CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
長野県の旅 (10) (11/14) 皆川
長野県の旅 (10) (11/13) 荒川 健三
菊花展 (4) (11/09) ミセスミヤ
菊花展 (4) (11/09) 荒川 健三
長野県の旅 (6) (11/05) ミセスミヤ
長野県の旅 (6) (11/05) 皆川
ヴィジュアル作品展 (3) (11/03) 藤戸 紘子
ヴィジュアル作品展 (3) (11/02) 荒川 健三
ヴィジュアル作品展 (1) (10/27) 藤戸 紘子
ヴィジュアル作品展 (1) (10/26)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ウォーキング [2010年01月30日(Sat)]


WALKING



北へ


三井台を出て、お不動さんでお詣りして高幡橋を経由

川崎街道を北へ向かう。陽光眩しく、天気晴朗なれど

、北風冷たし(手袋あったほうが良かった)。日野郵便

局を過ぎ、エプソンの工場前が約2.7km地点、そして

、256号線にぶつかったのが約3.5km、右折して、

次の交差点を左折、立日橋に向かう。少し行った左手

に、英国風建物(クレール・ホーム&ガーデン・・・・・・

・・・・・・アンティーク輸入雑貨&喫茶)が見えてくる。




立日橋直前で、高幡の方から大きく東に膨らんできた

モノレールと合流する。そして、約4.5kmで立日橋、

右左のワイドパノラマ多摩川の冬枯れの景色を遠望

しながら渡る。直ぐ、新奥多摩街道、続いて奥多摩

街道をクロスして、目の前がモノレールの柴崎体育館

駅(約5.3km)。もう、ここまで来るとやがて目的地も

見えてくる、立川南駅到着(約6.2km)。





南へ


南平の急坂を南に下り、程久保川沿いを多摩動物園の

方に向かう。昔は良く歩いたものだが、久しぶりだ(約1

km)。モノレール沿いに多摩丘陵トンネルを抜けて、

中央大学・明星大学駅(約2.2km)を過ぎ、略3km歩

いて堰場の交差点に着く。通りを渡った直ぐが、大塚・

帝京大学駅、少し行き大栗川を渡り、しばらく行くと左

手に幹回り7メートルの大木が見えてくる。




大塚神明社の大いちょう、樹齢500年とある。新緑
や黄葉の時は偉容を誇っているのでしょうね。


更に歩を進め、松が谷駅が約3.9km地点、多摩

山王橋交差点(約4.6km)、名勝の桜並木乞田川

を渡ると多摩センター駅に到着(約4.8km)。

尚、多摩センター駅から東へ7〜8分のところに

吉祥院という真言宗智山派のお寺がある。境内の

しだれ桜は都の天然記念物に指定されており、

枝ぶりから満開時の見事さが想像される。



東へ


三井台から不動が丘を抜け、お不動さんの境内に入り

(約1.2km)、お詣りしてから出発。高幡不動駅を反対

側に回り、程久保川沿いを東に向かう。カモと鯉がいる

風景は冬でも変わらず、冬枯れでさえ趣あり。




八重桜並木を通り抜けると、約3.6km付近で浅川・

多摩川合流地点に差し掛かり、府中四谷橋到達が

約4km。橋を渡り、ここから左岸を下る。多摩川沿い

の遊歩道は整備されており、天気の良い時は散歩、

ランニング、サイクリング等を楽しみ、汗を流す人が

多い。京王線鉄橋下をくぐり、次いで関戸橋をくぐる

(約6km)。身体も温まり、多摩川の寒風も心地よい

中、約8km地点が府中郷土の森、そして、川沿い

から離れて、市民健康センター入口信号を左折

(北へ)、しばらく行くと、大東京卸センター、次いで

サントリー武蔵野ビール工場(約8.9km地点)を

過ぎ中央高速高架下をくぐり、JR南武線沿いの

遊歩道を府中本町へ。JR府中本町(約10km)、

そして大国魂神社(10.7km)でお詣り、参道・

けやき通りを経て京王府中駅到着(約11.2km)。





西へ


北側の坂道を下り、高幡橋(約1km)へ、左に降りて

浅川沿いの遊歩道を西に向かう。正面からの小春日

の陽光がまぶしい中、一番橋(約2.6km)、向川堤

の桜並木を過ぎ、平山中学校前辺り(約3.8km)で

は、大規模な河川敷工事が行われている。



(小春日の浅川ランチを楽しむ女学生)


やがて、平山橋(約4.1km)を過ぎ、滝合橋で

反対側に渡り、上流に向かって右側の遊歩道を

歩く。そして、長沼橋地点が約6km、ここでも

河川敷工事が行われており、川床に敷くコンク

リートブロックをクレーンが吊り上げていて、先ほど

と同じ風景である。しばらくすると右手に大きくは

ないが、沼地があり、数人のカメラマンが望遠を

構えている。聞くと、渡り鳥が憩う場所で幾種類

かをここでキャッチできるそうである。

ちょうど、コガモが5〜6羽泳ぐでいるのが見えた。


少し前、電車が鉄橋を渡る風景が見えていたが、

その中央本線の鉄橋(約6.9km)をくぐる。

この辺りは、河原に尾花や背の高い葦のような

ものが群生しており、所々で「ガサッ」とモノが動く

音がよく聞こえてくる。鳥たちの格好の隠れ家に

なっているようである。さらに、新浅川橋(16号線、

約7.6km地点)、そして、八高線鉄橋(約7.9km)

をくぐり、見えてきた橋が大和田橋(約8.7km)。

ここで、浅川沿いを離れ、橋を渡って国道20号を

通り、京王八王子駅に至る(約9.4km)。



この季節彩りがほとんどなくとも、

天気の良さには助けられます。冬のウォーキング

には、この太陽光の恵みは欠かせませんね。歩き

は、車の移動では気付かないところまで良く見え

ますね。興味があれば立ち止り、聞くこともできる、

触れ合いもあり、発見が多くありますね。

春夏秋冬、身近な楽しみありそうですね。







Posted by 奥野 祥司 at 00:15
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nsk/archive/644
コメントする
コメント
奧野さま
楽しく拝見しました。知っている所は景色が見えて嬉しくなりました。東西南北の距離が良く分かりました。この辺りはウオーキングに恵まれたところだと再認識できました。ありがとうございます。
宮ア
Posted by:宮ア和子  at 2010年02月03日(Wed) 15:22

奥野様
  東西南北、どちらの方向にでもよいウオーキングができる、新形式の案内ですね。一回のブログにするには、もったいない位の情報量です。
 西洋風建物(クレア ホーム ガーデン)には行ったことがあります。ただ、車で、昼食を食べにです。
値段も手ごろで、雰囲気もちょっと変わっています。
味は?
皆川
Posted by:皆川  at 2010年01月31日(Sun) 18:12

奥野さま
文の構成が面白く、読みやすくて、軽快にウオーキングをしている気分になります。神明社のオオイチョウを今年撮影しました。
Posted by:荒川健三  at 2010年01月30日(Sat) 10:07

追伸
 このウオーキングの発想大変面白く、

参考にして、どこか歩き廻りたいと思います。

これからは季節もよくなりますしね。
                            富江
Posted by:菊間敏夫  at 2010年01月30日(Sat) 09:42

奥野様
ずいぶん遠くまで歩かれますね。

私は、馬鹿の一つ覚えで淺川の岸と動物園裏山一周がメインコースです。

今回のウオーキングには出てこない場所ですが、万願寺近くの石田寺(せきでんじ)
「忠臣蔵の遺族以外立ち入るべからず」というくぎられた一角の墓所がありびっくりしたことを覚えています。
Posted by:菊間敏夫  at 2010年01月30日(Sat) 09:20

奥野様
 面白かった!!!です。発想がユニーク!!!ですね。
Posted by:明平規男  at 2010年01月30日(Sat) 05:57

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml