmの積雪とか。天候の激しい変化には驚ろかされました。

バーデンの温泉プール、前日は満員とか、その日は雨で寒くお客ゼロ。バーデンの後、ハイリゲンクロイツの静かな修道院を訪れました。シトー派の非常に規律の厳しい修道院で13世紀の建物が見事でした。


ウィーンの有名なシュテフアン寺院では日曜日のミサを傍聴、素敵な賛美歌が印象に残りました。



文責菊間
Posted by 菊間敏夫 at 04:54
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml