CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
道央西部の旅(9) (10/17) 荒川 健三
日野橋“通行止” (10/17) ミセスミヤ
道央西部の旅(9) (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) 荒川 健三
道央西部の旅(7) (10/14) 皆川
道央西部の旅(7) (10/12) 荒川 健三
巾着田彼岸花(2) (10/05) 荒川」健三
富良野&美瑛の7月(17) (10/05) ミセスミヤ
富良野&美瑛の7月(17) (10/05)
最新トラックバック
月別アーカイブ
産経新聞・朝晴れエッセー [2019年09月20日(Fri)]
産経新聞「朝晴れエッセー」


産経新聞に「朝晴れエッセー」という読者のエッセー投稿欄があります。毎朝第一面に載るこのエッセーには、いろいろな身近な話題が掲載され、上手な文章のものが多く、一般読者からとは言えレベルは高く、楽しく読んでいます。テーマとしては、亡くなった父母や配偶者の思い出、戦争時代や貧しかった時代の苦労話、親の介護の泣き笑い、子供の話など家族関連のものが多いようです。1か月前、私も投稿してみました。折角だから、少し毛色の変わった明るい話題がいいだろうと、最近私の身辺に起きたことを600字にまとめて書いてみました。幸運にもそれが、採用され、9月13日の新聞に掲載されました。

s-IMG_5068.jpg

写真では読みにくいので、下記に内容を写します。こちらをお読みください。
****************
表題  末はガーナ大統領?

私は、以前アフリカに農業援助をする団体で働いていた。仕事でアフリカへは度々訪問した。ウガンダの現地の責任者は、まだ30歳台のガーナ人の農学者。当時私は50歳台後半だった。真面目で、優秀で、良く働く彼とは、気が合って公私とも親しく付き合った。家内とアフリカ旅行をした時に、彼の家に招かれ歓待されたこともある。
その団体を退職して十五年、彼を含む昔の仲間とも疎遠になった。先日、偶然に彼のアドレスを知って、どうしているかとメールを出した。
彼からすぐ返事がきた。私が退職してからまもなく、故郷のガーナに戻って今までの経験を生かして、ガーナの北部で農場経営をしていて、事業は順調で家族も元気とのこと。そのメールに、2012年の大統領選挙に小さな党から出馬したが失敗したとあった。初めは冗談かと思ったが、ユーチューブの公開討論の録画を見て本当だとわかった。昔ながらの弁舌爽やかな彼の姿が懐かしかった。
私がアフリカの仕事を始めた時、ガーナではクーデターで大統領になったローリングス大尉が独裁的な政治を行っていた。今は一般人が立候補できるまでガーナの民主化が進んだのかと驚いた。彼は草の根から新党を立ち上げ、腐敗政治を倒すため再度大統領選挙に挑戦するとやる気満々だ。
彼にさっそくメールを送った。頑張ってくれ。君が大統領に当選したら、必ず御祝いにガーナに駆けつけると約束する。ただ急いでくれ。高齢の私の残り時間は少ないから。
皆川眞孝(80歳)東京都日野市
**********
スケールが大きくまるで作り話みたいですが、実話です。ただ、彼が再度立候補しても、本当に当選する可能性は非常に少ないでしょう。

この話のガーナの農学者の名前はMichael Fosterといい、現在62歳です。
彼が送ってきた最近の家族写真です。
s-foster family.jpg


また、私が2000年にアフリカを妻と友人と訪問した時、彼の家に招待された際の写真が見つかりました。後列左端がFoster です。
Foster Minagawa.jpg


エッセーの中に出てくるガーナのジェリー・ローリングス大統領と握手している貴重な写真がありました。(1995年ガーナ)
s-President  Rawllings.jpgローリングス大統領 1947年生まれ、在任1981年〜2001年


友人たちに新聞に載ったと知らせたところ、面白かったと好評でした。
皆川眞孝
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nsk/archive/4605
コメントする
コメント
皆川様
貴重な写真とエッセイをありがとうございました。
アフリカに行ったことがない、どころか今までアフリカに関する情報も殆ど持ち合わせのない私にとっては驚きのエッセイでした。大統領と握手し、未来の大統領候補とも個人的に交流のある方が身近にいらっしゃったなんて!人類の第一歩を踏み出したアフリカの大地とその豊富な資源がありながら近代では悲惨な歴史を歩んできたアフリカ、少しづつ民主化が進んでいることは嬉しいことです。ご友人の大統領就任式に出席されて、握手をされる写真をこのブログで拝見できることを切に願っています。
Posted by:藤戸 紘子  at 2019年09月23日(Mon) 10:48

皆川さま
秋晴れのように爽やかなエッセイを読ませて頂きました。
私はアフリカに一度も行ったことがないので、早速ガーナについて調べてみました。アフリカには多くの国があることに驚きながら
地図をみると西アフリカのギニア湾に面するガーナが見つかりました。
ガーナは多様な野生生物、古い要塞、ブスアなど静かなビーチで知られ、ケープコーストなど沿岸の町には、posubanと呼ばれる古い寺院、博物館,カースルが見られ巨大なカクミ国立公園では熱帯雨林の空中散歩が楽しめるとあり、 公用語は英語とわかりました。
英語の得意な皆川さんには素晴らしいワーキングプレイスだと
思いました。
このようなエッセーには滅多にお目にかかれないので、続けての
投稿を期待しています。
Posted by:荒川 健三  at 2019年09月20日(Fri) 13:42

皆川様
大変興味深いお話しを読ませていただきました。
大統領と握手する写真もよく残されていましたね。
日本とアフリカの交流の貴重な記録ですね。
ご友人の方からも反響が大きいでしょうし、
あるいは未知の方からも反響があるかもしれませんね。
菊間敏夫
Posted by:菊間敏夫  at 2019年09月20日(Fri) 10:49

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml