CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
北海道ガーデン街道 (10) (08/04) 皆川
北海道ガーデン街道 (10) (08/03) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年七月) (07/24) 皆川
今月の俳句(令和元年七月) (07/24) 藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年七月) (07/24) 荒川 健三
北海道ガーデン街道 (1) (07/24) 荒川 健三
今月の俳句(令和元年七月) (07/24) 皆川
北海道ガーデン街道 (1) (07/23) 荒川 健三
新潟・富山の旅(9) (07/20) ミセスミヤ
新潟・富山の旅(9) (07/20)
最新トラックバック
月別アーカイブ
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (27) [2019年07月02日(Tue)]
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (27)


岡崎城

岡崎城は何といっても徳川家康生誕の城として有名です。
明治の廃城で取り壊されましたが、天守閣は昭和34年(1959) 三層五階、高さ28mの鉄筋コンクリート造りで再建され、平成18年(2006) 日本百名城に選定されました。
築城年代は室町時代の享徳元年(1452)もしくは康正元年(1455)、菅生川と矢作川の合流点にある龍頭山の丘に、三河国仁木氏の守護代西郷稠頼(さいごうつぐより)が“龍頭山砦”として構築したのが始りです。(岡崎城の別名龍城の所以)
15世紀後半には松平氏が西郷氏に代わり岡崎城の城主となり、そこで家康が生まれたのです。
岡崎城内には徳川家康の像とともに、家康が今川義元に仕えていた頃の名 “松平元康” の帰城する騎馬姿の像が設置されています。


100_4050503.jpg



101_4050506.jpg



102_4050507.jpg



103_4050510.jpg



104_4050511.jpg



105_4050512.jpg



106_4050513.jpg



107_4050516.jpg





文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nsk/archive/4415
コメントする
コメント
宮崎さま
ご丁寧なコメントを有難うございます。
私の拙い旅の文でも過去の思い出を呼び覚ますようですが、ご夫君があまりにも早く旅立たれ、話し相手がいないことに堪えるのはつらいですね。最近高島忠夫が米寿で亡くなったと報じられましたが、ああいう恵まれた人でも寿命だけは天命で仕方がないことなんですね。
旅をすると知らないことばかりで、今頃になって若い時真面目に勉強しておけばよかったのにと反省ばかり、後悔先にたたずとは先人はいい言葉を残していますね。宮崎さんの持てる知識の少しでもいいからお裾分けして欲しいものだと、いつも感じています。
Posted by:荒川 健三  at 2019年07月02日(Tue) 14:00

荒川さま
 沢山のお城をご紹介いただきありがとうございました。
訪れたお城は懐かしく、行きたいと思ってもい行かれなかったお城の姿に感動しました。桜の季節のお城はやはりいいものですね。
昔、主人が腕白時代に名古屋城のお濠に仲間と飛び込んで、菱の実を採った話、菱の実はおいしくないけれど栄養価は高いそうで、でも秋だから体が冷えたと言っていたことを思い出したりしました。
岡崎城を眺めていると急に昔読んだ「吉川英治著・徳川家康」が蘇りました。楽しく拝見しました。
宮ア
Posted by:ミセスミヤ  at 2019年07月02日(Tue) 13:21

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml