CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
道央西部の旅(9) (10/17) 荒川 健三
日野橋“通行止” (10/17) ミセスミヤ
道央西部の旅(9) (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) 荒川 健三
道央西部の旅(7) (10/14) 皆川
道央西部の旅(7) (10/12) 荒川 健三
巾着田彼岸花(2) (10/05) 荒川」健三
富良野&美瑛の7月(17) (10/05) ミセスミヤ
富良野&美瑛の7月(17) (10/05)
最新トラックバック
月別アーカイブ
「赤い鳥」掲載の詩(30―最終回) [2009年11月15日(Sun)]
「赤い鳥」掲載の詩(30―最終回)


昭和3年3月号表紙

夕 日 (佳 作)

川尻小学校高等科二年  山下あさ



つもった枯葉の間

夕日が赤くさしてる。

馬のくひ残した麦、

一つぶ一つぶ黄色く動いてる。

秋の夕日、

花の向うに立ってる弟

半分あかるいよ。

花もあかるいよ。


(昭和3年3月号、第20巻第3号)


(おわりに)
今年の2月7日に第1回を掲載した山下あささんの「赤い鳥」掲載の詩(ここをクリック)は今回の第30回で終わりとなります。最初に書いたように、これらの詩は、あささんの長女である石塚さん(南窓会)がまとめた詩集を、故・榎本さんがご覧になり、ブログで紹介しようということになったものです。当初は25篇でしたが、その後5篇が見つかり、合計で30篇となりました。80年以上前に書かれた詩ですが、いまでもみずみずしく、新鮮で、素直で、自然の美しさを認識させ、私たちに感動を与えてくれます。
すばらしいことは、山下あささん(結婚して、久保田あささん)が、95歳でまだお元気だということです。詩が掲載されたブログをプリントしてもらい、読んで、喜んでいらっしゃるそうです。どうぞ、これからも長生きしてください。

なお、先回紹介した、三崎白秋会の野上会長は、神奈川新聞(平成6年6月21日)に「童謡の日」「赤い鳥」運動と神奈川の子どもたち」という文章を書いています。次のPDFをクリックすると読むことができます。個人別入選のトップに、山下あささんのお名前もでています。

終わりにあたり、この詩集をブログに載せるにあたり、多くのかたのご協力を得ました。ここに厚くお礼もうしあげます。
これからも、皆様の投稿をお待ちしています。
いままでの掲載された詩は、「児童詩(ここをクリック)」で、まとめて見られます。
残念なことは、この最終回を掲載する前に、榎本様がお亡くなりになったことです。きっと天国でご覧になっていらっしゃるでしょう。
(皆川)


Posted by 皆川眞孝 at 09:00
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nsk/archive/564
コメントする
コメント
「赤い鳥」が石塚さんのお母様の書かれた詩集である事を最終回で初めて知りました。今日、改めて主人にプリントアウトしてもらい一冊の詩集として読み直しています。
純粋な子供の眼を通して今の子供達が失いかけている優しい繊細な気持ちが素直に表現されていて感動しました。皆川さんの愛くるしいイラストや美しいお写真、素晴らしいですね。ブログを開けないお友達にも是非お見せしたいと思います。
95歳のお元気なお母様、石塚さん、そして皆川さんに大感謝です。
Posted by:御手洗和子  at 2009年11月19日(Thu) 16:27

石塚様、御手洗様、宮崎様
  コメントをありがとうございました。
  わたくしも、最終回になって残念です。詩がすばらしいので、それにイラストをつけるのに苦労しましたが、楽しい作業でした。クリップアートやインターネットでぴったりのが見つからない場合は、自分で写真をとったりもしました。(玩具の飛行機の影、ろうそくの炎、馬の地上の影など)
 これからも、このように、心を和ませてくれる詩を掲載できたらいいですね。ご協力をお願いします。
皆川
Posted by:minagawa  at 2009年11月17日(Tue) 09:30

皆川様
最終回が来てしまいましたね。山下あささんの詩は自然一杯の昔を思い出させて下さいました。上手に編集してブログに掲載していただき本当にありがとうございました。お名残惜しい思いが致します。久保田あさ様は、95歳の今も手芸に勤しんでいらっしゃるようで嬉しい限り、どうぞお元気でお過ごし下さいますようにリボン
宮ア
Posted by:宮ア和子  at 2009年11月16日(Mon) 21:30

皆川様・石塚様
「赤い鳥」の記事ありがとうございました。いままでコメントしなかったけど毎回楽しみにしていました。すばらしい詩が多かったですね。さすが北原白秋の選だと思いました。また山下あささんのお顔を始めて拝見しました。先ほどお亡くなりになった榎本さんがいつも山下さんのことを褒めていらっしゃいましたのを思い出します。また皆川様の編集(特にイラスト)には感服いたします。
Posted by:御手洗克彦  at 2009年11月16日(Mon) 20:40

皆川様
ひょんな事から榎本さんに差し上げた母(山下あさ)の子供の頃の詩集を、毎回楽しく素敵な編集でブログに載せて頂きありがとうございました。本人は思いもかけない成り行きに、少々面映く感じながらも、昔を懐かしみ喜んでおります。
娘の私にとりましても、母の人生を一人の女性としてみる機会を与えていただき、皆川様、榎本様に感謝申し上げます。
また詩をお読み下さった皆様、ありがとうございました。 石塚 美代
Posted by:石塚美代  at 2009年11月16日(Mon) 14:48

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml