CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
長野県の旅 (1) (10/22) 皆川
長野県の旅 (1) (10/21) ミセスミヤ
長野県の旅 (1) (10/21) 荒川 健三
道央西部の旅(9) (10/17) 荒川 健三
日野橋“通行止” (10/17) ミセスミヤ
道央西部の旅(9) (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) 荒川 健三
道央西部の旅(7) (10/14) 皆川
道央西部の旅(7) (10/12)
最新トラックバック
月別アーカイブ
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (3) [2019年05月10日(Fri)]
静岡・愛知・岐阜・滋賀 四県城跡巡り (3)

駿府城-3


21_4030030.jpg



22_4030031.jpg



23_4030032.jpg



24_4030033.jpg



25_4030035.jpg



26_4030038.jpg



27_4030039.jpg



28_4030042.jpg



29_4030045.jpg



30_4030046.jpg



31_4030047.jpg



32_A_4030047.jpg



次は浜松市の鳥羽山城にまいります


文責 荒川


Posted by wild river at 09:00
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nsk/archive/4334
コメントする
コメント
ぼくも右目が弱くなりました。それだけでなく若い友人の話についけいけなくなりました。今日から少しずつ身辺の片付けをします。12歳下の友人とも話がついていけなくなりました。それにしても100歳を終えてしまった母をぼくの長男に診させなければなえらなくなりそうです。要するに母は120歳まで生きられるとのことでびっくりしました。どう考えてもぼくが先ですね?????
Posted by:明平暢男  at 2019年05月11日(Sat) 14:56

明平さま
コメントを有難うございます。
落ち着かない日々が続いているといっても、読書と書籍の購入の日々は羨むべき知的な日々の連続だと思います。人により差があるでしょうが、小生は目が弱くなり読書は疲れてしまいます。
齢90 のラインを超えると死を意識するようになりました。これからは
生まれて初めて1回かぎりの経験をじっくり噛みしめて行こうと思っています。親の気持ちがだんだんわかるような気がしています。
Posted by:荒川 健三  at 2019年05月10日(Fri) 19:45

 このごろは忙しくてというより、なんだか落ち着かない日々がつづいています。
 母は病院に入っているので安心ですが、肝心の自分がこれでいいのかなぁと思いながら、毎日山から下界下へ歩き、そして、また山頂の自宅へと登ってくる毎日です。
 そして、本を買うのはやめて図書館で何冊も読んでいます。持っておきたい本があれば、駅前の本屋に戻ってで買って来る日々です。
 学校の友人も次第に天国へ行っています。おいおい、ぼくもかよ?と独り言を言いながらスタッフの女性に「明平さんはまだまだ大丈夫」と言われると、そうかなぁと喜ぶ一日です。
Posted by:明平暢男  at 2019年05月10日(Fri) 10:59

景色がいいですね〜。
Posted by:明平暢男  at 2019年05月10日(Fri) 10:39

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml